ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝24 ― 「聖婚儀礼」「性錬金術」の視点から(1)

 薔薇十字とは薔薇(女性器)と十字(男性器)の結合です。これで「聖婚儀礼」、そして「性錬金術」を意味していました。この薔薇十字は円(○)と十字(+)の組み合わせでも代用出来て同じ意味となります。
 同様に△と▽の組み合わせの六芒星も男女の結合「賢者の石」を意味します。そして同様のものがもう一つあります。赤十字です。
 「赤十字か薔薇十字がオルムス(光の原理)を象徴する」(『レンヌ=ル=シャトーの謎』、「オルムス派は・・・赤色で装飾された黄金の十字を象徴として用いていた」(「薔薇十字会日本支部」)、そして「赤いバラは満開の母親の性を表す」(「Barbaroi!」)。
 これらの記述から、赤色と十字の組み合わせでも薔薇十字と同じ意味となるようです。赤色が薔薇(女性器)の代用となるわけで、つまり、赤十字も「聖婚儀礼」「性錬金術」を象徴しているわけです。
 赤十字をエンブレムとしている組織や団体は種々あります。「聖婚儀礼」「性錬金術」を象徴するエンブレム、この視点から見ると、これまでとは違った風景が見えてきます。赤十字等をそのエンブレムとするその組織が、本当はどういった組織に所属し、どのような目的をもつのかが見えてくるわけです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝24 ― 「聖婚儀礼」「性錬金術」の視点から(1)

地球史を左右してきた計画 ~ハルマゲドン計画に関与した3つの組織の認証旗


ユダヤ問題のポイント(近・現代編)の本編で記した内容の要点は次のようになります。ナチス・ファシズム共産・革命運動シオニズム第1次世界大戦第2次世界大戦これら現代の歴史をかたどってきた大きな事柄の全て、それらが広義の真のシオニズムから出てきたものであるということでした。


Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]

そして、この広義の真のシオニズムは、その背景に、古代から連綿と動いていたハルマゲドン(最終戦争)計画があり、それの具現化したものであるということです。ハルマゲドン(最終戦争)計画は救世主降臨計画であり、最終的には新エルサレム建設計画でありました。

この連載を始めた当初は、私自身も気づいていなかったのですが、2千年以上前から地球史の背後で発動し、歴史を左右させていたハルマゲドン計画、それは新エルサレム建設計画でもあったがゆえに、ユダヤ問題として歴史の表層に浮かんできていたのでした。

このハルマゲドン計画は、元々がエノクによる『ヨハネの黙示録』にあります。ただし、ハルマゲドン計画は時代によって、また組織によって内容が変化しています。

ハルマゲドン計画に立案実行等で関与していたのは、ハイアラーキーのホワイト・ロッジ、ホワイト・ロッジに対抗するブラック・ロッジ(地上組織は表のイルミナティ)、そしてホワイト・ロッジに巣くう闇組織の裏のイルミナティ、以上の3つの組織です。


ハルマゲドン計画は時代によって変化もするし、この三つの組織それぞれが、自分たちが完全な支配者として君臨する新エルサレム建設を思い描いて、ハルマゲドン計画に携わっていたわけです。ホワイト・ロッジ、ブラック・ロッジ(表のイルミナティ)そして裏のイルミナティ、これら三つの組織の関係は複雑です。

三つの組織はそれぞれ基本的に敵対関係で、当然離れて別々の行動を取りそうです。しかし、ことはそう単純でなく、別々に整理できない複雑な絡み合いがあります。それぞれが互いに利用できることは利用するし、目的が同じ部分では協働もするし、密約もあったりした様子です。

おまけに、同じ組織内では足の引っ張り合い、裏切り、下克上等々が繰り広げられていたので、外部から実態を把握するのは非常に困難であります。

しかし、ハルマゲドン計画に携わる地上での組織やメンバー、彼らを単純に一括りできるものもあったのです。薔薇十字、赤十字といおうか、「聖婚儀礼」「性錬金術」の網にかけると悉く引っかかるのです。一網打尽といって良いでしょう。

三つの組織メンバーは基本的に敵対関係ながらも、互いが支配層メンバーであることを秘かに認識できるようにしていたと思われます。それが「聖婚儀礼」「性錬金術」の象徴の薔薇十字や赤十字、○十字、六芒星のエンブレムでしょう。これらのエンブレムで認識し合っていたようです。

サバタイの「聖婚儀礼」妻の名はサラ ~サバタイの背後に「黒い貴族」


17世紀上旬、欧州で薔薇十字文書が発行されて世間を騒がしていた頃、オスマン帝国にあの「背信のメシア」サバタイ・ツヴィが誕生。彼が1666年に、パレスチナにユダヤの王国を再建させると宣言したのです。サバタイが、パレスチナにイスラエル建設の「狭義のシオニズム運動」の源流であり、ハルマゲドン計画の現代の実働部隊となったサバタイ-フランキストの祖です。

サバタイは、預言者ナタンによってメシアを承認されたのですが、本来メシアを生みだすのは女祭司です。ただしかし、旧約の神が女性嫌悪していたので、ユダヤ教では男性の預言者の承認でもメシアが生まれてもよいようになっていたのです。

