ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第7話 ― ソビエト連邦 大惨事の社会実験(上)

 2013年1月、プーチン大統領はモスクワの国立スキニアソン図書館で列席したユダヤの有力者たちを前に次のように語っています。「最初のソ連政府メンバーの80~85%はユダヤ人だった。」「誤ったイデオロギー的考えにとらわれたそれらのユダヤ人たちは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教やその他の宗教の信者たちを逮捕し、抑圧した。」
 100年前の1917年11月「10月革命」が起こりその後の闘争を経て1922年にソビエト連邦が発足します。この一連の動きをロシア大統領自身が「ユダヤ人による革命政府だ」と言外に明らかに示しているのです。いやもっと正確にはその革命を実行したユダヤ人は「既成宗教全て、ユダヤ教をも否定迫害した」と語り、革命ユダヤ人はユダヤ教徒つまりユダヤ人でもないとの認識を示しているのです。
 ロシアの転覆とソ連の樹立とは、世界政府樹立における最大の敵と目された帝政ロシアの打倒転覆、同時に世界統一政府下における人民統制の仕組みの社会実験、それもいわば密室状態にしておいての実験でしょう。「偽ユダヤ」の計画と指示、「ハザールマフィア」の実行によるものです。
 私自身調べてみて驚愕と震撼を受けたのですが、10月革命の1917年からスターリンが死去した1953年の約35年間、旧ソ連の民たち、ロシア人ウクライナ人たち、ハザール人らも恐るべき凄惨な苦痛苦難の歴史をその身奥深くに刻み込むことになるのでした。ソ連発足これは大惨事の社会実験でした。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第7話 ― ソビエト連邦 大惨事の社会実験(上)

フランキスト(悪魔主義)が建設、支配したソ連


1815年のウイーン会議から数えて100年余に渡ったロシア転覆工作、その仕上げ1917年の10月革命は「ユダヤ革命」だと示していましたが、より正確には「フランキスト革命」と呼ぶべきでしょう。

外伝1で紹介したヤコブ・フランクは18世紀に当時ポーランド領で旧ハザール領の隣接地域ガリチアに誕生します。父親はサバタイ主義、これは国家内国家を形成していたポーランドハザールユダヤ人社会の中に既にサバタイ運動の拠点がいくつかあったこと示します。

ガリチア地域を始めとしたそれら拠点を中心にヤコブ一派はサバタイ主義を更に凶悪凶暴にしたメシア運動フランキズムを展開したと見て良いでしょう。フランキズムこれはステルスサタニズム運動であって、悪魔主義のフランキストはすでに同じハザール人であっても改宗ユダヤ人とは決して呼称できません。一般ハザールユダヤ人とは区別すべきです。

ロシアは18世紀末のポーランド分割にて単なる改宗ユダヤのハザール人だけでなく悪魔主義に変質した危険なフランキスト・ハザール人らもその領内に取り込んでしまっていたのです。彼らが工作員としてロシア一般社会やハザールユダヤ人の中に潜り込み「皇帝暗殺計画」「ポグロム煽動」「シオニズム」「革命運動」等に従事していたと見るべきでしょう。

その裏で世界政府樹立のためロシア転覆を計画しフランキスト・ハザール人らにその指示と援助をした国際金融銀行家、彼らもフランキストであり悪魔主義者です。従ってロシア転覆は全てがフランキストの計画と実行によるので「10月革命」は「フランキスト革命」とするのが正確だと認識するのです。

ただし同じ悪魔主義の魔でも使役する側と使役される側がいます。魔を使役する側の悪魔の国際金融銀行家を「偽ユダヤ」使役される側の魔のフランキスト・ハザール人たちを「ハザールマフィア」と呼称することにします。歴史の表舞台というか教科書に載っているレーニン、トロッキー、スターリン、そしてヒットラーたちは使役される側で使い魔と見て良いでしょう。偽ユダヤは歴史の表舞台、教科書に載ることはないのです。

ヨシフ・スターリン [Public Domain]


1922年に発足し、ハザールマフィア間の内ゲバで勝利し独裁者となったスターリンが治めたとされるソ連、このソ連を共産主義イデオロギー国家と一般には教えますが本質を外しています。フランキストつまり悪魔主義が建設した国家がソ連です。悪魔主義者の行動原理は怨念憎悪の狂気と恐怖です。

当然ソ連は怨念憎悪が渦巻く恐怖政治となりそこに民は巻き込まれます。新たに収容所が次々と建設され、その所長にはほとんどがユダヤ人(正確にはフランキスト・ハザール人でしょう)が就任し無数の民が続々と収容され強制労働、拷問、虐殺されたのです。人民監視・密告が制度義務化された超警察国家です。その全てがいわば密室内で行われたことです。秘密警察機構その狂気と恐怖こそが初期ソ連を統治したのです。

