独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第70楽章 ギリシャのレスボス島のモリア難民施設の火災から考えること

 つい先日、9月10日にドイツ国内で初めて警報の日が行われました。今後は、毎年9月の第2木曜日に行われます。 ドイツ連邦政府と州政府の合同で、すべての警報装置がドイツ全土でテストされます・・と書かれていて、午前11時に、サイレンがテストされるということで、PCの前で、テレビ放送のニュースライブを開き、待っていましたが、ベルリンの我が家では、サイレンの音が聞こえませんでした。ライブニュースにて、フランクフルトのわりと静かな警報音を聞きました。これは、今後何のためにあるのだろう??と思ってしまいました。11時という時刻もとても気になりました。
 ベルリンでは、今年2月から滞在許可も以前のパスポートにシールを貼るものから、チップ入りカードへと変更になったことを聞き、(ドイツの他の州ではすでにチップ入りカードの滞在許可証になっているので、ベルリンは遅いのですが・・)着々と管理社会へと前進しているのかな・・とも感じていました。

 第70楽章は、ギリシャのレスボス島のモリア難民施設の火災から考えることです。
(ユリシス)
————————————————————————

気になるニュース


こちらの記事によると、G20各国首脳の2018年フライトの分析のグラフを見ると、日本の安倍晋三首相は最も多くのCO²排出をしました。安倍首相は14,000トン以上のCO²を排出、続いてトランプ米大統領(11,000トン)と韓国文大統領(11,000トン)です。グラフには、CO2を多く排出している世界の首脳10人がリストアップされています。

データが入手できた15人の各国首脳のうち、スペインの首相は、985トンの最低限のCO²を排出を記録。スペインの指導者たちは、トランプ(130,000 km)と韓国文大統領(164,000 km)よりも多く、約175,000 kmを移動したにもかかわらず、最低の炭素排出量。スペイン政府は主に、他の国で使用されているボーイングおよびエアバスの飛行機よりも小さい民間飛行機ファルコン900を使用。テレサメイ、マークリュッテ(オランダ)、ミシェル・テメル(2018年にブラジルの大統領)はすべて小型飛行機を使用して、ランキングが下になっています。

息子の学校の英語の先生も笑っていたようで・・トランプ大統領より多い、メルケル首相よりかなり多い!? なんか恥ずかしいものを見たような気がしました・・

Wikipedia[Public Domain]
ファルコン900

ところで、ドイツでは、外国人であっても、就労ビザにて滞在している場合は、子供手当が支給されます。子供が学生の場合は、25歳まで支給されます。現在、毎月、子供ひとり204ユーロの子供手当になっています。今回、コロナの影響を緩和するために、こちらの記事に、『最初の200ユーロは9月に送金され、10月に100ユーロが送金されます』と書いてあり、我が家も200ユーロが支給されていました。だから全部で300ユーロの子供手当系のコロナ援助なのですね。



ギリシャのレスボス島での難民問題と火災


さて、ギリシャのレスボス島が火災で大変なことになっています。

ギリシャのレスボス島といえば、2015年に主にアフガニスタンの難民が多く押し寄せたギリシャの有名な島より遠く、トルコに近い島です。レスボス島のモリヤ難民施設には、収容人数の4倍もの、1万3千人が暮らしていて、火事にて、すべてが消失してしまいました。難民とギリシャ軍との衝突も起きています。



『ベルリンの左派系の多くの方は、ギリシャレスボス島、モリアキャンプからの「難民」の受け入れを要求しています。』

『ベルリンにて、モリアキャンプへの連帯抗議 移民の即時の再定住を要求しています。』


こちらは、本当はイラク出身の女の子のようですが、2歳の弟をエーゲ海で亡くしてレスボス島に到着して難民として暮らしていましたが、モリア難民テントが焼かれてしまいました。でも、どこでも英語を勉強中・・欧州でこれから生き抜いてほしい。エーゲ海で小さな子供が亡くなるのもなんか不審な状況ですね・・


レスボス島の夕暮れ時はこんなに綺麗なのに・・。

『2016年にレスボス島の山頂で見た何千もの欠陥のあるライフジャケットを思い出しました。難民が受けた非人道性は言葉を超えています。私たちは保護する義務があります。』

欠陥のあるライフジャケット・・子供が溺れるわけですね・・意図的なのですね・・エーゲ海で子供が亡くなる理由はこれですね・・

『ニューヨークタイムズは、ギリシャ政府が多数の人々を意図的に海へ放り投げていることを発見しました。
逃げた人々はギリシャでは安全が確保されていません。ギリシャ政府は信頼することはできません。』

これですね・・意図的に海へ??

