地球ニュース:スピリチュアルと連帯

 今回は久しぶりに英語圏のニュースから二つご紹介します。ここ最近、個人的に一番気になったのは、コズミック・ディスクロージャーの内紛です。あそこの情報、いち早く翻訳したかったのですが、著作権にめっさ五月蝿そうだったので断念したのですよね(※英語のオリジナル記事の転載時点で既に厳しい)。問題の根幹はウィルコック氏やグッド氏ではなくて、版権握っているガイア局じゃないかとずっと睨んでおりました。これからはもちっと太っ腹になってくださるといいな、と願っています。
 イスラエルの件は……相変わらず横暴過ぎて最早何と言ってよいやら。ホンマに一回、ごっそりカルマを返してお灸を据えない限り、暴走が止まらないのではないでしょうか。幼少期からの洗脳の恐ろしさをひしひしと感じます。そんな中、アイルランドがEUの中で孤軍奮闘しています。
 草の根運動として、私個人もイスラエル支援企業のボイコットを心掛けております。忙しさが落ち着いたら、この前ローマのコンサートで旗を掲げた元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ氏を見習って、パレスチナの小旗を自分のリュックに縫い付けたいな、と画策中。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スピリチュアルと連帯

アメリカ:スピリチュアルでも内紛勃発


あちこちで実は内戦状態にあると噂されるアメリカですが、どうやらニューエイジと呼ばれる分野でも争いが起きているようです。というのも、デイヴィッド・ウィルコック氏がガイア局へ辞表を叩きつけた模様。

7月6日以降、その長文メールがネットで出回っております。中身を読むと、理由は不明ですがコーリー・グッド氏も別個にガイアを訴えているらしく、事態はなかなかに深刻です。何故ってガイア局は6年続いたお二人の『コズミック・ ディスクロージャー』シリーズを収録しているネット上のTV局だからです。



辞任の原因は複数ありました。ウィルコック氏にとって一番許せなかったと思われるのが、シリーズ番組『Ancient Civilizations (古代文明)』に本人曰く“騙されて”映像を使われたこと。ガイアは有料サイトなので私は確かめられなかったのですが、事件のあらましを記した記事によると、初回版のテーマは善神と悪神のすり替え。番組が説いたのは、ユダヤ勢が人類の友だったエンキを悪魔、つまりエデンの園の蛇として貶め、エンリルつまりヤーウェを崇めるようにしたという立場だったようです。しかもエンキはレプティリアンのエイリアンだったと。ウィルコック氏に言わせるとこのシリーズは「ルシファー崇拝」の推進で、自分までその信者だと誤解されてしまう、経歴に傷が付くだけでなく、(聖書の狂信者に)殺害される可能性まで出て来たと非難していました。



また、ガイア局の労働環境が著しく女性蔑視で、一部のみを優遇している点も最早看過できないレベルだったようです。ガイア局内の労働者団体も、女性は検診と称して裸になることを要求されたなど、内部告発しています。ミステリー・サークルのドキュメンタリーで有名なパティ・グリア女史も話していましたが、ガイアの経営陣と労働者側の軋轢は非常に深刻なようです。憶測ですが、グッド氏の訴訟はおそらくここら辺が関係しているのではないかと思われます(あるいは次の報酬話かも)。

『コズミック・ ディスクロージャー』が看板番組のガイア局は、毎月視聴料でかなり稼いでいます。なのにウィルコック氏は自分だけでなく、生命の危険を冒してまで出演した他の方たちの分までガイアから報酬の支払いをケチられたため、別途イベントを主催しては度々資金集めに奔走していたそうです。

また、一部のディスクロージャーも阻止しようとしたのだとか。ウィルコック氏の辞表によると、少なくともエピソード25話分にものぼり、中でも余命幾ばくも無いピート・ピーターソン氏とのインタビューを握り潰されたのを非常に残念がっております。ピーターソン氏は現在入院しており、新たなインタビュー収録は不可能です。会社の劣悪環境について詳細は公言しない代わりに、最低でも彼の収録分だけは渡すよう、交渉中です。

