アーカイブ: *宇宙・UFO

コロナワクチンの危険性を伝えようとしても、伝えるのが難しい理由 ~自分を信頼していない人は、あらゆる判断を他者の、主に多数派の意見に依存する

竹下雅敏氏からの情報です。
 荒川央 (あらかわ ひろし)氏は、記事の中で「スパイクタンパク単独でも血栓症を起こし得る…そのスパイクタンパクこそがコロナワクチンの毒性の本体なのです。」と指摘し、家族や親しい人達にもコロナワクチンの危険性を伝えようと試みたが、「伝えたい事が伝えたい人に伝わらない。」という経験をしたということです。
 “なぜ伝わらないのか?”に関して、「自分を信頼していない人は、あらゆる判断を他者の、主に多数派の意見に依存します。…空気に簡単に流されていきます。」と言っています。
 これは非常に重要な見解だと思います。「自分を信頼していない」ということは、評価の基準が外にあるということです。これは本当の意味で、自分の人生を生きていないということなのです。自分自身を生きている人は、内なる基準を持っています。禁戒(ヤマ)と勧戒(ニヤマ)は、内なる基準の基礎をなす教えです。
 禁戒(ヤマ)の一つ目は「非暴力」です。まず、自分で自分を傷つけることを止めましょう。自身の体の声、心の声に耳を傾けることが大切です。暴力は、自分が強く束縛されていると感じる人の行動です。まず、心の束縛を解き放ちましょう。
 二つ目は「正直」です。自分を偽ることは止めましょう。心理学者の人は良く知っているはずですが、ほとんどの人は、「自分は幸せになってはいけない」と思っているのです。ところが仮面をかぶった“私”は、「幸せになりたい!」と言うのです。
 こうした精神分裂はどこから来るのでしょう。それは幼いころから自分を抑え、周りに合わせて生きてきたからです。少しでも「良い子」だと思われるように、自分の欲望を抑えて生きてきたのです。
 年老いた人に、“人生をやり直せるとしたら、どうしますか?”と聞くと、多くの人は「もっと自分がしたいと思うことをすれば良かった…」と答えるようです。これは、ほとんどの人が自分に正直に生きていないということを示しています。
 自分自身に問いかけて下さい。「あと3年の命であることを宣告されたなら、自分はどう生きるか?」と言うことを。もしも、まったく生活がかわらないというなら、その人は自分自身を生きていると言えます。
 自分自身を生きるには、大きな飛躍が必要です。それは社会のルール(世間体)を投げ捨てる事を意味しています。すなわち、社会からのドロップアウトです。この意味で、統一教会などの宗教団体の熱心な信者のような人たちは、一般人よりも一歩だけ先を歩いていることになります。
 私が学生の頃、街を歩いていると統一教会の信者の人からよく声をかけられました。この中で非常に聡明な若者がいて、私はその子に話をしました。
 「真理を見出す旅は、精神の嵐の中を旅するようなものだ。嵐の中を安全に歩くために、人によっては宗教が必要であり、別の人は哲学が必要な事もある。また、共に旅をする仲間がいることは心強いものだ。しかし、このことを覚えておいて欲しい。あなたの探求が本物であり、どこまでも真理を求めるならば、いつか必ず一人で旅をしなければならない時が来る。その時、あらゆる宗教の教えや哲学は無意味になる。そして、全てを投げ捨てて旅を続ける者だけが、“愛”を見出すのだ。」と。
 その若者は、「私は今までに、あなたのような人に会ったことがありません。でも、分かります。あなたの言われたことは、すべて真実だという事が…。」と答えたのです。
 私は、街を歩いていて多くの人から声をかけられましたが、彼のような若者は一人だけでした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人はコロナ後の世界の夢を見るか?
引用元)
(前略)
「自分自身の目で見た世界を素直に感じ、自分の頭で考えて判断する。」そういった事ができる人は多くはありません。自分の判断を大切にできる人とは、すなわち自分自身を十分信頼できている人とも言えるのではないでしょうか。そうでなければ、多数派と異なる判断をしながら同調圧力に抗う事は難しいでしょう。自分を信頼していない人は、あらゆる判断を他者の、主に多数派の意見に依存します。テレビや新聞の情報を盲信し、そこで見た医師や権威の意見だけを拠り所にし、実体の無い世間の空気に簡単に流されていきます。
(中略)
ワクチンを推進する勢力は、日本人の本来の気質である優しさ、誠実さ、善意を利用し、ワクチン販売促進のためには事実に反する事を流布する事もいといませんでした。「大切な人を守るためにワクチン接種を」「思いやりワクチン」こうした言葉に騙された人は多いでしょう。
(中略)
私自身、コロナ騒動およびコロナワクチンの嘘に気付いてからというもの、マスメディア、政府、医療機関、権威に対してこれまで持っていた信用が連鎖的に崩壊しました。
(中略)
これまで一緒にいた人達が相変わらず思考停止状態のままであるならば、そうした人達ともお互いに精神的に離れていかざるを得なくなってしまうのです。この分断は決して簡単な話ではありません。それこそがコロナワクチンの危険性を伝えようとしても、伝えるのが難しい理由の一つかとも思います。
(中略)
結局の所、コロナ騒動の問題の本質を理解する人の割合が高くならなければこの騒動を止める事はできず、コロナワクチン接種者が社会の大多数になった現在、接種者にこそ問題の本質を理解してもらう必要があるのです。しかしながら、これまでの世界に何の疑問も持たなかった人にはその第一歩のハードルがとてつもなく高いのかもしれません。
(中略)
コロナ騒動の被害者は正当な怒りの声を上げる権利があり、実際にそれをぶつける相手も存在するのです。最終的には、ワクチン被害者やその家族、遺族の怒りこそが世界を変えるのではないでしょうか。
(中略)
今まで当然と信じていた事を否定するのは誰にとっても相当な痛みを伴うプロセスでしょう。しかしそれは、個人の本当の意味での自由や生きる権利を取り戻す出発点になるのだと私は信じています。
————————————————————————
配信元)

