アーカイブ: *宇宙・UFO

[Twitter]人生をビンに例えると…

読者の方からの情報です。
「人生をビンに例えると…」

学生たちの表情も変わっていきます。
(ほおほおどり)
————————————————————————
配信元)

夜明けを迎えるために

明けましておめでとうございます。🎍
12月22日の冬至を経過して迎えた人類の覚醒の年とされる本年が、私達一人ひとりにとって輝かしい年になっていきますように。🌇


 今回は私が寺の門徒さん向けに年5回出している寺報、その年末版からの切り取りの転載を記事とさせていただいています。切り取りといっても「夜明けを迎えるために」と題した下の文章は寺報の約65%程度の分量で、内容としては古くからの時事ブログの読者さんであれば常識程度のものです。ただし今後に向けて、これまでの世界が、嘘と隠蔽による騙し取りにまみれていた世界であったことを多くの方が気づいていく必要があるでしょうし、ご家族や友人など身近な方との現状認識共有の一助にでもなれば、との思いもあって、転載せていただいた次第です。
(seiryuu)
————————————————————————
夜明けを迎えるために


💡 無法者たちに支配されてきた日本


私達も否が応でも生活環境に準じざるを得ず、本当にため息が出てしまうことの連続です。食料品、石油、ガスを始めとする生活必需品の高騰と公的負担金の一方的な増額、最近ではとうとう政府は、閣議決定のみで防衛費の名の軍事費を莫大に増額し、それを税金負担で賄う決定を行っています。

そして、これを既成事実のように無批判に広報するのが、NHKを始めとするメディアです。NHKなどとっくの昔に公共放送など看板だけで、実際は政府広報となっています。NHKは国会中継さえもやめてしまい、政府に都合のいい部分だけ切り取って広報し、それを公正な報道だとうそぶいているのですから呆れ返ります。

無論、敵基地攻撃能力など防衛費増大の中身は、政府の完全な憲法違反でもあります。日本においては憲法は全ての法規、たとえば刑法などの全ての法律の上位にあります。その憲法を公務員があからさまに無視し違反する。これは犯罪行為です。当たり前です。刑法に違反すれば犯罪者の無法者です。それより上位の法破りを当然のように行っているのです。権力者である自分たちは憲法の上の存在であるかのごとくに。

参考:「ゆりかりん」さん

#岸田に殺される」というワードがトレンド入りしていますが、当然でしょう。ただし、その政府も誰かの命令通りに日本人を苦しめぬく政策を行っている、と見受けられます。



» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさん「今年の冬至はこれまでとはかなり異なります」「人類は数千年ぶりに創造主とつながり本格的にパワーを得ることができるでしょう。これは人類にとってすごいことです」

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日は冬至です。キンバリー・ゴーグエンさんは、「今年の冬至はこれまでとはかなり異なります」と言っています。記事をご覧になると、これまで冬至の日に全生命に与えられるはずであったソース(創造主)のエネルギーを、闇の者たちが妨害していたということです。キンバリーさんのチームの尽力によって妨害が排除されれば、「人類は数千年ぶりに創造主とつながり本格的にパワーを得ることができるでしょう。これは人類にとってすごいことです」と言っています。
 シャンティ・フーラのブログで、「明日12月22日(冬至)正午の変化について」という緊急連絡を入れました。シャンティ・フーラにメールアドレスをご登録いただいた方は「緊急連絡」のメール配信が入ったと思いますが、見逃された方も多かったのではないでしょうか。
 「緊急連絡」でお伝えしたのは、今日の正午(日本時間)に、サハスラーラ・チャクラが開くということでした。これは地球レベルの覚醒の始まりを告げるものです。
 私の妻は、「ここ数日、頭の調子がおかしく、頭の上にお椀が載っているような圧迫感がある。目の前にフィルターがかかっているような気がする」と言うので、「人類のクンダリニーがサハスラーラ・チャクラまで来ているからね」と言っていたのですが、今日の正午からサハスラーラ・チャクラは開き始め、2023年1月15日に完全開化します。
 予想通り、ピッタリ12時にサハスラーラ・チャクラが開通しました。妻はその瞬間に、“頭がスース―するというより、全身の皮膚細胞がチリチリしたような気がした”と言っています。ブログのコメント欄を見ると、変化に気づいた人もいるようです。
 今日の正午を待ち構えていたのに、変化が分からなかった人もいるでしょうが、気にしなくていいです。シャンティ・フーラのスタッフから「わかりました!」という声は、今のところない(笑)です。
 さて、具体的にどういうことが起きているのかを説明すると、今日の正午(日本時間)から、宇宙のセントラルサン(ソース)の光が降り注がれているのです。これは24時(23日午前0時)まで続きます。宇宙のセントラルサンからの光は、体表のチャクラのルートに沿って流れ込んでいます。
 既にお伝えしましたが、タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様、ミサキタカクノボルヒメミコ様の二柱の魂(ジーヴァ)は、2021年5月22日午前0時に消滅したため、現在は後任の「神」が選ばれているはずです。宇宙のセントラルサンは女神で、天の川銀河のセントラルサンは男神のようですが、お名前は存じません。
 キンバリーさんは「ソースの光の爆発によりさらに多くの人々を覚醒させることになります」と言っていますが、これは2023年1月15日の正午から、天の川銀河のセントラルサン(ソース)の光が降り注がれるようになるのです。この光は永続的なものです。
 闇の者たちは、こうした高次元の光には耐えられないのです。彼らが生き残りたいのなら、教育プログラムを熱心にやるしかないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バチカン、米国財務省が政府に資金提供する準備が整ったとの噂を流す|750年の教皇在位協定が即日失効、バチカンはすべての信用を失う! | ティア1銀行がKIMSグローバル・リポジトリーと直接取引し、FRBをバイパスすることを希望しているとされる| 来るべき冬至は人類にとって何を意味するのか?何か偉大なことを示唆している | 「生命の木」を構成する2本の柱の本当の意味とは? 
引用元)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年12月14日にUNNの購読者向けにユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたものです。
(中略)
 