極言すると共産主義思想とかイデオロギーなどとは実は強欲の権力支配権争いをごまかす、とってつけた上面の飾りに過ぎません。

イワノフ氏の語る初期ソ連の支配体制



一般にはグルジア出身の独裁者とされたヨシフ・スターリン(1878-1953年)、彼は隠れハザールユダヤ人との説が根強いです。ロスチャイルド家の息子との説もあります。ただし元ソ連外交官イワノフ氏はこの独裁者共産党書記長スターリンを、その側近で1930年代ソ連NO2の地位にあった共産党書記ラーザリ・カガノビッチ(1893 – 1991年)が終始操っていたとします。カガノビッチの妹がスターリンの3番目の妻でもありました。

イワノフ氏によれば怪物カガノビッチはハザール帝国の皇帝であるカガン直系の子孫であり、彼がロシアにハザールの国家内国家を現出させ、そのハザールユダヤ国家を支配したとのこと。ハザールによるロシアの内部乗っ取りです。そしてその方法は共産党を表向きの形式にして実態は裏組織である秘密警察の国家保安省(後の国家保安委員会=KGB)にて統制支配したと語ります。

「国家保安省の幹部のすべてがユダヤ人だった。トップだけではなく、中間層も下層も、ほとんどがユダヤ人で占められていた。」と。

この国家保安省内にあってやがてその全権掌握したのがカガノビッチの従兄弟ラヴレンチー・ベリヤ(1899-1953年)です。ハザールユダヤ人(母親)とのハーフのベリヤは極めて危険な男でした。婦女子に対する性暴力を含め無数の人民が彼の毒牙にかかり収容所送りにされ命を落としています。ベリヤは影の如くスターリンと常に共にあったのですがそうやって忠実な部下を装いながら実はスターリンを監視していたようです。

カガノビッチとベリヤの主従関係は「ハザール王国では宗教的権威をもつカガン(皇帝)実際の政務を行うビャク(執行者)。・・・ハザール王国の再現であった。一般に「スターリンの独裁」とよくいわれるが、事実はハザール人のハザール王国の指導者による独裁だった」。

「カガノビッチは、ベリヤすなわち国家保安省を通して、ロシア=ハザール国家を支配していった。」としています。

初期ソ連の支配者スターリン、カガノビッチ、ベリヤ、いずれにしても彼らの狂気と恐怖に彩られたその行為を見る限り、彼らはフランキスト悪魔主義者と見ざるを得ないのです。地球上世界、広大なソ連に彼らは破壊に次ぐ破壊行為にて地獄を現出させました。


計画飢餓による大虐殺、ホロドモール


初期ソ連の支配者の彼らはロシアの宗教(ロシア正教会)や伝統文化等全て破壊していきます。

とりわけ憎悪の対象とされたのが土地所有の農民です。彼らは勤勉な農民でした。しかし支配者から土地所有の農民は富農であり富農は人民の敵とされたのです。支配者たちはコルホーズ(集団農場)ソホーズ(国営農場)創設の改革政策の名称で、農民から土地を収奪したのです。

先祖伝来の土地を奪われる農民は抗います。その農民1000万人は銃殺もしくはシベリア送りにされたとのこと。伝統農業システムの完全破壊です。農業システムが破壊された旧ロシア領では幾度も飢饉に襲われ多数の人民が餓死に追いやれました。更に悲劇が襲います。

ソ連の構成国となっていた豊かな穀倉地帯であるウクライナ、1932年の冬から1933年の初夏にかけてこのウクライナで莫大な餓死者が出ます。その数少なく見積もって500万人以上、1000万人との説もあります。通りのいたるところに餓死者の死体が放置され歩行者から気にもとめられなくなっていたようです。余りの餓死者の数に感覚が麻痺し正確な数字さえ出せないのです。

この莫大な餓死は人為的計画的なもので明らかな大量人民虐殺です。ホロドモールと呼ばれます。いい加減なホロコーストなどとは規模内容において比較にもなりません。

豊かな穀倉地帯ウクライナで生産される小麦は外貨獲得のための貴重な資源とされ輸出に回されたのです。ソ連では小麦を主にフランスへ輸出し外貨で鉄鋼産業を育てる政策がとられたのです。生産者の農民たちが飢餓に陥ってもお構いなしです。飢えた農民が政府や集団農場に無断で自分が生産した小麦を手にすると「人民の財を奪った」とされ、軍隊によって処罰されたのです。妊婦でも子供でも。農民たちはなすすべも無く枯れ木が倒れるが如くに餓死していったのです。奪いに奪って破壊する文字通りの地獄です。

誰がこの地獄を現出させたのか? ウクライナに出向いてこの政策、計画飢餓殺人を直接指導したのがカガノビッチ、その人です。カガノビッチは穀物貿易の主任者でもありました。現在のウクライナとロシアの関係を見る上でこのホロドモールのことは無視できないでしょう。ウクライナ人民にとりホロドモールの歴史経験はウクライナの民族としての身体の奥深くに、民族としての遺伝子に刻み込まれていると思われるからです。



Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.