最強の不正選挙追及者Aさんの第1級の超重要裁判資料①
〜最高裁への上告理由要旨:Aさんの決死の覚悟〜

最強の不正選挙追及者A様からの情報提供です。
 以前、最強の不正選挙追及者Aさんの動画を紹介しましたが、そのAさんから不正選挙裁判の超重要資料を情報提供していただきました。これから何回かに分けて公開していく予定です。
 平成27年4月12日の大阪府議会選挙で立候補したAさんは、多くの政党に支持され、手応えも十分にあったなかで、開票当日に不可思議な異常が起こり、大阪維新の候補に僅差で負けてしまいました。Aさんは、開票当日に起こった異常の数々が人為的に引き起こされたものとして、大阪府選挙管理委員会に異議の申し立てをしましたが、却下され、その後、大阪高裁に選挙の無効を求めましたが、これもまた棄却されました。
 今回、掲載する裁判資料は、最高裁判所への上告理由要旨です。Aさんの決死の覚悟が伝わってくると共に、不正選挙の概要がよく分かり、最初に掲載するのに相応しいのではないかと思います。是非とも、心に留め置いていただきたいところは赤太字にしています。掲載するにあたりコメントもいただきましたので併せてご覧ください。
(編集長)
 7月の参議院選後にロシアのメディアが日本の不正選挙について報道しており、8月に入ってからは米国の大統領候補のトランプ氏が不正選挙について懸念を表明しており、世界的に不正選挙が公然と行われているということが明らかになってきています。
 特に、日本でシステムを遠隔操作したり、不正プログラミングを使って開票結果を改ざんしていたことは事実や証拠として出てきており、世界的に注目を集めてくると思います。
 堺市では平成27年4月の統一地方選では予備の投票用紙が10万枚、そして、この間の7月の参議院選挙では大阪の泉大津市で8万票もの予備の投票用紙が行方不明(誤って焼却と言ってますが)。これらの予備の投票用紙は当日や期日前の差し替え票として使うことができます。泉大津の消えた8万票は大阪全域でどこでも使えます。
 大阪府の票は同じなので、足りない分を堺市や岸和田市から調達していることからも消えた票は大阪中で使えることがわかります。予備の票を使った差し替え(アナログ)とシステム不正(デジタル)の両方で不正に選挙の得票をいじっていたことが証拠として出てきています。
 あとは、捜査機関がこれを捜査するか隠ぺいするかです。私以外の人達も一生懸命に不正選挙を追及して、全国で状況証拠をたくさん積み上げてきています。今後、日本が継続的に組織的に行っていた大規模な不正選挙は大事件として世界中に報道されることになると思います。
(Aさんのコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
上告 理由要旨

堺市で行われた選挙の不正は、組織的に10年以上繰り返されていた可能性が高く、社会的弱者を食い物にするような内容や堺市職員(公務員)が金銭目的でビジネスを持ちかけているなど極めて悪質であることが新たにわかった。

また、選挙システム自体が遠隔操作できるように穴が開いている設計になっている(ポートが閉じておらず開いている)ため誰でもシステムに侵入できる危険な状態にしていることは2006年の設計段階から不正目的でシステム自体が作成されていることを示している。堺市は2006年4月に政令指定都市になっている。

そして、パスワード(鍵)がかけることができない驚くような欠陥品(選挙システム) を使って、10年近く選挙をしていることもわかった。

これは、業者もこの件に強く関与していることを示している。ここまでくると組織的な不正選挙が選挙管理委員会を中心に行われていた事実は否定できない。

すでに、堺市は全有権者情報を持ち出した元選挙管理委員会の職員を調査中だが持ち出された情報は選挙関連だけでなく、500Gバイトにも及ぶ莫大な量であることがわかった。

これは、もはや堺市役所の保管する全電子データに匹敵するような量であり、ただの選挙違反で片づける次元ではない大事件である。

関連情報
堺市の選挙管理委員会、大量の個人情報や内部の機密事項がネットに流出!
http://tanteiwatch.com/24350

続報・堺市の個人情報流出、公式発表されていない新事実が発覚!独占公開
http://tanteiwatch.com/24757

堺市の職員、YouTubeで個人情報の流出が発覚!その動画を独占公開
http://tanteiwatch.com/38220

役所をターゲットにした完全なサイバーテロであり、ホワイトハウスの職員情報などが中国やロシアのハッカーや産業スパイにより流出している問題よりも深刻である。

組織の裏には外国勢力を含め、どのような目的の集団が関与しているかがわからないからである。

よって、以下の憲法違反に相当する可能性があると思われる。

第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

現在、堺市で調査中の堺市職員が関与している不正選挙疑惑は極めて悪質であり、長期間に渡り、複数の職員や議員が関与しているものであり、法治国家の根幹に関わる重要な問題である。

