月別アーカイブ: 10月, 2013

[日本や世界や宇宙の動向]米警察 装甲兵員輸送車、MRAP級装甲車、軍装備品を調達!

竹下雅敏氏からの情報です。
ペンタゴンとオバマ政権は敵対関係にありますが、どちらも内戦の可能性を考えているようです。もしもアメリカが内戦となった場合、全体を100として、ペンタゴン側につく良識派とオバマ側につく悪徳派の割合は、米軍では99:0.4、CIAでは80:0.6、FBIでは79:1、警察では10:10です。例えば警察の場合、残りの80は大勢の優位な方につくでしょう。現在の状態で内戦が起これば、オバマはただちに逮捕されてしまいます。彼がパニックになっているのは、こういうわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米警察 装甲兵員輸送車、MRAP級装甲車、軍装備品を調達!
転載元より抜粋)
http://www.activistpost.com/2013/10/local-departments-fortify-police-state.html#more
(概要)
10月28日付け:


アメリカの至るところで、まだ公表されていない敵に対する大規模攻撃を開始するための準備がなされています。

全米の警察が装甲兵員輸送車やMRAP級装甲車そして軍装備品を調達しています。また、彼らは軍事訓練も行なっています。このような準備は米軍が行っているのではありません。また、敵国の攻撃に備えたものでもありません。これは国内の混乱に備えて地元の警察が準備しているのです。
今や、全米の警官や保安官が軍事防弾チョッキを身に着け、重武装をしているのです。装甲兵員輸送車は米軍から割安で購入しています。

彼らが訓練を受け、戦争の準備をしている理由は。。。。米国民を制圧するためです。
つまり、全米の警察は、自国の国民を敵に回して戦おうとしているのです。
このような準備がなされているのは大都市だけではありません。田舎町の警察や保安官までもが何の正当な理由もなく装甲兵員輸送車やMRAP級装甲車を調達しているのです。

このようなものは戦争がない限り他に使い道などありません。結局、装甲兵員輸送車は戦地に兵士を安全に輸送するために使われるのです。
警察は、人質を救ったりテロリストとの対立が起きた場合に警官を現地に輸送するときに装甲兵員輸送車を使うことになっていると説明していますが、一体どの地域が戦地となるのでしょうか?

全米の警察は、警察専用装甲兵員輸送車を大量に調達しているだけでなく、それら(武器も含め)を実際に使おうとしています。市民を制圧するためにです。
特に非暴力的で非武装の市民が狙われています。これこそアメリカが警察国家であることを示す明らかなサインです。

米警察が国内で装甲兵員輸送車を使用する確率が益々高まりつつあります。

[日刊ゲンダイ]天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か 〜犯人は米CIA・ネオコンで、動機はオバマ政権の延命〜

竹下雅敏氏からの情報です。
いわゆる中国、北朝鮮の専門家と言われる人たちの論評で、まともだった事も、予想が当たった事も一度もありません。彼らは専門家と称する工作員ではないかと思ったほどです。
希望的観測なら誰でも言えます。今日のこの記事もその類いのものです。
なんの根拠もありません。この事件はかなり複雑なようです。
恐らく私が指摘することは、今後一切表に出てこない可能性があります。この事件にはプーチンの息がかかっています。しかも、その動機は習近平体制を背後から支援するためのもののようです。もちろん犯人は米CIA・ネオコンで、動機はオバマ政権の延命のためです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[東京新聞]経団連・JA 農業で連携 初の組織立ち上げ

読者の方からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
経団連・JA 農業で連携 初の組織立ち上げ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ブログ「林・木・家」]兵庫県猪名川町が進める里山再生プログラムの一環として設置した学校のペレットストーブ焼却灰から放射性物質が・・・

読者の方からの情報です。
子どもの人格が育まれていく基本は家庭内にあると思いますが、
教育現場、子どもに関わる大人、また、その地域の様々な機関(行政)のトップの仁徳というものは、多くの子どもに凄まじい影響を与えるのではないかと思います。

記事内容を思慮した時、地域の子どもたちが健やかな育成をする場であるはずの教育現場が、ややもすれば、健康被害を及ぼす現場になりかねない状況にあることには、言葉もありません。
末尾文の、「子供達の未来を困難な代物に変えて行く行政(大人)が存在している。既に、高濃度焼却灰で、子供達を内部被曝のリスクに晒した事実がある。しかしながら、世間の多くの人達は、この両者の存在(実態)を知らない。」は実に的を得ていると思います。
猪名川町だけのことではなく、日本全国、どかで同じような地域があるかも知れません・・・
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
兵庫県猪名川町が進める里山再生プログラムの一環として設置した学校のペレットストーブ焼却灰から放射性物質が・・・
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

天界の改革32 
権力者達の滅び、回避された監視社会化のシナリオ

竹下雅敏氏からの情報です。
前回のコメントでも示しましたが、2012年のこのヴィジョンの時期には、第三次大戦を避けられる可能性がかなり高くなっていましたが、まだ確定的ではありませんでした。それは欧米諸国と、特にアメリカと緊密な関係を有する国々の一部の者たちが、何としてでも第三次大戦に持ち込み、彼らの野望であるNWO(新世界秩序)を実現しようと工作していたからです。そうした彼らの野望を打ち砕く必要がありましたが、それが今回のヴィジョンとなります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革32

2012年7月10日のヴィジョンと竹下氏による解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31028495.html
青字は竹下氏の解説

⑧私はニューヨークの国連本部の建物の前に立っていました。
建物の前に立ち並ぶ世界中の国旗が一枚、また一枚と消えていくのを見ていました。
「どういうこと?」とつぶやくと、
「その国の元首が、今、滅ぼされたんだよ」
振り返ると、そこには不思議な姿の少年が立っていました。


『あらかじめ警告していた通り、権力者の中で悪しき行為をやめない者たちが滅ぼされました。滅ぼされたのは、社会に大きな影響力を及ぼす支配層の者たちです。』

 “天界の改革27”で説明しましたが、地球の魂の1000人中999人は、すでにこの時点でシリウスシステムに魂を残すことが出来ず、魂が滅ぼされていたか、または動物システム以下のシステムに転落していました。この999人の中の約100名がすでに魂が滅ぼされ、いわば物理的次元の身体のみを持つ存在となっていました。彼らは具体的には、肉体とそこに重なるエーテルダブルと呼ばれる身体のみを所有していたわけです。“天界の改革27”のヴィジョンでは、このエーテルダブルが空気人形として表現されていました。
 さて、今回のこのヴィジョンですが、すでに魂が滅ぼされ、肉体とエーテルダブルのみになっていた世界中のほとんどの国家元首の中で悪しき者たちが滅ぼされ、エーテルダブルも消されてしまいました。

旗はいつのまにかほとんど消えて、私が再び見たときには、10枚あるかどうかくらいに減っていました。

『確かに国家元首の場合、10人いればいい方だと思います。通常はこのようなことは書かないのですが、多くの人の誤解を解くために敢えて現在生き残っているこの希有な10名の中から何名かを紹介します。
一人はベネズエラのチャベス大統領、シリアのアサド大統領、中国の胡錦濤国家主席です。こうした人物はメディアによって間違ったイメージを刷り込まれているので、敢えて名前を明かすことにします。』
 
(実は竹下氏には伝えていませんが、私が残っている旗を見た時、確かに中国国旗が残っていました。それがとても印象的だったのではっきり覚えています。Serena)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 43