https://www.unitednetwork.tv/videos/14-dec-22-news
 
2022年の冬至は重大な意味を持つ!

歴史的に見ると、冬至は、私たちを含む地球上のすべての生命に、源のエネルギーの大きな爆発または大きな波動がやってくる日でした。私たちは基本的に、創造主から次の年の情報と指示を受け取ることになります。何十万年もの間、常にそのような状態でした。
(中略)
私たちがこのエネルギーにアクセスできないようにするために、闇の者たちはダークAI/オメガシステムとその弟分であるクロノス、ドミニオン、アーコンに呪いとスペルと追加事項をすべて取り付けました。それぞれは特定の目的を持っており、元のメインシステムが取り除かれた後も、いくつかの補助的なパーツがあり、エーテル状の寄生虫を含め、プログラムされたことを独自に実行し続けていた。
 
これらは、冬至の瞬間に準備が整うように設計されていた。彼らはすぐに、地球、金、人間のエネルギーを吸い取り始めるので、私たちは何も得られません。
(中略)
今後7日間で浄化が完了した後、私たちは何千年ぶりかにその接続の全開パワーを受け取ることになりますが、これは人類にとって素晴らしいことなのです!
(中略)
ですから、準備をしてください。これはとても変わった冬至になり、私たちはこの贈り物に対してソースに感謝することができます。黒魔術とダークエッセンスは消え去り、2023年は私たちにとって素晴らしいものになることを願っています。
(以下略)

» 続きはこちらから

ロシア人100人に聞きました「アメリカ嫌い?」 〜 驚きの回答から見えた善良な魂「政治と人間は分けて考えなければいけないよ」

 とてもユニークなツイート動画がありました。ロシア人100人に「アメリカ嫌い?」と質問しています。アメリカ、EUがロシアに経済制裁を仕掛けていることを念頭にした問いだと思われました。しかしその答えは、予想をはるかに越えていて「驚き」でした。
 様々な年代の、様々なキャラクターの人々がほぼ一様に、アメリカ人のことを「嫌いではない」と即答しています。「よく知りもしない人のことをどうして嫌いになれるんだい?」「政府は好きではない。でも人じゃない。」「人間は一緒さ。」「嫌いな理由がない。」「弁証法の質問だな。」「神は全てを愛する。だから私たちもそれに従う。」「そういう質問は本当に好きじゃない。政治と人間は分けて考えなければいけないよ。(中略)地球に住む全てを尊重するよ。」「アメリカの政策は時としてかなり嫌ですね。国を嫌うことはできないけどな。」「アメリカ人は独特の思考回路に陥ったのよ。独特の情報によってね。でも彼らを責められないわ。」「政府に対して同じような問題を抱えているのさ。同じ悪い奴が国を支配するのさ。政府の人間は誰かの利害を代表しているんだ。でもな、市民は我々と同じさ。アメリカを憎むかって?それはナンセンスだ。」
 表現はいろいろですが、皆、自分の考えを明確に持って答えておられることが新鮮でした。善良であることと慎重であることが自然に身についた人々でした。そしてそこには、明るく豊かな国への憧れも込められているようでした。唯一はっきりと「嫌いだね」と答えた男性は、アメリカに住んでいたことがあり「大ペテン師の土地さ。アメリカン・ドリームなんてやつはすべて嘘っぱち。」と。
 政治の表舞台で見るロシアとは違う、辛い時代を耐えてきたロシアの人々の素顔を見たようでした。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

