アーカイブ: 北朝鮮

池上彰でさえ疑問を呈する安倍内閣の不自然さ ~安倍内閣の危機=北朝鮮ミサイル~

竹下雅敏氏からの情報です。
 北朝鮮ミサイルの発射ボタンは首相官邸にあるのではないかと噂されていますが、池上彰氏がこうした疑問を取り上げたようです。記事は、水面下で日本と北朝鮮が繋がっていると考えられるいくつもの事実が記されています。
 北朝鮮という国の成り立ちを考えれば、こうした推論は根拠があるものと考えられます。
 時事ブログでは、北朝鮮のミサイルは、実のところ日本のミサイルであるという立場であり、フルフォード氏も同様に考えていたと思います。
 満州を作った人たちは、皇室も含め姻戚関係で繋がっているのではないかと想像します。彼らの中では、金正恩氏は一族であり、彼らが担ぎ上げた王ではないでしょうか。
 そういう観点で見ると、あべぴょんが北朝鮮に対してどんなに圧力をかけても、絶対に日本にミサイルが飛んでこないとたかをくくっているのは、当然だという気がします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
池上彰でさえ疑問を呈する安倍内閣の不自然さ
転載元)
誰もが薄々感じながら口にしない疑問を、池上彰が真正面から疑問を投げかけました。

それは北朝鮮ミサイル発射と安倍内閣の関係です。


(中略)


(中略)



(中略)

あまりのタイミングの良さと不自然さに、さすがに騙されやすい日本国民も、今や半信半疑になってるんじゃないでしょうか?

(中略)

いつも都合よく北朝鮮のミサイルが飛んでくること以外にも、歴代の政権が積み重ねてきた北朝鮮への制裁を、安倍政権になってから制裁を解除してること、


https://www.fastpic.jp/images.php?file=4116207930.jpg

北朝鮮の平壌から日本の米軍横田基地(横田幕府)への直行便があること。


https://www.fastpic.jp/images.php?file=2574467094.jpg

(中略)

さらに「北朝鮮のミサイルの部品の90%は日本から来た」という北朝鮮の技師の証言まであります。

北朝鮮の元技師「ミサイル部品、日本から」米上院で証言
http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200305210142.html

おまけに安倍晋三のお膝元、山口県下関のフェリー乗り場には釜山との直行便があります。



https://www.fastpic.jp/images.php?file=3016438217.jpg
https://www.fastpic.jp/images.php?file=2161772931.jpg

これら一つ一つは偶然と言い逃れできるかもしれません。
事実、森友学園問題でも加計学園問題でも偶然で片付けようとしています。
しかし偶然の点と点を繋げると・・・。

北朝鮮が「核保有国」として認められて金正恩党委員長が「米朝和平」に応じ、白頭山で米国に対する「勝利宣言」 ~平和条約の締結から半島の統一に向かう流れ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 これも、キッシンジャー外交の勝利を示すものだと思います。北朝鮮が、“核戦力完成”をアピールし、今後、米国と国連が仲介に入ることで、和平交渉に入り、板垣英憲氏が言っているように、平和条約の締結から半島の統一に向かう流れが出来ている事を示すものだと思います。
 スプートニクの記事には、笑顔の金正恩氏が写っていますが、大変リラックスしているように見えます。これは、水面下で既に道筋が付いていることを示していると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【北朝鮮情勢】金正恩氏、“革命聖地”の白頭山に登頂 核戦力完成をアピール
引用元)
 【ソウル=名村隆寛】朝鮮中央放送など北朝鮮メディアは9日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国との国境にある北朝鮮最高峰の白頭山(ペクトゥサン)に登頂し、「国家核戦力完成の歴史的大業を輝かしく実現してきた激動の日々を感慨深く振り返った」と報じた。

(中略)

 報道には、11月末に強行した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験成功を金正恩氏の業績とし、「核戦力完成」の一つの区切りとして示す意図がうかがえる。

(以下略)
————————————————————————
国連事務次長訪朝 意思疎通の定例化で一致
転載元)
国連は9日、5~8日まで朝鮮民主主義人民共和国訪問を訪問していたフェルトマン国連事務次長(政治局長)が、李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、北朝鮮に対話の窓口を開いておくよう呼び掛けたと発表した。日本経済新聞が報じた。

スプートニク日本

フェルトマン氏は北朝鮮で李容浩外相、朴明国(パク・ミョングク)外務次官と会談し、「朝鮮半島の現状が、現在の世界の平和と安全保障における最も緊迫かつ危険な問題となっている」という点で合意した。また、フェルトマン氏は北朝鮮に紛争リスクを低減するために対話の窓口を開くように求め、「誠実な対話プロセスを通じた外交的解決しか道はない」と主張した。

