アーカイブ: コブラ

中西征子さんの天界通信66 ~アンドロメダ宇宙艦隊隊長「アメーロ」からの通信文~

竹下雅敏氏からの情報です。
 アンドロメダ宇宙艦隊隊長「アメーロ」と名乗る人物から、通信文が入りました。2018年4月17日のものですが、公開を意図して送られた通信文ではなかったため、これまで伏せて来ました。
 彼は、コーリー・グッド氏が「球体連合」と名付けている組織の一員で、肉体(狭義)の身体の存在次元は3.3次元です。従って、「球体連合」の中で最上位に属するグループの隊長だということになります。
 通信文からわかることは、彼のように地球を解放しに来たと言われる宇宙人たちは、私の情報を知っているということです。少し調べれば、私が意図的に嘘をついたり、ニセ情報を流したりしていないことは、彼らにはわかるはずです。もちろん、私の情報に誤りがあるかも知れませんが、これは攪乱情報を流しているのではなく、単に私の認識不足によります。
 アメーロからの通信文をご覧になると、コブラのRMグループと彼らに繋がるプレアデスの軍隊が、“地球の闇の軍隊と秘かに内通”し、闇の一部となって地球破壊工作を続けていたとあります。これは、私の認識と同じです。
 こうした事実を認識したまともな宇宙人たちは、球体連合、銀河連合、光の銀河連邦とは異なる別の組織「銀河国際連合」を新たに立ち上げました。アメーロはその後、「銀河国際連合」の最高司令官になりました。
 彼は、私のところに来たようです。日記を見れば日時がはっきりするのですが、朝方、足元にひざまずいて合掌している姿の奇妙な男性を見ました。背の高い宇宙人なのですが、不思議なことに、手足を含めた体側に沿って8センチほどの長さのヒレがあるのです。半魚人かと思いました。
 通信文の中で、“現在、コブラとRMの軍勢は完全消滅し、地上の肉体も無力無抵抗の状態”だとありますが、確かにこの通信文を受け取った時の彼らの波動を調べると、連中のプラズマ体などの肉体(狭義)よりも上位の身体が破壊されていました。
 今回のアメーロの通信文を含め、時事ブログで公開している通信文は、巷のチャネリング情報とはその内容が全く異なります。勘のいい方なら、主流メディアでは真実が一切報じられずフェイクニュースばかりで、正しい情報は自ら調べなければならないことをご存知だと思います。同様に、チャネリング情報も、そのほとんどが闇からのもので、情報が正しいか否かは、きちんと調べなければならないのです。その際、情報源の波動は、その情報が闇からのものか、それとも光からのものかを知る手がかりとして重要なものです。この区別が出来ないなら、チャネリング情報は無視した方が賢明です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信66
<通信者:中西征子>
<通信日時:2018年4月17日 PM5:46~>

<通信文>

あなたにお願いがあってきました。
私達宇宙人は、光の軍団と戦うつもりはありません。
しかし、これまで、一部の宇宙人は、私達との同盟を無視して、地球の闇の軍隊と秘かに内通し、表向きには光の立場を取りながら、裏側では様々な地球破壊工作に加わり、地球の生態系に多くのダメージを与えてきました。
私達アンドロメダを始めとする宇宙連合※は彼らの裏工作にこれ迄気付く事なく、同盟軍としての協力体制を維持してきました。
※宇宙連盟ではなく連合でした。
しかし、先月以来、コブラのRMグループのプレアデスの軍隊によるあなたへの不当な攻撃を、竹下雅敏様のブログ上で知り、彼等の動向についてこれ迄、スパイ工作、テクノロジーにより探って参りました。
そうして、彼らの裏切りの徹底的証拠を見つけ、闇の一部となった彼等と戦って、ついさき程、私達が勝利を得ました。

これ迄、数々の攻撃を受けてこられたあなたにこの勝利をお伝えし、あなたから竹下様へ私達の立場についての説明をしていただけないかと思い、通信を送らせていただきました。

現在、コブラとRMの軍勢は完全消滅し、地上の肉体も無力無抵抗の状態であり、あなたを再び襲う事は出来ないと思っています。


(中西)では、今朝、長時間に渡り私を襲った50万もの軍隊は何者だったのか、御存知ですか?

