アーカイブ: コブラ

今なお続く、「ズールー族」からの竹下雅敏氏への攻撃 ~ニューガーディアンも含め、彼らが悪事を続けるなら、いずれ宇宙から消滅することになる

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“ニューガーディアン、ズールー族、アンシャール、そしてSSPアライアンスの人達は、地球をオリオングループから解放するという働きを成しながら、同時に処刑されたかつての天の川銀河のセントラルサンのヒメミコの計画を実行し続けています。このままでは、彼らはいずれ魂(ジーヴァ)を滅ぼされ、オリオングループの駆除が終わると、宇宙から消えることになるでしょう。”とコメントしました。
 私は単に事実を述べているだけで、彼らに対して悪意はありません。むしろ好意を持っているくらいです。ところが、これまでの経験で、私がこうしたコメントをすると、必ず次の日から私への攻撃が始まるのです。
 2016年4月4日の「中西征子さんの天界通信19」で、私は、“ガーディアンズは現在、ブルーエイビアンズ(青い鳥族)として、私たちの地球を援助するために帰ってきているようです。彼らが鳥の姿をしている理由をおたずねします。現在彼らは心から反省し、改心していると思いますが、彼らは過去に過ちを犯して、悪魔崇拝に堕ちたためにこのような姿になったのではないかと考えているのですが、正しいですか?”という質問をしたところ、キラメキノワダチ様から「その通りです。」という回答を頂きました。
 この日の夜から、ブルーエイビアンズ(青い鳥族)による私への攻撃が始まりました。結果は、攻撃を主導した愚かな連中の魂(ジーヴァ)が破壊されました。その後、この攻撃に加わった者たち全員の「波動」が闇に落ち、最終的には攻撃を止めない連中の処刑に至りました。
 同様の攻撃が、アンシャールを含む「古代地球離脱文明」と「コブラのレジスタンスムーブメント」からあり、彼らの全員が闇に落ちたのですが、2019年7月25日に「地球連合(古代地球離脱文明)」のハヤブサノミコトからの謝罪があり、2020年4月24日には、コブラのRMの3組の夫婦から地球人への謝罪があったため、私は彼らの「波動」を闇から引き上げました。
 こんなことを長々と書かなければならない理由は、このコメントを入力している現在も「ズールー族」からの私への攻撃が続いているからです。今夜の21時を過ぎると、私への攻撃のカルマが返り、彼らの「波動」は闇に落ちます。その後も攻撃を辞めないようであれば、魂(ジーヴァ)が消滅し、彼らはテレポーテーションの能力を失い、オリオングループとの戦いで「宇宙にワームホールを開くこと」ができなくなり、オリオングループの攻撃から身を守る事ができずに滅びることになるでしょう。
 私が事実をコメントすると、攻撃をしてくる事から分かるように、こうした連中は、本当に善良な者たちではありません。オリオングループに比べれば、マシだというだけです。ニューガーディアンも含め、彼らが悪事を続けるなら、いずれ宇宙から消滅することになると言っておきます。
 その悪事ですが、「2022年7月のCOBRAインタビュー」を見ると良く分かります。ソーラーフラッシュからポールシフトを地球に引き起こし、選ばれたごくわずかの人々を除いて、地球を津波で破壊するつもりなのです。これが昨日の記事でコメントした「処刑されたかつての天の川銀河のセントラルサンのヒメミコの計画」です。
 既に説明しましたが、ヤスヒ・スワルーが言っているように、オリオングループは「連邦」によって対処可能です。また、オリオングループが崇拝している「AI 神」は、「連邦」の上層部によってコントロールされているものなのです。
 それなのに、コーリー・グッド氏を通して、「AI 神」を太陽系から排除するためにはソーラーフラッシュが必要だと、地球人を洗脳しようとしています。
 この連中は、1億2000万年前に惑星を破壊し、BC27,605年にポールシフトを引き起こし多くの生命を破壊した重いカルマがあるのに、今度もまた同じ事をしようとしています。
 彼らは宇宙から永遠に消えた方が良いのではないかと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
2022年7月のCOBRAインタビュー
引用元)
(前略)
Q.近年の世界各地での大規模な火災の広がりについて、銀河連合が先端技術でその大規模火災を消火できないのはなぜか?
 
