地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その4

 前回の続きです。レッド・ドラゴン大使は冒頭からもごもごでしたが、後半は皆さん疲れてきたのか、ゲシュタルト崩壊へと雪崩れ込みます。そいでフルフォード氏は上下体癖なため、どんどん苛ちになってきます。私も上下だから重々分かりますよ、でもそこはジェントルマンとして堪えてっ。
 これで最後は收拾がつくんだから、ディベート文化で鍛えた人たちは違うよなと感心します。日本人だと感情的に傷ついて、恨みから個人攻撃に至るところです。動画の四人も大いにエキサイトしたくせに、もし後で確かめたら真顔で「いや? 争ってないし?」となると思います。
 今回も逐語訳じゃありません。というか、無理!
 フルフォード氏は青で、大使はピンクで、ルイーザさんは緑で、スティーブ氏は茶色で色分けします。私のコメントも色分けに入ってしまうこともありますが、もう……諸々、お察しください。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使再び その4

東洋の金塊で人々の借金返済?


ルイーザさんは米国の司法制度そのものが狂っていると主張します。

ルイーザさん:「例えば家裁のシステムに入ると、それがどんな資産であろうと、生涯かけて築いた貯金であろうと彼らが絶対的に決定します。海事法であろうが、あなたは子ども扱いで本人訴訟は許されません。人々は全てを失うのです。これは余りにも不公平です」

……うろ覚えですが、彼女は子どもの養育権を巡って相当辛い目にあったんじゃないでしたかね。だから自分を含め、虐げられた人々をこのまま放置しないでって必死なんでしょう。ディナール等のRVの一攫千金は無理だとしても、生活費が必要なんです(※金魚さんレポートや関連フェイスブックなど全て無償で提供されています)。


ルイーザさん:裁判所は【株式】企業なんです。どれも【ダン&】ブラッドストリートの格付けをされています。彼らは訴訟記録を財務省に持っていって金銭化します。財務省からお金を盗んでいるんです、略奪です。

このためにグローバル・デット・ファシリティ(世界債務機関)は作られたのです。借金は事前に支払い済みの筈なんです。グローバル・デット・ファシリティは利子も含めて人々と政府のために作られましたが、政府が乗っ取ったために、人々は利用できなくなってしまいました。人々が最低限の生活をするために設立された国際担保口座群の話をしましょう」


と話を進めようとしますがフルフォード氏がストップをかけました。国際担保口座群という名称はまさしくキーナン氏系ですから逆鱗に触れたのでしょうか、苛々が伝わって来ます。

ちなみに「グローバル・デット・ファシリティ」は「国際担保口座群」と似たようなもので、こちらは世銀のカレン・ヒューズ女史が唱えていた名称です(※ルイーザさんの口からこれが出てくるのはウィンストン・シュラウト氏に影響されたせいでしょう。毎週金魚さんレポートで会話しているので)。どちらも第二次世界大戦直後、世界を救うために東洋から拠出され資産を、ブレトンウッズで西洋のカバールが盗み取ったという筋書きです。


「グローバル・デット・ファシリティは存在してはならないものです。グローバル・クレジット・ファシリティは存在していいものです。クレジット(信用)は現実の上に築かれたものですが、デット(借金)はまやかしを使った奴隷制度に過ぎません。両者は全くの別物です!」とルイーザさんの感情的な訴えを理論的に一刀両断。女と男の脳の違いかなー。

ちなみにフルフォード氏の定義では「グローバル・デット・ファシリティ」はハザールマフィアの詐欺。……もうね関係者の間でも、新たな金融システムを支える東洋の金塊の総称からしてバラバラなんですよ。

将来設計機関ないしは作業部会


フルフォード氏:システムは根本的に書き換えられるべきです。もし彼らが同意しなければ、フランス革命みたいにギロチン台ですよ。米国は既に銃殺隊と軍事法廷の準備が整っています。5万7千人の人々がシュート(射殺)されようとしています」……いやそれ、5万7千件の極秘起訴のシュート(開始)じゃあなかと? かなりエキサイトして混乱しております。あのぉ、ルイーザさんも苦労している方なんで、もちっと優しくお願いします。


