メキシコ便り(120):ロペス・オブラドール大統領、国連、NATOを大批判!!!ウクライナ戦争の停戦を求めた「世界平和5年計画」を国連に提出!

 9月16日、メキシコは212回目の独立記念日を迎えました。ロペス・オブラドール大統領を支持する人々約14万人がメキシコシティのダウンタウン大広場(ソカロ)に大集合。相変わらずの人気ぶりを見せつけました。(動画あり)そんな中、恒例のグリトー(叫び:独立運動で活躍した歴史的ヒーローらの名前を一人一人呼び、万歳!と叫ぶこと)が大統領によって行われました。ロペス・オブラドール大統領の「グリトー」は何度見ても感動するのですが、今回は最後の方で「〇〇万歳」の代わりに「〇〇に死を!」があり、びっくりしましたが新鮮で大統領の強い「想い」を感じました。記事の最後に詳細を載せています。

 さて、今回は独立記念軍事パレード式典でのロペス・オブラドール大統領のスピーチで驚嘆したところを掻い摘んで見ました。15分ほどの短いスピーチでしたが、メキシコ政府が国連に提案する予定の「世界平和5年計画」の内容でしたが、そこで国連、NATOを大批判!この計画は、まさにウクライナ戦争の停戦を要求するもの。世界のリーダーでロペス・オブラドール大統領が初めてウクライナ戦争の停戦要求をしたらしい。その後にトルコのエルドアン大統領が続いたそう。

 「平和がなければ、正義も経済成長もない。この提案が受け入れられる、られないにかかわらず、正義と平和のために戦うことは決して無駄にはならない。」と言う大統領!カッコイイ✨😎✨
(popoちゃん💖)
————————————————————————
メキシコ便り(120):ロペス・オブラドール大統領、国連、NATOを大批判!!!ウクライナ戦争の停戦を求めた「世界平和5年計画」を国連に提出!

ロペス・オブラドール大統領:ウクライナ戦争の停戦を求む「世界平和5年計画」を国連総会に提出


ツイート文機械翻訳+修正:9月16日の市民・軍事パレードで、ロペス・オブラドール大統領は、ウクライナでの戦争を止め、5年間の停戦を実現し、世界の人々を苦しめる経済・社会問題に平和に取り組むことを「緊急」に求める提案の詳細を紹介しました。

大統領はメキシコ独立212周年記念の軍事市民パレードで15分ほどスピーチ。このスピーチのほとんど全ては国連に提出予定のウクライナ戦争停戦を求む、「世界平和5年計画」についてでした。大統領は、国連に対話と平和のための委員会の即時設立を提案。その組織のリーダー(仲介役)として、「本人たちから同意が得られれば、支持率世界一のインドのモディ大統領、ロシア、アメリカ、中国と良好な関係を築いていると思われるバチカンのフランシスコ法王、グテーレス国連事務総長。」を推薦。(えっ?!😱このチョイスで大丈夫なの?!)ウクライナ戦争の即時停止と、ゼレンスキー大統領とプーチン大統領との直接会談の開始を求め、紛争国や全世界が貧困、移民、暴力といった国の主な問題の解決に集中できるよう5年間の停戦を提案。



「平和がなければ、正義も経済成長もない。この提案が受け入れられる、られないにかかわらず、正義と平和のために戦うことは決して無駄にはならない。」と言う大統領。

そして政治は、戦争を回避するための唯一の手段である。現代に起きている戦争は、他の多くの戦争と同様に、戦争産業の利益によって煽られている。」と言っちゃいました!大統領、素晴らしい、その度胸!!!👏👏👏

ツイート文(大統領のスピーチの一部)機械翻訳+修正:「さらに非難されるべきは、大国の行動である。大国は、覇権主義的な利益のためにのみ(ウクライナに)身を置いている。したがって、この戦争は、他の多くの戦争と同様に、兵器産業の利益によって煽られているのではないかという疑念を避けることはできない。」

が、大統領は「ロシアのウクライナ侵攻は、確かに非難されるべき」とも言い、やはりお隣アメリカさんとの関係も良好に保たなければならないからか、いちおロシアを悪者にしているようです。


ウクライナ大統領側近がロペス・オブラドール大統領を批判


メキシコ駐在のウクライナ大使館が、ご丁寧に大統領側近の批判ツイートをスペイン語に訳していました。

ツイート文機械翻訳+修正:戦争を自己PRに利用する 「ピースメーカー」には、驚くのみ。 ロペス・オブラドール(@lopezobrador)
あなたの計画は、数百万人を占領下に置き、大量埋葬を増やし、ロシアに次の攻撃のための備蓄を更新する時間を与えることですか?ならば、あなたの「計画」は、ロシア🇷🇺の計画なのだ。
https://aristeguinoticias.com/1709/mundo/plan-pacificador-de-amlo-es-un-plan-ruso-critica-asesor-de-zelenski/


