ぺりどっと通信14 予知

 動物には災害などを予知する能力があり、地震や津波などの天災の前にはそれを予め感じ取り、災害前に逃げ出すといわれていることは皆さんもご存知の通りです。では、われわれ人間はどうなのでしょう。。。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スラマッシアン!ぺりどっとです。インドネシア語の"こんにちは"ですが、スラマッパギー(おはよう)の方が有名かしら。インドネシアは、地震が多い国ランキング 第一位なのです。ちなみに第二位は日本。
http://xn--p8jjyp8b9p.com/the-world-earthquake

pixabay[CC0]


反対の自然災害の少ない国のランキングも載ってましたので、ついでに。
http://xn--p8jjyp8b9p.com/safe-country-ranking

世界で一番自然災害の少ない国は、カタールです。地震なし、ハリケーンなし、干ばつなし、津波なし、噴火なしという危険度のとても少ない国。

そしてこのカタール、世界で一番災害が少ないのと同時に世界一のお金持ちの国としても有名だそうです。天然ガス輸出(2014年天然ガス輸出額世界1位)で得た利益をしっかり国民に還元していて、

・消費税や所得税などの税金無し
・医療費無料
・大学までの教育費が全て無料
・光熱費や水道代などの公共料金無料
・結婚すると国から土地がもらえる
・家を建てるときには強力なサポートがあり豪邸に住める


驚きの政策ですよね。まるで、カダフィ大佐指揮下のリビアのようです。

pixabay[CC0]


さてさて最近、関東でも関西でも地震が続いております。そんな大地震などの災害を予め察知する方法はあると思いますか。

竹下先生は、2006年6月12日(月)午前5時2分前後の地震をその三日前に予め警告されていました。この当時、三重にいた僕も固唾を飲みながら見守っておりました。驚愕したのは、実際に発生した地震の時刻です。
<2006年6月12日(月)午前5時1分地震発生!>
微細な感覚を研ぎ澄ませば、こうしたことも可能になるというのでしょうか。

しかし、僕ら凡人のような霊能力や微細な感覚など一切なくても出来る簡単な方法があるのです。それは身体のある部分を利用して身の危険を予知します。そういえば、竹下先生も『身体は何でも知っている』と言われてましたもんね。

pixabay[CC0]



それは、

「三脈の法」もしくは「三脈護身法」

と呼ばれるもので
す。近い将来(数時間~1日程度)に発生する身の危険を事前に察知する方法で、身体の三カ所の脈を測るだけですので誰でも簡単に試すことができます。

pixabay[CC0]


もともとこの三脈の法は、中国の方位術である奇門遁甲(別名:八門遁甲)がルーツで、五術(命・卜・相・医・山)のうちの医術(中国医術)にその記載があるそうです。

やり方は至極簡単です。
1.右手首の動脈を探します。
2.首の頸動脈を探し当てます。
右手の親指と中指で頸動脈を押さえて脈を確認します。
3.3カ所の脈を確認します。
右手の親指と中指を頚動脈を押さえ、右手首の動脈を左手の親指で押えて脈をとります。

通常はこの3カ所の脈は一致しています。
もし一致していない場合は、24時間以内に命の危機に関わる事が起こる
とされています。

さくらももこさんもももこのおもしろ健康手帳』の中で、飛行機に乗る直前などに必ずこのチェックをすると言ってます。また古来よりこの方法を用いて、大きな災害や身の危険を脱する事が出来たという人が結構たくさんいるそうですよ。

実際の例 1
 元禄の世、筑後(福岡県)柳川藩が参勤交代で江戸へ上る途中、遠州新居宿の本陣に宿泊しようとしました。
 到着後、随行の医者がいつもの習慣で三脈を取ってみると頚動脈と手首の動脈の脈が一致しない「死脈」であることがわかりました。念のため他の者の三脈を取ると全員「死脈」でした。(中略)...危険を感じたため白須賀の宿まで戻りました。
 しかしここでも全員死脈だったので、さらに二川宿まで戻ることにし、脈をとってみたところ、今度は全員正常脈になったのでそこに泊まることにしました。
 果たしてその夜、新居宿付近一帯に大きな地震が起こり、新居宿、白須賀の宿場は津波に襲われ住民と旅人全員が死亡しました。

実際の例 2
 大東亜戦争(太平洋戦争)時、東京空襲の時に防空壕に避難していたある人が三脈を取ると「死脈」でした。
 それで、防空壕に避難していた人たちにここから出るように言いましたが誰も従いませんでした。それでも熱心に説くと、2、3人がそれに従いそこから出ました
 その直後、入り口で焼夷弾が爆裂して防空壕内いた全員は死亡しました。