朝鮮中央通信によると、国連と北朝鮮は「往来による意思疎通の定例化」で一致した。

» 続きはこちらから

本当の“ならず者国家”はアメリカ! 混乱の原因はトランプ大統領の狂人外交!…金正恩氏は“非常に理性的で最も戦争を嫌う人”。

竹下雅敏氏からの情報です。
 「モリカケ疑惑の隠蔽」と「北の脅威を煽ることによって衆院選での安倍政権勝利」の誘導に懸命な、あべぴょん。あべぴょんは、偉大なる同志・金正恩に感謝状を送るべきでしょう。
 ところでその金正恩ですが、CIA高官によると、“朝鮮半島での衝突を避けたいと誰よりも望んでいるのは金正恩氏”であり、“非常に理性的で最も戦争を嫌う人”という高い評価を得ています。
 アメリカという本当の“ならず者国家”に強大な武力で脅されている以上、核兵器で身を守ろうとするのは当然のことです。ならず者国家アメリカは、これまで核兵器を所有している国は侵略していません。
 トランプ大統領の狂人外交とも言える高圧的な姿勢とは裏腹に、背後では、米国と北朝鮮は何とか外交的に解決しようと懸命に努力をしています。板垣英憲氏の情報によれば、その平和解決の中心人物はキッシンジャー博士だということですが、これは正しい情報だと思います。
 トランプ大統領とティラーソン国務長官、そして記事にあるサリバン国務副長官の言動が異なっていることから、そのことがよくわかります。
 ラヴロフ外相も、トランプ大統領の言動は、国際問題を増やしているだけだとして批判しています。
 ただ、トランプ大統領のおかしな言動は、逆に言うと、それだけ金正恩がまともに見えるという、ポジティブな効果があります。トランプ大統領がそこまで計算して狂人外交をやっているとは思いませんが、トランプ大統領が、良きにつけ悪しきにつけ、混乱の原因であるのは間違いないところでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金正恩氏の性格について、「賢い」「非常に理性的で最も戦争を嫌う人物」と米韓が分析!実母は大阪生まれで今も関西に親族が住んでいるとの情報も!
転載元)
どんなにゅーす?
・米朝危機の中心人物、北朝鮮の金正恩氏について、韓国や米国の情報筋が正恩氏の留学先だったスイスの知人や親族らに聞き取り調査などを行なった結果、「とても賢い」「非常に理性的で最も戦争を嫌う人物」との評価が出されていることが分かった。

・また、2017年10月17日の東京新聞「日々論論」によると、正恩氏の母親である高英姫氏は日本(大阪)で生まれた上に子供の頃は東京ディズニーランドを密かに訪れるなど、正恩氏が日本に強い関心を持っていることや、現在も関西に正恩氏の親族が住んでいるとの情報もあるという。

金正恩氏は「理性的な人物」、CIA高官が行動分析

講演の中でCIA高官のヨンスク・リー氏は、「金正恩氏がこれまでにやってきたことにははっきりとした目的がある」と指摘。金氏はある日突然思いついて核を使用するような人物ではないと述べ、「同氏が望んでいるのは、長期的な支配を続けて自分のベッドで安らかに死ぬことだ」と語った。
CIAの要員、外交官、議員といった人々が米国並びに同盟国を北朝鮮の脅威から守る上では、金氏のそうした動機について理解することが、軍事衝突を避ける鍵になる。
「実際のところ、朝鮮半島での衝突を避けたいと誰よりも望んでいるのは金正恩氏なのだ」とリー氏は述べ、「我が国をはじめとする各国は、あの独裁政権に流れる保守主義を過小評価する傾向がある」と分析する。

【CNN 2017.10.10.】

(中略)

日本のメディアでは、北朝鮮の脅威や恐ろしさばかりをことさら強調するような、(思考停止を促すような)横並びの報道が非常に目立っているけど、こういう時こそ、ちょっと違った視点で事態を観察しつつ、冷静に分析をしてみることがとても大事だ。

(中略)

どうやら、日本のマスコミは、金正恩さんが「日本とはかけ離れた世界に住む、得体の知れない恐ろしい独裁者」とのイメージを国民に対して強く刷り込もうとしている意図があるのを感じるわね。

(中略)

政治家でいうと、小泉総理の一族や安倍総理の一族が代々北と深い関わりを持ってきていることが言われてきているし、小泉&安倍一族と深い関係を持つ飯島勲氏池口恵観氏なども、とても太い北とのパイプがあることは言われてきたとおりだ。

実際に海外のニュースも含めて北朝鮮情勢をウォッチしてみると、アメリカでも表向きの(トランプ主体の)圧力路線とは別に、同時並行で彼の側近による対話を用いた解決策が進められている状況だし、日本のメディアがこれらの対話路線を排除して、北朝鮮の危機を一辺倒に煽っているのは、やはり、「別の目的」で国民を洗脳しようとしていると見るのが良さそうだ。