ロペス・オブラドール大統領の返答


その後、(アメリカからお金をもらっている)メキシコの反大統領派メディアらは、ロシアがロペス・オブラドール大統領を支持していると言うプロパガンダを流し、それについて大統領は、このように故意に事実を歪めるのは、信念を持たず、理想を持たず、政治的、経済的利害だけで行動していることを示す「精神的低俗さ」であると指摘。👏👏👏
https://sinlineamx.com/con-vulgaridad-mental-distorsionaron-el-plan-de-paz-que-amlo-presentara-ante-la-onu/


ロペス・オブラドール大統領:国連、NATOも批判


ツイート文機械翻訳+修正:メキシコのアムロ大統領、国連とNATOに真実を語る
「国連は役立たずだ。」
「NATOはウクライナに武器を送って火に油を注ぎつつ、一方で領土を増やしたいという二面性を持っている。」

大統領は、国連は官僚制度の組織であり、大金を稼いでいるが何もしない「高価な壺(または花瓶、つまり「飾り」という意味)」だとも批判。👏👏👏こうやって堂々と国連批判をした後、国連から次回の国連総会に是非、参加をと勧められましたが、大統領はキッパリ断り、代わりにエブラド外相が出席し、大統領の「世界平和5年計画」を提案しました。
https://www.noticiaszmg.com/zmg61603.htm


大統領:再びジュリアン・アサンジの解放を訴える!


独立記念軍事パレードで国連への「世界平和5年計画」のスピーチの最後、大統領は再びジュリアン・アサンジの解放を訴えました。ちなみにジュリアン・アサンジの父と兄弟も独立記念日式典に招待客として招かれていました。大統領は朝のプレス・コンファレンスで国連はジュリアン・アサンジの件も何もしていないと批判していたよう。

アサンジの兄弟のツイート機械翻訳+修正:メキシコ大統領からの感動的で素晴らしい献辞をいただきました。
「この公共広場から、メキシコ共和国の大広場から、私たちはジュリアン・アサンジの解放を要求し続けることに捧げます!」


独立記念式典の招待客


余談ですが、9月15日の夜の記念式典の招待客はかなりの顔ぶれが揃っていたらしい。

ホセ・ムヒカ(ウルグアイ元大統領、「世界一貧しい大統領」)
エボ・モラレス(ボリビア元大統領、クーデターのためメキシコで保護されていたお方)
マーティン・ルーサ・キング三世
ノーム・チョムスキー(アメリカの哲学者)
チェ・ゲバラの娘アレイダ・ゲバラ
セサール・チャベスの娘 シルビア・チャベス
ダライ・ラマ
ジュリアン・アサンジの家族
ネルソン・マンデラの家族など


独立記念日のグリトー(叫び)


メキシコ市長のツイート文・機械翻訳+修正:(大統領がバルコニーに出てきて)叫び(グリトー)をする数分前、14万人以上の人々が一斉にソカロ(大広場)で:「オブラドールと一緒にいれるのは光栄だ。」(を一斉に合唱)
メキシコ万歳!

そして、こちら(↓)が今年のグリトー(叫び)


グリトー(叫び)は毎年観ても、感動します。ロペス・オブラドール大統領のグリトー(叫び)が観れるのも後2回。毎年、「独立万歳!」で始まり、独立に活躍した過去のヒーローたちの名前を叫び続けます。今回のグリトーは「○○万歳(viva)!」を15回言った後から、いつもとは違う大統領の強い「想い」が込められていました。最後はこんな感じでした♪ 

メキシコ人女性よ、男性よ。
腐敗に死を!
階級差別に死を!
人種差別に死を!


先住民族万歳!
メキシコの文化的偉大さに万歳!
メキシコ万歳!
メキシコ万歳!
メキシコ万歳!
(機械翻訳+修正)

「○○に死を!」は今回初めて聞いたような気がします。

ロペス・オブラドール大統領は今年の12月で任期まる4年、後2年残っています。この4年間、全くぶれない信念と「メキシコ史上4回目の大改革(4T)」を何があっても、何が邪魔してもやり遂げようとする強い意志にはホントに脱帽です。「愛は愛で返す」といつも口癖の大統領。国民からの「愛」は大統領の「愛」で国民に返すと言う意味。世界で唯一「愛」を口にし「愛」で政治を行っているリーダーなのでは?!と思ってしまうpopoちゃんです。💕😊💕

🙌¡Viva México!🙌
(ビバ・メヒコ=メキシコ万歳!)

(popoちゃん💖)

オブラドール大統領は、世界の腐敗を知っているジュリアン・アサンジが、新しい時代に向かうためのキーパーソンだとご存知なのであろう。
日本だったら「なんで?」「一国のリーダーがアサンジを?」と言われかねないところぢゃ。
(popo姫に招かれて来た、まの爺)

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.