独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第110楽章 ベルリン新緑の季節に思うこと・・

 ベルリンも新緑の季節になりました。食料の備蓄をしなければといつも思っていますので、歩いていると、道端にタンポポがたくさん咲いていますので、来年はタンポポを食べるようになるのかな・・?🤣などと想いを巡らせています。肝臓によさそうですしね。タンポコーヒーにもできそうです。先日、コピー用紙を買いに行きましたら、なんと、今まで3.99ユーロ、4.99ユーロだったものが、6.99ユーロ、8.99ユーロに値上がりしていました。食材よりも、コピー用紙が一番高くなっているような気がしました。
 息子フォーレン情報によると、5Gの最先端の街であるドイツのライプチッヒにサッカー関連で行った方がみんなコロナになっている!!とのことでした。我が家の横というか、西側には大きな栗の木があるのですが、夕方になると鳩のカップルが夕陽を背景に栗の枝木の上で仲良くしている様子をよく見ていました。そして、最近、我が家のバルコニーの右上のところに、巣のようなもの(枝をたくさん集めている・・)が置かれていることに気づきました。ここで子育てをするのかしら?我が家のバルコニー上を安全地帯として選んでくれたのかしら?(放置状態で掃除していないから?🤣)ちょっと楽しみです。
(ユリシス)
————————————————————————

ベルリンをぶらぶら歩いてみました


息子フォーレン情報によると、なんとベルリンには、ウクライナの難民の方たちが毎日2000人到着しているようです・・・だから、中心部は人が増えていたのですね・・また、ひどいことに、ウクライナの難民が襲ってきたので、今まで難民として滞在しているシリア、アフガニスタンなどの人たちは、難民専用の住居を退去しなければいけないそうです。ドイツの法律ではそうなっているようなのです・・。面白いことに、チェチェンからの難民の息子の友人は、ウクライナからの難民がたくさん押し寄せるのは困る・・。自分の方が先にドイツに来た・・と言っているのです🤣🤣

週末はお天気が良かったので、ベルリンの中心部をぶらぶら歩いてみましたが、イースター休暇の最終日だからなのか、観光客が非常に多く、途中からもうさっさと帰ろう!と思ってしまうほどでした。そして、なんと、ベルリンといえば・・というくらい有名なスポットであるボーデ博物館には、ウクライナの旗が掲げてあるではないですか・・。あっちゃー!と思いつつ、証拠にと・・嫌々ながら・・写真に収めました。

ウクライナの旗が登場したのね・・


気のせいなのか・・街中、電車の中、色白の綺麗な女性が増えたような・・ドイツ人女性はこんなことを言うのも・・ですが・・ガッチリした方が多いですからね・・。ウクライナからの女性でしょうか??

また、我が家がベルリンに来た2015年ごろには、地下鉄新駅の工事をしていて、昨年ごろに新しい、天井に星が散りばめてあるいくつかの新駅ができたのです。

博物館島の駅ホーム


場所は、こちらのボーデ博物館、ペルガモン博物館最寄りの博物館島周辺なのです。この博物館島は、シュプリー川の真ん中に位置していて、首相官邸もあったりして・・・陰謀論の方によると、この川の地下は怪しい場所??・・と言っていた方も・・。気のせいかもしれませんが、コロナ時代に合わせるように、この辺りの新駅もできたのかな??と勘ぐってしまします・・。


ドイツの学校教育の恥ずかしい実態など


少し前、知床に旅行をした時のことを思い出していて、ウトロ漁港といえば、まるでロシアの雰囲気だったな・・と振り返っていましたら、なんと、知床で遊覧船事故があり、びっくりしました。これも今のロシア関連の事件なのでは??と疑ってしまいます。実際に我が家がハンガリーのブタペストに旅行したのが、2017年頃だったのですが、2019年にブタペストのドナウ川で遊覧船事故があり、これも、ハンガリーの経済政策(ソロス氏の母国ハンガリーが当時、ソロス氏を激しく非難していた背景がありました)とリンクしているのでは?と疑っていたからです。

ウトロ漁港


また、こんな内容を見ました。
『ビジネスで成果を出す人は、四六時中仕事のことを考えられる環境に身を置き、大きく成長を遂げていくのです。』

これを見て、竹下先生が映像配信にて一貫して言われていることと真逆であると思いました。竹下先生の講義からは、仕事のことばかり考えているのは、「仕事中毒、野心がある」とのことを学びました。まず優先することは、夫婦関係、親子、友人関係で、ゆっくりリラックスして生きることが大切であるとのことでした。しかし、世の中一般的には、上記のような成功哲学、プラグマティズムがよしとされていて、多くの方が上記の内容に賛同しています。例えば、私が竹下先生から学んだことを元に話してみると、ある方がこう言ったのを記憶しています。「それは、理想論ですね。実際にはそうはいかないですね・・」やはり、シャンティ・フーラで学んでいない多くの方が仕事中心の生活であり、唯物論であり、大手マスコミに沿って動いているようです。