また、この状況は未だ何も改善されておらず、将来に渡って、不正選挙が行われる状況にある。

選挙管理委員会と議員と業者が結託して票を操作することは、国民の基本的人権を全く無視した行為である。

68万人の堺市の全有権者情報を不正に持ち出し、それを悪用してビジネス利用や選挙に使用していた。1人につき30項目程度もある詳細な個人情報である。

私が異議申し立ての時に指摘した「選管に手をまわしている」と言ったA先生(現・堺市議)は当時の選管トップ(S氏)と結託して不正を行っていた。異議申立で書いた郵政解散選挙の時にA先生は開票中に誰かと電話で繋がっていたとあるが相手はS氏であると思われる。そして、机の下から箱が出てきて5000票がひっくり返って、ここで当落が逆転した。(2005年9月) 

私は8年ほど前に不正選挙の事実を詳しく知ったが当時は誰が実行犯で、どのような手口で不正を行っているのかが全くわからなかった。

現在、有権者情報と選挙システム、選挙の投開票に関わる重要人物の情報を持ち出したと問題になっている職員は、8年前はS氏の部下で実際にS氏の指揮下で堺市選管や北区選管に3年前まで勤務している。

A先生、選管のS氏とS氏の親戚でA先生と親しく、自民党と維新の事務員として市役所内で働いているH氏(彼女は維新と自民の情報を誰かに報告しているスパイ)、そしてB先生(現・維新衆議院議員)とその周辺の人的ネットワークで不正が行われていることは8年前にわかった。

これらの人脈は旧自民党系の人々であるため私は8年前に自民党の市議候補となった時に不正選挙の実態を垣間見ることになった。
その実態があまりにもひどかったために、見て見ぬフリができずに1人で不正選挙についてずっと水面下で調べていた。

私が選挙に出続けたのは、確実に私の票を操作して落選させることがわかっていたから不正選挙のロジックを解明するとともに現行犯で捕まえてほしかったからである。


この件に絡んで何人もの人が死んでおり、私がお世話になった人もその犠牲になっているため到底許せる事件でないことは明らかである。私も不正を知ってしまったために2度も交通事故にあっており、嫌がらせも受けている。

A先生は事前に誰が落ちるかを予言し、票数もぴったり当てる。そして、誰が通るかという噂を事前に流す。すべては計画的である。


第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

今回の選挙でも維新は介護施設と病院だけは回っており、介護関連の名簿が維新に流れているという噂は選挙前からあった。施設の投票箱の鍵管理者の情報が漏れているという話は以前からあった。

そして、今回、職員によりこれらの詳細情報が持ち出されていることが明らかになった。
社会的弱者の票を勝手にいじっているということは、社会的弱者は個人として全く尊重されていないことになる。
そして、自由(投票の自由)を完全に奪われている状況にある。これは、すべての不正の中でも特に悪質であり、完全に人権無視の行為である。

堺市が9月13日発表した報道関係者向け資料によると郵便による不在者投票の対象者である障害者などの等級や手帳番号、送付先住所、代理記載人の個人情報、病院・施設の不在者投票データなどが流出しており、これらは8年前に私が見聞きした「施設の票をいじっている」という話を裏付ける証拠である。

4年前に期日前投票の箱がある部屋だけ夜中もずっと電気がついていたという目撃情報が多数あることも異議申し立てで書いたがこれを裏付ける状況証拠(持ち出された投開票所借上事務関係データとは、投開票所の場所、鍵管理者の個人情報など)でもある。

また、この職員は北区だけでなく、全区のシステム管理をしているため他の区の情報にアクセスする権限も持っていた。
探偵ウォッチに他の区の知り合いに頼み、北区以外の全ての区の個人情報も全て手に入れたということがはっきりと書かれてある。

発覚しているのは北区分だが全区の情報が漏えいしている可能性がある。
選挙管理委員会で働いていた職員のこれらの不正は以下に該当する。

第15条 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
第15条 4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問われない。