ということで、スティーヴ氏が事態の収拾を図る羽目に。変化は起ころうとしている訣ですね、では人々はどうすればいいのですか、誰が(フルフォード氏的に言えば)将来設計機関だの(大使的に言えば)一緒になって坐って話し合うだのの決定をするのですか、と矛先をちゃちゃっと修正。お疲れ様です(合掌)。

ルイーザさんもこれで冷静になりました。まずは大使に、と話を振ります。困惑した大使が「えっと、デット・ファシリティについてですか?」と訊ねると、ルイーザさんは「そうです」と答えちゃいました。捩れ体癖じゃないのですね、取り敢えず相手の言うことを肯定してしまう優しい方なんです。

ですが、フルフォード氏が再びイラッとしたお声で「今何をすべきかについてです!」とかぶせてきました。だからね、もちっとこう言いようってもんが……。スティーヴ氏が頭抱えてますがな。

大使:「個人的には、個人的にはなんですが、作業部会を立ち上げるべきだと考えています。そこには人類のことをちゃんと思っている世界の指導者とか、様々な分野の見識ある方が含まれるべきかと。一同坐って、新しい時代の創出を、この555のプラットフォーム(基盤)を作り始めるべきです。

これは2012年の時点で既に合意された話で、実現されるべきです。遅らせるべきではありません。ベンジャミンも御存知かは分りませんが、こういった諸々の口座は25年が経過したらその利子は人道的なプロジェクトに投入され、人々の元に届けられる筈だったものです。なのにこのお金は紛失してしまいました。

この世界はお金という面で全くの問題がありません」
つまり資金は豊富にあるということでしょう。「唯一の問題は意志です。私たちが人々に変革したいと思わせることができて、変革の実現を望むようにさせれば、成功します。

例えばプーチンのように、借金を減らしつつ、カバールにも立ち向かおうと両方の面で長い間、素晴らしく頑張っている人がいます。彼がこの部会に参加してくれると良いと思います


……ここにきて、大使がシャキッとされてきました。周りがもめていると冷静になるタイプなのでしょうか、さすが保安担当。


国民から奪われたお金


そしてルイーザさんがトラスト(信頼)の問題を蒸し返します。米国で起こった問題は世界に影響を与えますからって、強引に理由づけしてきました。


ルイーザさん:「何が起こったかというと、国防総省やHUD(住宅都市開発省)からは21兆ドルが紛失しています。全て闇予算に投入されました。キャサリン・オースティン・フィッツの調査によると、闇予算の秘密宇宙計画に入れられたそうです。

そこで連邦会計基準【諮問】審議会はこういった計画の分類分けを変更することにしました。要は機密扱いだから報告義務がないのだと、政府に帳簿を粉飾する許可を与えてしまいました。リアル(現実)でないというのなら、ファンタジー(空想)になっていまします。なので連邦会計上、大問題なのです」


スティーヴ氏が「どっちにせよ全て偽金、全てファンタジーでしょ」と指摘。ルイーザさんはそれでも「アメリカ国民は21兆ドルを返して欲しいと思っているんです! だって元は私たちの税金なんですよ」と訴えます。スティーヴ氏は「だからって今更どうにもならないでしょ」と落ち着かせようとしますが、どうやら無理そう。やばいやばい、フルフォード氏が入ってきそうな気配なんですってば!

で、味方だと思っている大使にささっと話をふるルイーザさん。大使、困っておられます。そらそーだ。

大使:「あのー、まぁ必要なお金はここに全部ありますからね。ファミリーの口座の一つだけを取っても全てが出来る訣で……」

とうとう痺れを切らしたフルフォード氏が「つまりこれが私の考えるところです!」と入って来ましたが、ルイーザさんってば「あらネットが少し切れちゃったみたいですわ、大使、どうぞ」と続けます。おおおいっ。


