独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第87楽章 もし、ワクチン接種をしないと、仕事が解雇なら、どうしますか?

 早くも、6月になってしまいました。
 今まで、日本からドイツの入国が制限されていましたが、6月6日から、日本からドイツへの入国も可能になりました。いまだに、多くのベルリン在住の方がワクチン接種を希望していて、実際にお会いした方は、このように言っていました。
「コロナになる害とワクチンの害を比較するなら、ワクチン接種をした方がマシだ・・」
「ワクチン接種をしないと、何も参加ができない。」

 多くの方が危ないと分かっていても、赤信号、みんなで渡れば怖くない状態で、ワクチン接種が当たり前の状態になってしまっています。
(ユリシス)
————————————————————————

「どんなに脅されても、私は予防接種を受けません」――女優エヴァ・ヘルツィヒ


女優として活躍するオーストリア人のエヴァ・ヘルツィヒさんが予防接種を拒否したため、解雇されたというニュースがありました。内容を簡単にまとめると、

「どんなに脅されても、私は予防接種を受けません」
女優のエヴァ・ヘルツィヒさんは決断しています。そのため、女優の配役を解雇されてしまいました。ワクチン接種の長期的な影響もまだ明らかではないということで、彼女は勇敢に決断しています。契約していたオーストリアの制作会社 Allegro Film は、社員の健康を守るため、解雇に至りました。

女優のエヴァ・ヘルツィヒさん曰く、「私は 2 人の子供のシングルマザーで、子供たちの面倒も見なければなりません。しかし、自分の意志に反することはできません。だから、どんなに脅されても、予防接種を受けません。」

女優のエヴァ・ヘルツィヒさん

上記の記事は、Facebookで見たのですが、勇気がある、意識が高い、よくやった・・などのコメントも多く見られました。

もし、このような状況になったら、どうしますでしょうか?多くの方が、仕事がなくなると、生きていけないので、やむをえず予防接種をするようになってしまうかと思います。

2011年もそうだったかと思います。放射能で危ないと分かっていても、仕事をやめることができずに、動くことができなかった方が多かったかと思います。


kla. tvによるワクチン暴露報道


下記は、6月4日のkla.tvの報道からです。主要な内容をまとめてみます。

mRNAワクチンが新しいテクノロジーで作られ、長期の治験なしに製薬会社の利益のために速攻に承認されたと書かれています。

驚くことは、ワクチンの承認が数十億ドルもの利益が出ることがわかって、子供用のビオンテック・ファイザーワクチンを審査段階中に承認したことです。欧州医薬品庁(EMA)の理事長に抜擢されたのは、製薬業界に精通し、ヨーロッパ最大の製薬会社のロビー活動組織である、EFPIAの理事も務める、エマー・クック氏です。

エマー・クック氏

もちろんクライアントは、ファイザー、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソンという、ワクチンメーカーですね!今更、びっくりはしませんが、もうズブズブの関係で、利権、利権・・。製薬会社の営業マンの顔が浮かんできそうです。


5人の研究者の見解を出して、ワクチンの危険性について書かれています。見解を以下のようにまとめてみました。

Novartis、GlaxoSmithKlineの企業、GAVIの組織、Bill & Melinda Gates Foundationで感染研究とワクチン開発分野で働いていた国際的なウイルス学者Geert Vanden Bosscheの見解
ワクチン接種を直ちに停止するよう国連に要請。感染性ウイルス亜種が激化し、最終的には大量死を引き起こすと警告。

Michael Yeadon - 元ファイザー副社長兼研究責任者の見解
ワクチン必要なし。人間で治験されていないワクチン接種は許し難い。Covidワクチン研究の即時中止の申請を提出。

有名なドイツのウイルス学者で感染疫学の専門家であるスチャリット・バクディの見解
コロナのワクチンは遺伝子ベース。非常に高いリスクあり。

ドロレス・ケイヒル教授 - アイルランドの免疫学者の見解
ワクチンのmRNAが細胞の遺伝子操作して、コロナウイルスのスパイク タンパク質を生成。コロナウイルスが後に免疫システムを活性化すると、自己生成したスパイクタンパク質を危険と認識し、自身の体細胞に対して大規模な攻撃を開始する。

エイズの病原体である HIVを発見したことで知られるフランスのノーベル賞受賞者ウイルス学者であるリュック・モンタニエの見解
ワクチン接種は重大な間違い。突然変異の原因はワクチン接種。若者の死亡率の上昇は、ワクチンが原因。警告にもかかわらず、速攻でワクチンが承認され、接種が開始された後、多くのヨーロッパ諸国でワクチンに直接関連する死亡が多数発生。
(リュック・モンタニエ氏については、5月21日の時事ブログも参考にしてください。)

最後には、このように書かれていました。

2021年5月18日の時点で、コロナワクチンに関連して EU諸国で 420,000件以上の副作用の疑いと 7,207件の死亡が欧州医薬品庁(EMA)データベースに登録されていますが、欧州医薬品庁(EMA)が無視している可能性あり。

Author:シースカメル[CC BY-SA]
アムステルダムのEMA本部

また、損害を賠償するのは製薬会社ではなく、EUの納税者。ワクチンによる被害の全費用が国民の税金から支払われる。ワクチン接種については、検察庁に刑事告訴できると書いてありました。国民の圧力は無視できないとのことです。自分も子供も、予防接種をする前に現状を知る必要があるとのことです。


上記の報道を見て、2011年の日本の原発事故の原発業界の構図、東電とメディア業界の関係などを思い出してしまいました。医薬業界も同じですね。

一生懸命勉強をして、大学を卒業してよい就職をしたとしても、利益のために、無表情に人々を死に至らしめることに関与する仕事をするなんて、よくできるな・・と思ってしまいます。

そういえば、ドイツ健康保険大臣のシュパーン氏がベルリンの高級住宅地に豪邸を購入したニュースがありました。これって、もしかして・・・。それよりびっくりなのが、男性とご結婚されているようで、シュパーン氏が女性役・・(´⊙ω⊙`)!

ドイツ健康保険大臣のシュパーン氏

実際に、まだワクチン接種をしていない、これから予約をする予定だという知り合いのドイツ人に説得を試みてみました。コロナワクチンの害、遺伝子が書き換えられてしまう危険性なども話しながら、イベルメクチン、二酸化塩素、コロイダルシルバーなどで防御できることなどを話してみました。根拠が知りたいと言うので、サイトなども見せてみましたが、説得は通じずに、やはり、人は、見たいものを見るのだ・・と言うことがはっきりとわかりました。みんながやっているということで、引きずられるのですね。離れて住んでいる息子さんもすでにワクチン接種済みらしいので、説得も困難でした。

このようなTwitterも参考になりますよね・・。


また、近くに住むドイツ人の方から、福島原発の海への汚染処理水の海洋放出に反対するデモ(6月8日、ブランデンブルグ門前にて)に行きませんか?と誘われたのですが、この方は、1回ワクチン接種済みなのです。ワクチンを接種していなければ、一緒に行ってもいいかと思いましたが・・、残念ながら、お断りしました。

現在は、福島のデモというより、どちらかというと、コロナワクチンの「シェディング」に対するデモをしたいくらいなのですから・・。


Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。


Comments are closed.