アーカイブ: コブラ

悪事を止めない者たちが肉体の崩壊点に達し、“生存の苦しみ”から逃れられない精神破綻の状態に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 時事ブログでは、悪事を止めない者に対し、いずれ精神破綻に至ると警告してきました。また精神破綻とは、認知症などの精神病になるのではなくて、常時、“生存の苦しみ”から逃れられない状態であるとしました。
 今回のコブラ情報をご覧になると、まさに彼らと協力関係にある集団が、そのような状態に陥っていることがわかります。記事では、“多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています”と書かれていますが、これは地上社会の崩壊によってもたらされているのではありません。彼らの内側の身体が、次々に滅ぼされていることから起こるものです。
 記事では、タイムラインが移行したのが5月だということですが、私の日記には、以下の記述があります。
 「5月2日、朝方、悪しき連中(これまでずっと私を攻撃していた者たち)を滅ぼすことにした。エネルギーを返すことにして、肉体の中層、深層の意識を滅ぼす。」
 日記には、これ以降も具体的な人物の名前を挙げて、どこまで滅ぼされたかが書かれています。5月13日には、表層の意識まで滅ぼされ、“完全な精神破綻者”になった者が居ると書かれています。
 “続きはこちらから”以降は、彼らの悪事の一端を知る事例です。記事を見ると、“何年も前から、キラウェア火山と同様に、これらの火山は噴火するような刺激を受けてきた”と書かれているように、南極の火山は人為的な刺激を受けていたことがわかります。南極の西側の氷を大量に溶かし、地球の重量バランスを崩すことで、ポールシフトを引き起こそうとしたのです。
 これを意図的にやっていたのが、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と繋がっている宇宙人グループです。その中核は、プレアデス高等評議会と自ら名乗っています。加えて、古代地球離脱文明のアンシャールとオメガグループを除く3つのグループです。
 この悪しき連中に協力していた、チャネラーなどのライトワーカーを自称する人たちは、早く彼らから離れないと肉体の崩壊点に達し、精神破綻してしまいます。一旦そうなってしまうと、苦しみから逃れるには、肉体の死以外にはあり得なくなります。
 「直接的な介入の申立てと宣言」という記事の引用元には、ソースの中心と同調しているという、ライトマンダラと称するものが掲載されています。中央の0を眺めるとよくわかりますが、意識が、ムーラーダーラ・チャクラ(会陰)よりもずっと下方に引きずり込まれる感覚がわかるでしょう。これは彼らが、滅ぼされた闇の存在であることを示します。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ガンマタイムライン
引用元)
(前略)

5月にベータタイムラインからガンマタイムラインに移行しました。この新規のガンマタイムラインは、トップレット爆弾が起動されないようにしつつ、できるだけ早期に光の勢力による直接の物理的介入を行って地上のライトワーカーとライトウォリアの生命を救出するものです。

(中略)

この地上社会の崩壊は、多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています。

(中略)

物理的介入がなければ、地上の崩壊は後戻りできない状態となることを光の勢力には理解いただきたい。リスクを取って、自由意志を発揮して、物理的介入してください。

(以下略)
————————————————————————
直接的な介入の申立てと宣言
引用元)
(前略)

上記アップデートには(中略)... 善意の勢力に対して協力を求め、惑星地球の解放を要請する陳情書のリンクがあります。


(中略)

宣言文は以下の通りです。


『私は光の勢力に対して、地球の現状に公正なる裁きを下し、癒しを提供することを求めます。
私は、プレアデス人、アークトゥルス人、シリウス人、エンジェル、アガルタ人に求めます。
もう限界です。我々人類は物理的介入を求めます。 そうあらしめたまえ。そうなります!
』

(以下略)