それが、「モリカケ疑獄の隠蔽」と「北の脅威を煽ることによって衆院選での安倍政権勝利」の誘導に(ジョンウンさんも同意の下で)北朝鮮を利用しているってことね。

(以下略)
» 続きはこちらから

朝鮮半島の平和実現のため、アメリカ外交の裏で暗躍するキッシンジャー氏~待望される小沢一郎政権~

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカの国内問題から国民の目を逸らせたいためなのか、それとも、イスラエルに弱みを握られているのか、問題発言ばかりを繰り返しているトランプ大統領ですが、トランプ政権を支えている周りの人たちはかなりまともで、北朝鮮やイランと戦争をする気は無いようです。
 それどころか、フルフォード氏の日本語版の最新情報によれば、アメリカ外交の裏で暗躍するヘンリー・キッシンジャー氏は、10日にトランプ大統領との会談を行い、朝鮮半島の平和を実現しようとしていると書かれています。
 これは、板垣英憲氏がこれまでにずっと主張していた内容に完全に合致します。情報源の違う2つのルートから同じ情報が出てくるとすれば、水面下では、確かにこの方向で動いていると考えて良いのではないでしょうか。
 この情報が正しいとすれば、キッシンジャー博士がプーチン大統領側に寝返っていると考えられ、デービッド・ロックフェラーとズビグニュー・ブレジンスキーが死亡した現在、かつてのジャパン・ハンドラーが、現在はキッシンジャー博士の命令に従って、以前とは違うシナリオで動いていると考えて良いのではないでしょうか。
 最後の記事は、板垣英憲氏の少し前の記事ですが、要点は変わっていません。ただ、キッシンジャー博士が計画していた時期よりは、少し後ろにずれ込んでいるのがわかります。
 抵抗する敵方が居る限りは、何事も全て計画通りというわけには行きませんが、“あべぴょんとその仲間たち”のオツムの程度で、キッシンジャー博士に太刀打ちできるとは思えません。
 今起こっている政変劇は、こういった流れの中で見なければなりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国、北朝鮮との関係で外交を優先=ティラーソン氏
転載元)
ティラーソン米国務長官は15日、CNNテレビのインタビューで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との関係について「外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続く」と述べた。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

ティラーソン氏は「大統領は外交的に解決したいと私に対して明確にしている。戦争をしようとしているわけではない」とし、外交解決を優先する考えを強調した。

一方、トランプ米大統領は1日、ティラーソン氏が北朝鮮との交渉を試みるのは「時間の無駄だ」とツイッターに投稿した。ティラーソン氏はインタビューでこれについて、トランプ氏から外交上の取り組みを続けるよう指示されていると説明した。

先ほど、北朝鮮は、国の平和な生活の道に立ちはだかるすべての敵を殲滅する用意がある。ロシアで開かれている世界各国の国会議員が参加する国際会議で北朝鮮代表団を率いる安東春(アン・ドンチュン)最高人民会議副議長が記者団に明らかにした。
————————————————————————
トランプ×金正恩の会談実現への動きと中国バブルの今
日本の右翼筋によると、アメリカのドナルド・トランプ大統領が11月にアジアを訪問するタイミングを狙って、水面下では「北朝鮮の金正恩とトランプの首脳会談」が模索されているという。世界第三次世界の勃発を狙うハザールマフィアに対し、ペンタゴン・CIA の良識派とアジアの結社筋が、この会談と、それに伴う朝鮮半島の平和を実現しようとしている。そのために今、日本の大物政治家2人が極秘で北朝鮮を訪れていると同筋は伝えている。

【 トランプのアジア訪問 】

しかし、この首脳会談の実現は未だ双方への提案の段階であって確定ではない。そのため、今後も引き続き推移を見守る必要があるが、いずれにせよアメリカ軍はいくらハザールマフィアが北朝鮮騒動の緊張を煽ったとしても、それを理由に第三次世界大戦を始めるつもりなど さらさらない。

また、先週の10日にアメリカ外交のベテランとして裏で暗躍するヘンリー・キッシンジャーがトランプ大統領との3回目の会談を行ったのだが、ホワイト...(以下有料部分)
————————————————————————
「北東アジアの和平」実現にとって、中国・ロシア・韓国・北朝鮮に太いパイプを持つ「小沢一郎政権誕生」は、待ったなしだ
本日の「板垣英憲(いたがき えいけん)情報局」
「北東アジアの和平」実現にとって、中国・ロシア・韓国・北朝鮮に太いパイプを持つ「小沢一郎政権誕生」は、待ったなしだ