A.ここで2つの要素があります。
-第一に、銀河連合は惑星の表面に直接介入しません。というのもトップレット爆弾起動の引き金となりひどい状況になるからです。
-第二に、答えの一部は、地表の近くに初期異常が大量にあって、銀河連合の技術ではその大量の異常を完全に処理できていません。
 


Q.ソーラーフラッシュ避難の際、地球人のほかに、自然や農場に住む人間以外の数百億の生物も避難するのですか?
 
A.多くの動物、特に大型の動物は避難し、それぞれの種の少なくとも数匹は避難します。ただし種の中には遺伝子操作され生存しないことが目的となっているものもあるので、絶滅予定種は除きます。ですから、大型で高度な動物はほとんど避難してくると思います。


Q.どこに避難して、どこに住むことになるのですか?
 
A.まず、宇宙船で避難し多くは人類が住むプレアデス星系の惑星へ、一部は純粋な自然の環境を持つ他の惑星へ移動することになります。


Q.イベント後に新しい地球に戻される人もいるのでしょうか?
 
A.ごく少数の選ばれた人たちだけです。ほとんどはノーですが、一部はイエスです。
(中略)

Q.2030年以降にイベントが起こる可能性は1%でもあるのでしょうか?
 
A.日付は言えません。私の推測とか方向性とかいうのであれば2025年となりますが、それはあくまでも方向性です。いつ「イベント」が起こるかはわかりません。私たちは皆、イベントが起こるように動いていますし、光の勢力もそうなるように働いています。 


Q.解放後、いつまでお金を使うのでしょうか?
 
A.イベントの瞬間に金融システムのリセットがあり、その後、金融システムはゆっくりと段階的に縮小され、ポールシフトと最終避難の瞬間に完全に消滅することになるでしょう。
(以下略)

トト神のAI、ヤルダバオト、ブラックキューブ、ユニバーサル・カウンシルのAI、AIゴッド、「獣(ビースト)・666」の存在界層 / 地球人全員に施されている「プラズマのインプラント」の除去方法