彼等は、様々な連合軍の闇の軍隊が結託して攻撃したものと思われます。

実は、天界の神々の要請に基づき、私達の軍隊も彼等への排除のための戦いに加わり、彼等を消滅させました。

どうぞ、御安心下さい。

どうか、この一連の出来事について竹下様にお伝え下さり、今後の宇宙での私達の任務の内容についての参考にしていただきたいとお願いに来ました。


(中西)では、今朝、神々と共に戦いに参加して下さっていたのですか。
ありがとうございました。
私の感覚では、数時間もかかった様に感じましたが、手強い相手だったのですね。

そうです。実際には4時間かかりました。

(中西)通信文を竹下様にお送りする場合、貴方のお名前と所属が必要と思われますので、どうぞおっしゃって下さい。

わかりました。
私は、アンドロメダ宇宙艦隊 隊長「アメーロ」です。
では、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コーリー・グッド氏は「古代地球離脱文明の7グループとの会合」で、3.1次元の地球内部(地下)の体験をした ~コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」は3.0次元の存在

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャー、シーズン3、エピソード4「インナー・アースからの新事実」から、コーリー・グッド氏が地球の地下世界で、古代地球離脱文明の7グループとの会合に招かれた時の話です。
 これらの7グループの中で一番古いグループの者たちは、「スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文9」の中に出てきた「今から3000万年前に、宇宙から地球を支配するために地球に入植してきたアガルタ人」の末裔です。彼らは私たちの3.0次元ではなく、3.1次元の地球にやって来たのです。
 ですから、トンネルを掘って彼らのところに行くことは出来ません。コブラは「私の情報源で確認できないこと:アンシャール(Anshar)、コーリー・グッドの地球外での最近の体験」と言っているように、コーリー・グッド氏の「古代地球離脱文明の7グループとの会合」という最も重要な体験を、“私の情報源で確認できない“と言っています。コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」は3.0次元の存在なので、3.1次元の古代地球離脱文明の7グループの存在や、コーリー・グッド氏の体験を彼の情報源が確認できなかったのも当然です。
 私から見ると、コブラ情報は3.0次元の低層(4~7層)に関しては、比較的正しいと思えるものが有りますが、より高い次元に関しては、“ほぼ全てニセ情報”です。さきのリンク先のなかで、コブラは「コーリー・グッドとデビッド・ウィルコックがあまり協力的でないのは確かだが、それでも彼らは惑星開放へ多大な貢献をした」と言っています。
 彼らが協力的でないのは、コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」の宇宙人たちが、ろくでもない連中だという事を、コーリー・グッド氏は自らの体験を通して良く知っているからです。
 コズミック・ディスクロージャーでは、宇宙人たちとの奴隷売買で、“地球人をテクノロジーと交換している話”が何度も出て来ます。地球を解放しに来た宇宙人たちというのは、この程度の人間で、単に科学力が地球人より少し優っているというに過ぎません。現代の私たちと1000年前の地球人のどちらの心がきれいなのかは分かりません。
 神々が問題にしているのは、科学力ではなく心の美しさです。遠からず人類は目覚めますが、目覚めたからと言って心がきれいになるわけではありません。時事ブログでは、これまでに「悟り」を得た多くの人物が「天界の改革」で滅ぼされたことをお伝えしています。宇宙人からのメッセージを有難がるのは、新興宗教の教祖のお言葉を有難がる信者と同レベルだという事を理解しておく方が良いでしょう。
 さて、コーリー・グッド氏は「古代地球離脱文明の7グループとの会合」で、3.1次元の地球内部(地下)の体験をしたわけですが、これは当然ながら肉体(狭義)での体験ではありません。これはエーテル体での体験なのです。こうした体験は、特殊な能力が必要であり誰もが出来るわけではありませんが、進化のレベルから見ると、1.5段階もあれば十分なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
★コズミック・ディスクロージャー★ 2016年1月28日 シーズン3、エピソード4(前半)
引用元)
(前略)
CG:長方形のような形の、とても大きな部屋でした。そこに大きな扉があり、そこで皆で立ち止まり、待っていました。私達は大きなミーティングに行く準備をしていたのです。私達はその部屋で束の間待っていました。その時、私は辺りを見回し、光はどうなっているんだろうと思っていました。私達に挨拶をして着るものを持ってきてくれた女性が私の方を見て、とても変わったアクセントの英語で言いました。光は周波数で作りだしているのです、と。彼女に話しかけられてちょっとショックを受けました。

