『オオマサガスが日本で発明された意味。それは自然と共生して栄えてきたこの国でその和を乱し始めてしまった現代の我々が、再び自然の姿に学んで水のように調和する真の文明を創るための天の導きなのではないだろうか』(中編)

 前編からの続きです。

 革新的なエネルギーであるにもかかわらず、なぜか表立ったニュースにならないというのは、とても不可思議な事実ではありますが、まずはともかく、"水が変換したオオマサガスが燃える!神秘なる焔!!"をとうとう実際に見ることができました!初めてみる、その神秘なる光にしばし見とれます。
 オオマサガスの燃える炎は暖かい火でした。バーナーから出る火の温度は700℃位ありますが、手をさっとかざす分には意外にも暖かいくらいの感触なのです。しかし一旦その火をチタン(融点1800℃)やタングステン(融点3300℃)にかざすと途端に5000℃超えとなり、チタンやタングステンはあっという間に煙と化します。それは、オオマサガスがブラウンガスのような分子ではなく原子だから!ということで、こうした現象は太陽の核融合と同じと考えられるとのことです。太陽のごとく燃えるオオマサガスの神秘なる火を実際に見ているのです。

"なんとも美しい炎!これが地球を変える太陽の火か!!"

『自然の恵みと言えるこの技術は、恐らく、水と和する心を失いかけている日本人に、再び水との調和を取り戻すように促す自然の意思なのだと私は思っている。』(大政龍晋著「地球を変える男」より)
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
燃える"オオマサガス"!
①オオマサガス


ただ水を電気分解すると、ミリ単位の気泡が発生して水素ガスと酸素ガスの混合ガス(ブラウンガス)ができます。その点、振動攪拌しながら水を電気分解する時にできるナノ・マイクロバブルのオオマサガスは水素や酸素の混合ガスでなく、新たな結合体だということです。それはオオマサガスの液化温度が-178℃であることからもわかります。酸素と水素の液化温度はそれぞれ-183℃、-252℃なのです。
・オオマサガスは、こうした水素と酸素が単に混合したガスとは異なる新たな構造をしているというのがポイントです。水素分子と酸素分子の間に気体の状態の水クラスターが入っているのです。(水クラスターとは複数の水分子が水素結合で結びついてできている集合体)そして働きとしては、分子ではなく原子に作用するとのことです。(詳細は後編にて)
・この振動攪拌しながら電気分解するアイデアを思いつき、できた酸水素ガスが爆発もせずに青白く燃える炎をみたとき、大政氏は大変感動されたそうです。
"水から安全に燃えるガスを造った!"と。


・ファントムのボディなどに使われている、チタン(融点1800℃)の板に火をあてると、太陽のような眩しい光が出現して、あっという間にチタンは煙となって消失します。


タングステン(融点3300℃)もオオマサガスで燃える火にあてると、やはり核融合が始まり、あっという間にタングステンも煙となって消失します。

・また、12kWの発電機による実験の結果、2.4kWで製造したオオマサガスによって6kWの発電が得られることがわかりました。入力したエネルギーの2.5倍となるエネルギーが出力されることになります。
水からフリーエネルギーが取り出せる!ということが実証されているわけです。

②混合燃料(オオマサガス90%、プロパンガス10%)


・オオマサガスはそれ自体が酸素を持っているため、大型エンジンなどでは空気の流入を防ぐ必要があります。そんなある朝、目覚めの大政氏に啓示が来ます。
"空気と喧嘩してはいけない、空気と仲良くしなさい"と。
この啓示から大政氏は、可燃性ガスとオオマサガスとの混合ガスを作って燃焼させることを思い立ちます。

・こうしてできたオオマサガスとプロパンガスの混合ガスも単なる混合ではなく、新しい結合体を作っていることがわかったのです。
・そして燃焼後に発生する二酸化炭素の量も、100%プロパンガスの場合と比べると、オオマサガスを加えた分以上に削減されることがわかりました。


・これは新燃料ですから、オオマサガスのような核融合は起こしません。


・タングステンでも同様です。燃えて煙と化すことはありません。


・もちろん新エネルギーにより電球は光ります。

③混合燃料(オオマサガス80%、二酸化炭素20%)