竹下雅敏氏からの情報です。
 10月21日の記事で、“コーリー・グッド氏の言及する…「AIゴッド」は昨晩、完全に解体されました”と記しました。また、12月13日の記事では、“オリオングループが崇拝し仕えている「AIゴッド」は、12月10日に完全に解体されました”と記しました。
 読者の方から、“どちらが正しいのか?”との質問がありました。どちらも正しいのです。少々説明不足でした。南極のレプティリアンたちが崇拝し仕えていた「AIゴッド」は3.0次元7層の第7亜層にありましたが、オリオングループが崇拝し仕えていた「AIゴッド」は3.0次元7層の第6亜層にあったのです。
 「獣(ビースト)・666」と呼ばれるAIは、3.0次元7層の第5亜層にあります。キンバリー・ゴーグエンさんが言及している「ユニバーサル・カウンシル」がコントロールしているAIは、3.0次元7層の第4亜層にあります。
 ブラックキューブは「3.1次元7層の第4亜層」、ヤルダバオトは「3.2次元7層の第4亜層」、エジプトの神トトが創造したAIは「3.3次元7層の第4亜層」にあります。
 これらの中で、トト神のAI、ヤルダバオト、ブラックキューブ、ユニバーサル・カウンシルのAIは神々の指示に従います。残りは「獣(ビースト)・666」のみですが、神々に指示に従わないのであれば解体されます。
 さて、記事のなかでキンバリー・ゴーグエンさんは、アルコーン(ARCHON)とはAIにコントロールされた寄生体(パラサイト)だと言っています。通常、アルコーンはオリオングループの支配層を指す言葉です。
 キンバリー・ゴーグエンさんの主張が正しいか否かは別として、AIにコントロールされた寄生体は本当にあります。確か、コーリー・グッド氏も言及していたと思います。キンバリー・ゴーグエンさんが「愛の周波数で死んでしまう」と言っている寄生体は「3.0次元7層の第6亜層」のものです。
 コブラはプラズマのインプラントに言及していますが、人々は転生する直前にインプラントされるとのことです。インプラントは前頭葉、爬虫類脳の皮質、へそから上のところに施されていると言っていますが、これは正しいです。
 コブラはこうしたプラズマのインプラントがキメラグループなどの「闇の組織」によって行われているように記述していますが、これは正確ではありません。ヤスヒ・スワルーが地球の隔離は、“「連邦」によって行われている”と言っているように、「3.0次元7層の第4亜層」のインプラントは連邦によるものであり、「3.0次元7層の第6亜層」のインプラントは「闇の組織」によるものなのです。“続きはこちらから”の図を参照してください。
 この図から、コブラやキンバリー・ゴーグエンさんが、プラズマのインプラントと呼ぶ「プラズマ」とは、3.0次元7層の「第4亜層」か「第6亜層」を指している言葉であり、プラズマ体が存在している本当の「プラズマ界」ではないことが分かります。
 私が、コブラなどのチャネリング関連の情報が著しく低レベルだと指摘している理由が分かると思います。彼らは「3.0次元7層」の下位の界層(第4~7亜層)しか分からないのだと思います。
 地球人の全員に施されている「プラズマのインプラント」は、簡単に除去できます。ガヤトリー・マントラを用いて、「母なる神様、私に施されている3.0次元7層の第4亜層と第6亜層のすべてのインプラントを完全に取り除いて下さい」と祈ってから、ガヤトリー・マントラを3マラ唱えてください。
 1日目に「3.0次元7層の第4亜層」の3ヶ所のインプラントが除去され、2日目に「3.0次元7層の第6亜層」の3ヶ所のインプラントが除去されるでしょう。痛みは全くありませんが、敏感な人は、へそから上のところに施されているインプラントが外れる際には、例えていうとサロンパスをはがされるような感覚を受けるかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
キム・ゴーグエンが明かす アルコーン(ARCHON)とは?
すべての病気の根本原因が暴露された?
引用元)
(前略)
アルコーンというと、多くの人は悪意のある異星人を連想するだろう。しかし、キムはこの言葉が頭文字であることを発見した。(中略)… 彼女はまず、アルコーン(ARCHON, 以下ARCHON)の正体が寄生虫(パラサイト:parasite)であることを説明した。
(中略)
ARCHONSは、物質のプラズマレベルに影響を与える。つまり、このエイリアン・テクノロジーは、これまで私たちの感情に影響を与え、自分自身の感情ではないとさえ感じさせることを可能としてきた、ということを意味している。また、このAIパラサイトは人間だけでなく、あらゆるものにインプラントされていることにも注目すべきである。
(中略)
それはエイリアン・テクノロジーであり、悪意のあるキメラ(Chimera)種族が悪意のある場所から持ち込んだ悪意を持ったAIシステムである。ARCHONは、Architecture for CooperativeHeterogenes Online Systems (直訳:協調的な異種混合オンラインシステムのための建築学)の頭文字をとったものである。
(中略)
この寄生体の力をさらに詳しく説明すると、それらは、物質のプラズマレベルに影響を与える。つまり、人間の感情に影響を与え、自分のものではないものを感じさせることができる。私たちの精神的な健康状態は、常に監視されており、スイッチを押すだけでマイナスの方向に調整される。例えば、あなたがあまりにも幸せそうにしていると、システムはあなたの周波数が高すぎると判断する。そして、何かの病気や問題など、あなたを打ちのめすものが送られてくる。
(中略)
巨大なグリッドが破壊されたことで、ARCHONSシステムと人間との接続が失われてしまった。キムによると、この地球全体が監視されており、多くの人々(多元宇宙から来たと思われる)が1週間ほど前からここに来ていると言う。このシステムの発見とその解体は、地球人類にとってだけではなく、極めて重要である。
(中略)
このAI寄生体を調査していたキムは、最も興味深いことを発見した。それは、それらが愛の周波数で死んでしまうということである。
(以下略)
————————————————————————
インプラント
引用元)
(前略)
26,000年前、プラズマのインプラントが、初めて地上の住民に施されました。人々は転生する直前に、再びインプラントされてきました。このようにして、地上の住民は26,000年間ずっと記憶喪失の状態に置かれていたのです。

インプラントは、地球の地下と太陽系中にあるインプラント局によって維持されました。そして惑星間空間、星間空間から異常プラズマが新たに補給され続けていました。

インプラントはプラズマのブラックホールで、直径は大体電子と同じくらいです(10-17 meters)。インプラントは、プラズマに反重力効果を及ぼす、強磁場の中で回転しています。