(中略)
そして岩に掘られた半円形になっている階段を下りてゆきました。他の場所と同じ、花崗岩です。一階下に着くと、もう一つ部屋がありました。その部屋の中にはあらゆるグループがミーティングのために集まっていました。そこはミーティングのためのホールだったんです。

DW:この部屋も天井が高いドーム型でとても大きな部屋なんですか?

CG:大きさは中くらいでした。あまり大勢の人はいませんでした。どのグループもだいたい3人で、そこにゴンザレスと私がいて--

DW:なるほど。

CG:7グループいました。
(以下略)

» 続きはこちらから

またコブラのフリをした人物が「大半のチャネリング情報源は信頼できない」と白状 ~悪に加担する者たちは一人残らず「ロボット人間」の運命

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回の「地上の住人に対する短信」の時と違う人物が、またコブラのフリをして記事を出してきました。波動から見て、前回の人物は役を降りたと思ったので、次の記事は別人だと予想していましたが思った通りです。
 レジスタンス・ムーブメントには、「ロボット人間」になっても構わない人が多いようですね。望みは叶えられるでしょう。
 今回の記事はなかなか面白い。銀河連合の多数の主要司令官がドラコに脅迫されて、脅迫に屈した司令官は「過去数年間に多くのライトワーカーの通信回路を通じて偽情報を大量に撒いてきました。ですから、大半のチャネリング情報源は信頼できない」と白状しました。
 時事ブログで何度も、チャネリングの情報源は「ニセモノ」だと言い続けて来たのですが、ようやく彼らがそれを認めました。問題なのは、“銀河連合の主要司令官が偽情報を大量に撒いてきた”のを知っていながら、これまで地球人を欺いて来たこと。
 「ツインソウルを拷問にかけると脅迫」されていたのだから仕方がないというのが彼らの言い訳でしょうが、そうは問屋が卸しません。もしもこの言い訳が事実なら、これまで時事ブログで私が、「情報源はニセモノ」だと指摘する度に、なぜ私を攻撃して来たのでしょう。
 彼らの霊力など、たかが知れているので、攻撃はすべて跳ね返され、その度ごとに攻撃を命じた司令官たちは、取り返しのつかない損傷を受けたのです。過去の罪に対する告白と全面的な謝罪なしに、許されると思う方がどうかしています。悪に加担する者たちは、一人残らず「ロボット人間」の運命だと思えば良い。
 彼らへのメッセージです。
 私に対して「悪念」を飛ばさないように、気をつけた方が良い。直ちに波動が下がり、じきに「魂(ジ―ヴァ)」が消滅してしまう。これが空虚な脅しではないことは、お前たちが一番良く知っているはずだ。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
進捗報告
引用元)
(前略)
光の勢力によるドラコ艦隊の掃討中に、数多くの人質が救出されました。その中には、銀河連合の主要司令官多数のツインソウルが含まれています。これらの司令官は、ドラコに協力しないとツインソウルを拷問にかけると脅迫されていました。それによって光の勢力の多くの計画が妨害されました。こうしてドラコは、各種の遅延と後退を作出できたのです。コロナウイルス大流行を1月と2月に食い止めることができなかった原因もそれです。

