アーカイブ: 銀河連邦

[日本や世界や宇宙の動向 他]太平洋の海底から放射された赤い光とは? 〜イルミナティの海底施設〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、驚きました。何が起こったのかということですが、おそらく(真の)「銀河連邦」によって、かつてのイルミナティの海底施設が破壊されたのだと思います。この海底施設は、かつての地球ハイアラーキーの地下都市の首都の入り口だったはずです。この施設は、トンネルで各地とつながっていたのだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
太平洋の海底から放射された赤い光とは?
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/08/mysterious-red-glow-lights-under-pacific-ocean-video-3018486.html
(概要)
8月26日付け:

飛行機が香港からアラスカに向かっていた時に、オランダ人パイロットのJPC ヴァン・ハイジェットさんとクルーが目撃したものは。。。太平洋の海底から、20分間、白い光の柱が立った後、不思議なオレンジや赤色の光が辺り一面を照らしたのです。(0:39辺り)これがパイロットが撮った写真です。

太平洋の海底から放射されたオレンジや赤色の光は周辺の雲や海面をかなり明るく照らしていました。この場所は太平洋のど真ん中です。海以外に何もありません。海底火山が噴火したために、オレンジや赤色の光が放射された可能性もあります。噴火により新しい島ができる可能性があります。しかし、なぜ朱色の光が放射される直前に、同じ場所から白い光の柱が立ったのでしょうか。不可解な現象です。光が放射されたとき、パイロットは不快な感じがしたと言っています。
(8月24日に投稿されたビデオ)



――――――――――――――――――――――――
海外「エイリアンだ」日本近海の海が不気味に赤く輝くのが目撃される
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]エイリアン・アジェンダVとは:シオニストがエイリアンとロシアンルーレットを行っている

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の内容に関して言うと、多くの誤解と混乱があるとは言え、シオニストのアジェンダ(行動計画)の内容としては、大筋でこの通りであると思います。
 また彼らに指示を与え支配して来たのが、悪魔とその一味であるということもその通りです。ただしその悪魔ですが、彼らの大部分は各国の宗教で崇められている神々であったり、神智学で言うところの覚者たちです。またその一味というのは、彼らの直接の弟子たちの一団である「光の銀河連邦」と「銀河連邦」の者たちです。
「光の銀河連邦」の方はアシュター、サナンダ、大天使ミカエルなどの名前で情報が送られて来ます。「銀河連邦」の方はマシュー君、モンターギュ・キーン、セント・ジャーメインなどの名前で情報が送られて来ます。どちらも闇の組織でこの記事にあるアジェンダを実現するために働いて来たわけです。これらの連中は現在すべて滅ぼされており、すでにこうした組織は存在していません。
 これとは別に、本物の神々の組織とその実行部隊である(真の)「銀河連邦」があります。これらの正確な情報を伝えているのは、今のところシャンティ・フーラの時事ブログおよびブログ以外にはありません。
 この真の「銀河連邦」に属しているのが、サルーサです。膨大なチャネリング情報の中で、本物は本当にわずかなのです。波動を見分けることが出来る人なら、すぐにわかることなのですが、ほとんどの人はチャネリング情報だというだけで、すべてのものが神の側から来ると思い込んでいるようです。
 最後に一言付け加えておくと、こうしたほとんどが魔の一団から送られてくる情報の中で、ベンジャミン・クレーム氏の伝える情報だけが異質なものとなっています。彼の情報は「光の銀河連邦」と「銀河連邦」の上位組織である「聖白色同胞団(スピリチュアル・ハイアラーキー)」の情報なのです。その意味で極めて重要なものです。すなわち魔から直接届けられた情報だという事です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エイリアン・アジェンダVとは。。。シオニストがエイリアンとロシアンルーレットを行っている
転載元より抜粋)
http://www.veteranstoday.com/2014/07/19/alien-agenda-v-world-zionists-play-russian-roulette-with-alien-ets/
(概要)
7月19日付け:Alien Agenda V: World Zionists Play Russian Roulette With Alien ETs
by プレストン・ジェームズ(宇宙戦争を熟知する退役軍人及び元諜報部員)


Georgia_Guidestones-e1289416857266

ジョージア・ガイドストーンに書かれたエイリアン・アジェンダ


(非常に長い記事ですので、重要な点のみお伝えさせて頂きます。)

これらの情報は内部告発者の証言を基にしています。

・世界を支配しているエリート層は主要メディアや教育システムを配下に置くことで、一般の人々に真実を知られないようにしている。

・エリート層と連絡を取り合い、最後通告を発したのはドラコニアン(=ドラコ)である。

ドラコは、ロンドンの金融街の世界シオニスト機構によって代表され、彼らと共同作業をしている。ドラコの実行部隊はイスラエルのリーダーらであり、アメリカの支配者層の大物たち(=ネオコン、PNACers、AIPAC、B’nai B’rith、アメリカのイスラエル系一世であり二重国籍を持つ者、そしてロンドン金融街の世界シオニスト機構の民間金融機関への資金源となっているFRBの関係者)である。