でも大使は困り果てて無言に。ということで結局フルフォード氏が語り始めます「これは全て心理的なものです。例えばドルも全てのお金も無くなった、株式市場がゼロの底をついたと。人々はそれでも生きていますし、家も建ったままですし、工場も技術も消えません。要は我々がどう自ら組織していくかの話です。

システムは余りに劣悪なのでリセットするとして、あとは簡単です。今住んでいるのがどこであれ、そこを貴方は所有します。貴方の借金も全てなくなります、一回限りですが。他にも様々な措置が取れるんです。

これは実体のあるものです、貴方の自宅、貴方が坐っている場所は実体があります、貴方の見知った人々も実体があります。【一方で】銀行口座の中のゼロ【という数字】は全て心理的なものです。それをゆめゆめ忘れないように。

我々は社会をどう組織するのかを改善すればいいのです。我々の将来設計機関では、ひな形となるものをご提供しますから」


スティーヴ氏:「そしてバーゼルの向こうのジュラ山脈に眠っている金(きん)も実体がありますよね」と場を和ませようとします。なんかもう一人で気配りされてます(涙)。


フルフォード氏:「そうです、そしてその本当の所有者たちは返還する時期が来たぞと。そしてエヴェリン・ド・ロスチャイルドだのダヴィッド・ド・ロスチャイルドだの、実体のある盗人連中は金(きん)を返還しない限り追い詰められ殺されるってことですよ!」

スティーヴ氏の奮闘で御機嫌が治ったルイーザさん、「はーい、大使どうぞ~」とにこやか。女ってコワイわ(笑)。


明るい未来はすぐそこ


大使:「賛同します。これは返金と降参の一部ですから。もし彼らが正規の所有者に金(きん)を返還しないのであれば、最早降伏する権利は失います。そうすれば消されます。なので返還は彼らにとってもファミリーにとってもプラスな話ではないでしょうか。

そして現在、色んな局面で突破口が開かれようとしているのだと思います」


……やっぱり「消す」は暗殺っぽいです。ほいで突破口って何よ。――とスティーヴ氏は私のようにストレートにツッコまないないものの、婉曲的にその点を訊ねます。だっていきなり出てきましたもの。

大使:「それはその、うちの者たちから聞いたんですよ。ネットでは話せないことが沢山あるのですが、私たちがこうして話している間にも背後では色々と物事が動いているんです。そしてコトはもう間もなく実現しようとしています。そして最終的にはですが世界経済をすっかり変えてしまうでしょう」


スティーヴ氏:「ベンジャミンはこの件について具体的に何かありますか? 背後の動きについて」

フルフォード氏:「えーと、軍事法廷が米国でもうすぐ始まります。あの国では偽金の大規模な収縮も見られます。まず影響が出ているのは周辺部分からですが、あらゆる部分に及んで確実にシステムを破壊するでしょう。そして彼らは犯罪者連中を逮捕して検挙していっています。

私の方も話せないことがありますが、日本其の他でしっかり動いていますから怠けている訣ではありません。我々の道を阻む者は何らかの形で排除されます」


スティーヴ氏:「整理しましょう。海兵隊が、あるいは海兵隊と海軍大将たちなど軍隊がトランプを支えていると。バチカンもいますが、そちらの立ち位置は?

フルフォード氏:「信じられないかもしれませんが、彼らも我々側についています。私があちらの内部の人々と接触していますから。

彼らも宇宙への拡張を望んでいます。人類で一杯の方舟を送り込んで、宇宙をコロネイトしたいのです」
……コロナイズ(植民地化)の言い間違いでしょうか。

スティーヴ氏:「英国王室も一緒に?」

フルフォード氏:「えっとP2が。そしてグノーシス・イルミナティ中国のフリーメイソンも、其の他沢山の強力な団体が我々側についています」……スティーヴ氏がP2が出たときに「あー同じことですね」と頷いていますが、英国王室=P2でしたか?