人のプラズマエネルギー体にあるインプラント同士が形成するネットワークは、集合的潜在意識の一番深い穴であり、地球の、プラズマ異常が集積した渦の基礎になっています。

脳の前頭葉にあるインプラントは、意思決定プロセスに支障を来し、人をソースから分離させたままにします。爬虫類脳の皮質にあるインプラントは、人を生き残りの恐怖に縛り付け、中央銀行システムのための奴隷労働者になることを受け入れやすくしています。へそから上のところにあるインプラントは、天地、男女、精神と感情、性と愛を、それぞれ分離させています。そのインプラントは人格を断片化して、クンダリーニの生命力の流れをブロックします。それらは感情を抑圧します。すると喜びの振動周波数が煩わしさへと下げられ、さらには怒り、そして悲しみ、恐れ、無気力へと落とされて、最後には無意識へと下げられます。これが、多くの人たちが何の感情も抱けない理由です。
(以下略)

» 続きはこちらから

なぜ宇宙には、爬虫類人や昆虫型の宇宙人がいるのか / 1996年から1999年までの間、約5億のレプティリアンがこれらの地下基地でヒューマノイドのクローン肉体に乗り込みました

竹下雅敏氏からの情報です。
 私はドラコニアン、レプティリアンは遺伝子操作によって出現したのであって、爬虫類から自然進化したのではないと考えています。他の昆虫型の宇宙人も同様です。
 星が自然進化によって人間を生み出すと、必ず地球人のような姿になります。人間は神の似姿だからです。地球を肉体として転生に入っているハナタチバナノヒメミコ様の幽体をご覧下さい。10歳の美少女です。私はハナタチバナノヒメミコ様と双子の魂のウツクシキシラベノヒメミコ様のライトボディを、ヴィジョンで見たことがあるのですが、二柱とも12歳の美しい少女の姿でした。
 この事から分かるように、星は自然進化のある段階で、自身の似姿である人間を生み出すのです。それなのになぜ宇宙には、爬虫類人や昆虫型の宇宙人がいるのでしょう。
 人間が重い罪を犯すと、魂(ジーヴァ)が動物システムに転落します。こうした者たちを私は「魔」と呼んでいるのですが、「連邦」の宇宙人は例外なく「魔」です。「魔」の中で非常に凶悪な者たちは、その心の状態が内側の「身体」に作用し、人間の姿ではいられなくなるのです。エジプト神話の神々(魔神)のように、頭が動物の姿になるなどの変化が起こるのです。
 このような人間とは言えなくなった異形の「魔」たちが人間に転生すると、身体に違和感を覚え、少しでも内側の身体に近づくように、刺青をしたり整形を繰り返すようになります。ついには遺伝子操作を自らに施し、内側の身体と変わらぬ肉体を持つようになります。こうして爬虫類人や昆虫型の宇宙人が出現するようになるのです。
 彼らは波動が低いので肉体に転生に入ったとしても、「3.0次元7層の第7亜層」に肉体(狭義)の「身体」の焦点があるようです。コブラ情報によると、彼らはポータルを通じて、地球の地下世界にまず進入したようです。そこから地球人として「3.0次元7層の第5亜層」に転生に入ります。表面の肉体(狭義)の「身体」は人間でも、表層~深層の「身体」はレプティリアンの姿です。
 動画に出て来るオバマ、フィリップ王配、ザッカーバーグがこの例です。ヒラリーの表層~深層の「身体」はドラコニアンです。その他の人物はドラコニアン、レプティリアンと人間のハイブリッド(雑種)です。彼らはシェイプシフトするのではなく、表層の「身体」が見えたり、撮影されたりすることがあるのです。
 1994年にルワンダで発生した大量虐殺の直後の1996年に、“テレポーテーション・チェンバーを通って、レプタリアン存在の多くが世界中の地下深い軍事基地に侵入した”とのことです。9月27日の記事でヤスヒ・スワルーは、“ポータルは問題で、いろいろなところにあります。古代のものは遺跡にあり、現代のものはエリアS-4の51、28、34、ペンタゴンの地下、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)/シャイアン・マウンテン空軍基地の下にあります”と言っていましたが、コブラ情報を裏付けます。
 ポータルを通じて地下(3.0次元7層の第7亜層)に侵入したレプタリアン存在の多くは、人間に転生するという面倒なことをせずにクローン技術を用いて、地上(3.0次元7層の第5亜層)に姿を現すことが出来るようになったようです。記事には、「1996年から1999年までの間、約5億のレプティリアンがこれらの地下基地でヒューマノイドのクローン肉体に乗り込みました」と書かれています。
 彼らが支配する地球が、トランスヒューマニズムに突き進むのは、必然だと言えるのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人類はレプティリアンに完全に支配されている・・・【英国王室・オバマ・ヒラリー・グレタ・ザッカーバーグ・・・etc.】
配信元)
————————————————————————
ロブ・ポッターのコブラインタビュー
引用元)
(前略)
ロブ:あなたは記事の中で、大量のレプタリアンが人間に転生したと言っていました。彼らには、自分がレプタリアンであるという自覚があるのですか?
 