Wikimedia[Public Domain]


実際の例 3
 1985年8月12日、飛行機に搭乗しようとしたところ、三脈を取ると「死脈」なので急いでキャンセルした人がいました。
 搭乗する予定だった飛行機は、その後御巣鷹山へ墜落して死者520人を出した日航123便でした。

pixabay[CC0]


また、地震などの災害の前には、不整脈になる人も結構多いようなのです。

https://www.logsoku.com/r/2ch.net/eq/1253584049/ より

142 : M7.74[] : 投稿日:2009/10/01 22:47:42ID:BfQzaz5v [1/1回]
そういやあ8月の静岡地震の1ヶ月ぐらい前から当日まで、
不整脈が酷かった

もうしょっちゅう脈がとぶ

もうじき心筋梗塞にでもなって死ぬのかと密かに覚悟してた

静岡地震がおこってから、不整脈はぱったりなくなった
(中略)

146 : M7.74[] : 投稿日:2009/10/02 11:09:42ID:8agPNpoI [1/1回]
>>142
俺も岩手の地震の1ヶ月位前から不整脈がひどく、我慢出来なくて病院に行った事があります。 心電図の検査をしたら悪い波形ではないので様子を見ましょうと言われました。
その他精密検査しても異常はありませんでした。
ところが地震が来たその日の夕方からは不整脈はピタリ治まりました。

僕自身はこの三脈の法での体験は特にないのですが、インドである体験をしました。

インドの田舎をあるところに向かって、ひたすらマントラを唱えながら歩いていました。すると一台の外車が僕の横を抜き去り、前方で急に停車したのです。車から降りてきた一人のインド人紳士が僕の方に恭しく近づき、こう囁くのでした。

「よろしかったら、一緒に食事をしませんか?」

その方と奥様は手持ちのお弁当を持ってきていたらしく、よかったら僕も一緒に食べないかと誘ってくれたのです。早速近くにシートを広げて、三人で楽しくランチをいただくことになりました。そのランチは手作りでとても美味しいご馳走ばかりだったのです。その後、お礼をして別れました。

またマントラを唱えながらゆっくりと歩いていると、胸の鼓動が突然激しくなったのです。激しい運動をしているわけでもないのに、こんなにも鼓動が激しくなったのは初めてのことでした。きっと何か起こるに違いないと思って木の下で待っていると、

突然のスコール!!本当にバケツをひっくり返したような凄まじく激しい雨が降り注いできました。

pixabay[CC0]


そしてその後、見事な巨大な虹が目の前に現れたのでした。。。

pixabay[CC0]


そういったわけで脈の異常といったものは、もしかしたら心臓からの危険を知らせる僕たちへのメッセージなのやもしれませんね。

(まの爺)
 「三脈」は武道のたしなみ、覚えたての頃、嬉しくて何度も見ておったのぢゃが、
そのうち飽きて、すっかり忘れておった。
「三脈」をとってみよう、と思い立つのも一つの「予知」であるのぢゃなあ。
しかし、しかし、まの爺が一番気になったのは、三脈よりもスコール予知よりも
ズバリ、謎の手作りセレブ弁当ぢゃ!!!
 なぜ、ぺりどっと氏の前に、突然、夢のようなランチタイムが降ってきたのであろうか?
ぺりどっと氏が、どうしても一緒にランチを食べたくなるような食欲増進系の顔をしておったのか?
それとも、そのセレブ夫妻、実は、マントラを唱えるぺりさんにご褒美を下された神様であったのか?
ちなみに、、お弁当の中身はどんな風であったかの?
ちょっとだけ教えて下さらぬか?
サンドイッチ?カレー?インド風幕内?
口に入れた途端に雲のようにフワフワと溶け去ったりしなかったかのう?
う〜む、「予知」より「お弁当」に食いついてしまう、まの爺、、、。

え~と、お弁当はカレーでしたね。とても辛いカレーでしたが、ヨーグルトをかけるとマイルドになることをこの時初めて知りました。このときのインド道中記はまたいずれ。。。

opencage[CC BY-SA]


Writer

ぺりどっと

ぺりどっと

健康マニア!インド渡航歴13回。
東京は築地生まれの江戸っ子!
試したがりの変わり者♪
移住してきた瀬戸内海の離島の古民家や海、山、畑でゆったりと過ごしながら、時事ブログの記事編集のお手伝いをさせて頂いておりましたが、山口の山奥に引っ越しました。
ぺりどっと通信で時事ブログの品位と波動を下げないかどうかが実に心配です。

■ 勝手に編集後記 ■

災害時でもガヤトリーマントラと愛のマントラを唱えていれば大丈夫かと思いますので、参考程度にどうぞ♪


Comments are closed.