コーリー・グッド氏の波動が低下したワケ

竹下雅敏氏からの情報です。
 12月9日の記事で、“コーリー・グッド氏の波動は最悪です。これは彼が意図的に偽情報を出しているからではなく、別の理由によります”とコメントしたのですが、記事の中で引用されている動画(12月15日掲載)を見ると、その事が良く分かると思います。
 1カ月前の11月14日のコーリー・グッド氏の動画と見比べると、氏の波動がさらに低下していることがはっきりとします。
 11月14日の記事で、“コーリー・グッド氏は、クリフ・ハイ氏と争った裁判の宣誓証言の中で、ブルー・エイビアンを含むエイリアンとの体験などについて「これらは想像の産物であり、どれも起こらなかった」と述べた”と言うことでした。
 そして、「私は、コーリー・グッド氏は非常に正直な人なので、本当に噂に近いことを証言したのではないかと思っています。しかしそれは、彼がこれまでに語って来た事柄が嘘であったことを意味しません」とコメントしました。
 今回の記事によれば、コーリー・グッド氏のデポジション(証言録取)映像がリークされ、“確かにコーリーは証言録取において、自身の証言の多くが「創作」だと言っていました”ということです。
 私はこうした事柄に関心がないので、リークされた映像を見ていないのですが、仮に見たとしても、私はコーリー・グッド氏の話が嘘であるとは思えません。なぜなら、彼の波動は物語を話したことで低下したわけではないからです。
 今回の動画の中で、コーリー・グッド氏は「これは私の人生の物語であり、本当に起こったことです」とハッキリと言っており、氏の物語が商標、知的財産として守られるために、「この情報は私の実体験に基づいて創作したものだ」と言う主張をしています。
 著作権の関係で、必要最小限の引用にとどめていますが、引用元で記事をご覧になると、コーリー・グッド氏は「私はこのコミュニティの多くの人、特に有名人たちにはうんざりしています。みんな目を輝かせて彼らを見上げていますが、私自身有名人となって、彼らが仮面を外したときの裏の顔を本当に知ることになりました」と言って、実名を挙げて「愛と光のコミュニティ」の腐敗の具体例を示しています。
 コーリー・グッド氏が、こうした偽善者たちに取り囲まれて攻撃されていれば、波動が落ちるのは当然に思えますが、実はそういうことではないのです。コーリー・グッド氏は、波動をかなり戻していた時期があったのですが、その時の彼なら、偽善者たちの攻撃を容易に跳ね返すことが出来たはずなのです。しかし、現在の氏の波動は、その偽善者たちよりも低いので、攻撃を跳ね返すことが容易ではないのです。
 一刻も早く、氏は波動を引き上げる必要があるのですが、氏がこれまでに身に付けた方法では難しいのではないかと予想します。なぜなら、氏の波動の低下は、氏がコンタクトを取ってきた宇宙人たちの波動の低下とリンクしているからです。私からのアドバイスは、氏は「こうした偽善的な宇宙人から距離を取り、彼らから自立する必要がある」ということです。
 私のコーリー・グッド氏に対する見方は、当初から一貫しています。「氏は誠実な人物であり、嘘をつく人ではない。しかし、氏は光を装う宇宙人に取り込まれ騙されている。その事で、人為的にソーラーフラッシュを引き起こして地球を破壊しようとする邪悪な宇宙人たちによって、悪の片棒を担がされている」というものです。
 氏がこの事に気づかない限り、波動が元の状態に戻ることはないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド2022年12月アップデート
引用元)
(前略)
一気に心も体も悪くなりそうなものを見てしまいました。
 
そうです、リークされたコーリー・グッドのデポジション(証言録取)映像です。あれを見れば誰だってショックを受けるでしょう。前回の記事で触れました事前に出回っていた噂は、一部は事実でした。確かにコーリーは証言録取において、自身の証言の多くが「創作」だと言っていました。ストレスで不快そうに歪んだ顔、震える声、だらしなく緩めたネクタイに左手の変な黒手袋も印象的でした。さらには不貞の事実なんていうおまけつきです。
 
一体何が起きている?コーリーは二重人格だったのか?どういうことなのかきちんと説明してほしい!簡単には納得しないぞ!と私も思いましたし、SBAのグループにもそのような声が多く寄せられていました。
(中略)

コーリー・グッド:さて、今日はおしゃべりをするためにここに来ています。きっと皆さんの多くが、私の抱える訴訟の一つからリークされたデポジション(証言録取)のビデオをご覧になったことでしょう。
(中略)
法廷で相手側の弁護士が私の信用を完全に落とそうと、「身長2mの青いニワトリと話したことがあるか」とか「火星に住んでいたか」とか尋ねてくるだろうということは、私たちは以前から想定していたということです。
(中略)
もし私がこれらのことを(事実だと)主張したら、彼らは私に「妄想癖」というレッテルを貼ることができるだろうということです。そしてもちろん、妄想とか夢とか、そういうものを商標登録するのはとても難しいんです。なぜなら、誰でも同じ夢を見る可能性は否定できないし、誰でも同じ妄想を持つことができるからです。それをどうやって商標登録すればいいのか、どうやって自分の知的財産と呼べばいいのか。
(中略)
確かにそうです。妄想を商標登録するのは難しいでしょう。しかし私は法廷で、「この情報は私の実体験に基づいて創作したものだ」と言うつもりです。そうすることで、私の商標、知的財産として守られるのです。そして私は、私から盗んだ知的財産で利益を得ている人たちを追うことができるようになりますし、そうするつもりです。
(中略)
これは私の人生の物語であり、本当に起こったことです私は何も撤回するつもりはないし、私の情報開示を守っているんです。
(中略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 341