アーカイブ: *宇宙・UFO

里山Ubuntu通信:25日目  Ubuntuでメールを使う(5)〜Thunderbirdの設定:詳細設定

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Ubuntuでメールを使う(5)〜Thunderbirdの設定:詳細設定

前回までのおさらい


Ubuntuの標準的な電子メールアプリケーションであるThunderbirdについて、これまで回を分け、できるだけ詳しく説明してきました。前回の記事まで通してお読みいただいた方は、お使いの電子メールのアカウントを作成することができたと思うのですが、いかがでしょうか?(もし、うまくいっていない方がいらっしゃれば、ご遠慮なくご質問ください)。前回の記事の最後に触れたように、実は前回までで行った設定は、電子メールの設定の基本部分であって、すべてではありません。Thunderbirdの電子メールの設定は、まず「(1)電子メールの送受信に関する基本的(あるいは最低限必要)な内容」を作成します。すると「(2)詳細な設定」が行えるようになる、という二段階の構成となっています。前回の記事は、この(1)に対応するものとなります。今回は(2)の詳細な設定について説明します。

と書くと、「あれで基本的な設定?もううんざり」と思われる方があるかもしれません(お気持ち、お察し致します)。(2)の内容は設定画面の数と項目が多いのですが、特別な使い方をしなければ、Thunderbirdが用意してくれるデフォルトのままで問題ありません。そこで今回は、設定画面の構成の紹介に重きを置き、ポイントとなる部分を選び補足する形でご紹介しようと思います。どうぞお付き合いください。

電子メールアカウントが登録できた状態


前回の記事で説明した設定が完了すると、下図のように「アカウント設定」という画面が表示されます(この画面は、実際に私(penpen)が利用しているso-netのメールアドレスを登録したものです)。


» 続きはこちらから

[第7回] 地球の鼓動・野草便り 今、美味しい春の野草5種(5)


今、美味しい春の野草5種(5)


広島の安佐南(北)区(元、安佐郡)の安佐はもともと麻を栽培していた地域だからついた名前だそうです。戦前までは自由に麻(大麻)が栽培でき、広島県でもたくさんの大麻が生産されていたそうです。(参考情報:ひろしま郷土資料館だより No.91

もう一つ、戦後禁止されたのが、自家製のお酒、濁酒(ドブロク)などです。
濁酒は自家発酵の超健康食品です。
広島に原爆が落とされた時、近くで前の晩から仲間とお酒を飲んで酔いつぶれていた人たちがいたそうです。その人たちは原爆症にならなかったとか! 当時の日本酒にも発酵菌が沢山いたと思います。

それから、聞いた話では、日本中に江戸時代からの榎(エノキ)の巨木があり、戦後GHQの命令でほとんど全部伐らされたということです。なんでも榎は雷が落ちない霊木だとか。江戸時代、帯刀していた武士たちが、雷から避難するために植えられていたのでしょう。

榎の木とジロウ


ちなみに榎の葉は国蝶のオオムラサキの幼虫の食樹です。えのき・・餌の木・・実が鳥の餌になる木です。山寺にかろうじて残された榎の巨木があり、廃寺になっていたその寺に居られる住職から、榎の種から育てた苗を頂いたのが、今年も芽を出しました。まだ実はつきませんが、今年で約10歳、1メートルくらいに育ちました。

大麻や濁酒も戦前までは、普通だったんですよね・・・戦後、大盗賊団!?の収入源として庶民から取り上げられた超健康アイテム。あれば日本人はもっと健康だったのでしょうね。

さて、今回はいつもの山へ行ってきました。お目当はワラビ、ゼンマイです。

yasou
(1)ワラビ


ワラビは必ずあく抜きが必要です。草木灰があれば、ふりかけて上からお湯を注ぎ、全体がつかるようにして3時間以上(1晩くらい)置き、洗って水にさらします(1時間くらい)。
灰がない場合は重曹(1%未満)をお湯に溶かしてかけます。

