ぺりどっと通信21 くろ

 ぺりどっと通信12 にゅーよーくの続編です。長く続く暑さを逆手にとって、ご利用させていただきました。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ドバル ダン!ぺりどっとです。今回はクロアチア語の"こんにちは"です。ネクタイはもともとクロアチア人の風習だったそうで、ヨーロッパではネクタイのことを「Cravat」(クラヴァト)と呼んでおり、この言葉自体「クロアチア人」を意味する「クロアト」(Croat)に由来しているとのこと。

pixabay[CC0]


ぺりどっと通信12でも触れましたが、うちではプロパンガスを使った瞬間湯沸かし装置を使ってお風呂のお湯を沸かしておりました。いつでもすぐにお風呂に入れるのでとても便利で助かっていたのですが、ぺりどっとは今年の6月いっぱいで、プロパンガスの契約を打ち切りました(…とはいえ、プロパンガスはいつでも電話一本ですぐに再開可能です)。というのも、何度も何度も度重なる試行錯誤の末に、プロパンガスなしで何とかお風呂に入ることが出来るように目途がついたからなのです。その詳細や具体的なやり方については、また別の機会にご紹介したいと思います。

今回は、今の暑い時期での入浴法です。暑い季節ですと、温かいお風呂には入らずに、ついつい、水シャワーや水風呂ばかりになりがちになってしまいますよね。日中も冷たい飲み物や食べ物中心になっていますと、その冷えが体のあちこちに残ってしまいます。これが後々の不調や病気の原因にもなり得るのでしっかりとしたケアが必要かと思います。


ですので、暑い季節であっても、ときどきは温かいお風呂に入って身体を芯から温めたり、温かい飲み物食べ物をとるというのは賢明だと思います。僕はどんなに暑い日であっても、毎朝温かい白湯を飲みます。そして冷たい飲み物食べ物を飲んだり食べたりした後にも、白湯を飲むようにしています。出来る限り、体に冷えを残さないことが健康には肝要です。この白湯はアーユルヴェーダでも勧められていまして、本当にボディブローのようにジワジワと確実に効いてきます。

今回の入浴法には、ガス代も電気代もかかりません。また、田舎の家屋にあるような太陽熱温水器があるわけでもありません。そして、うちのように井戸水が使えるのでしたら、水道代さえかかりません。この夏も完全無料な方法で入浴を満喫しております。あっ!すみません。井戸水を電動ポンプで汲み上げていますので、その分の電気代だけかかってました。

まずは灯油用のポリタンクを使います。



このポリタンクに水を入れて、晴れた日に庭に置いておくだけで、太陽光の熱によって中の水が温かくなっていきます。購入した青タンクでは、次のように温度上昇しました。

6月某日 晴れ時々曇り 最高気温29℃
井戸水の水温13℃が7時間ほどで、30℃近くまで上昇

この性能ではまだまだ実用に耐えません。そこで、この青タンクを黒く塗ってみることにしました。普通、ペンキを刷毛などで黒く塗るかと思いますが、1/10ほど安くすむ油性の黒マジックでいきました。黒マジック一本で足りないかもしれないと思いましたが、一本だけで二つのポリタンクを充分塗ることが出来ました(片面しか塗ってませんが)。そして、水を入れて炎天下に放置。

6月某日 晴れ時々曇り 最高気温30℃ほど
井戸水の水温13℃が7時間ほどで、34℃近くまで上昇

やはり、黒く塗ったポリタンクの方がより温かくなります。さらにここで、この黒ポリタンクの下に銀色のシートを敷いてみました。周辺の地面にこぼれていた太陽光を黒ポリタンクに反射させる感じです。


これでかなりの効果がありました。

7月某日 晴れ時々曇り 最高気温31℃
井戸水の水温17℃が7時間ほどで、45℃まで上昇

これだけあれば、十分にアツアツのお風呂に入ることが出来ます。しかしながら、太陽が出ず曇りが続くと、30℃以上の気温であっても、気温程度までしか水温は上昇しませんでした。