1666年にアムステルダムで印刷された
シャブタイ派のパンフレット
Wikimedia Commons [Public Domain]

そのサバタイの結婚について、ウィキペディアの「シャブタイ派」記事で以下の記述があります。

「滞在していたエジプトで、サラという名前の情緒不安定な女性を妻に娶ることになる。(中略)...彼女に関しては淫行をはじめとした数々の醜聞もささやかれていたのだが、(中略)...ツヴィ自らが彼女をエジプトへ招待したことになっている。」

ここの記述ですが、サバタイの妻になるサラはどうも娼婦だったようです。「聖婚儀礼」の知識があれば、メシアは女祭司の神殿娼婦が「聖杯」となって生みだされるのを理解されているでしょう。そしてサバタイのケースもこれに当てはまるのに気づくでしょう。サラが「淫行の女」、つまり娼婦であり「聖杯」の役割を担っていることに。

サラという名前に注目下さい。洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子、つまり「聖杯」の名前はサラだったのです。ナタンの承認でメシアを名乗ったサバタイですが、彼は同時にサラによって「聖杯」とメシアの関係もかたどったように見えます。

サバタイがメシアを宣言した1666年は、英国では第2次英蘭戦争のただ中で、この頃「黒い貴族」による「英国乗っ取り」攻撃がされていたのです。サバタイの父は豊かな貿易商で、地中海貿易を取り仕切っていた「黒い貴族」の仲間であったのはほぼ確実で、「黒い貴族」の一員であった可能性もあります。

サバタイの引き起こしたメシア誕生の一大ムーブメントの背後には、「黒い貴族」などの暗躍があったと見るのが自然です。彼らもまた「聖婚儀礼」「性錬金術」を奉ずる者たちで、ハルマゲドン計画に携わっていたわけです


「聖婚儀礼」「性錬金術」に傾倒していたヒトラー ~ソ連国旗も赤十字か?


「聖婚儀礼」「性錬金術」の象徴が薔薇十字や赤十字、○十字、六芒星のエンブレムです。今回はこの中で意外に思われるだろうケースを紹介します。

ナチス・ドイツの紋章、名高いハーケンクロイツは実は○十字だったのです。赤十字ともいえます。ナチス・ドイツの旗を改めてご覧下さい。赤地に中央が白い円、そこに鉤十字(ハーケンクロイツ)です。変形ですが確かに○十字で赤十字です。


それではナチス、そしてヒトラーは「聖婚儀礼」「性錬金術」を意識してこのエンブレムを採用したのか? 答えはイエスです。

ヒトラーは表のイルミナティに所属していたのですが、彼が「超人思想」に傾倒し、超人・神人を生みだそうとしていたことはよく知られています。それではどうやって超人・神人が生みだされるか? クンダリーニの上昇による進化段階の上昇です。(ハイアラーキー組織では進化段階5.0で覚者、つまり超人に、進化段階7.0で神になると思っていたようです。)

そして、この進化段階の上昇は「性錬金術」でももたらされます。『ヘブライの館』に「ヒトラーの「超人思想」の謎」(第1章の「ヒトラーと「聖杯伝説」」の項)という非常に興味深い記事があります。

そこでは、ヒトラーが「アーサー王伝説」に多大な興味を示し、「1944年からナチス・ドイツの科学者集団とでもいうべき「アーネンエルベ」が、直接、カタリ派の総本山モンセギュール城の発掘調査を開始」。そして「ヒトラーは、ベルリンの真ん中に巨大で壮麗な「聖杯神殿」(別名「フォルクスハレ」)を作る予定」にて、自らその模型作りに携わったとあります。

編集者註:ヒトラーの「世界首都ゲルマニア計画」

ヒトラーが調査させたカタリ派とは、言うまでもなくマグダラのマリアの教え「性錬金術の技法」を直接引き継いでいます。その上ヒトラーは「聖杯神殿」を中心とした新都市を建設しようとしていたのです。ヒトラーもまた間違いなく「聖婚儀礼」「性錬金術」に傾倒していたのです。

また、ヒトラーのライバルだったスターリンのソ連国旗、これも私には赤十字のエンブレムに見えてしまうのです。ソ連国旗は言わずとも知れた「赤の国旗」です。その赤地に金色の交差した鎌と槌、この交差した鎌と槌が変形十字に見えてしまうのです。そして、気になるのは交差した鎌と槌の上部にある金色の五芒星です。五芒星はイシュタル(イナンナ)の星でもあるのです。

明確な指向性があったヒトラーとは違い、スターリン、そして彼を操った側近のカガノビッチ、ベリアに「聖婚儀礼」「性錬金術」の知識等があったかは不明です。しかし、スターリンの背後の存在は違います。スターリンも所属していたはずの表のイルミナティ、さらに背後でロシア革命全体を操っていたのがジェイコブ・シフ、ロスチャイルド家で、彼らは裏のイルミナティです。表裏のイルミナティは「聖婚儀礼」「性錬金術」の知識は十分あり、意図してハルマゲドン計画を進めていました。

Wikimedia Commons [Public Domain]


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.