SSPアライアンス公式リリース7 ~ 惑星間コングロマリットと関連する地球政府からの独立を宣言したグローバル銀河国際連盟

竹下雅敏氏からの情報です。
 SSPアライアンスの公式リリース7をDeepL Proで機械翻訳し、それを編集スタッフの「ともパパさん」に翻訳校正していただきました。転載不可の場合はお知らせください。すみやかに削除します。
 その実名は、運用上のセキュリティのため伏せられているが、コーリー・グッド氏が「グローバル銀河国際連盟(GGLN)」と名付けた国際組織の93のコロニーが集まり、“ICC(惑星間共同複合企業)およびすべての地球政府からの独立を宣言した”というお話です。
 その物語を読むと、思わず「あちゃ~」とか「あ~にゃ~」とか言いそうになるほどで、“誰が脚本を書いたの?”というくらい映画向きのストーリーです。地上のどのくらいの人がこれを真に受けるのかは別として、コーリー・グッド氏がこれを報告している以上、本当のことなのでしょう。
 「グローバル銀河国際連盟(GGLN)」の銀河系の端にある最も遠いコロニー前哨基地の一つに、“銀河連邦のメンバーであるETの新しいグループ28人の最初の代表団が到着した”とありますが、この銀河連邦はエレナ・ダナーンが関係する「世界の銀河連邦」のことです。
 2021年5月15日の記事で、ソー・ハンたちが所属しているのは、“「ギャラクティック・フェデレーション・オブ・ワールド(世界の銀河連邦)」という組織で、普段は単に「銀河連邦」と言っている”ということでした。この組織は、時事ブログで「銀河連合」と呼んでいる組織の下部組織です。
 しかし、ソー・ハンや彼の上司のアルダナ司令官は、同時にオリオングループのメンバーでもあるのです。記事に出て来る「ETの新しいグループ28人」は、オリオングループに属していると見て良いでしょう。
 この連中に、“技術が安全であり、「AI 神」がアクセスすることはできない”と説得されて、取り外しが不可能なインプラントをGGLNのコロニーは受け入れたというのだから、“多くの地球人が、mRNAワクチンを受け入れたのも無理はないな”と思いました。
 どんなに頭は良くても、“愚かさ”という点では一般人と同じなのです。そして、このことは宇宙人も同じです。東洋医学セミナーの「波動」をきちんと学べば、誰が悪人かが、すぐに分かるようになります。私から見れば、“「銀河連邦のメンバーであるETの新しいグループ28人」の波動が、闇に落ちていることくらい、分からなかったのか?”と思いますが…。
 記事の中で、一か所だけ太字にしています。「人類の絶滅を引き起こすであろう周期的なソーラーイベント」は、コーリー・グッド氏がいつも口にしているものですが、これは「CO2による地球温暖化説」と同じくらい根拠のないデマなのです。
 いつになったら、コーリー・グッド氏や彼の周りにいる人たちは、自分達がスフィアビーイングアライアンスやニューガーディアンに騙されているのに気付くのだろうと思ってしまいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
惑星間コングロマリットと関連する地球政府からの独立を宣言したグローバル銀河国際連盟
転載元)
トップシークレット – 機密扱い:ビヨンド・マジック
秘密宇宙プログラム – SSPアライアンス
所在地非公開
2021年11月3日

