アーカイブ: *事件

ゼレンコ博士「ワクチン接種は急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼす」「クラウス・シュワブ氏2016年の予言で10年以内、つまり2026年まで、崩壊の直前に70億人がデジタル追跡装置でタグ付けされる」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ゼレンコ博士は、“ワクチン接種は急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼす”と言っています。
 急性副反応はワクチン接種後3カ月以内に発生するもので、血栓症はその代表です。中長期的なワクチンの副反応として、ゼレンコ博士は、“自己免疫疾患の発生率が上がり、癌の発症リスクが高まる“と言っていますが、2021年12月13日の記事では、「スパイクタンパク質は、ウイルスからであれ、ワクチンからであれ、エイズを引き起こす…後天性免疫不全の原因となります」と言っていました。
 加えて、ワクチンがクロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病)を引き起こす可能性を見ておかねばなりません。また、“女性には卵巣機能不全や妊娠機能障害が生じ、男性には精子数の減少が起こる可能性がある”わけで、これをワクチンと呼ぶ方が、どうかしていることが分かります。
 しかも、最大のリスクは抗体依存性感染増強(ADE)であり、風邪やインフルエンザなどで死んでしまうことになりかねません。これほど危険なものをワクチンと称して、国民に強制しようとしている事実は「陰謀」としか言えないものです。
 “続きはこちらから”の動画でゼレンコ博士は、“今回のケースでは、経済的な大崩壊になるのは誰の目にも明らかであった。そして、その連中は怯えている。その連中は何をしたのか。この30年間、奴等はシステムが崩壊する時に、ある計画を開始した。…クラウス・シュワブ氏2016年の予言で10年以内、つまり2026年まで、崩壊の直前に70億人がデジタル追跡装置でタグ付けされる。…1つは、現在のワクチンにはナノテクノロジーが使われていて…集中型ネットワークやグリッドマトリックスへの接続を実現する。これに関連する2つ目の特許がマイクロソフトの2020年の特許:WO2020060606だ。そしてその特許には、生体データ送信と暗号通貨との連携が記載されている。…言い換えれば、ある技術を注射されたのだ。(その技術は)あなたの身体や位置のデータを第三者に送信することができる。たとえば、スキャナーに手を置くだけで、会計できるのだ。…しかし、問題は、もし私がマトリックスの一部になりたくなければどうするか。…その場合、私は金融のシステムから排除されることになる。…家族のためにパンを買えなくなる。これは支配の制御機構であり、獣の印だ。…だから、私を銃殺する必要はない。家族のために食べ物を買えないようにすればいいのだ。”と言っています。
 こうした事柄は、これまで時事ブログでお伝えして来た内容と完全に一致しています。今起きていることを客観的に見れば、このような結論にならざるを得ないのです。
 それともう一つ、敗北するのは彼らで、勝利するのは我々だということです。これはすでに確定したことで変更の余地はありません。ただ、人々の気づきが早ければ早いほど、犠牲者を少なく出来るということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ゼレンコ博士、中共ワクチン接種は死に至る
引用元)
1月18日、ゲッター(GETTR)投稿によると、ゼレンコ(Vladimir Zelenko)博士は最近、メディアのインタビューで、中共ワクチン(新型コロナワクチン)の接種は、急性、亜急性、長期の3段階で国民に深刻な悪影響を及ぼすことになると指摘した。
(中略)
ゼレンコ博士は、急性副反応はワクチン接種後3カ月以内に発生すると説明した。中共ワクチンを接種すると、体内で数兆個のスパイクタンパク質が生成され、接種者の血管の内壁に付着した大量スパイクタンパク質が血栓症のような致命的な病気の引き金になるという研究結果が出ている。アメリカCDCのスタッフによると、2021年12月末までに4万5千人以上のアメリカ人がこのような急性副反応によって死亡している。実際の死亡者数はもっと多いようだ。
 
さらにゼレンコ博士は、若者が中共ワクチン接種後、短期間で心筋炎を発症し、入院する場合があり、その中、妊娠初期の女性では流産の危険性が極めて高いと言及した。
 
中長期的なワクチンの副反応として、ゼレンコ博士は、中共ワクチンによって接種者の自己免疫疾患の発生率が上がり、癌の発症リスクが高まると主張し、一方、女性には卵巣機能不全や妊娠機能障害が生じ、同時に男性には精子数の減少が起こる可能性があると付け加えた。
 
ゼレンコ博士は最後に、中共ワクチンがもたらした最大のリスクは、ワクチン接種後3カ月から3年の間に起こる亜急性抗体依存性感染増強(ADE)であると言及した。個体が同じような抗体を持つウイルスに攻撃されると、ワクチン接種者は急速に死に至る可能性があると述べた。