この騒動で関係各所には問い合わせが殺到しております。その一人、中立を表明したエメリー・スミス氏も、『コズミック・ ディスクロージャ』のエピソードはあと数箇月分は収録したのが残っている筈とコメントしていました。ウィルコック氏も「グッド氏の訴訟の件が片付いたら」との条件を付けてはいますが、ガイア側が即時辞任を受け付けない場合、今期の分は新たに収録に応じる構えです。ということで今すぐ番組打ち切りとはならないものの、二大柱のウィルコック氏とグッド氏が共に不信感を表明してしまった以上、今後が気になるところです。

この記事を書いている時点でウィルコック氏ご本人のホームページは7月2日以降、更新されていません。ガイア局も声明文を出しておりません。先ほどの事件のあらましを記した記事を読むと、どうやらウィルコック氏本人がガイア局のライバルとなるネットTV局を立ち上げる動きがあるみたいです。ガイアとの契約次第では類似の番組を作るのは訴訟に発展しますし、どのようにして続けていくのでしょうか。

アイルランド:真の連帯


さて、イスラエルには及び腰なのが世間一般の腐った政治家に共通する特徴です。以前ご紹介しましたが、アメリカでは議員になると親イスラエルのロビー団体から踏み絵まがいの連絡が入るとか。パレスチナの人々に対する迫害は日々悪化しているというのに、どの国も口先での非難はしても制裁までは踏み切りません。そんな中、アイルランドがロスチャイルドの作ったハザールマフィア“国家”に反旗を翻しました。


7月11日、上院が国際法で違法と見做されたイスラエルの占領地を経済的に支援するような貿易に自国民や企業が関わることを禁止する法案を通過させました。要するにパレスチナの人々を強制的に排除して、違法に建設しまくった入植地で製造した商品は受け付けん、と宣言したみたいです。違反すれば250,000ユーロの罰金と5年までの懲役の可能性。

確定するにはまだ下院での投票が残っていますが、ネタニヤフを筆頭にイスラエルがそりゃもう激怒し、パレスチナの人々が歓迎しているので、安倍叫喚地獄とは大違いの、人類にとって大変素晴らしい政治をなさっているようです。

イスラエルは自分たちが責められると、途端に「ユダヤ人迫害だ!」と騒ぐのが十八番。あとは“正義”に反するとか、“テロ”を利するとか云々。だったらまずは、自分たちがパレスチナの無辜の人々を殺害するのを止めんかい、と言いたくなります。

ただ彼らからするとゴイムは全員が「テロリスト」な上に、そもそも「人間」じゃないので、議論が並行線なんですよねー。子どもの頃から洗脳されているので、イスラエルの一般市民が嬉々としてパレスチナの女性や子どもを迫害している画像や動画を過去何度か見掛けました。やっぱ一旦滅ぶしかないのかな、あの人たち。

イスラエル軍に家を没収されたパレスチナ女性を取り囲んで嘲笑う入植者の若者。

コレ↑も、おそらく日常茶飯事な風景。だって子どもの頃から教わるのが……


テロリスト養成教育です。その結果がコレ↓。つか違法占拠の母親が幼子に何の手本しめしとるんじゃい(怒)

しかも7月19日、イスラエルは余程アパルトヘイト政策とパレスチナ人に対するアウシュビッツ強制収容を合法化したいのか、自国は歴史的にも宗教的にも文化的にもユダヤ国家で、公用語はヘブライ語のみだと宣言し、ユダヤ人の権利だけを保障する憲法改正法案まで通しやがりました。……歴史を持ち出すなら、さっさとハザール帝国ウクライナに全員帰郷しないかな。民族浄化という共通の悪趣味で、かの地のネオナチとは話が合うと思うんですよね。


おまけ:草の根運動


ボイコット運動に御興味ある方のため、御参考まで:
バーコードが871か729で始まるのがイスラエル産だそうです。

あと、大概の大手企業はイスラエルを支援しています:

気のせいでしょうか、人類(=ゴイム)9割削減のアジェンダ21を支援する企業リストと酷似しているよーな。


文・Yutika


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.