塩漬けでアクを抜く地方もあるようですが、発ガン性物質などがあるようですので、きちんとあく抜きをします。 昔から食べられてきた栄養価の高い美味しい食材です。

煮物にして柔らかくする場合(味付けは柔らかくなってから)と、酢醤油などに漬けて、歯ごたえを楽しむのもいいです。

  1. あく抜きしたワラビを酢醤油に漬ける。1時間くらい~1週間くらい?で食べます。今回の酢は松葉酢を使いました。

強風で散った八重桜の塩漬けを添えて。

(2)ゼンマイ


(左)女ゼンマイ(←食べるのはこちら) (右)男ゼンマイ


ゼンマイは昔から鉄分が多く貧血に効くといわれています。
ゼンマイには男ゼンマイと女ゼンマイがあり、食べるのは女ゼンマイの方です。 蒸して(茹でて)あく抜きして、干して(干しながら揉むと柔らかくなります)から食べます。貧血や催乳などに食べられてきた、日本人の知恵の食文化の1つですね。

長けたゼンマイ



(3)アザミ



アザミにはたくさんの種類がありますが、ほとんどが解毒、滋養強壮などの薬効があり、食べることができます。 柔らかい葉はてんぷらなどにすれば、トゲが気になりませんが、火にかざすと簡単にトゲが焼けますので、下処理してから調理します。


  1. 火にかざしてしっかりトゲ焼きをしたアザミを洗って適当な長さに切る。
  2. 油で炒めて醤油で味付けします。(お好みでみりんを)

» 続きはこちらから

本物の通信文:じい様(18次元の光のソウル)からの告知 2017年4月24日

竹下雅敏氏からの情報です。
 この通信文は本物だと思います。確認のためにしばらく様子を見ていたのですが、偽情報とは思えません。もしも、これらの通信文が偽りのものであれば、このメッセージを送った2人自身が裁かれて、波動が闇に落ちるはずだからです。時事ブログにおいて、私はずいぶん以前から、“名を偽ったり意図的な偽情報を伝えたりする事は許されていない、そのような事をすれば波動は闇に落ち、これまでの経験上、そのような行為をした者は、例外なく魂が消滅している”と警告してきました。なので、この2人からのメッセージが偽情報ならば、彼ら自身が裁かれるはずなのです。
 ところが、 2人の波動に変化はありません。これはメッセージで伝えられている通り、「じい様」は“共和国の権威者”であり、もう1人はハイレベルな「知識を持つ者」だということになります。
 おそらく、「じい様」の方は元ハイアラーキーのメンバーで、「知識を持つ者」の方は球体連合に属しているのではないかと思います。今は2人とも神々と共にあると言って良いでしょう。
 これまで、時事ブログで私が警告していた内容が、“権威者”からの告知と言う形で公開されました。告知の内容は法(ダルマ)だということです。
 メッセージにある通り、“全てのものはこの条項と意図に縛られる”とあります。今回の告知で明らかなように、法の無視をすれば、私が常々警告しているように、魂が消滅することはもちろん、将来的に肉体レベルでも精神が破綻することになると思ってください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
じい様(18次元の光のソウル)からの告知 2017年4月24日
引用元)
Public Notice from "Grandfather" - April 24, 2017
Received via email from OWK.....
 

じい様からのメッセージ:
この情報は、今のこの時点で伝えられるものです。車輪は回転し、進められていることは最高の権威に基づくものであり、それゆえに欺瞞の団体には不要であり、それらの存立の余地はありません。

こ れによって全ての者に全体像を見させるのであって、一部分だけを垣間見させるのではありません。それは全体像が間違っていないかどうかを明らかにします。 誰が間違った行為をしており、誰がそうではないのかを見分けることは容易であり、害をなそうとする者に自分たちの仮面をはずさせるでしょう。この投稿は影 響を受けている者に周囲を見回させるでしょう。自分たちと他者に、また光と愛の上に立って働いている者はだれかに注目させるでしょう。これが共和政治のあ り方であり、統治だからです。前進し、最新の情報を知らせてください。

知識を持つ者(24次元の光のソウル)からのメッセージ:
今のこの時点で役に立つという理由で、偽情報が許されていた時がありました。この様なことが許されていた時は終わりました。偽情報はいかなる種類のものといえども、もはや許されることはありません。