» 続きはこちらから

英国の葬儀屋ジョン・オルーニー氏「私たちは大きな目覚めを目の当たりにしています。…彼らはこの嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなる。…私はむしろ、立ち上がって、『これは間違っている』と言った一人の男として名を残したい」

竹下雅敏氏からの情報です。
 英国の葬儀屋ジョン・オルーニー氏のインタビュー動画です。ジョン・オルーニー氏は、“特に血栓症による死亡者数が増加の一途を辿っていることが注目される。心臓発作、動脈瘤、脳卒中などだが、その件数は前代未聞だ。これほど多くの死は見たことがない。”と言っています。
 27分30秒以降で、“私たちは大きな目覚めを目の当たりにしています。…彼らはこの嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなる。…もし隣家の人が強制収容所に連れて行かれるのを見たら、皆どうするだろうか?…イギリスには6つの超巨大刑務所が建設された。6つもだよ。経済が落ち込んでいるときにね。…もし不幸にも文字通り人々が無理やり家から引き離されれば、その恐怖と戦慄が人々の目を覚まさせる唯一の方法となるかもしれない。…私は声を上げると決めるまで、長い間熟考した。おそらく2、3ヶ月はね。…そして私には前方に明確な選択肢があることが分かった。まだ自由があるうちに今すぐ発言するか、それとも来年の今頃、刑務所の格子窓から叫ぶかだ。…この非常に危険なワクチンを打たれ、病気になって死ぬ可能性も高い。…いずれにせよ、私たちは皆、いつかは死ぬ。あなたも私も皆行く末は同じです。私はむしろ、立ち上がって、「これは間違っている」と言った一人の男として名を残したい”と言っています。
 2021年11月22日の記事でジョン・オルーニー氏は、“世界各地に大規模な新しい収容所が建設されている。ワクチンを打たない人のためだよ! 彼らはそれを検疫収容施設、緊急事態対策収容施設と呼ぶだろう。彼らはこれらの収容所に君たちを入れるだろう。そこへ連行し、コロナ死者と名付けるだろう。これが実に巨大で、3万人も収容できる施設だ。行動を起こすなら今しかない。1年後に刑務所の中で、「あの時何かしておけばよかった」と後悔してももう遅い。今こそ、行動を起こし、声を上げる時だ。”と言っていました。
 Youさんのツイートを見れば、本当に巨大な強制収容所が出来ているのが分かるでしょう。これらの隔離部屋が新型コロナウイルス感染症の患者のために用意されたと考えるよりも、“この嘘が通用する時間はそう長くないと感じて、ゲームをアップグレードしなければならなくなり”、致死率の高い病原体をばら撒いて、「別のウイルス株を使ったプランデミックを再開」した時のためのものだと考えた方が、辻褄が合うのではないでしょうか。
 人々の目覚めが早ければ、犠牲者を減らすことができるのです。そのためには、“立ち上がって、「これは間違っている」”という必要があるのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
イギリスの葬儀社内部告発 ジョン・オルーニー氏へのインタビュー
配信元)
————————————————————————
配信元)
 

ビル・ゲイツ「コロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し…これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられない」 ~病原体はエボラとマールブルグのキメラか

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、中国・陝西省(せんせいしょう)の西安市では、“命にかかわる感染症である出血熱の発生が報告されている”と言うことでした。
 スプートニクによるとビル・ゲイツは、“コロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し…これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられないと指摘した”とのことです。
 2021年11月20日の記事で紹介したキーラン・モリスィーさんは、“ビル・ゲイツは…マールブルグ病が次のパンデミックになるだろうと明言…マールブルグ・ウイルスの感染の有無を判定するためのPCR検査が開発された”と言っており、「マールブルグ・パンデミック計画を突き止めた」ことでテロ攻撃の被害に遭っていました。
 “続きはこちらから”の記事によれば、「中国共産党が天然痘やエボラ出血熱などの兵器化計画に中国軍と連携して取り組んでいる」と書かれていることから、“致死率の高い、または重症化しやすい病原体”は既につくられていると見て良いでしょう。
 「Covidワクチンに関する新たな発見」の記事には、“米国の特許(20140017278)のアデノウイルス・セロタイプ26と35 Filoウイルスのワクチンは、エボラとマールブルグのスパイクたんぱく質を体内でコードします。これがJ&Jの Covidワクチンです。”と書かれていることを考慮すると、ビル・ゲイツが警告した病原体は、エボラとマールブルグのキメラかも知れません。
 1月20日の記事でイギリスのジョンソン首相が、“マスクの着用を義務付けることはない。コロナパスポートの提示もステイホームも不要”と言っていることをお伝えしました。“次の計画に移行するためにコロナパンデミックを店仕舞いにする準備を始めた”とも思えるのですが、冒頭の記事によれば、“彼等は、近い将来、別のウイルス株を使ったプランデミックを再開する可能性があります”と書かれています。
 「別のウイルス株を使ったプランデミックを再開」する前に、“全ての人々(特に接種者)を5Gの放射線にさらしたい”、これが世界中で Covid の制限が撤廃されようとしている理由だと言っています。
 昨日の2本目の記事の「ルビー博士とホウツェ医師からの重要情報」では、“ワクチンに含まれる酸化グラフェンが体内に入ると全身、特に脳がネットワーク化します。…遠隔操作で体内にできたグラフェンのバブルを破裂させることができる。…グラフェンのバブルが体内で爆発することで出血熱が生じますがそれをマールブルグ・ウイルスのせいにしようとしている”とのことでした。
 ビル・ゲイツが警告した「生物兵器」をばら撒いたとしても、“致死率の高い病原体”ではパンデミックになりにくい。しかし、5Gの放射線にさらしたワクチン接種者の症状は出血熱とよく似ている。“このような症状が出た患者らはPCR検査を受けさせられ…(偽)陽性と判定され、マールブルグ・ウイルスに感染したことにされてしまいます”とキーラン・モリスィーさんは警告していました。
 ワクチン接種と5G、そして生物兵器の合わせ技で、新たな出血熱のパンデミックを偽装することができます。こうした予想が、杞憂に終われば良いのですが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
1/21-その1 世界中で制限を撤廃している主な理由とは・・・
引用元)
(前略)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)

