元旦にふさわしく、オオマサガスの燃える火を動画でお披露目いたします♪初日の出のような輝きを!

 2019年1月1日、明けましておめでとうございます!
元旦にふさわしく、オオマサガスの燃える火を動画でお披露目いたします♪
オオマサガスの火は、太陽の核融合と同じ現象とのことです!(4つ目の動画です。1つ目もまぶしいですが笑)・・・日本の夜明けを象徴するかのように燃える太陽(日の丸)の光!2019年を祝福する初日の出の輝きのようです。
 前回の記事では、オオマサガスが、真実のものであること、信頼できるものであること、最高品質のものであることをお伝えしました。
 今回は、動画で撮影させていただきました。YouTubeではいつ何時削除されるやもしれませんので、時事ブログ内に動画で記録を残しておきます。この光は消えることはありません。
 前回報告していなかった試みとして、オオマサガス90%にプロパンガス10%の新燃料でエンジンを稼働させて、その時の排気ガスを調べました。車検場などで使用している測定器で測りましたが、CO(一酸化炭素)がほとんど検出されません。プロパンガス100%のときのデータと比較すると違いが歴然です。排気ガス特有のイヤな臭いもありません。 クリーンエネルギーであることがわかります。確認しますが、オオマサガスは水からできています。水からできるオオマサガス90%とプロパンガス10%を混ぜて結合させるという画期的な新燃料なのです。
 "オオマサガスは、日本が世界に貢献できる宝です!"
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オオマサガス撮影
1.大政龍晋氏によるオオマサガスおよび新燃料の紹介

今回の実験の目玉は、オオマサガスを9割、プロパンガスを1割混ぜて結合させると、水素と同様以上の究極のクリーンエネルギーができるというものです。
この新燃料で発電機を動かしても、排気ガスにCO(一酸化炭素)が発生しないのです。


2.振動攪拌装置

・まずは振動攪拌装置の紹介です。
ストローの動きを見ると、水が満遍なく攪拌されていることがわかります。
普通の攪拌では、洗剤を入れると泡立つのですが、振動攪拌では一切泡立ちません。



3.振動攪拌しながら水を電気分解することでオオマサガスをつくる

振動攪拌しながら水を電気分解すると、ナノバブルのオオマサガスが発生します。
煙のように見えるのは、発生するオオマサガスの粒子が分子ではなく原子であるからと推測されます。
・今回、振動攪拌する羽を新調されたとのことで、煙のように発生するオオマサガスがより鮮明に見て取れます。



4.オオマサガスの火でチタン、タングステンを燃やす

オオマサガスの火にサッと手をかざす分には暖かい感触ですが、一旦チタンなどの金属にあてると核融合がはじまります。太陽と同じ働きです。融点1800℃のチタンがあっという間に気体になります。
・同様に融点3300℃のタングステンもオオマサガスの火で煙と化します。



5.オオマサガスを燃料にして水素電池で灯を点す

・本来、水素をエネルギーとする水素電池もオオマサガスで点灯します。明るさは、水素より5%アップとのことです。



6.新燃料(オオマサガス90%、プロパンガス10%)の火でチタンをもやす

オオマサガス90%、プロパンガス10%で混合させると、新燃料となります。
チタンを燃やしても、オオマサガス100%の時のように核融合はしません。普通の燃料になっています。
・水からつくるオオマサガスが90%でプロパンガスが10%で新燃料になるのですから、画期的なエネルギーです。
・ずっとオオマサガス50%、プロパンガス50%の混合ガスで実験をしていましたが、昨年2017年にこの比率(オオマサガス90%、プロパンガス10%)でも新燃料になる!という驚くべきことに気づかれたとのことです。



7.新燃料の火でタングステンを燃やす

・タングステンを燃やしても、やはりオオマサガス100%の時のように核融合はしません。



8.新燃料をエネルギーにして水素電池で灯を点す

・新燃料で水素電池を点灯すると、その明るさは水素よりも15%アップします。



9.新燃料で単気筒エンジンをかける

・この新燃料で単気筒エンジンを動かしてみます。その時の排気ガスを測定すると、CO(一酸化炭素)がほとんど出ていないことがわかります。(音量に注意して下さい)



10.プロパンガスで単気筒エンジンをかける

プロパンガスで単気筒エンジンを動かして、排気ガスを測定してみると、CO(一酸化炭素)がかなり出ています。(音量に注意して下さい)
以上の比較から、新燃料がクリーンエネルギーであることがわかります。



11.混合燃料(オオマサガス50%、プロパンガス50%)で発電機を動かす

・今度は大型の発電機でライトを点けます。
燃料はオオマサガス50%、プロパンガス50%の混合燃料です。
排気ガスはほぼ水なので、いわゆる排気ガス特有の嫌な臭いがまったくしません。



12.特許の数々

・振動攪拌を基にした数々の特許を日本だけでなく、海外の国々でも取得されています。
・大政社長は、先日スリランカの国王とお会いされたとのこと。
日本よりも海外からの評価が高い攪拌振動の技術。
原発輸出なんてトチ狂ったことを言っている時ではないのですが。。



  いまだ認知されていない水の価値


  いまだ公には知られていない?オオマサガス。貴重な水の価値は無限大なわけです。そういう意味でも、水の運営権を民間に渡すなど言語道断です!
 ただ、たとえ組織ぐる民によって悪だく民法案が通ってしまおうとも、水道法改正はあくまで「コンセッション契約ができる仕組みを導入する」ことを規定しているだけ!なので、本当に導入するかどうかの最後の判断は今後自治体が個別に行うことです。
 だからこそ、未だ認知されていない水の神秘的な働きについても広く知ってもらいたいとおもいます。そこで、オオマサガスの記録を動画にして、ここ時事ブログに残します。消されることなどないように。

 大政龍晋社長はじめ社員の皆様、いろいろとありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  余談


  周回遅れの日本ですが、近い将来の総理大臣に見てもらえるためにも記録を残しておきます。ぜひご覧ください!いまだ封印されている日本の宝を。太郎さん。

Writer

しんしん丸

2015年のシャンティ・フーラ主催の関東交流会にてお手伝いをさせていただきました。平安の花を愛でる、幸せ者の一人として。

想念と電磁波の海たる東京で、ナディーチャート風水の結界ある自宅に引きこもっています。といいながらもよく出歩く、5種です。
もちろん、いろいろと出かけるのはほぼシャンティ・フーラ絡みです。ですから出歩いてはいますが、出歩いてはいないのです・・・と、どこまでもシャンティ・フーラ的な7種です。


Comments are closed.