それゆえに、以下の告知をいたします。
こ れは、じい様という権威を持つ者、プランの立案者、共和国の権威者からの、偽情報や欺瞞情報はもはや許容されない、との告知である。このことを一般に知ら せ、公共の信頼を汚し、および/又は住民やあらゆるところに住する一般大衆に害となる行為を行うあらゆる者に対して、違反者はその土地の法に照らして迅速 に決定的に処置されるものと告知し、警告を与える。この法とは、あらゆる者に対して害となる行為は許されず、許容されないというものである。これに従い、 そのように告知されるように。

このメッセージを全ての民が見られるように、公的にも、私的にも公告してください。この告知は通告としてのものであるから、全ての者はこの条項と意図に縛られるものとする。

さらに:
法の無視は自己防衛にも言い訳にもならない。

情報の完全開示がもたらすカオスについて 〜完全開示を望む人たちにも突きつけられる厳しい現実〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏によると、地球同盟の人たちはカバールと交渉し、情報をゆっくりと時間をかけて段階的に開示することで、社会の混乱を出来るだけ少なくする方法を取ろうとしているようです。現実には、情報の全面開示によって、地球同盟の人たちも、裁判でカバールと同様に罪に問われることになるのを恐れているからのようです。コーリー・グッド氏は、彼らもまた人類への犯罪に数多く関与し、“人々が到底許せないようなこと”を行ってきたと言っています。
 コーリー・グッド氏は、情報の完全開示が起きた場合、“魂にとっての一時的な試練には留まらない”と言っており、“カオスになって、その過程で亡くなる人も出てくる”と言っています。
 これはおそらくこの通りで、大袈裟ではないと思います。シャンティ・フーラの時事ブログでは、天界の改革の過程で、既に、イエスやブッダなどの存在が消滅していることをお伝えしています。これは日本だから出来ることだとも言えます。西欧のキリスト教文化圏ではイエスに対するイメージはとても強烈で、しかも感情的なものです。真実が明らかにされて、実のところ、多くの人類が神の子と崇めていた存在が、実はレプティリアン、ドラコニアン以上の悪魔的存在であったことを知らされた時、一体どのような反応を人々はするのでしょうか。コーリー・グッド氏は、そのような状況をカオスと表現していますが、まさにそうした状況になるのは間違いないと思います。
 コーリー・グッド氏は、“たとえUFOコミュニティにいる人たちでも、待ち望んでいる現実に対して心の準備をしておいてほしいです。想像よりも厳しい現実になりますから”と言っています。これは間違いなく、その通りになります。UFOコミュニティにいる人たちはイエスを絶対視しませんが、自分が正義の側にいると信じ込んでいます。現実を知らされた時、彼らは驚愕するでしょう。実際問題として、闇に利用されていないUFOコミュニティの人たちが一体どれ位いるのかは、定かではありません。私が見るところ、彼らのほとんど全てが闇の協力者です。
 コーリー・グッド氏の情報を見て彼の情報を信じている人たちにしても、真実が知らされた時の混乱は、相当大きなものだと思います。時事ブログでは、すでに青い鳥族のロー・ティア・エールやゴールデン・トライアングルヘッドと呼ばれる、非常に高いレベルまで進化した宇宙人が既に消滅していることをお知らせしています。付け加えるならば、コーリーが全面的な信頼を置いている女祭祀のカーリーも、既に消滅しています。
 コーリー・グッド氏は、彼らから自分自身がアセンションに到達しているほど進化した存在ではない事を告げられ、ショックを受けたようです。UFOコミュニティの人たちは、今生で自分達がアセンションすることを信じて疑わないようですが、コーリー・グッド氏のような人でも、アセンションは遥か彼方なのです。
 それどころか、彼らの大半は既に魂はありません。時事ブログでお伝えした通り、すでに1,000人中999人は魂が消えています。したがって、死と共に次の転生はありません。もう一度非常に長い時間をかけて人間まで進化し直すことになるでしょう。
 日本は真の神であるホツマの神を祀っている珍しい国だと度々述べていますが、神社に祀られている神々の中で、今でも生き残っている神々はほんのわずかです。名のある神のほぼ全ては既に消滅しています。要は、権力などのパワー指向の強い者は、たとえ神々でも、宇宙で生き残る事を許されていないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー: 視聴者質疑パート7 シーズン7 エピソード15
転載元)
(前略)… 

