[竹下雅敏氏]新年の光による人類の覚醒・アセンション(次元上昇)と共に、地球は光の時代に入る。
〜 サルーサのメッセージ 〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前のコメントですでに説明しましたが、もう一度念のために解説しておきます。現在地球の波動は4−4−4−4ですが、新年の始まり(日本時間)と共に波動が7−7−7−7に持ち上がります。明日午前0時の波動の変化に注意を向けておいてください。そしてその後、2014年1月1日正午から1時間の間、皇妃エリーザベトの光が降り注がれます。この光によって、今や準備の整っている約610万人の地球人が13時に覚醒に至り、地球は新しい光の時代に突入します。これはこれまでチャネリング関係の情報で語られてきたアセンション(次元上昇)です。約610万人の地球人が、意識レベルで4次元世界に迎えられたということを意味します。具体的にはこの1時間で進化段階が0.9から1.0へと上昇するということです。ただ光を受け取れなかったその他の人たちは、これまでと同様何の変化も感じられないと思います。

 実のところ2007年の天界の改革以降、何十回もの高次元の光が降り注がれ、地球の邪気を浄化し、憑依現象などが起こらないように様々な処置をして来たのです。地球の聖地と言われてきた場所が実は闇の波動に覆われていた所を光で浄化し、聖地にふさわしい波動に変えてきたのです。日本ならこのような場所の代表は神社です。地球規模でこうした巨大な変化を推進して来たにもかかわらず、ほとんどの人たちはこれらの変化にまったく気づかなかったわけですから、エリーザベトの光、そしてその結果13時に起こるアセンションもほとんどの地球人はまったく気づかないことでしょう。

 ただその後明らかな変化が起こることで、私が言っていることがすべて正しいということが、多くの人にわかるようになるでしょう。これらの事はまた追ってお知らせします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
サルーサ 2013年12月27日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.