From:作戦参謀
To:地球上のすべての政府、軍、市民へ

件名:惑星間コングロマリットと関連する地球政府からの独立を宣言したグローバル銀河国際連盟

これは、SSPアライアンスの公式リリースです。

防諜活動に対抗するため、私たちは仲介者を通さず、最高幹部から直接、一連の報告書を公表しています。私たちから直接発信されていない情報は、無視することを強くお勧めします。

私たちがもたらした情報開示は、危険にさらされています。偽の秘密宇宙プログラムのベテランたち、スーパーソルジャーの偽者、ETコンタクティ(連絡員)がかなりの誤報を発表しています。人類に誤った安心感を与えて自由のために戦わせないために、彼らは火星植民地、月、南極基地がグレイ・エイリアンやレプティリアン勢力から解放されたというシナリオを売り込んでいるのです。

前回の報告書では、ダークフリートとドラコ・レプティリアンとの作戦について説明しました。次に、グローバル銀河国際連盟(GGLN)による惑星間コングロマリット(ICC)および関連する地球政府からの独立宣言について説明します。2015年8月にグッドが最初に言及したGGLNは、地球上のほとんどの国の代表者で構成されるNATOのようなプログラムです。その実名は、運用上のセキュリティのため伏せられています。

月へのアポロ計画の後、アメリカ政府の科学者と政治家のチームは、我々の文明を破壊し、人類の絶滅を引き起こすであろう周期的なソーラーイベントについての地質学的証拠をもって、すべての国に働きかけました。彼らは、GGLNが創設した「種の保存プログラム」に、各国政府が国内総生産の1%を拠出するよう要請しました。このプログラムは、他の星系にコロニーを作り、人類を存続させることを目的としたものでした。その代わり、参加国はソーラーイベントや先進的な宇宙プログラムのコロニーに関する知識を秘密にしておかなければなりませんでした。

火星での偵察団の任務の数日後、グッドとゴンザレスはマヤの宇宙船上で、SSPアライアンスの連絡役とGGLNの元リーダー2人との「電話会議」に出席しました。彼らは、科学技術開発部長のレイモンドと、コロニー警備部長のアーニャに紹介されました。二人とも50代後半から60代前半の白人で、軍服のワッペンを外したダークブルーのジャンプスーツに身を包んでいました。二人とも、銀河系の端にある最も遠いコロニー前哨基地の一つでGGLNに仕えました。

アーニャはGGLNの歴史と、「種の保存」を目的としてコロニーを設立した際に、参加者がさまざまな星系で遭遇した困難を簡単に説明しました。数十年にわたる開発により、これらの星系の都市と人口は着実に増加し、地球のインフラを忠実に反映するようになりました。

アーニャは、ICCがGGLNに先進的な技術を提供し、GGLNがそれをさらに発展させたと説明しました。彼らは、人類に、銀河系で最も進んだ地球外文明と同等レベルの技術発展をもたらすブレイクスルーを目前にしていたのです。GGLNの科学技術グループは、ICCの通信ネットワークを通じて、それぞれの躍進を自国に報告しました。ある時点で、ICCのリーダーの一人が、これらのエキサイティングな新技術の最終的な開発を支援する新しい地球外生命体(ET)のグループを彼らに紹介しました。

銀河連邦のメンバーであるETのこの新しいグループは、ICCとの銀河間貿易に従事し、技術開発についてICCに助言を与えました。彼らはまた、外交上の窓口を務め、何百もの文明がICCとの貿易取引に参加できるようにしました。