» 続きはこちらから

悪あがきを止めないため、表層の意識まで滅ぼされてしまったコブラのRMとプレアデス人グループ〜次は闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔、悪霊たちの掃討!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラからの通信文ですが、この一文は彼らにとって致命傷になりました。文中、“魂の自由意志と完全に一致した形で…”と書かれていますが、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)も、この文章を伝えるように連絡したプレアデス人のグループも、すでに魂(ジーヴァ)はとうの昔に消えていたからです。
 魂(ジーヴァ)が消滅すると、通常広義の肉体のみになります。それでも悪事を止めないと、エーテルダブル(ライトボディー)、プラズマ体、というように順次滅ぼされていきます。彼らにプラズマ体がないことは、彼らの少し前の通信文を調べればわかります。
 この連中は、悪事を止めなかったために次々と波動が低下して行きました。最終的にはエレメンタル第一システムの最低のレベルである2.01次元の最下点の波動にまで転落しました。その後、彼らの魂(モナド)の位置が動物システムから降下し始め、最下点に転落しました。
 私はこうした様子を細かく観察していました。最終的に宇宙連合は彼らの裏切りに気づき、彼らを滅ぼし、肉体(狭義)の中層と深層の意識-心-体を滅ぼしてしまったのです。
 それでも悪あがきを止めないというのがこの記事です。結局この連中は、表層の意識も滅ぼされてしまいました。後残っているのは、表層の心と体です。
 彼らにはもはや用は無いので、次は闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔、悪霊たちの掃討になります。
 昨日の記事のコメントで、“変化は今日からすでに始まる”と書きましたが、私がこのコメントを書いていた時、この日の21時に事が起きることを知っていたのです。7日の21時にブラック・ロッジの頂点に君臨していたサタンに相当する者が処刑されました。
 4月29日の記事で、“5月の連休明け8~14日までの7日間は特に警戒が必要”とありました。私は11日が特に危険だと感じていましたが、昨日の21時の処刑によって、この計画は中止または延期になったのではないかと感じています。今日の正午にはまだ存在したテロの実行計画は、今は感じられないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
グリッドに点火
引用元)
Firing the Grid
http://2012portal.blogspot.jp/2018/05/firing-grid.html?m=1

プレアデス人から、この短信を地上の人々に伝えるようにと連絡がありました。
 現在プレアデス艦隊は、自分の魂の自由意志と完全に一致した形で、地上の人々の中で鍵となる特定のメンバーをスピリチュアル的にもエネルギー的にも活性化させるために、AN転換を利用しています。
 この活性化の目的は、今のところ機密となっています。

(中略)

この活性化には、ビジョン、明晰夢、クンダリニーの覚醒、急速な信念体系の変容が含まれます。

(以下略)

銀河連邦から完全に排除されたコブラのRMとプレアデス人のグループ ~EPM攻撃を行い、平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画を誘導していたコブラのRM~

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラが言い訳をしていますが、“重要な情報は誰に対しても開示しない”と言っています。これは正確ではありません。事実は、彼らが銀河連邦から完全に排除されたために、彼ら自身が全く情報が取れない状況になっているということです。
 すでにお伝えしているように、かつてのハイアラーキーの組織は、今では本物の銀河連邦に吸収されています。その関係で、彼らは時事ブログや私のコメントも見ています。
 4月7日の記事で、RM(レジスタンス・ムーブメント)とプレアデス人のグループが中西征子さんを攻撃していたことをお知らせしましたが、この件に関して宇宙連合から連絡が入りました。
 4月17日に、中西征子さんが通信を受け取りました。通信文の内容は、公開の許可を取っていないので開示しませんが、4月7日の私のコメントによって、彼らは中西征子さんへの不当な攻撃があったことを知ったようです。彼らは様々な技術を用いてRMの動向を探り、ついに裏切りの決定的な証拠を見つけたということで、4時間にわたる戦闘状態になり、コブラのRMと彼らに協力する集団を完全に滅ぼしたと報告してきました。現在RMと彼らに協力するグループは、地上の肉体が存在しているだけだということです。
 通信文の内容と波動を検討したところ、この通信文の内容は事実だとわかりました。実際にこの通信文の日時の前後で、コブラおよび古代地球離脱文明の7つのグループに属する連中の、狭義の肉体における中層と深層の意識-心-体が滅ぼされていました。
 今日のYutikaさんの記事で、EPM攻撃を行い、それを北朝鮮の仕業にして平和への動きの邪魔をするグローバリストの計画に触れていましたが、これをまさに誘導しているのがコブラのRMです。
 彼らが自分たちのチャンネルを使って公式に謝罪をしなければ、今後おそらく、狭義の肉体の表層の意識-心-体が滅ぼされることになるでしょう。彼らが謝罪すると思えないので、おそらく近いうちに、彼らは宇宙から消滅すると思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コブラ状況報告短信
引用元)
Short Situation Update
http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/short-situation-update.html
(中略)
1月27日にベータタイムラインを活性化して以来、地上作戦についての情報はすべて完全非開示とされています。つまり、光の勢力は地上作戦についての重要な情報は誰に対しても開示しないということです。
(中略)
新規のタイムラインを導入して以来掲載されている私のブログについての「社会力学的」記事が、一定の人たちを混乱させています。実際のコブラはいまクローンなのではないかという憶測さえ呼んでいます。まったく事実ではありません。これらの「社会力学的」記事は、すべて計画通りのものであって、これからさらに記事が出てきます。