社会的弱者(自分の意志で投票困難な障害者や重度介護者)の票を施設の人間が勝手に操作していた可能性があり、投票の秘密が全く守られていない状況が続いている。

第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところ により、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

10年にも渡って、堺市では不正選挙が行われていた可能性が高く、選挙の当落が変わるような大幅な票の差し替えによって落選した候補者は生活が一変してしまった。もし、このような不正選挙が行われていることを事前に知り得たなら選挙に出なかった人も多いと思われる。選挙に出ることは、金銭的にもかなりの負担であり、家族やまわりの支援者にも相当の協力を得なければならず、選挙に出なければ失われなかったものは多い。出馬するために職業を失った人や落選した議員は生活に困窮していることも多く、精神的・金銭的な損害は甚大である。何人もそのような候補者を見てきた。

第93条 2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

選挙の票自体が大幅にいじられた不正な票であれば選ばれた議員も住民が直接選んだ人でないことになる。
本当は当選していない偽りの人が議員をしていることは、民主主義に反することであり、これでは法治国家ではなく、放置国家ではないか。

司法が政治的圧力や行政よりの判断で、この問題を無視する場合は、この国は三権分立ではなく三位一体である。イスラム国とほとんど変わらない。

この事件は、公務員や議員が関与している点が特に悪質である。このような特権階級の人間が声を全く挙げることができない社会的弱者(障害者など)を 完全に食い物にしている構図は決して許されるものではない。

また、議員が不正な方法で選ばれている可能性があること自体が憲法違反と思われる。堺市においては、地方選挙だけでなく国政選挙においても同じ状況が10年近く続いているため国会議員、地方議員の中には不正をして当選している議員が複数いる疑惑がある。

これは、国内初の本格的なサイバーテロである。

22:00頃から各区で計数機に不具合を起こしたり、計数機を交換することで紙の票(アナログデータ)をいじり、それにあわせて、23:44頃にシステム障害を起こし、0: 34に遠隔操作でシステムに侵入し、堺市全区の情報(デジタルデータ)を書き換えた。

紙の票をいじっているため途中段階の30分毎の開票速報のデータを公開することができなかったためにわざと途中でHPの更新を止めたり、サーバをダウンさせた。

もし、不正がないなら計数機の不具合の原因を特定し、システム侵入時のデジタル改ざん分のデータ(ログデータがサーバに残っている)を公開することで潔白を証明すること。

これは、簡単にできる検証であり、検証しないで事実を隠ぺいする場合は不正があったと判断するしかない。

ログデータを開示せずに「消し去った」などと平然と嘘をつくのであれば隠ぺい罪や法廷侮辱罪に相当する犯罪である。堺市選管は平気で嘘をつくし、虚偽の書類を出してくる。

私は自民党以外の民主党、公明党、そして共産党からも応援してもらいながら落選していることは絶対に納得できない。
数百~数千単位での差し替えがあったと考えている。


地元の支援者や他の政党で応援してくれた人たちからも裁判で声を挙げてほしいという要望があり、裁判をしている。
私は地元の堺市の有権者の代表として不正選挙裁判を闘っている。これは私だけの問題ではないと思っている。

266票がひっくり返れば当落が変わってしまう結果でありながら投票箱を開いて確認する作業すらしてもらえない。この国は一体どうなっているのか??

何のために投票用紙を4年も保管しているのか意味がわからない。不正選挙が疑われる場合、後から確認するために票を保管しているのではないのか?

堺市職員の不正が明らかになっているのに、何も科学的検証や票の確認作業がされないまま一方的にウソか本当かさえわからない選挙管理委員会の書いた供述のみで判断されて、裁判で負けたことは全く納得がいかない。

大阪高裁の裁判では、不思議なことに計数機に不具合が本当に起こったかどうかの事実確認もないまま判断が下された。堺市所有の計数機の数は未だに不明であり、マスコミ各社にもこんな状態のまま裁判が終わってしまったのか?と質問された。

もし、司法がこの問題を堺市選管のように闇に葬るのであれば私は決死の覚悟でウィキリークスのスノーデン氏のように海外の諜報機関、メディアに全情報を証拠とともに出す。 

裏に海外勢力がいるとすれば国際テロの可能性も否定できないからだ。
私はこれ以上、死人が出るのを見たくないので、司法がこの問題にまじめに対応してくれることを期待する。

注)なお、Aさんの裁判資料は下記のURLからダウンロードできます。
http://ameblo.jp/huseisenkyo/entry-12163148287.html

Comments are closed.