アーニャは、この銀河連邦のメンバー28人を擁する最初の代表団が到着したとき、アーニャの遠隔地のコロニーの住民は興奮し、祭りで彼らを歓迎したと述べました。35歳か40歳以下と思われる女性が18人、男性が10人いました。コロニーの指導者たちは、彼らに住居と仕事場のための建物を与えました。

GGLNは、この銀河連邦のメンバーと協力して、先進的な技術を開発しました。アーニャは、この連邦グループが自分たちの文明がすでに開発した技術を提供することで、GGLNがさらなる技術を開発することをすぐに思いとどまらせたと言いました。連邦の科学者たちは、病気や老化を克服するために、人工知能、亜空間通信システム、身体への技術的インプラントの利用に関する知識を共有し始めました。彼らのテクノロジーにより、彼らは常時接続され、心が連動する仮想現実の中で仕事をすることができるようになりました。このようにして、その技術は信じられないような速さで発展し、千年分の技術の飛躍を遂げ、短期間で急速に文明を発展させることができました。

GGLNは、連邦の技術の開発、テスト、および実装を開始しました。この間、連邦のメンバーはGGLNコロニーの男女と肉体関係を持つようになりました。アーニャは、連邦軍司令官から誘惑され、関係が深まるにつれ、彼女の意思決定プロセスにますます影響を与えるようになったと説明しました。彼女は、自分の性格にそぐわない決断をしていることに気づき、気づいていても抵抗できませんでした。

連邦の協力のもと、GGLNは1年がかりでナナイトと脳インプラントを完全に開発し、テストを行いました。やがて、GGLNのコロニーには、取り外しが不可能なインプラントが義務づけられました。GGLNはオリオングループの「AI神」の脅威を認識していましたが、連邦はその技術が安全であり、「AI神」がアクセスすることはできないと説得しました。

» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第120楽章 オーストリア・インスブルックの旅

ICE505ミュンヘン行き

 ベルリンから特急列車ICE505で行ってまいりました。ルターで有名なザクセン=アンハルト州ヴィッテンベルク、ザクセン州ライプツッヒ、チューリンゲン州エアフルト、バイエルン州エアランゲンとニュルンベルグを経由して、ミュンヘンに到着。電車が20分も遅れましたので、ここからイタリアのボローニャ行きの特急列車EC87に乗り換え。バタバタ走り、皆さん大急ぎで乗り込みました。もう少し、余裕のある乗り換え時間にしてくれるといいのですけどね・・。(息子は、飛行機で1時間ちょっとで行けるのに、電車で行くと時間が無駄!!と怒っていますが、私は、時間をかけても欧州は電車で行きたい派です。)
 南ドイツ・バイエルン州ののどかな田園風景、国境を超えて、アルプスの山岳地帯が見えてくると、オーストリアのインスブルックの街に到着。今回は、山からのミネラル豊富な水が豊かな古都インスブルックの街に滞在。

右側がインスブルック中央駅

 駅を降りてすぐに、スキー場のある山が見え、反対側からは、オリンピックでも使用された、スキーのジャンプ台も見えます。便利な中央駅に近くに滞在したので、駅前を通る人々をよく観察することができたのですが、なんと、なんと、足が悪い方が多いです!!若い方から、お年寄りまで。足を引きずっていたり、骨折をしたような方、杖をついている方などなど。息子と、「ベルリンよりこちらの方が足の悪い人が多いかも??」と何度も言っていました。

 なぜって、オーストリアは、ドイツよりも少し早めにワクチン接種が開始、そして、その後ワクチン義務化をされていた国。せっかく、中央駅から見える山の風景が素敵なのに、足が悪い方が多いという・・なんともいえない思いから、インスブルックの旅がはじまりました。
(ユリシス)
————————————————————————

インスブルックのよいところ


ドイツのお隣の国で、同じドイツ語圏のオーストリア。息子は、こちらの映画(0:19から)の影響で、オーストリアというと、もちろん『G'day, mate!』🤣
(オーストリアとオーストラリア・・ごちゃごちゃにならないでね!)