ルイーザさん:米国で引き金が引かれることになりそうです。何故なら世界に波及効果を及ぼす必要がありますから。そうですよね、大使? ベンジャミン?」

大使:「ええ。主要な国際組織はどれもアメリカにありますから、全ての構造を崩壊させて予定された引っ越しをすべきです。国連なんかは既に新たな建物がありますし、他のこういった組織も他国に新たな建物を用意されていますので。

そしてニッキー・ヘイリーがようやく国連の職を去ってくれて本当に嬉しいです。世界に対する祝福ですよね。私たちはこのキリスト教原理主義に気をつけなければいけません」


ルイーザさんもウケていますが、私もですわ。ヘイリーいなくなって、万歳・万歳・万々歳(※中国古装劇風に言ってみました)! 大使ってば着眼点がグー!



粛清と保護


フルフォード氏:「確かにああいった連中が吐いている真っ赤な嘘、自分たちが所有する企業メディアに掲載するための御託は真実と置き換えらえるべきなんですよ。

もう一点、P2が私に言っていたのは、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフがデカイ障壁になっているから取り除かれるべきだと。其の他の誰であろうが同様で、我々はもうすぐそこまで来ています。それは実現しますし、我々が実現に向けて動きます、怠けたり待機したりしません。私は直接にも間接にも動いていますが、他の皆も同じことです。

我々は基本的なところでは同意に至っています。この惑星の運営方法を改善させて、貧困を終わらせて、環境破壊を阻止して、地上の楽園を作りたいのです。全ての禁じられたテクノロジーを解放して。それを実現しようじゃないかと」



ルイーザさん:「そして子どもの保護もです。だからこそ大統領が優先事項の一つとして昨年12月21日の大統領令により、人道に対する罪で起訴された者の資産の差し押さえを定め、其の他の大統領令でも大統領の行政権を補佐するために彼が戒厳令を宣言したり、軍事法廷を開けるようにした訣です。これが先週初めに大統領による警報システムを作動させた理由の一つだと言われています。

なのでベンジャミンも大使もおっしゃっていることは正しいように思います。確かに変化は起こっていますし、背後ではホントに沢山のことが起こっています。どれが信頼できる話なのか、混乱するほどです。

これが今回のインタビューを一緒にやりたかった理由の一つで、なんらかの真相に辿り着こうじゃないかと。大手メディアを私たちはまだ掌握していません。一部のFox局などを除いて殆どは無理です、CNNなんて特に。だから――」



フルフォード氏:「もう十分話したと思うので、もうすぐ私は抜けさせてもらいますが、一点だけ。我々は既にトップを排除しており、どんどん下に降りていってます。つまり下層の連中に到達するのは時間の問題です。

もう数学的にみても不可避なことで、善き人々が勝利しました。我々は全ての人と惑星の全ての生命にとって確実にハッピーな日が訪れるようにします」


ルイーザさんにコメントを求められた大使:「私もベンジャミンに同意します。道半ばまで来たか、あるいはもっとかもしれません。皆さん、あとしばらくの辛抱をお願いします。私たちは実現させますから」

エピローグ


ルイーザさん、「第二弾を送りたいですね」とまとめに入ります。

フルフォード氏:「話すことが出来たらいいでしょう。でも今は語るよりも行動を起こす時期です!」

……すぐには無理かな。ネタが早めに集まりますように(祈)。

ルイーザさんが前々から申請していたホワイトハウス記者会見への参加許可を得られたので、募金をお願いして締めくくっていました。今年に入ってユーチューブには局を削除され、ワールドプレスにはブログを排除されてしまったので、視聴者が減ってしまったようです。ペイパル(※右側のホワイトハウスの絵の下の黄色い「Donate」というボタンを押してください)とペイトリオンでの募金が可能ですので、宜しくお願い致します。ペイトリオンの方が動画の2日前配信やホワイトハウスからの生中継という特典があるのでお得かもしれません。

三人と視聴者の皆さんに叮嚀に感謝して終わりました。



翻訳&まとめツッコミ(※8種体癖なだけで愛情入ってます!):Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。また見出しやツイッター画像も挿入しています。

ルイーザ女史からゴールドフィッシュ・レポートの翻訳掲載を快くお許し戴きましたこと、末筆ではございますが厚く御礼申し上げます。

Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.