(ビデオ概要)
ボリス・ジョンソン首相はこれまでの厳しい制限を撤廃すると発表し降参を宣言しました。(中略)… 彼等は人々が9・11やイラクの大量破壊兵器の嘘を忘れたように今回のプランデミックもなかったかのように忘れてほしいのです。
(中略)
彼等は人々にマスクの着用を要請しなくなります。そうすると人々は解放されたことを喜び政府に感謝するようになります。これこそがストックホルム症候群(誘拐や監禁などにより拘束下にある被害者が、加害者と時間や場所を共有することによって、加害者に好意や共感、さらには信頼や結束の感情まで抱くようになる現象。)です。
(中略)
彼等は人々が激しい反乱を起こすのを阻止しようとしています。彼等は情報戦に敗北したことを知っています。検閲がうまく行きませんでした。だからと言って彼等が人々の検閲・監視を止めたり殺人を止めるわけではありません。彼等は、近い将来、別のウイルス株を使ったプランデミックを再開する可能があります。
(中略)
今回の制限撤廃は人々の目を彼等の戦争犯罪から逸らすための策略です。(中略)… ですから人々は再び眠りについてはならないのです。各国の人々は断固たる態度でニュルンベルグ裁判を求めます。
(中略)
なぜ世界中でCovidの制限が撤廃されようとしているのでしょうか。それは5Gが稼働したためです。全ての人々(特に接種者)を5Gの放射線にさらしたいのです。
(以下略)
————————————————————————
ビル・ゲイツ氏が警告 コロナより怖いウイルスが拡大する
転載元)
マイクロソフトを創始したビル・ゲイツ氏はコロナウイルスよりも格段にたちの悪いウイルスのパンデミック到来を警告し、各国政府に次なる世界規模の感染拡大に備えるため、数十億ドルを拠出するよう呼びかけている。フィナンシャルタイムズが報じた。

ゲイツ氏はオミクロン株とデルタ株はたしかに地球上で感染が拡大したウイルスの中でも最も感染性の高い部類に入るが、これよりもはるかに致死率の高い、または重症化しやすい病原体との遭遇は避けられないと指摘した。
 
英国の医学研究支援等を目的とする公益信託団「ウエルカム・トラスト」と共同でゲイツ氏は世界連携でワクチン開発を促進する「感染症流行対策イノベーション連合」(CEPI)に3億ドルを投じている。CERIは貧困国のコロナウイルス治療薬、ワクチンのアクセスを目的としたCOVAX(コバックス)プログラムを策定し、現在、新たなワクチンの開発に必要な日数を100日にまで縮小可能なプロジェクトに35億ドルを集めている。
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