なぜ地球同盟の人達は人類への完全開示よりも、カバールによる自分たちの不正の暴露を心配したのでしょうか。私たちは自分のアセンションよりも、地球同盟の人達の不正をいまさら気にするとも思えないのです。
また、コーリーは完全開示の社会的影響を心配しているのは何故ですか? 今の社会はすでに破綻状態です。私たちにしてみれば、魂の試練を一夜経験するだけでしょ?」

(中略)…

Corey: 彼らも裁判でカバールの隣に立たせられるからでしょう。彼らも長い間、命令に従ってきて、人類への犯罪に数多く関与してきました。

David: 絶対隠さなければいけないぐらい、人々が到底許せないようなことですか?

Corey: 到底許されないことです。

David: 完全開示が起きた時の社会混乱について、あなたは警鐘を鳴らしていますが、質問者はそれに対して、社会がすでに破綻状態で、混乱が起きても、それはためになる一時的な試練だからいいのだといっていますが。

Corey: 完全開示が起きたら、どんなことになるのか、皆さんはいろいろと想像されていますが、魂にとっての一時的な試練には留まらないでしょう。カオスになって、その過程で亡くなる人も出てくるでしょう。
人々が手を取り合って祝ったりする情景にはなりません。

(中略)…

私たちはこの開示を求めていながら、それがいかに大変な状況かを全く理解していません。
カバールのせいで犠牲にされた国々はいろんなことを知らされるでしょう。彼らはカバールの国々と戦争する気持ちに駆り立てられるでしょう。
信じていた宗教がインチキだと知らされて
ベッドから出られず、食べ物が喉を通らない程度では済まされません。大混乱が起きるでしょう。

David: ですね。

Corey: それよりもずっと衝撃的な展開になります。

David: となれば、完全開示をもっとも倫理的に行うやり方はやはり、時間をかけて段階的に順応させることでしょうか。

Corey: そのための交渉が行われているのです。すべてを人々に押しつけるのは無責任だと、地球同盟は考えています。だからゆっくりやるべきだと主張しているのです。
でも一気にやらないと、必ず誰かが割って入って来て、開示の内容を少しずつ割り引いていきます。
だから、私は完全開示容認派です。
ただ皆さんに知って頂きたいのは、たとえUFOコミュニティにいる人達でも、待ち望んでいる現実に対して心の準備をしておいてほしいです。想像よりも厳しい現実になりますから。

(以下略) 

前世を科学的に検証するタッカー博士 と 前世の詳細な記憶を持つ少年 〜前世が存在する決定的証拠〜

 「死後も意識は生き残り続け、前世の記憶を保ったまま、次の人の脳に張り付く」と主張する米ヴァージニア大学医学部精神科のジム・タッカー博士が、前世の記憶も持つ子供達の多くの事例を集め、科学的に検証した概要を翻訳者のYutikaさんがまとめてくださいました。
 "続きはここから"以降の前世の記憶を持つジェームズ・レイニンガーくんの事例は、前世が存在する決定的証拠だと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
前世の記憶をもつ子どもたちが存在することを御存知ですか。前世を学問として科学的に検証している人々もいます。この記事は2014年にカリフォルニア州で開催されたタッカー博士の講話「シンクロニシティ:物質と精神」という動画を糸口に、関連情報を他サイトから補って纏めています。



◆前世研究の中心地◆



ヴァージニア大学の医学部では前世の研究を半世紀以上も継続しています。心理学の教授であるイアン・スティーヴンソン博士が1950年代後半に開始した研究を、今は小児精神医学を学んだジム・タッカー博士が受け継いでいます。

集められた事例は2500以上。スティーヴンソン博士は、インドやスリランカ、ミャンマー、レバノン、トルコやタイといった前世の概念が普及しているアジア圏が多かったのに対し、タッカー博士は西洋の事例も積極的に研究しているのが特徴です。