DRACO-Guarding-the-City-of-London2

(ロンドン金融街の世界シオニスト機構を守っているドラコ像)



・世界シオニスト機構はロンドン金融街の銀行家達で構成されている。彼らには2組の実戦部隊がある。1つは、ブッシュのカバラ犯罪一家(BCC或いは第4国家)とイスラエルから追放された国際シオニスト犯罪シンジケート(IZCS)である。これらの実践部隊(BCCとIZCS)は、第二次世界大戦後に、ロンドン金融街の世界シオニスト機構のトップから、以下の命令が下された。
つまり。。。偽旗戦争を起こし、世界人類を大量に殺害し、世界経済を完全支配する独占企業を創設し、負債に基づいた詐欺金融システムを築き、貨幣供給を操作し、悪質な高利貸しを使って借金奴隷を創り出し、違法な武器や麻薬を大量に密売することで大量虐殺を実行し、世界中をカオス状態にさせることで、世界の国々や資源を乗っ取り世界支配を完了させること。

alien-alpha-draconian32
・世界シオニスト機構の実行部隊は、ドラコ(エイリアン)とロンドン金融街の中央銀行の金融王からパワーを貰っていた。ロンドン金融街はイタリアのバチカンと同様にイギリスの1部ではない。世界で最も厳重に守られた秘密組織である。ロンドン金融街の世界シオニスト機構は、非常に強暴で邪悪なエイリアンのドラゴン、レプティリアン、ヘビ族(3種のエイリアンの総称=ドラコ)が同盟を結び、共同で作業をしている。

・これらのエイリアンは、人間の恐怖心や苦痛を伴う死などのネガティブのエネルギーを吸い取って生きているエネルギーのバンパイア或いは寄生虫である。
・世界シオニスト機構は、ロンドン金融街のロスチャイルドが支配する民間中央銀行の銀行家らで構成されている。彼らは、超自然のオカルトを用いて、非常に巧妙にロンドン金融街を乗っ取った。彼らはルシファーのパワーによって団結しているルシファー崇拝者らである。古代バビロンから続く黒魔術を完全習得しており、各人は異次元のエイリアン(霊的ガイド=悪魔)からパワーを貰っている。シオニスト機構のメンバーの多くが同じ血統を引き継いでいる。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]世界銀行のインサイダー、カレン・ヒューダスさんからの緊急報告!

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事で、フルフォード氏が批判した情報だと思います。しかしここで語られている内容が間違えているようには思えません。彼女の経歴にしても、任務にしても、もしもデマであれば彼女は信頼を完全に失い、今後誰も彼女のことを信用しなくなります。それほど重要な情報を提供しているので、情報の真偽に関しては、今しばらく様子を見た方が賢明です。
 ただここで語られている内容は、私がこれまでずっとコメントして来た内容に合致しており、将来的にこうなるだろうと言っていた“まさにそれ”なのです。
 こうしたまともな経済システムが構築されれば、いずれ金を裏付けにするのではなく、各国のGDPの加重平均を取ったものが貿易の共通通貨として使えるだろうと言っているわけです。さらに人々の意識が進化して、一攫千金で左うちわで暮らすことや、ナマポ(生活保護)で勝ち組、働いたら負けという邪悪な考え方をする人間が地球上から居なくなれば、通貨は存在しなくなるでしょう。残念ながら、人類の意識はまだそこまでは行っていないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
世界銀行のインサイダー、カレン・ヒューダスさんからの緊急報告!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2014/07/karen-hudes-latest-released-today-offer-to-the-people-of-planet-earth-as-cabal-is-dissolved-2467022.html
(概要)
7月8日付け:



<以下のビデオから>
こんにちは、カレン・ヒューダス(私:初めて本人からファミリー・ネームの発音を聴きました。)です。
今日は7月8日です。東京のホテルからこのビデオを流しています。私は約6週間前から東京に滞在していますが、その目的は、世界銀行とIMFの総会で何が決定したかを日本を含め世界中の国々に伝えるためです。

世界銀行とIMFが決定したことは:
Global Debt Facility(世界債務機関?)と呼ばれる機関が保有している金(ゴールド)を使って世界中の紙幣を金に裏付けられた貨幣に戻すことが決定されました。中央銀行が印刷してきた世界の紙幣には金利がついています。これは悪徳商法なのです。この件に関して詳しく皆さんにご説明したいと思います。