モリアキャンプに戻さないでください
これ以上のコメントは必要ありません。』

モリア難民キャンプの劣悪な環境を想像してしまいます・・

数千人の難民が、レスボスのギリシャ最大の移民モリアキャンプに避難。10,000人を超える亡命希望者は、ミティリーニの町の前の路上で立ち往生しており、警察による港への立ち入りを禁止されています。』

ほとんどがアフガニスタンからの難民ということで、アシュリムシーカーと書かれています。政治的、民族的亡命者という意味になります。アフガニスタンのアシュリムシーカーに出会いましたが、亡命した場合、自分の国には帰れないと言っていました。


催涙ガスを放っていますね・・これはよくない・・

『ギリシャのレスボス島の数百人のパレスチナ難民と他の何千人もの亡命希望者がモリアキャンプに避難していて、たいしたことない施設も崩壊し、今後が大変心配である。 』

数百人のパレスチナ難民もいると書かれています。


欧州最大の難民施設であるモリアキャンプ、食べ物も水もお金もないそうです。お金は、難民ボートで使い果たしてしまったのでしょうか・・難民ボートも2015年時点では、日本円で100万円相当だと聞きました。

今回のギリシャのレスボス島モリアキャンプには、多くのアフガニスタンのアシュリムシーカー、パレスチナ難民など、政治的亡命者が多いことを知りました。シリア難民などは、わりとすぐに欧州に入国できていますので、このあたりで差があることがわかります。シリアからの難民でも、お金がある方、すぐに動いた方は、欧州に2013−2015年の時点で入国していることがわかります。ニュースでもよく見るあのたかがゴムボート代が日本円で100万くらいと聞きました(トルコがエージェントらしく)ので、すぐには脱出できない人たちも多かったはずです。その後、ゴムボートの値段も下がったと聞きました。

Author:キャスサイン[CC BY-SA]
レスボス島モリアキャンプ

ギリシャだけでなく、アメリカの西海岸、以前はオーストラリア、日本の沖縄も・・そして、チェルノブイリの森林火災も・・最近は世界各国で火災があります。これは、もしかして、遠隔でテクノロジーを駆使しての原因かもしれませんし、また、火災の意味もカバール(支配層)にとってはあるのかもしれません。2015年からの状況をみても、欧州には、難民を流入させることで、混乱を起こさせるという意味があったと聞きました。

アラブ首長国連邦のドバイといえば、オイルマネーで高層ビルが立ち並んでいますが、高層ビル建設を支える実態はこちらの動画で観ることができます。



中東、イスラム圏とひとくくりにはできず、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールなど、アメリカカバール支援のオイルマネーの国と、パレスチナ、シリア、イエメン、クルド民族など、潰されてきた国と分かれています。イスラム教のチェチェン共和国の人たち、アフリカのイスラム教の人たち、カトリックだけれど、アルメニアの人たち、イランやイラクの政治亡命やクルド系が難民であることをベルリンにて観察しています。

『これらはイエメンの子供たちです! ドイツの左派、SPDも緑の党もこれらの人々に関心を示していません。ギリシャのモリヤキャンプに飛んで、難民自身が放火によって引き起こした火災を非難する方が簡単です。長年の嘘と偏見があります!』


本日の音楽は・・


今日の音楽は、アルメニアの音楽で、アルメニアの伝統的な衣装を紹介しています。
民族衣装があるのが羨ましい・・とドイツ語の先生は言いました。また、日本は戦後着物を毎日着る習慣を失ったことは、損失であると、日本の小津映画が好きなドイツ語の先生が言いました。

アルメニアは、オスマントルコに虐殺された歴史がありますが、世界最初のカトリックの国です。アララト山は富士山にも似ている山で、アルメニア人の心の拠り所(ノアの箱舟が到着したと言われる場所)でもあるそうです。




Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.