前回のオーストリア旅行は、第32楽章に書いたように、ザルツブルグからザルツカンマーグート(塩の御料地)でした。今回は、チロル地方に行こう!ということで、インスブルックに決定。オーストリアを旅する理由がアルプスの山々を見ることなので、オーストリアといえば、多くの方がウィーンに行くのですが、私はなぜか首都のウィーンは避けてしまっています。

インスブルックの街のよいところは、山からのミネラル豊富な水をそのまま水道水にひいているそうで、山からの流れる勢いで、ポンプも必要なく、マンションの高層階までも持っていけると聞きました。実際に購入したペットボトルの水もベルリンよりも美味しかったですし、滞在の最後の日には、肌がツルツルしたような気がしましたし、また、スーパーで買った地元のリンゴが非常に美味しく、最後の日も購入して帰りの電車の中でも食べるほど。ベルリン近郊のリンゴよりかなり美味しかったです。また、インスブルック大学の図書館は、一般にも開放されているそうです。人口は15万人ほどで、大学生が3万人らしいので、人口の1/5が大学生だそうです。

アルプスに囲まれ、イン川が流れる大学の街・・素敵だと思いました。インスブルックという都市名は、イン川にかかるブルック(橋)という意味です。街の中心にイン川が流れています。

アルプスに囲まれたインスブルックの街の風景をお楽しみください。

0:37より イン川と橋の風景です


現在、映像配信で、サーカーのプラウト経済主義を学んでいますので、プラウト経済民主主義の三層構造に、インスブルックの街は近いのかも・・という目線でも眺めていました。

市場で購入した、スペルト(ディンケル)小麦や古代小麦のみのパン屋さんの簡素なパンも、非常に美味しかったです。小麦を避けている市民も多いこともよくわかりました。また、普通のスーパーでもヤギや羊のミルクが売られていたので、さすがオーストリアだとも思いました。しかし、物価は、ベルリンよりも高く、スーパーに入った途端、あ、高い!とすぐにわかりました。ベルリンの方まだ物価が安いのですね・・。

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏の情報とかなりの部分で重なっているアレックス・コリアー氏の情報 ~「オリオングループは遺伝子操作をされている上に根深くドラコニス達のシステムにはまってます。」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で「SSPアライアンスの公式リリース6」を紹介しました。ダークフリートとドラコ・レプティリアンに関する報告書でした。
 ダークフリートは、ヒューマノイド・レプティリアン地球外勢力であるドラコアライアンスと協力し、非常に暗く邪悪な任務を遂行しているということでした。ダークフリートは、毎年何十万人もの地球人を拉致してオリオングループの食料源として供給し、他の星系からのテクノロジーや生物学的サンプルを受け取っているということでした。食料源として、まず「ルーシュ」を抽出し、その後「肉」として消費するということでしょう。
 よほど勘がいいか、憑依されているとしか思えない息子さんを持つ母親のツイートが面白いので、これに見合う動画を探していたところ、アレックス・コリアー氏の懐かしい動画が出てきました。
 動画の5分40秒で、“アンドロメダ人の情報によると、3種類のETがここ地球で行われている好ましくないアジェンダに加担しているとのことですが、その内の1種は灰色の肌をしたゼータ・レティキュレイからの裏切り者達。もう1種はギザ・インテリジェンス、もともとはプレアデス人。「そして3番目がアルファ・ドラコニス(りゅう座α星トゥバン)からのレプティリアン。その他にもいますか?”との質問に、アレックス・コリアー氏は、「はい、オリオングループがいます。141人ここにいます。大熊座・小熊座、リゲル、ベータ・オリオンなどから来てます。オリオングループに関してはそういったエリアの星々から来てます。」と答えています。
 7分50秒で、「オリオングループは遺伝子操作をされている上に根深くドラコニス達のシステムにはまってます。なのでオリオン達はドラコニス達と同様のエネルギーと政策を引き継いでいる訳です。…階級システムが出来上がってるんです。これは慈善的でない非友好的なET達に共通してみられるものです。階級制度になってるんです。労働者、戦士、プリースト(司祭)、そして王族です。階級が低い程ひどく扱われるんです。」と言っています。
 8分37秒の所で、主従関係のピラミッドが出てきますが、キンバリー・ゴーグエンさんの情報を考慮すると、このピラミッドは少し修正が必要です。
 10分46秒で、「一方で、グレイ達自身のアジェンダがあるんです。彼らは私達の22の異種族から成ってる豊富な遺伝子に目を付けて、地球人との雑種を作ろうとしています。」と言っています。
 コーリー・グッド氏の情報と、かなりの部分で重なる情報だと思います。ただ、残念な事に最近のアレックス・コリアー氏は、エレナ・ダナーンの情報を真に受けてしまっているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
#5 アレックス・コリアー:グレイ達の目的
配信元)