こうした今回の実験結果を見てみると、晴天であれば、ただ黒く塗ったポリタンクの中の水は、5~7時間ほどで気温+10℃以上の水温になる結果となりました。


この結果から、夏場の炎天下での、黒いヘルメットや黒い帽子を長時間着用したりするのはちょっと怖い気がします。また、エアコンが付いているとはいえ、黒色の車や黒い屋根の家というのは暑さにおいて、かなりのハンデをおっているなと思いました。夏場だけで考えれば、銀色や白色系の色が最も好ましいとも思いました。逆に冬場では、熱を集めるので寒さ対策にも使えるのかも…と妄想に余念がありません。

Wikimedia[CC0]


このポリタンクは18ℓの容量なので、一つではお風呂の湯量としてはかなり少なすぎるので、二つ使って36ℓにしました。これをバスタブに入れてみると、立った状態では足のくるぶし辺り、座るとやっと腰のあたりの水位になる感じです。

でも、ぺりどっと式入浴法ですと、これだけの湯量でも充分に入浴が可能なんです。仕上げのひっくり返っての逆半身浴…とても人様にお見せできるような姿じゃございませんが。さすがに湯量が絶対的に少ないため、けっこう早目に冷めてしまいます。でも、夏場はもうこれだけでも充分です。ゆったりとぬるめのお湯に浸ることで、身体もすっかりゆるんできます。

天気予報が快晴ならば、今日はお湯を作って温かい入浴でも楽しもうかと思う雅の心。完全に天日だけでつくったお湯の優しさ。。。夏場限定ですが、天然天日湯温泉の出来上がりです♪

pixabay[CC0]


ついでに蓋つきの黒い湯呑を購入しまして、天日で白湯も作ってみました。数時間ほどで水温が38℃ほどまで上がりました。飲んでみましたら、少々ぬるかったです。これもまだまだ改良の余地アリです。


というわけで、ぺりどっとのお風呂へのあくなき探求は、この後もまだまだ続く…


(まの爺)
 なんと!
マジックで塗ったと!
黒い45Lビニール袋で、くるりと包んではダメかのう?(←楽をしたいグータラ)
ぺりどっと氏のひっくり返った雅な入浴は見たくないが、45℃というのは一見に値しますぞ。
日光の恩恵のみでここまで十分に熱いお風呂になるとは驚きであった。
炎天下と黒色のコラボで、暑さを嫌うのではなく味方にしてしまうのが、ぺりどっと流ぢゃな!


実はパータさんからご発案をいただき、青ポリタンク+黒ビニールでも試してみていたのです。

6月某日 晴れ少々曇り 最高気温28℃
6時間ほどで、黒ポリタンク42℃、青ポリタンク+黒ビニール37.5℃まで上昇

残念ながら、黒く塗るよりも水温は上がりませんでした。おそらく黒ビニールと青ポリタンクの間の空気が断熱材となってしまい、熱がポリタンクの中まで届きにくくなってしまったものと思われます。ですので、黒ビニールに直接水を入れれば、より効果的かと思われます

…だがしかし。。。コレ、運ぶのが大変ですし、途中で破れそうでして。。。

Writer

ぺりどっと

ぺりどっと

健康マニア!インド渡航歴13回。
東京は築地生まれの江戸っ子!
試したがりの変わり者♪
移住してきた瀬戸内海の離島の古民家や海、山、畑でゆったりと過ごしながら、時事ブログの記事編集のお手伝いをさせて頂いておりましたが、山口の山奥に引っ越しました。
ぺりどっと通信で時事ブログの品位と波動を下げないかどうかが、ますます心配です。

■ 勝手に編集後記 ■

今回の天然天日湯温泉は、黒いポリタンク容器が大活躍!
黒いポリタンク容器で熱いお湯が出来たので、
 黒容器で熱いお湯や→黒でアチー湯や→クロアチーヤ→クロアチア
…おあとがよろしいようで♪

pixabay[CC0]





Comments are closed.