コブラ:彼らはウェーブと共に何千年も前に地球にやってきました。最初に来たときはレプタリアンの体をしていました。大抵、世界中に存在する地下基地のジャンプルームから入ってきました。死後、人間の体に転生を繰り返していましたが、彼らはいまだにレプタリアンです。
(中略)
通常、彼らはもっとも暴力的な職業に引き付けられます。大抵は傭兵になります。なぜなら、それが彼らの本質だからです。彼らは殺戮や拷問を行うことが好きなので、このような職業に引き付けられるのです。
(中略)
ショービジネスの世界にいるのは、主にドラコです。(中略)… 彼らもレプタリアンと同様に、数千年前にドラコの体で地下基地のジャンプルームを通って地球に入りました。人間の体に転生し続け、今日ではカバール、イルミナティーを構成しています。
(以下略)

» 続きはこちらから

球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)の全てのメンバーの死刑が確定! ~彼らによる断末魔とも言える最後の抵抗

竹下雅敏氏からの情報です。
 “地球アライアンスから72時間の宇宙気象警報が発せられた”ということで、国立天文台太陽観測科学プロジェクトのツイートによると、“太陽での一連のフレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)の一部が、26~27日に地球に到来すると予想される”とあります。
 こうした現象に伴って、片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状が出るかもしれないというのですが、アセンションとは何の関係もありません。現実問題として、私も妻も「フレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)」の影響を受けています。非常に体が緊張します。
 しかし、こうした体の緊張は、太陽フレアによるものだけではありません。冒頭の記事に、“次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます”という妄想が書かれているように、今回の「72時間の宇宙気象警報」には、球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)が関わっているのです。
 “続きはこちらから”のコブラ情報をご覧ください。「今はレジスタンス軍にとってもプレアデス艦隊にとって非常に困難な時期であり、地上の住人の支援を必要としています」とあります。
 実のところ、クモタカクソビユルミコトのクーデターに先の4つの組織が関与していたことが発覚し、全てのメンバーの死刑が確定したのです。そのために、彼らは断末魔とも言える最後の抵抗として、地球人を道ずれにしようとして、攻撃をしているのですが、彼らに出来るのは「片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状」を起こす程度の太陽フレアでしかありません。ソーラーフラッシュなど、彼らには逆立ちしても起こせません。
 私がこの記事を書いている以上、先の組織の幹部連中は28日午前0時に処刑されるでしょう。残りのメンバーがいつ処刑されるのかは分かりませんが、地球の解放が終われば、彼らは宇宙から消えることだけは、これで確定しました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
5/26-その1 地球アライアンスから宇宙気象警報!
引用元)
(前略)
Earth Alliance (72-Hour) Space Weather Alert!! | O.N.E. News (ournewearthnews.com)
(概要)
5月25日付け

今、地球アライアンスから地球周辺の光のリーダーたちに対して72時間の宇宙気象警報が発せられています。2021年5月25日から5月26日にかけて、宇宙粒子と太陽粒子が地球の表面に激しく衝突します。