なんと、ドイツの学校教育の恥ずかしい実態が暴露されています。ドイツの学校教育はまさに洗脳場所となっているようですね。

緑の党のお手本としてのナチス
ドイツの学校での教え:ロシア人は人間ではなく、"血に飢えた怪物 "だ!

https://www.anti-spiegel.ru/2022/unterricht-an-deutschen-schulen-russen-sind-keine-menschen-sondern-blutruenstige-monster/


バーデン・ヴュルテンベルク州政治教育局は、ゲッペルス帝国の宣伝省が作ったと思われる学校の授業用の冊子を発表。第三帝国のナチスのプロパガンダの核心の一つは、ロシア人(その他の民族)は人間ではないので、殺してもいいというものだった。ドイツの学校では、今、子どもたちがロシア兵について"人間のように見えるが、血に飢えた憎むべき怪物である!"と学んでいるのです!

これは、ナチスのゲッペルスが、第三帝国の敵対者を人間として否定したのと全く同じプロパガンダ。ナチスのプロパガンダ映画では、ユダヤ人は「ネズミ」と呼ばれ、スラブ人は「亜人」と呼ばれていました。そして、これこそが、今、ドイツの学校で子どもたちが再び学んでいる、人間の非人間化です。

ウクライナでは2014年からこれが当たり前の教育になっていますが、今はドイツやおそらく他の欧米諸国にも進出。これはナチスのプロパガンダであり、残忍な人種差別であり、その結果、ロシア人の一律殺戮を呼びかけ、帝国議会前でも公然と唱えられました。ロシアがウクライナでの軍事作戦を呼びかけたのは、まさにこれに対して、この新しい公然たるナチズムの形態に対してであり、ロシアの最も重要な目標の1つはウクライナの「脱ナチス化」でした。

ドイツでは、マイダン以降、ウクライナでネオナチ政権が国を動かしていることは否定されていますが、駐独ウクライナ大使はヒトラー自身が言いそうなフレーズでインタビューに答えている。また、最近ドイツでもネオナチが、そのような内容のパンフレットを学校の教材として出版していることが知られるようになった。ちなみに、担当の教育大臣はテレサ・ショッパーで、緑の党出身です。

「学校で子どもたちにそんなことを教えてはいけない」という私の核心的なメッセージは変わらない。学校で人種的憎悪を説いてはいけない。ロシア人やロシア兵がウクライナ人に対してそのように考えていると主張する人は、無知であるか、意図的に嘘をついているかのどちらかです。アンチシュピーゲルでは、ロシアのメディアからの何百ものレポートを翻訳していますが、どのロシアの投稿を見ても、ウクライナ政府を激しく批判する一方で、マイダン以降ウクライナを支配してきたこれらの政府の下で苦しみ、生きなければならないウクライナ人に同情を示しています。
(DeepL翻訳・修正)


ドイツでは、以前フランクフルターアルゲマイネの記者が内部告発をしたところ、不自然にもお亡くなりになるということがありました。内部告発では、真実を書くことができないことを暴露されていて、ジャーナリストとしての意味を訴えていたと記憶しています。日本と同じで、ドイツでも大手マスコミでは緘口令が敷かれて真実を報道できないことがわかります。

多くの敵と多くの名誉と:ZDF(テレビ局)がアリーナと私の特集を拒否しました
https://www.anti-spiegel.ru/2022/viel-feind-viel-ehr-zdf-frontal-widmet-alina-lipp-und-mir-einen-beitrag/


ZDF(テレビ局)がアリーナ・リップと私について特集を拒みました。実に興味深く、西側のプロパガンダがいかに絶望的であるかを示しています。今、私はドンバスを旅していていますので、テレビ局は私にインタビューを求めてきました。ZDFテレビ局の「ジャーナリスト」が私のインタビュー内容を、歪曲、カットせずに、そのまま掲載することを条件にしたところ、インタビューを拒否したのです。

また、私の著書「インサイドコロナ」を宣伝してくれたのも、テレビ局フロンタル社の好意的な対応でした。しかし、アリーナのテレグラム・チャンネルを視聴者に隠していたこと、会社は私の記事を表示したが、残念ながら私のサイト名を視聴者に隠し、記事を読むことができなかったのです。

