『オオマサガスが日本で発明された意味。それは自然と共生して栄えてきたこの国でその和を乱し始めてしまった現代の我々が、再び自然の姿に学んで水のように調和する真の文明を創るための天の導きなのではないだろうか』(後編)

 中編からの続きです。

 入力より出力の方が大きいという、それこそ革新的なエネルギーであるオオマサガスですが、さらにこのオオマサガスおよび振動攪拌技術が凄いのは、その多様なる活用の可能性にあります。エネルギー生成の他にも、二酸化炭素を燃焼させて削減する対策として、原発の高濃度汚染水を処理する対策として、医療への可能性、食品の除菌、化粧水、プールの殺菌、気象への利用、元素転換によるレアメタルの生成等々、驚くべき可能性を秘めているのです!
 原発の高濃度汚染水への対応処理を見ても、日本政府は数十億円以上といわれる対策費を投入しています。しかしその処理方法は?というと、ただ濾過して吸着させて埋める、もしくは海洋投棄するだけです。その点、高周波振動攪拌を利用した技術では、セシウム137がバリウムやプラチナに元素変換することが実証されています。つまり放射性物質を元素変換させて無害化することができると考えられるのです。しかも資源の乏しい日本において!原発の高濃度汚染水からレアメタルを生成することができるのです。
 しかし政府はこうした事実に目もくれません。メディアも表立ってニュースにしません。学者からの反応もありません。原発の高濃度汚染水問題は喫緊の課題であるにもかかわらず、問題解決にはならない現状の処理方法に固執しているのは何故なのでしょうか。それは、原発の汚染水処理で一儲けしようとしている輩たちがいるからなのではないでしょうか。ぶち壊すべき"規制"は、実はこうした輩たちなのかもしれません。一部の既得権益者を守るための、いわば"偽の規制改革推進会議"などではなく、地球の環境を守るための、"真の規制改革推進会議"の立ち上げこそが望まれます。
 将来、”お金の心配をしないで済む社会!”を実現するには、有限とされているエネルギー問題を解決する必要があります。支配者が有限とされているエネルギーを支配しているのが今の世の中だともいえるかとおもわれます。それが水からエネルギーを取り出せる!さらには汚染水からレアメタルを取り出せる!となると、これは”お金の心配をしないで済む社会!”へと一気に向かうパラダイムシフトとなり得るのではないでしょうか。
 明るい日本、明るい地球がみえてくるようです!!
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
多様なる活用の可能性を秘めた"オオマサガス"

車の燃料の未来



LPガス(液化石油ガス)を燃料にしているタクシーなどの車は、液化したLPガスを燃料としています。LPガスは加圧すると常温で液化するのです。オオマサガスは加圧しても液化しませんが、LPガスにオオマサガスを5%混ぜるとその新エネルギーは液化します。ですから、タクシー用燃料などで段階的に酸水素ガスの利用を拡大することができるのです!と大政氏。

オオマサガスとプロパンガスの混合ガスで走らせる実験をする車

見た目には古めかしい車ではありますが、実はオオマサガスとプロパンガスの混合ガスで走るという最新鋭の車なのです!
車も見た目ではない!?という、象徴的な車でもあるわけです。

※近い将来、ロシアからシベリアの天然ガスがサハリンを経由して日本に入ってくるとおもわれます。
そうした天然ガスをオオマサガスと混合させることによって、この様にさらに効率の良いエネルギーにすることができるのです。
"日本発の世界に貢献する技術”として!


医療の大革命「活性医学」への可能性


中性電解水(αトリノ水)

・以前話題となった電解水は、水に食塩などを加え膜で仕切り電気分解することで酸性電解水とアルカリ電解水を得るというものですが、酸性電解水は塩素ガスを含み保存期間が短い、アルカリ電解水は皮膚へのダメージがある、との欠点があります。
・そこで、水とわずかに塩を加えたものを隔膜無しで振動攪拌しながら電気分解して得られたのが中性電解水(αトリノ水)※です。安全性の高いこの中性電解水は、高い殺菌力も持ち合わせています。

※ちなみに、前編でご紹介した洗眼水は、Wellcyn(ウェルシン)です。

殺菌作用を利用した活用

危険な化学物質を利用しないで殺菌ができるということで、プール、温泉、銭湯など、そして食品加工の分野(食品添加物で許可取得)でも殺菌、消臭、除菌ができます。
・また上水道における殺菌※では次亜塩素酸ナトリウムを使用しないため塩素臭がなく、さらに発がん性があるとされるトリハロメタンの生成も抑えることができます。
・他にも化粧品※(許可取得)など用途は広範囲にわたります。
・そして農作物には代替農薬として使うこともできるとのことです。もちろんできた作物は、無農薬野菜となります。

※先日、水道法の改正案が衆議院本会議で可決されてしまいましたが、水道が民営化されグローバル企業によりフッ素などを入れられてしまうかもしれません。こうした、松果体を石灰化されてしまう事態になる前に、ぜひこうした技術を取り入れるような政権になってもらいたいものです。
αトリノ水を肌にスプレーすると、肌は浄化された感触がしてすべすべになります。

中性電解水が真価を発揮する、活性医学の領域!