◆〔特別情報1〕
 G20各国の間で、「小沢一郎政権誕生」を待望する声が高まっている。天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MSA」巨額資金(積み残し4京+α)が6月5日から8日の間に、実際に分配(シェア)されたからである。G20各国は、分配(シェア)された巨額資金を債務処理に使い、金融・財政の健全化を急いでいる。成功すれば、「革命的大転換」が起こる。米トランプ大統領の指南役であるキッシンジャー博士は2016年12月、「小沢一郎政権誕生に協力する」との誓約書を天皇陛下にごく近い筋に提出しているので、安倍晋三首相の早期退陣を求めて、圧力をかけている。キッシンジャー博士は、9月をメドに「米朝国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結→朝鮮半島統一」を実現しようと懸命だ。「北東アジアの和平」には、中国・ロシア・韓国・北朝鮮に太いパイプを持つ小沢一郎代表は不可欠な政治家であるだけに、「小沢一郎政権誕生」は、待ったなしなのだ。

17/10/2 フルフォード情報英語版:米国は北朝鮮を核攻撃し、日本は安倍首相を捨てることを決定

 安倍切り捨てに連動して、米軍による北朝鮮攻撃がなされたという情報は、これまでの状況から見て頷きました。
 小池新党の追い風はもとより、各国の権力層に新たな人事の動きがあるそうです。コービンいよいよか? ダンフォードは、キッシンジャーに寝返ったのでしたね。あのNFL騒動について、膝をついて「軍に」抗議する選手達の背後には「ユダヤ系マフィア」がおり、彼らハザールが結局のところ愛国者側に屈したとのことです。この騒動のもう一面が見えました。
 人工ハリケーンによるプエルトリコの被害は、その実、経済破綻による物流のストップだったようです。米軍の積極的な介入で収まったようですが、スプートニクの記事にあった「プエルトリコの債務は帳消しになる」とトランプ大統領が伝えたのも、このことだったのかしら。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国は北朝鮮を核攻撃し、日本は安倍首相を捨てることを決定
投稿者:フルフォード

御存知かもしれませんが、只今ベンジャミン・フルフォードの仕事と生活の生命線となる収入を再構築するために立ち上げた4週間購読キャンペーンの最後の4週目に入りました。

来週以降、毎週更新のニュースを閲覧できるのは有料メンバーのみとなります。現時点では、これまで登録してくださっていた読者数を下回っております。以前ご登録頂いた方々には、出来るだけお早めに再講読手続きをして頂き、是非ともベンジャミンを支援してくださいますようお願い申し上げます。

新規の読者も募集中です。掘り下げた地政学的ニュースと考察を取り上げる第一級のサイトに是非御参加ください。(再)購読手続きの詳細は以下に記載してあります。この記事へのリンクを拡散してくださいますよう。皆さまの御支援に感謝致します。

【※詳しい手続きの仕方はキャンペーン第一週の翻訳記事の冒頭をご覧ください。】


米国の核攻撃か:北朝鮮のミサイル挑発をけん制


NSA筋の情報によると、先週アメリカ空軍が北朝鮮の核実験場近くの山頂に核兵器を投下した。このところのミサイル挑発を止めろという警告だったそうだ。これは世界のメディアでは、アメリカの爆撃機が非武装地帯において、21世紀になってから最も北端を飛行したと報道されるだけだった。
https://www.cnbc.com/2017/09/23/us-bombers-fly-off-north-koreas-coast-in-show-of-force.html

 
この飛行の後、北朝鮮が最近水素爆弾をテストした地点の近くでマグニチュード3.5の地震があったと報じられた。矛盾したメディアの報道は、この地震を自然由来としたり、核爆発の結果だと言ったりしている。どちらにせよ、北朝鮮はこの事件以降、新たな核実験の話を声高に唱えることはしていない。 
http://www.npr.org/sections/thetwo-way/2017/09/23/553127805/earthquake-in-north-korea-sets-off-alarm-and-speculation

ドナルド・トランプ米大統領は以下のツイートで、この攻撃【が行われたこと】を示唆しているようにも見える:
「我々の素晴らしき国務長官レックス・ティラーソンには、小さなロケット野郎【※金正恩のこと】との交渉を模索するなぞ時間の無駄だと伝えておいた……余計な労力を使うな、レックス。我々はすべきことをするだけだ! この25年間、ロケット野郎に愛想を振りまいたところで上手く行った試しなどなかった。何故今になって上手く行くと言えるのだ? クリントンも失敗したし、ブッシュも失敗したし、オバマだって失敗した。私は失敗するものか」

アジアの秘密結社筋に言わせると、ハザールマフィアの一員ヘンリー・キッシンジャーと協調したアジアの複数の秘密結社の決断、日本の安倍晋三首相を切り捨てるという旨を受けて、この北朝鮮に対する核攻撃はなされたのだ。安倍が10月22日の総選挙を行うことにしたのはそのせいだと同筋は言っている。日本の次期首相として指名された小池百合子東京都知事は、日本で初の女性首相となるだろう、とも彼らは付け加えていた。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 23