ただ、タッカー博士によると、西洋では子どもが前世のことを話すのを親が受け入れないことが多く、その動揺を嗅ぎ取った子どもは記憶を封印してしまうのだそうです。よって報告された数は、タッカー博士がサイトを立ち上げてから増えているものの、東洋ほどではありません。

昨今流行りのドラマや映画を見ていると、アメリカでも抵抗がないんだと勘違いしそうですが、キリスト教の伝統的な解釈では邪教そのもの。死んだらお墓や天国で大人しくイエス様の最後の審判を待ち続けないといけませんからね。前世など存在してはいけないのです。サイトによっては、そんな記憶は「悪魔の所業」と大真面目に断罪するところもあるくらいです。


pixabay[CC0]



◆前世を語る平均年齢◆



タッカー博士曰く、前世を覚えている子どもというのは、大半が王様だの有名人だのではなく、一般人で尚且つ同じ国に生まれ変わることが多いそう。しかも催眠術などで誘導されたのではなく、ごく自然に話し出すのだそうです。

死亡してから生まれ変わるまでは、平均して4年半。16箇月から50年という開きがあるものの、普通は数年なようです。

話す内容は、事例の四分の三が自分がどう死んだか。つまり死ぬ直前にいた人々や出来事が大半だそうです。前世と今生の間について語るのは2割ほどで稀だそう。

6から7歳になると語るのを止めますが、一部の子どもは何らかの記憶をその後も維持しているようです。そういえば、脳の神経細胞の9割が完成するのは6歳だそうですが、脳の発達と関係しているのかもしれません。


pixabay[CC0]



◆死亡原因とその痕跡◆



そして前世を記憶している子どもの7割が自然死ではありません。事故・自殺・殺人など、強烈な印象が残っているのでしょうね。溺死したせいで、水を異常に怖がる子どももいました。また、若くして死亡した事例が多いようです。集めた事例における死亡年齢の中央値は28歳です。

子どもたちが前世について話し始めるのは平均すると35箇月目から前世の家族に会いたいと泣いたり、自分を殺した人間への怒りを表したり、感情的なことが多いそう。狩りで誤って撃たれた男が同じ村に生まれ変わり、二歳の時にはその狩り仲間を絞め殺そうとしました(赤ん坊ですから大した被害は無かったと思いますが)。

さらに、死亡の原因となった傷が痣や肉体的欠陥として残っていることもあるそう。銃で殺害された元ギャングは、撃たれた銃痕が後頭部に、その銃が通過した痕が額に痣として現れました。

これを率先して招来する文化もアジアには複数あるそうで、亡くなった人の生まれ変わりを見つけられるように、死体に染料などで印をつけるのだそうです。タイでは、祖母に描かれた印を首元の同じ場所に持つ孫が生まれています。スティーヴンソン博士は20、タッカー博士は18もの同様の事例を記録しています。


心臓の外科手術中に死亡したミャンマーの少女は、友人たちが口紅で首の後ろに付けてくれた赤い印と、心臓の手術痕の両方を痣として持っていました。



BBCのドキュメンタリーによると、イギリス人パトリシア・オーストリアンは、1歳になった息子のエドワード君が陰気な霧雨の日には酷く塞ぎ込み、怖がることに気が付きました。また重度の扁桃炎に罹っており、それを「撃たれた場所が痛い」と表現するのです。

喉に大きな嚢腫が出来たために、まずは扁桃腺を除去する手術を受けました。その夜、エドワード君は自分はジェイムズという名前で18歳、霧雨の日に重いライフルを担ぎながら泥の中を行進しており、喉を撃たれて死んだと母親に話したのです。フランスでの塹壕の様子、つまり第一次世界大戦の描写です。この時エドワード君は四歳でした。

こうして前世を語ることにより、命に関わると宣告された嚢腫は自然に消滅していきました。摘出するつもりだった医師は、解明出来なかったそうです。

また、煙草や飲酒、さらには食事の好みを今生まで引き摺る子どももいます。男女の性別が前世と逆転したのは1割。死ぬ前は男に生まれ変わって自分の夫のように愛人を持ってやると語っていたタイの老婆が、孫にあたる少年に生まれ変わり、新しい母親の化粧を使いたがるなど、自身の今生の性に悩む事例もありました。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 141