人質のツインソウルは救出され、(脅迫に)屈した司令官は太陽系外にある銀河連合の母船に連れられて、受けてきたダメージをできる限り修復されます。

またこれらの屈した司令官は、過去数年間に多くのライトワーカーの通信回路を通じて偽情報を大量に撒いてきました。ですから、大半のチャネリング情報源は信頼できないのです。 

これらのライトワーカーの別の問題としては、自分がすべてを知っているという信念体系を有していることです。
(以下略)
————————————————————————
セントジャーメイン すべては計画通りに進んでいる、繁栄計画は成功している 2020年9月11日
(前略)
最愛の兄弟と親愛なる友人たち
(中略)
ご存知のように、トランプ大統領は、アメリカ国内でのNESARAと、世界レベルでのGESARAを実施するために、できる限りのことをしています。
(中略)
米軍はまた、世界の悪魔主義エリートから、既に50万人以上の子供達を救出しました。また、米国は少数のカバールファミリー傘下の私企業になるのを阻止して、共和国の姿に戻ってきました。

それはまた、波に揉まれながら当初の米国憲法への復帰を実証しているのです。
新しい貨幣、The USTが米国財務省によって造幣され米国内だけで流通します。
(以下略)
————————————————————————
ジェームズ・マコーネルによるアシュター司令官のメッセージ 2020年8月30日
(前略)
私はアシュターです。私はこの時、ニュースをお届けするために来ました。より多くの経験、より多くの愛を生成し、私たちの兄弟姉妹にお届けします。
(中略)
すべては計画通りです。宇宙、主なる創造主がここで確立した偉大な計画に従い、あなた方はすべてその一部なのです。あなた方が自分自身を信じ続け、私たちが与えるガイダンス(指針)を受け続け、そのガイダンス(指針)を自分の奥深くで受け止め、自分自身の外で表現し始めるにつれて、あなた方はこの計画のより大きな部分になってきています。
(以下略)

中国の重慶市の水利当局は「史上最大規模の洪水」が発生すると警告 / ジョージ・フロイド氏の死から始まった暴動を利用して、米国で内戦を起こそうとしているイエズス会

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国の洪水被害が酷いようです。6月22日に豪雨の影響で、重慶市の各地で川が氾濫。当日午前に重慶市の水利当局は、「史上最大規模の洪水」が発生すると警告していました。
 重慶市警察当局は、“洪水の被害状況に関する「無責任な情報」を投稿した者に対して、直ちに逮捕し、厳しく処罰すると各部門に指示した”とのことで、ネットユーザーが発信した情報は政府に抑え込まれたようです。また、三峡ダムの決壊を防ぐためでしょうが、下流の住民に知らせずに秘密裏に放水したとのことです。
 また、北京市で新型コロナウイルスの形をした雹(ひょう)が降ったということですが、そのサイズがピンポン玉以上の大きさなのです。こうなると、“誰かが気象兵器を使っているのでは?”と疑いたくなります。
 北京では、新型コロナウイルスのG型(D614G)が広がっているようなのですが、G型は「感染力がこれまでの10倍」と言われています。アメリカで猛威を振るっているのもG型です。
 “続きはこちらから”は、コブラ情報です。ジョージ・フロイド氏の死から始まった暴動を利用して「イエズス会は米国で内戦を起こそうとしています」と言っていますが、この情報は正しいと思います。私の直観では、中国の洪水被害も同様に「イエズス会」によるものだと見ています。
 「イエズス会」の上層部であるゾロアスターの13家は、現在「光」と「闇」に分裂して争っています。「光」の側が、Qアノンのツイートによく出て来るペペになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
中国31省のうち26省が大水害。被害者数は11,200人。
(中略)
北京に巨大の雹が降ってきた。車の窓ガラスが割れ、農作物が破壊された。天津でも雹が降った。
(中略)
北京肺炎について、中国国内の医師の内部情報によると、北京では、これまでの検査で24536人の感染者が確認された。死者数は2100人。しかし中国政府はこの事実を隠蔽している。政府は北京にこっそりと臨時隔離施設を3か所に建てた。
(中略)
この秋に中国全土に北京肺炎の感染が拡大する。感染力がこれまでの10倍。すぐに感染してしまう。
(中略)
感染が広がっている北京から住民が全国各地や海外に逃げた。
(以下略)
————————————————————————
重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制
配信元)
————————————————————————
中国南部の洪水は人災か 三峡ダムが秘密裏に放水
配信元)