私はこの手紙を世界銀行と188ヶ国(世界銀行の加盟国)だけでなく、小さな島国や台湾、北朝鮮にも送りました。
今回の決定事項は世界銀行の加盟国だけでなく、世界金融カルテルの詐欺の被害に遭い混乱してしまった世界中の国々、人々に適用されます。実は、世界金融カルテルは破たんしました。そしてもうじき、世界中の国々が、世界金融カルテルが破たんしたと発表するでしょう。

今後、世界金融カルテルの力が徐々に弱まっていくのは確かです。これは専門家の分析でも明らかになっていますが、現在、権力の移行が起きており、世界金融カルテルによる支配体制から脱却したいBRICSを含む133ヶ国が加盟する新たな連合が形成されています。1944年にIMFが創設された理由は。。。バチカンで長い間、従事していた預言者のホゼ・リザルがバチカンの腐敗や汚職から関係を絶ちたいと、母国フィリピンに帰国しました。彼の父親は、ビクトリア英王女の双子の兄(弟)のトマノ王子でした。

彼はフィリピンで、非常に優秀な弁護士を使って基金を創設しました。彼は、世界中の人々のために、世界中の財産を基金に投入しました。その後、50年間、この基金が誰にも使われずに保管されてきました。そのため、誰も、基金に投入された財産は自分のものだと主張することができなくなりました。

2005年に50年が過ぎました。しかし金融カルテルは、この基金に対する署名権限のある人物(ストラット氏?)の忠告を無視しました。

ストラット氏は、私が国際金融システムにおける腐敗と汚職を終わらせようとして活動いるときに、私に諮問委員会に加わってもらいたいと要請しました。以降、私はストラット氏の諮問委員会の一員としても活動してきました。

そこで分かったことは。。。ここ基金には世界中の人々に役立たせるために世界中の金が保管されていたということです。

この基金に保管されている金は世界中の国々が利用できるようになっています。私はそれを実行に移す権限を世界銀行から与えられました。

なぜ私がそのようなことができるかというと。。。私は、世界銀行の理事会のメンバー(財務開発省のトップ)として債券保有者の訴訟事件を担当していましたが、2012年12月に再び世界銀行の職に復帰したからです。

私が世界銀行で再度活動していることを明かすことはできませんでした。なぜなら、私は金融カルテルの腐敗や汚職を一掃する任務を与えられていたからです。世界銀行内部には金融カルテルの一員もいますから。

この基金に保管された金は元々は日本にあったものだと言っている人もいますがそれは違います。基金に保管されている金は初めから基金(=世界債務機関)に集められたものです。詳しくは私のウェブサイトをご覧ください。

今後、この基金に保管された金を世界中の人々のために使います。これまでの中央銀行の紙幣から、金に裏付けられる通貨へと切り替えます。中略

ただ、私たちは、世界中の人々が懸念している、NWOの世界統一通貨を造ろうとしているのではありません。世界各国が自国の紙幣を金に裏付けられる自国通貨に変えるということです。しかも新しい通貨が支配構造の一部として使われることはありません。今後は、地域社会が独自の通貨を発行することができるようになります。金貨も鋳造されます。

さらに、金の鋳造技術を開発し世界中の通貨に少量の金が使われることになります。これが、世界銀行やIMFの総会で決められたことです。このことについてご質問がある方はいつでもご連絡ください。

[竹下雅敏氏]「銀河連邦」の51名の評議会委員の惑星リスト

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日、「銀河連邦」の議長ウツクシキサクラサクヒメミコ様への質問と回答を紹介しました。その中で「銀河連邦」の51名の委員からなる評議会の存在とその各システムにおける構成人数を示しました。
今日は、その委員の宇宙人が住む惑星の所属する恒星のリストを公開したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――


 図の網で示した枠の部分が、「銀河連邦」の所属する星々の次元となります。ここには神も人も住んでいますが、「銀河連邦」は宇宙人の連邦となります。
“続きはこちらから”以降で「銀河連邦」の委員51名で構成される評議会の委員の所属する恒星のリストを示します。ですが、地球に来ている宇宙船はこのリスト以外の様々な惑星からやって来ています。例えばサルーサはシリウス星系のエンメ・ヤ(シリウスC)の惑星ニャン・トロからやって来ている宇宙人ですが、エンメ・ヤ(シリウスC)はこのリストの中に入っていません。あくまでもこの表は、評議会の委員が所属している恒星のリストだからです。基本的に天津神は恒星に住みますが、国津神は惑星に住みますので、「銀河連邦」の宇宙人はこの表の恒星に住んでいるわけではありません。全ての委員はこの表の恒星の第5惑星に住んでいます。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]銀河連邦の議長が乗船している宇宙船の動画!

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは、銀河連邦の議長が乗船している宇宙船の母船だと思います。おそらく、かに座DX星の第5惑星からやって来た宇宙船だと思います。現在中西征子さんにお願いして、確認を取っているところです。明日、内容を紹介出来ると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Huge Mystery Object Caught Next To Jupiter 2014 HD Available
転載元)