その背後には私が関与して地球解放にとって必須なプロジェクトを推進しているもので、それによって私の時間とエネルギーとリソースがかなり取られています。それが理由で、地上にいる地球人に対するブログ更新の回数が少なくなり、メールの返信も遅れ、商品注文の処理も少し遅れています。
(以下略) 

地球をクォーク爆弾で完全に破壊することをアセンションと呼ぶ、悪のプレアデス人

竹下雅敏氏からの情報です。
 「愛と光の存在」というプレアデス人の正体がわかる記事です。時事ブログでは、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)の情報について、3次元の低層に関しては比較的正確で価値が高いが、高い次元の情報はそのほとんどが誤りで、かつ彼らは、意図的に悪をなす集団であると指摘しました。
 彼らと関係しているグループが、人為的にポールシフトを起こそうとしているのは、彼らと繋がっているチャネラーを経由した情報からほぼ明らかです。それにもまして問題なのは、彼らが地球をクォーク爆弾を用いて意図的に破壊する計画を持っており、これを未だに捨てないことです。
 彼らが、こうした計画を諦め改心するか否かを観察していたのですが、結局改心する連中ではなく、関係者のほとんどは現在裁かれています。それは、この記事も含めて、彼らが放つ波動が著しく低いことからわかると思います。
 この記事では、プレアデス人が、かつて、プレアデス星団の惑星を爆発させたと言っています。その惑星のかけらが、彼らが聖なる石と言っているモルダバイトだということです。
 現在、彼らは、地球をクォーク爆弾で完全に破壊するつもりなのですが、それをアセンションと呼んでいるのです。彼らは、このような行為が大変なカルマを積む悪行だということには気づかないようです。私がこの連中を悪と断定する理由です。
 4月2日に、神々のイラストを描いている中西征子さんから興味深いファクスが入りました。約1ヶ月の間、様々な方面からの攻撃や呪いを受けていたというのです。その一部を表記します。
「3月24日 AM7:00~9:00
宇宙人その他総勢12万人による攻撃。相手が宇宙人であるということと数を聞いて、思わず笑ってしまいそうになりました。宇宙人のリーダーらしき者との会話から、私が彼らの計画を邪魔するので、殺しに来た…ということがわかりました。」
 中西さんによると、彼らは中西さんの説得に応じて引き上げたということです。この“彼らの計画”というのが、クォーク爆弾による地球の破壊のことなのです。
 3月27日には、24日とは異なるグループの宇宙人15万人から攻撃されたとのことです。この時は問答無用で会話も成り立たなかったため、中西さんは母なる神様に祈ることで攻撃を終了させたと言っています。
 実はこれらのグループはいずれもプレアデス人のグループで、 27日のグループがコブラのRMと繋がっているプレアデス人のグループなのです。
 彼らが愛と光の存在などでは全くないことがはっきりとした瞬間だと言えます。
 はっきり言って、このような雑魚が数十万集まって私たちを殺しに来ても、どうにもなりません。カルマが即時に返って命落とすことになるならまだ幸いで、下手をすると魂が消えてしまいます。すでに魂がない連中が攻撃に来たのかも知れませんが、その場合、最悪のケースでは魂(モナド)が消えるかも知れません。
 いずれにしても、この連中が近い将来、精神破綻に至るのはほぼ確実でしょう。合計27万人も居れば、その中にはまだ魂(ジーヴァ)が残っている者も居るかも知れません。彼らが生き残るには、彼らのチャンネルを使って自分たちがこれまでに成してきた悪を洗いざらい白状し、地球人に謝罪しなければなりません。これが出来ないと言うなら、滅びるよりないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プレアデス人
引用元)
(前略)
http://2012portal.blogspot.jp/2018/03/pleiadians.html?m=0
 