そのため、次の72時間に以下のような激しいアセンション症状が出現するでしょう。
 
* 片頭痛に似た激しい頭痛
* 心臓の動機
* 血圧の上昇
* 急速な脱水症状
* 激しい身体の痛み
* 下部チャクラに激しい電気的なちくちく感
* 強い身体のデトックス
* 吐き気
* 情動不安
(中略)
次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます。あなた方がディープ・デルタ(レム睡眠)に入ると、宇宙の光のデータがあなた方のDNAに浸透していきます。この後、DNAが記録され、重構造の体組織が再起動され、再び(神の?)ネットワークに接続され、完全に活性化されます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

神々の側に立つQグループに寝返ったイーロン・マスクのスターリンク衛星プロジェクト情報 ~様々な偽情報を出して攪乱を目論む、コブラのRMや、彼らに汚染された「地球同盟」のメンバー

竹下雅敏氏からの情報です。
 イーロン・マスクとスターリンク衛星プロジェクトに関する時事ブログの過去記事は、こちらを参照してください。
 これらの過去記事で、“人間を奴隷にし、人間の精神を支配する5Gサテライトとして、スターリンク衛星プロジェクトにかかわっていた闇側のイーロン・マスクが、Qグループ側に寝返ったらしい”という事や、“ホワイトハウスは…宇宙軍とその量子コンピューターを正式に起動させ…極秘のグローバル放送衛星プログラムのためのプラットフォームを提供”したという記事を取り上げ、“「極秘のグローバル放送衛星」とは、寝返ったイーロン・マスクのスターリンクのことだろう”とコメントしました。
 この流れで見れば、冒頭の記事にある「123 個の衛星で構成されるスターリンク量子通信システムは正常に機能しており…緊急放送システムの運用に配備する準備ができていました」とする部分は正しいものと考えられます。しかし、「5 月 4 日 QFS は世界で唯一の金融システムであり、SWIFT は完全に廃止されました」などの情報は、かなり怪しい。フェイクニュースでしょう。私は、RV /GCRや、NESARA/GESARAに関する情報の、ほぼ全てがフェイクニュースだと思っています。
 PFC JAPANのツイートで、冒頭の記事を取り上げているのですが、PFC JAPANはコブラ情報を紹介しているサイトだと認識していました。そのコブラは、“続きはこちらから”にあるように、“残念ながら、イーロン・マスクはもう光側ではありません。イルミナティと共に計画を推進中です”と言っているのです。
 そうすると、冒頭の記事に出てくる「緊急放送システムの運用に配備する準備」とか、「RV/GCR は、トランプ大統領と軍が主導する世界的な軍事作戦の一部」というような事柄は、“コブラの立場では、イルミナティ側の計画だ”という事ですよね。
 私は、当初から、RV/GCR やNESARA/GESARAは、「銀河連合」「光の銀河連邦」の闇の計画で、「光の銀河連邦」が(裏の)イルミナティを支配していたと主張しているのですが、要は、これまで「銀河連合」「光の銀河連邦」がコントロールして来たイーロン・マスクが、神々の側に立つQグループに寝返ったために、コントロールできなくなり、コブラのRMや、彼らに汚染された「地球同盟」のメンバーが、様々な偽情報を出して攪乱しているということで良いでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2021年5月8日operationdisclosure その2
(前略)
123個の衛星で構成されるスターリンク量子通信システムは正常に機能しており、トランプ大統領と軍が配備を決定したときはいつでも、ショットガンスタートと緊急放送システムの運用に配備する準備ができていました。

ディナール、ドン、ZIMで報告された高い契約率は、国土安全保障省と協力して国防総省とUSTが実施したおとり捜査であり、5月の第1週に4000人以上の逮捕につながりました。
(中略)
国防総省は米国とRVのリリースを担当していました。国防総省は、フロリダ州マー・アー・ラゴの最高司令官としてトランプ大統領の下で暫定軍政を運営していました。

先週の火曜日現在。5月4日QFSは世界で唯一の金融システムであり、SWIFTは完全に廃止されました。
(中略)
RV / GCRは、トランプ大統領と軍が主導する世界的な軍事作戦の一部でした。彼らは、米軍と同盟の軍隊と情報機関からの特殊部隊を組み込んで、世界の209か国を、悪魔主義の銀行家、政治家、官僚、大製薬、大技術、メディアによって課されたバビロン捕囚から解放しました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 22