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

SSPアライアンスの公式リリース6 ~「ダークフリート」と「ドラコ・レプティリアン」

竹下雅敏氏からの情報です。
 SSPアライアンスの公式リリース6をDeepL Proで機械翻訳し、それを編集スタッフの「ともパパさん」に翻訳校正していただきました。転載不可の場合はお知らせください。すみやかに削除します。
 今回の報告書は、「ダークフリート」と「ドラコ・レプティリアン」です。ダークフリート(闇の艦隊)とい名称は仮称であって、本当のプログラム名ではないと言っています。
 ACIOオフィシャルの「ダークフリート (ナハト・ワッフェン・レジル)」では、“ダークフリート(Nacht Waffen Regirとしても知られる)は、約1200万年から600万年前にサイボーグのエイリアン種族によって建造された、非常に洗練され、自己認識的で、知的で、宇宙の母船の艦隊です。ダークフリートAIには、船舶や機器を厳重に管理するために、船舶や機器を操作する人員に使用される高度なマインドコントロール技術が装備されています。”と書かれています。
 アシオ・アソシエイツには、ダークフリート (ナハト・ワッフェン・レジル)の長の補佐官だったというヨハン・フリッツ氏の経歴と顔写真があります。氏はそうした経歴から、“ICCスーパー理事会の多くに出席しました”とあります。
 報告書によると、ダークフリートはドラコアライアンスと協力し、すべての攻撃的な惑星間組織犯罪作戦を担当しており、その任務は、ICC による銀河系奴隷貿易を支援し、我々の銀河系内の他の太陽系への軍事的征服を支援することだということです。
 “ICCは、ダークフリートが他のプログラム内に存在を隠すのを支援し…オリオングループに毎年何十万人もの地球人を拉致して供給するのを支援しました。拉致被害者は、他の星系からのテクノロジーや生物学的サンプル、およびオリオングループの食料源として取引されます。”とあります。
 グレートリセット後の世界は、「AI 神」に仕え遺伝子を強化したスーパーエリートが地球を完全支配する「人間牧場」となり、飼育される人類はオリオングループの食料源などとして取引されるということみたいです。
 人類が家畜に行っていることの規模が、宇宙レベルになるということですね。こうした未来が嫌なら、人類は家畜あるいは動物などへの態度を改めないといけないでしょうね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)
トップシークレット – 機密扱い:ビヨンド マジック
秘密宇宙計画 - SSPアライアンス
所在地非公開
2021年10月30日
 
From:作戦参謀
To:地球上のすべての政府、軍、市民へ
 
件名:ダークフリートとドラコ・レプティリアン
 
これは、SSPアライアンスの公式リリースです。
 
秘密宇宙プログラムのトピックに対する防諜活動に対抗するため、私たちは仲介者を介さず、最高幹部から直接、一連の報告書を公表しています。私たちから直接発信されていない秘密宇宙プログラムに関する情報は、無視することを強くお勧めします。
 
私たちがもたらした情報開示は、危険にさらされています。偽の秘密宇宙プログラムのベテランたち、スーパーソルジャーの偽者、ETコンタクティ(連絡員)がかなりの誤報を発表しています。人類に誤った安心感を与えて自由のために戦わせないために、彼らは火星植民地、月、南極基地がグレイ・エイリアンやレプティリアン勢力から解放されたというシナリオを売り込んでいるのです。
 
前回の報告書では、ミカの星が「AI神」とオリオングループから解放されたこと、そして地球で起きている同様の出来事について説明しました。私たちは、地球の解放は、私たちの行動と条件によってのみ実現することを強調しました。私たちは私たち自身の救世主なのです。今回の報告書では、「ダークフリート」と「ドラコ・レプティリアン」に焦点を当てます。
 
私たちは、ダークフリートSSP派閥の実際のプログラム名を公表するために、SSPアライアンス評議会のメンバーと協力しています。グッドが2015年に最初に報告したように、ダークフリートとは、グッドの公開されているシナリオをハイジャックするための証言とともに名乗り出てくると予想される人物を特定し、その人物の信用を落とすために、このプログラムに割り当てられたアライアンスの名前(つまり仮称)だったのです。
 