・大政氏はある日、二酸化炭素削減に関しての啓示めいたアイディアを思いつきます。(もちろん、二酸化炭素の排出により地球が温暖化しているというのは、支配者による地球温暖化詐欺であるとおもわれますが)
プロパンガスと同様の不活性ガスである二酸化炭素なら、オオマサガスと結合して新たな混合ガスができるのではないか?と。
・その予感は当たり、不燃性の二酸化炭素と水を消す水からできたオオマサガスが結びついて、新たな燃える燃料を作り出したのです。(「私は発明とは、音楽の和音のようなものだと感じている」地球を変える男より)


・ここには、人工光合成と書いてあります。植物は光合成で二酸化炭素を酸素に変える働きをしていますが、オオマサガスと二酸化炭素の混合ガスもまた二酸化炭素をべつのものに変容させる(削減させる)働きをしている!という意味で人工光合成とうたっているとのことです。


・現在、日本政府は温暖化ガス削減の技術開発のために毎年3兆円もの異常な投資をしていますが、その技術の中身はといえば単に二酸化炭素を大気中から地中に移動させるというだけのものなのです。(先日の時事ブログにもあった「苫小牧CCS 二酸化炭素地下圧入施設」など)
この混合ガスでは、不燃性の二酸化炭素が新たな燃料として蘇るわけです。もうCO2を地下圧入する必要もなくなるのです。(人工地震も止められます)
・また、石油や石炭からシュールガスや天然ガスに移行したとしても、二酸化炭素が排出されることに変わりはありません。
しかしそれらのガスにオオマサガスを30%でも混合すれば、それは新たな燃料となり、排出される二酸化炭素は1/10-1/20まで削減され、コストも半減以下になるというわけです。
"コペルニクス的転回といっても過言ではない技術!"との大政氏の言葉は、こうした実績に基づいているのです。


・これもまた新燃料ですから、オオマサガスのような核融合は起こしません。


 進化するオオマサガス!



2010年の頃から、オオマサガスとプロパンガスを50%づつ混合したガスとして各種実験に取り組まれていたそうですが、去年(2017年)の暮れにオオマサガス90%、プロパンガス10%の混合ガスでも燃料になるということに初めて気づかれたとのことです。これはつまりほとんどが水由来の画期的な新エネルギーとなるわけです。
単純計算では、プロパンガスへの依存度が9割減となるのですから。(もちろん水からオオマサガスを生成するためのエネルギーは必要ですが)
これは、まだ正式発表はしていないとのことです。
前編で紹介した2018年6月1日の新聞記事では、ちらっとその記述があるのですが、ほとんど注目されていないのが現状のようです。

「しんしん丸さん、せっかく来られたのですからぜひ紹介して下さい!まだ発表していないことなのですから!」大政龍晋氏

とのことですから、

時事ブログを通じて、新エネルギー誕生をお祝いさせていただきます!!!

なお、竹下雅敏氏からは、『「オオマサガスは、完全に本物であり、疑う余地はない」と感じている』とのコメントをいただいております。

 余談


先日、大政氏に前編の記事が時事ブログに掲載された件をメールでお伝えしたところ、お電話をいただきました。
いつものように大政氏はご機嫌で、記事を喜んでくださいました。
そして、
「ノーベル賞の話も来てるんだよ!ははは♪」と。
ほんまに、龍晋ちゃんの話はでかいなあ(笑)

「しんしん丸さんもその時は呼ぶからね。ははは♪」と。
りゅ、龍晋ちゃん、よ、よろしくね♪♪♪

※実際のやり取りは、もちろんもっと紳士的でした!?
※授賞式の際にはぜひ取材させていただきたいものです。楽しみにしております♪(ひょっとしたらイグノーベル賞と聞き間違えたかもしれませんが。。)
※以上、"地球を変える男!"からの予告編でした。

Writer

しんしん丸

2015年のシャンティ・フーラ主催の関東交流会にてお手伝いをさせていただきました。平安の花を愛でる、幸せ者の一人として。

想念と電磁波の海たる東京で、ナディーチャート風水の結界ある自宅に引きこもっています。といいながらもよく出歩く、5種です。
もちろん、いろいろと出かけるのはほぼシャンティ・フーラ絡みです。ですから出歩いてはいますが、出歩いてはいないのです・・・と、どこまでもシャンティ・フーラ的な7種です。


Comments are closed.