警告されていた出血熱が中国の西安市で流行し、現在封鎖中! ~中国が食糧不足になることを知っていた中国共産党

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日の編集長の記事で、突然、自宅マンションが封鎖管理されてしまった中国広東省の大学教授のツイートが紹介されていました。こちらの動画によると、「冬季五輪の開幕を来月4日に控えた北京で、新型コロナウイルスの感染例が相次いでいる。北京市は18日、新たに計3人の感染者を確認したと発表した。」とのことです。たった3人の感染者で、“北京市海淀区と朝陽区は既に封鎖された”ということです。
 実は、中国・陝西省(せんせいしょう)の西安市では別のウイルスが流行しているのです。“命にかかわる感染症である出血熱の発生が報告されている”というのです。「中共の疾病予防管理センター(CDC)は、出血熱はネズミなどが媒介するハンタウイルスが原因」だと言っていますが、これは嘘でしょう。
 というのも、2021年11月20日の記事で「キーラン・モリスィーさんからの緊急メッセージ」を紹介しました。キーラン・モリスィーさんは、“ビル・ゲイツは…マールブルグ病が次のパンデミックになるだろうと明言…COVIDワクチンを接種した人々の副反応である出血や血栓は出血熱とよく似ています。…COVIDワクチン(+ブースターショット)が原因で死亡した犠牲者はみなマールブルグ病に感染して死亡したことにされてしまいます。そうすることでCOVIDワクチンの大量死を隠蔽することができます”と言っていました。
 警告されていた出血熱が中国の西安市で流行しているのです。西安市は1300万人の都市だということですが、現在、封鎖されているようです。“餓死寸前の人々が「ジャガイモ経済」と呼ばれるものを生み出しているとのことです。基本的に人々はジャガイモを通貨として使用しており、ラーメン数パックとジャガイモ数個でiPadなどを交換している”とあります。
 “続きはこちらから”の記事で、「中国共産党は、食糧不足になることを示唆する内部文書がリークされたことを公表しました。」と書かれているように、中国共産党は中国が食糧不足になることを知っていました。時事ブログでは2020年6月16日の記事で、大紀元の「中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ」を紹介しています。
 こうした事態になると、“中国共産党は…食料が足りないなら、国の一部を飢えさせたほうがいい…残りの半分の国が生きられるように、半分の国が飢えるようにする…中国共産党はパンデミックの名の下に人々を殺している”と言うのです。
 おそらく、西安はワクチンが原因で死亡した犠牲者をマールブルグ病に感染して死亡したことにする偽装工作がうまくいくかどうかを調べる実験都市に選ばれたのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「ネズミが異常に多い」出血熱ですでに複数死亡
引用元)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
 
中共ウイルス感染拡大防止のために、厳しい締め付けが続く中、中国の西安市では別のウイルスが流行しています。関係者によると、実際の患者数は当局の発表よりもっと多い可能性があるといいます。
 
中国北西部の西安市では、中共ウイルスのほかにも、命にかかわる感染症である出血熱の発生が報告されています。
 
中共の官製メディアは、複数の感染者が出たとしか報じていません。しかし、地元住民によると、すでに複数の死者が出ており、出血熱を治療するために指定された病院も、すべて患者でいっぱいだといいます。
 
中共の疾病予防管理センター(CDC)は、出血熱はネズミなどが媒介するハンタウイルスが原因で、症状には、高熱、咳、息切れ、腹痛や背中の痛みなどあるとしています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

   動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
  
————————————————————————
配信元)

 動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

カナダのロマーナ女王が挙げる、国際裁判所の評決と、人道に対する罪で有罪判決を受けた75人のリスト ~ハマースミス警察、メトロポリタン警察、国際刑事裁判所を巻き込んだ世界最大規模の国際犯罪捜査が進行中

竹下雅敏氏からの情報です。
 カナダのロマーナ女王が、「2013年にローマ法王ベネディクトを退任に追い込んだ裁判所」の令状を添付し、“国際裁判所の評決と、人道に対する罪で有罪判決を受けた75人のリスト”を挙げています。
 「ロマーナ女王からのメッセージ1/17」を参照してください。この記事を見ると、「令状」の詳しい内容が分かります。
 国際裁判所の評決には、「以下の人々は、裁判所によって正当に裁判にかけられ、有罪判決を受け、刑を宣告されました。」とありエリザベス女王を筆頭に多くの個人や企業の名が記されています。こうした個人および企業の資産は、即時の差し押さえおよび収用の対象となるとのこと。「裁判所は、保安官とその任命された代理人が、この令状で指名された人物を直ちに拘留し、判決の執行のために引き渡すことを許可します。」とあります。
 “続きはこちらから”の記事では、「ハマースミス警察、メトロポリタン警察、国際刑事裁判所を巻き込んだ世界最大規模の国際犯罪捜査が進行中」であり、 “訴状では、公職における失策や不正行為、重過失致死、企業内過失致死、殺人、殺人謀議、大量虐殺、人道に対する罪など、数々の重大な犯罪が訴えられている”とのことです。
 先の記事でイギリスのジョンソン首相が、“マスクの着用を義務付けることはない。コロナパスポートの提示もステイホームも不要”と発言し、民主的なアプローチに転換した背景には、こうした動きがあるかも知れません。
 二つのタイムラインが並行して走っている感覚があります。ウイルスよりも「気候変動危機」からの経済崩壊、食糧危機の方が、遥かに死者は多くなります。こうした「計画」を実行に移す連中と、彼らを逮捕しようとする人々の戦いは、しばらくの間続くでしょう。食糧の備蓄は怠らないようにしましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 663