プレアデス人は、愛と光の存在です。地上の住人の大半は、地球の機能不全状態にはまっているので、思惑を持たない愛と光に満ちた存在が信じられなくなっているのです。
(中略)
プレアデス人は、銀河のセントラルサンのポータルからこの次元の宇宙に入ったエンジェルからの進化体を起源としています。約1800万年前に、物理層にプラズマ層に生じたプレアデス星団に定住するまで、エンジェルのライトボディを持ってこの銀河を探索していました。
プレアデス人は、プラズマで形成されている母国の惑星の一つを物理的な濃密度物質にあえて転化させ、その惑星は爆発しました。

爆発した惑星のかけらは銀河全体に飛散しました。その中で地球に落ちたものがモルダバイトです。

https://heavenandearthjewelry.com/Moldavite-Starborn-Stone-of-Transformation1.aspx
(以下略) 

コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と仲間のプレアデス人たちの正体は、性的に乱れた汚らわしい存在

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と仲間のプレアデス人たちが、その正体を現した記事です。赤字にしている部分は正しいと思われる部分で、太字にした部分は明らかな誤りの部分です。
 私が以前コメントした通り、この連中は性的に乱れており、特にこのメンバーの女性は、複数の男性と同時に性的関係にあると指摘しました。今回の記事で彼ら自身がそれを告白したことになります。記事にある、“オープンな多重的性愛関係”というのが、まさにそれに当たるでしょう。下手をすると、乱交かも知れません。非常に汚らわしい連中だと言えるでしょう。
 にもかかわらず、本人は自分達のことを、“プレアデス人は、愛と光の存在です”とのたまうのです。馬鹿馬鹿しくて呆れてしまいます。私はいい加減なことを言っているのではありません。2007年以降に天界の改革が行われ、今や、地上の肉体のレベルで裁きが行われている関係で、このような汚らわしい連中は裁かれています。なので、今回取り上げた記事の著者の場合、裁きが行われる前の2007年での愛のレベルを調べてみます。そうすると、彼の愛のレベルは動物レベルのアナーハタ(4)となります。
 天界の秩序の表をご覧ください。一番下に、動物システムから第1エレメンタルシステムに対応する次元が書かれています。愛のレベルが動物システムのアナーハタ(4)といっても、より正確には2.29次元のアナーハタ(4)なのです。
 実は、この時の地球人の平均的な愛のレベルは、2.57次元のスワディスターナ(2)なので、平均的な地球人の方が、この者よりもはるかに愛のレベルが高いのです。現在は、地球自身の波動が上昇しており、現在の地球人の平均的な愛のレベルは、 3.2次元のアナーハタ(4)になります。
 ネットを見ると、人間とペットとの関わり方に変化が見られ、地球人の愛のレベルが上昇しているのがわかると思います。
 一方で、裁かれた者たちの有り様は悲惨です。これは、ヘイトスピーチの増大という社会現象にも表れていていると思います。例えば、この記事の著者の愛のレベルは、現在では2.01次元のスワディスターナ(2)にまで低下しています。おそらく、近い将来、最下点まで下がると思います。
 私はこの著者のように、事実に基づかないウソを平然と述べる連中を嫌っています。彼と仲間のプレアデス人は、ほぼ同じレベルだと考えて良いでしょう。この意味で、この手の情報やチャネリング情報などは、よほど気をつけて、情報を精査しなければなりません。正しい情報のみを取り上げて、その他は相手にしないことが賢明です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソウルファミリー
引用元)
(前略)
Soul Families
http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/soul-families.html
(中略)
社会をコントロールして遅延を生じさせる方法として最も効果的なのが、女性の性的エネルギーのコントロールです。したがって、女性に性的な自由度を与えている文化圏が、最も進んでいるという結果になるのです。(中略)… 解放の鍵となるのは、その社会にいる最も高度な女性が、官能的で性的な女神のエネルギーを徐々に表現し始めることです。
http://thebestofhabibi.com/volume-18-no-2-september-2000/temple-priestess/
(中略)
地上の住人は、プレアデス人とレジスタンスは、ソウルファミリーをベースとするごく類似した社会モデルを有していることを認識する必要があります。彼らは自分のツインソウルまたは主要なソウルメートと二人だけの神聖な合体をしたり、また魂の愛と性的エネルギーを自由に流してオープンな多重的性愛関係も持ちます。同性愛もありますが、地上ではびこっているようなアルコンの干渉とは無縁のものです。
 こういったつながりを持つことが、地上の住民がこの銀河の社会に融合するための最後のテストになります。

Victory of the Light!

翻訳:ria
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16