» 続きはこちらから

本当の光の側に寝返ったイーロン・マスク氏の「Take the red pill(赤い薬を飲め)」とのツイートに、イヴァンカ・トランプさんも賛同!

竹下雅敏氏からの情報です。
 テスラCEOのイーロン・マスク氏が、5月17日に「Take the red pill(赤い薬を飲め)」とツイートし、“トランプ大統領の娘のイヴァンカ・トランプさんは賛同するコメントをした”とのことです。ツイートには、“イーロン・マスクが Q に寝返ったみたい”とありますが、この通りでしょう。
 5月5日の記事で、イーロン・マスクのスペースX社を中心とするアメリカ企業が、2万基の衛星を打ち上げる「スターリンク・プログラム」を紹介しました。この「5Gサテライト」計画は、“人間を奴隷にし、人間の精神を支配する”もので、イーロン・マスクは明らかに「闇の側」に属しているにも拘らず、コブラは彼を「光の側」だと言及していたことを指摘しました。
 “続きはこちらから”の5月19日のコブラの記事をご覧ください。Qの側に寝返ったイーロン・マスク氏に対し、コブラが今更のタイミングで、“キメラは地球の電磁的フェンスを再強化するために、イーロン・マスクとそのスターリンク衛星プロジェクトを支援しています”と暴露したのです。
 わかり切った事を、イーロン・マスク氏が本当の「光の側」に寝返った後で暴露するところが、コブラと彼の言う「光の勢力」が実は闇と繋がる「相対的な光」であって、「神の敵」であることを示しています。実のところ、追い詰められているのは彼らの方です。
 記事のリンク先の英語のサイト「The Portal」を、是非開いてサイトと記事の波動を感じ取ってください。ものすごく酷い波動です。通常の地球人には酷すぎて、正確にその波動を測るのは難しいでしょう。ただ、記事の波動を感じ取るようにすると、会陰(ムーラーダーラ・チャクラ)よりも遥か下方に引きずり込まれる感覚を覚えるでしょう。
 ところが、引用元の日本語の翻訳サイトの記事の波動を見ると、酷いものには感じません。これは、翻訳者の方の波動が高いためなのです。コブラ本人と翻訳者の波動を分けて感じ取るようにしなければなりません。
 ちなみにコブラが非難している「ハンガリーカンファレンスの主要なオーガナイザーとその妻」の方ですが、2人とも「魂」が残っており救済されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イーロン・マスク氏がマトリックスの「赤い薬を飲め」をツイート→パートナーの母が激怒。一体なぜ?
マトリックスの有名なセリフですが、マトリックスの監督も怒っています
引用元)
(前略)
「Take the red pill(赤い薬を飲め)」――テスラCEOのイーロン・マスクさんが、物議をかもす言葉をツイートし、パートナーのグライムスさんの母親が強く批判している。

マスクさんはこのTwitterを、5月17日に投稿した。


「赤い薬を飲む」は元々、映画『マトリックス』で使われたセリフだ。「目を覚まして、現実に直面する」という意味が込められている。
(中略)
マスクさんの「赤い薬を飲め」ツイートには大くの人が反応しており、トランプ大統領の娘のイヴァンカ・トランプさんは賛同するコメントをした。
(中略)
マスクさんはここ数週間、新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウン延長に強く反対する姿勢を示してきた。Twitterでも「アメリカを解放せよ」といったコメントを投稿している。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 21