・殺菌用とか消臭対策とか、様々な分野で特筆すべき効果を生むαトリノ水ですが、その真価が発揮される可能性があるのは医療の分野であるとのことです。
化粧水をはじめ、ヘアケア、歯周病の殺菌など。
・さらに、細胞を活性化させる”活性医学”として、アトピー、やけど、リウマチなどにも効果がある可能性があるとして研究中とのことです。

思いつきと好奇心から元素変換


オオマサガス生成の際にする攪拌は低周波振動攪拌なのですが、それを高周波振動攪拌で試してみたところ、できた水に指を入れてみるとビリビリした振動を感じたとのこと。
・そこで常温常圧で連続20日間の攪拌実験をした水を分析してみたところ、なんとマグネシウムが600倍、亜鉛が140倍、鉄、アルミニウムが50倍、その他多くの元素の含有量が増えていたのです。
現代科学では、CERNのような加速器か、太陽のような高温高圧でしか起きないとされている核融合です。
・人間や植物などの体内で行われる「生物学的元素転換」は知られていますが、元素の量の変動を正確に測定する難しさがあります。
その点、振動攪拌による元素変換は再現性が高いのです。

「現代科学の常識を覆す驚くべき発見!といって差し支えないだろう」大政龍晋氏。

・鶏卵の殻を微粒子にしてやはり連続攪拌すると、チタンが170倍、コバルトが3倍、ニッケルが6倍以上増加したとのこと。元素変換していることがわかります。
産業廃棄物とされている鶏卵が、日本ではほとんどが輸入に頼っているチタン、コバルト、ニッケルなどの貴重なレアメタルに変換されるというのです。まさに”ゴミを宝に!”です。

「日本の貿易構造を一変させてしまう」大政龍晋氏。

原発の高濃度放射能汚染水の処理に関して


・こうした中、3.11が起きます。そして毎日のようにタンクから漏れ出る汚染水をみて、大政氏はふと”汚染水を元素変換により無害化できるのでは?”とおもいます。
早速、福島の被災地のある村にて試験をします。その結果は、

「日本に希望をもたらし、世界に光明を与えるものでした」大政龍晋氏。

・なんと、放射性物質であるセシウム134,137が、20日間ほどの連続作動(電極を振動羽にした攪拌と電気分解)で約70%減少していたのです。
さらに驚くべきことに、セシウムの減少と共に元素変換してバリウム、白金、つまりプラチナの増加も見られたのです。
原理的にはトリチウムなどの他の放射性物質も元素変換して無害化できるはずですが、トリチウムが含まれる汚染水は入手が困難で、実験はできない状態とのことです。
現状の放射能汚染水の対策は、濾過器を使って放射性物質を吸着するしかなく、ましてや海洋投棄までがそれほどの危険性が無いとして検討されています。
それが"放射性物質の無害化とともに、貴重なプラチナをも生成する"というのです!


「日本が世界のさきがけとなって放射能無害化という答えを提示する!」大政龍晋氏。

※オールジャパンで取り組めば、日本の未来は明るい!!!
そういう先見の明がある政権がのぞまれます。

日本テクノ株式会社の社屋をバックに大政龍晋氏と社員の方​​

大政龍晋氏からは「一人でも多くの方に幸せになってもらいたい。ぜひ広めて下さい!」といっていただきました。
いろいろと素人にもわかりやすい説明をしてくださいまして、誠にありがとうございました。

 余談


 実は大政氏は、小学一年生のときに愛媛の自宅にて広島に投下された原爆のキノコ雲を目撃したそうです。そして数十年後、3.11をきっかけに元素変換による放射能無害化の技術を発明することになるわけです。こうした発明は、我々が自然と調和する真の文明を創ることを期待してもたらされた!と感じているとのことです。
 水を利用して宇宙エネルギーを取り出すことに成功したといわれるヴィクトル・シャウベルガーは、「水には意識がある」といいましたが、大政氏も神秘なる水の意識との"繋ぎ"を託された!のではないでしょうか。

「水と和する心を失いかけている日本人に、再び水との調和を取り戻すように促す自然の意思なのだと私は思っている」


※自然の恵みで、一粒のお米が200粒の稲穂となるように、1リットルの水は2000リットルのオオマサガスとなります。

Writer

しんしん丸

2015年のシャンティ・フーラ主催の関東交流会にてお手伝いをさせていただきました。平安の花を愛でる、幸せ者の一人として。

想念と電磁波の海たる東京で、ナディーチャート風水の結界ある自宅に引きこもっています。といいながらもよく出歩く、5種です。
もちろん、いろいろと出かけるのはほぼシャンティ・フーラ絡みです。ですから出歩いてはいますが、出歩いてはいないのです・・・と、どこまでもシャンティ・フーラ的な7種です。


Comments are closed.