また、SSPアライアンス評議会と協力して、ダークフリートとその同盟者に関する全データベースを公開しています。このデータベースは、この闇のプログラムから脱退した者によってシグムンドにリークされました。ICCはデータベース情報を口実として使用し、太陽系を封鎖して、ダークフリートとの関与を隠蔽しました。ダークフリートは、最初の報告書で説明した5つの秘密宇宙プログラムの中で、参加者が自分たちの活動の目的や意味を知ることができない程度に任務を区分けしています。そのインフラは我々の銀河系全体に広がっており、完全に自律しているため、他のSSPの管轄外での運用が可能です。
 
ダークフリートは、高度に発達した好戦的な秘密宇宙艦隊であり、すべての攻撃的な惑星間組織犯罪作戦を担当します。彼らはほぼ太陽系外でのみ活動し、ヒューマノイド・レプティリアン地球外勢力であるドラコアライアンスと協力しています。ダークフリートは太陽系内に複数の基地を持っており、その中には月面作戦司令部から離れた月面にある基地もあり、頂点を取り除いたピラミッドのような形をしています。この基地は、メン・イン・ブラック(映画)のように機能する、太陽系や惑星に無断で侵入した人間以外のものを探し出し、取り締まる、侵入者迎撃および尋問プログラムの拠点でした。ダークフリートは、宇宙法に反して何百もの種が収容されている広大な極低温刑務所を隠して、既知のプログラムのもとで、この基地から秘密裏に活動していました。オールトの雲にはもう1つの基地があります。太陽、惑星、カイパーベルトを囲む巨大な球状のシェルで、アライアンスを含むさまざまなグループが月サイズの球体に基地を持っています。ダークフリートは、ICCが管理する太陽系内の他のSSPの基地やインフラに侵入しています。
 
ダークフリートは、約4,000隻の超高度な船を擁する最先端の技術を備えたSSP(秘密宇宙プログラム)の 1つです。彼らのクラフトは、他のSSPのクラフトや技術とは異なっています。スターウォーズのデストロイヤーのようなくさび形の船もあれば、ダイヤモンド型やカボチャのタネのような形をした船もあリます。ICCは、ダークフリートが火星の工場で奴隷労働者を使って、これらの高度な艦船と兵器システムを構築するのを支援しました。同時に、ドラコ・レプティリアン・グループは、高度なトーション・フィールド(捻れ場)生成技術で攻撃力を強化しました。時空間を移動するためのトーション・フィールドを生成するのと同じ技術を使用して、敵艦の周囲のエネルギー・フィールドを操作することにより、敵艦をねじって、粉砕することができます。ドラコ・レプティリアンの機体の大半が、三角形やデルタのような形をしていることは重要です。
 
ダークフリートは最終的にICCに従いますが、ドラコとも行動を共にします。ダークフリートのインフラ、艦隊、クラフトは地球外の人間によって制御、指揮され、すべて「AI神」に仕えています。歴史的に、ダークフリートの資産(有用な人、つまり乗務員)は、イルミナティや秘密の地球政府シンジケート、惑星外のコロニーに由来しています。強調したいのは、ダークフリートは作戦上・セキュリティ上の理由から、地球上の人々を「20 and backプログラム(20年間の任務終了後、年齢退行が行われるプログラム)」で働かせるために選ぶことはない、ということです。過去にはMILAB(軍事的拉致)プログラムから徴兵された者もいましたが、ほとんどは遺伝的に育種された者です。彼らの任務は非常に暗く邪悪なものなので、ダークフリートは、地球資産(任務に就いた人々)が、地球に戻ってから記憶を取り戻すというリスクを冒すことはできませんでした。ダークフリートに所属する者は、太陽系外の基地で遺伝的に育種され、生まれながらに任務に就きます。彼らは、生まれながらにオリオングループと関係のある「古代の宗教」に育ちます。プログラム外で生まれた新兵は、誓いを立て、人間を生贄にし、脳チップのインプラントとナナイトの注射を受け入れることで、古代の宗教への改宗を余儀なくされます。この一生の約束から逃れることができた幸運な高位の工作員は、ほんの一握りです。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 338