フロンタル社が視聴者に出典も示さずに私たちの記事に言及したことは、事実です。どうやらテレビ局は、視聴者が私たちの作品について独自の意見を形成することを望んでいないようです。何を恐れているのだろう?真実を報道すればいいのに・・。
(DeepL翻訳・簡略)


地球温暖化などの気候変動、エネルギー転換、コロナ、ウクライナ・・など、仕組まれた詐欺の内容のすべてはつながっていたことがわかります。ドイツの学校では社会問題について生徒たちがよく考えていると言われていますが、つまりはこれですよ・・こんなもんですよ・・意味のないことをしているだけなのですね!学校の勉強はしないほうがマシと、竹下先生が映像配信で言われていたことに納得です。息子フォーレンは、サッカーしか興味がなくてマシでした・・🤣

バイエルン、イタリアに続き、ウィーンでも全体主義的な中国の社会信用システム
https://report24.news/nach-bayern-und-italien-totalitaer-chinesisches-sozialkreditsystem-auch-in-wien/


裏切り者「オーストリア社会民主党」。ウィーンの街は、ジョージ・ソロスの模範的な弟子の街。ジョージ・ソロスは、母国ハンガリーと訣別、ウィーンに舞台を移しました。ジョージ・ソロスやクラウス・シュワブといったウィーンの模範的な人たちは、留まるところを知りません。そして、携帯電話による監視。社会主義者は国民に仕えるのではなく、億万長者などの大資本を背景にした勢力に仕えている。

人間蔑視のビッグブラザー監視技術である社会信用システムの道が、ウィーンで携帯電話用アプリにて進行中。中国では、携帯電話による人口評価も実施。実は、ウィーンはヨーロッパでナンバーワンを狙っていました。

カルチャートークンの仕組み
仕組みはコロナと同じように、目に見えない巨大な詐欺。だから、ひたすらCO2を「節約」する人は、「カルチャートークン」を受け取る。ウィーンの文化イベントの入場料の割引、無料になる。学生を中心とした1,000人の参加者によるテスト段階を経て、すべての市民が利用できるようになる予定。

ウィーン大学、社会的信用システムの欧州化を研究
ウィーン大学では社会的信用システムの研究が意欲的に進行中。中国の全体主義をヨーロッパ風にアレンジしたものを開発する予定。180万ユーロの資金は、欧州連合の欧州研究会議から提供。

ウィーンの都市政策は、アジェンダ2030に完全に合致
ウィーンのルートヴィヒ市長は、「スマートシティ」の観点から「世界のパイオニア」として位置づけていることを強調。スマートシティは国連の「アジェンダ2030」に不可欠な要素であり、オーストリアは国民投票によらずこのアジェンダに参加。これは、クラウス・シュバブ (WEF)によれば、グレートリセットの計画とほぼ一致。
(DeepL翻訳・簡略)


フジコ・ヘミングさんの発言



4:49よりフジコ・ヘミングさんが心が清らかなこととは?とお話しされています。

「悪口を言ったり、誤魔化したり、人を陥れたりなど
みんなが簡単にしていることをしなくなることで、心が清らかになる

演奏にも影響してくる」

他にも以下のことを発言されていました。

「動物愛護のために肉や魚は食べない
魚は食べた方がいいと知っているが・・
質素な食事をしている
ファッションは好きだが、お金はかけない
上手い人は間違える 間違えずに機械的に弾く人は上手くない
1つの曲をずっと弾くのがいい あまり広げない方がいい
1つの曲を長く弾くからこそ感動する
ミスをしないように神様に祈る」

竹下先生が映像配信で話されていることと同じだなと思った次第です。

フジコ・ヘミングさんのスロバキア・ブラスチバでのコンサート

89歳であることに驚きです。

 0:50 シューベルト 即興曲 第3番 変ト長調 作品90 D. 899
7:15 スカルラッティ ソナタ ホ長調 K. 380
11:08 スカルラッティ ソナタ ハ長調 K.159
13:25 ショパン ノクターン 変ホ長調 Op.9 第2番
18:22 ショパン エチュード 変イ長調 Op.25 No.1 エオリアンハープ
22:00 ショパン エチュード ホ長調 Op.10 No.3 別れの曲
26:30 ショパン エチュード 変ト長調 Op.10 No.5 黒鍵
28:48 ショパン 3つの練習曲 - 第1番 ヘ短調
31:35 ショパン エチュード ハ短調 作品10 第12番 革命
38:10 ドビュッシー 月の光
43:36 ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
50:30 リスト ハンガリー狂詩曲第2番
59:16 シューマン/リスト 春の夜
1:04:04 リスト ラ・カンパネラ
1:12:20 シューマン トロイメライ、「子供の情景」第7番
1:14:57 モーツァルト トルコ行進曲


Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。


Comments are closed.