まみむのメモ(19)〈鳥たちが?〉


 この頃鳥が減っていると聞きました。思い当たる理由として・・・、
 鳥たちの餌は草の実や草の種。なのに人間は草が生えるのを抑えようと、草の種が実る前に草刈りをする人が一般的ではないかと・・・。
 それに、日本にやって来る渡り鳥のアジアでの生息地が乱開発で減少していると聞いたことがあります。
 餌の実がなる木を伐り倒し、鳥や動物たちの棲む場所や食べ物を奪っていることも原因だと思います。
 鳥たちの食べる虫が生息する草地もビニールで覆われたり、枯れ葉剤を撒かれたり、地面すれすれまで草を刈られています。
 餌の問題だけでなく、空気汚染、電磁波、農薬、化学物質、放射能・・・人間は自分たちだけで生きていくことは決してできないのに、命の繋がりを忘れているのでしょうか。
(まみむ)
————————————————————————
まみむのメモ(19)〈鳥たちが?〉


山桜

カシワの木


no-img2
まぁ

はじめに、前回の日輪様の日付が4月19日ではなく、4月18日でしたので、お詫びして訂正します。
そして、その日輪様が紀全子様の御光だとの竹下先生のお話でした


no-img2
みぃ

紀全子様は陽成天皇の乳母をされていたとのことで、今回の令和の新元号を御祝福されておられるのでしょう。
紀全子様ありがとうございます。


no-img2
むぅ

二宮尊徳様(キヨキトクノミヤノミコト様)La Tesu様(キヨキハルノミヤノヒメミコ様)の美しく御目出度い御光もご紹介されていました。二宮尊徳様の像を小学校の校庭でよく見掛けますし、私たち日本人の象徴的な存在で、とても親しみを感じます。
すべての身体で結婚をされていることが大変尊いことで、私たちが本当のしあわせな世界を目指すための基本となる夫婦愛を達成しご教示くださったのだと思いました。
キヨキトクノミヤノミコト様キヨキハルノミヤノヒメミコ様ありがとうございます。


キヨキトクノミヤノミコト 様
(二宮尊徳様) 〈幽体〉

キヨキハルノミヤノヒメミコ 様
(Ra Tesh様) 〈幽体〉


no-img2
まぁ

2月頃ピラカンサの実を渡り鳥のショウビタキが食べに来ていたよ。3月近くになるとヒヨドリも来ていた。冬には昆虫などはほとんどいないから、木に残っている実や地面に落ちている草の実。ナンテンの実やサンショウの実もいつの間にか綺麗になくなっていた。2月頃から毒成分が消えたピラカンサが食べ尽くされると、リュウノヒゲの青い実を食べていた。リュウノヒゲの実は葉に隠れて見つけにくそうだから、探して集めて少し高い所に置いておくと、きれいになくなってるし、ヤブコウジの実もいつの間にか、なくなっていたよ。


トキワサンザシ(ピラカンサ)



ナンテンの実

サンショウの花が散ったあと


リュウノヒゲ

Author:OpenCage[CC BY-SA]
ヤブコウジの実

no-img2
むぅ

道路脇の空き地でスズメが地面に落ちている草の実をしきりに啄ばんでいるのを見かけました。草は見えなかったのですが、草の種ができた後で草刈りをされていたのでしょう。エノコログサ(猫じゃらし)の種などスズメの大好物ですよね。


エノコログサ


no-img2
まぁ

ところが、草の種ができるまで、草が伸びて放っておくなど、農家の人から見ると、大顰蹙(ひんしゅく)ものだろうな。でも鳥たちや虫や植物たちの立場に立つと、種ができるまで草をおいててほしいと思うよ。


no-img2
むぅ

草を地面すれすれまで刈らないで、虫の居場所を残した高刈りが、結果的に草の伸びが遅く、草刈りの回数を減らせるそうですね。


no-img2
まぁ

それに鳥や動物の棲む森林が世界的に大変な勢いで伐採されているみたいだ。
世界の森林破壊がよくわかる、高精細GIF地図


自然林の山



no-img2
むぅ

渡り鳥が例えば日本で過ごしてインドネシアに帰ってみると、前年まではあった子育てをする環境も餌のなる木もなくなっていたりするのですね。


no-img2
まぁ

随分前だけど、広島市西区の電線にとまっていたスズメが何羽も一度にドサッと落ちて死んだことがあると聞いたんだ。農薬のついた米を食べたスズメの大量死の報道が以前あったけど、電磁波の影響で鳥たちが減っていることも考えられる。
イギリスのゲーツヘッドの町で5Gの影響で鳥や昆虫までも姿を消したそうだ。
「5Gでは6GHz以上という高周波数帯を通信に利用するが、その電磁波の特性もあり、既存の基地局だけでは広い地域をカバーできない。そのため、スモールセルと呼ばれる小型の基地局をあちこちに設置する必要があり、ゲーツヘッドでは多数の5G対応LED電灯が設置された。(TOCANAより一部抜粋)」
そういえば家の近所でも昨年電柱の新たな設置が2箇所あったし、マンホール内の工事もしていたし、あちこちで工事していたよ。


電線の鳥



no-img2
むぅ

電磁波とは電場(電圧がかかると発生)と磁場(電流が流れると発生)等・・・イラスト入りでこちらの説明がわかりやすかったです。
化学繊維の服を着ていたり、ゴム底の靴を履いていたり、金属製のアクセサリー、銀の虫歯の詰め物、スマートフォンやPCに常に触っているなど、電気が体内に溜まって歩く電池に?


no-img2
まぁ

最近アーシングといって裸足で地面を歩いたり川に浸かったりして、体に溜まった電気を大地にアースしてもらうのが流行ってるみたいだ。


no-img2
むぅ

水道で手洗いをすることもアーシングになるのですね。以前聞いたことがあります。お風呂や台所の水仕事などもアーシングになりますね。




no-img2
みぃ

トイレが近くて頻繁に手洗いするのもいい面があるんだね。


no-img2
まぁ

そういえば動物は裸足だから、常にアーシングしてるんだ。人間も裸足がいいかも。畑仕事でゴム長靴履くよりも、下駄やわら草履がいいし、化学物質を全く使っていない畑なら裸足がいいかも。パソコンの仕事も土間で裸足で・・・!!なんていいかも。


no-img2
むぅ

普段の生活では運動靴や革靴の裏がゴムで、ほとんどアーシングできない履物ばかりですね。自宅で裸足で過ごしても、ビニールクロスや化学繊維のカーペットなど、自然素材でない建物ではアーシングできなくて、帯電しやすいということですね。


no-img2
みぃ

下駄や草履で生活したほうが良さそうだね。


Author:アンドレスミダ[CC BY]


no-img2
まぁ

人間はいろいろ対処できるかもしれないし、動物は地面に接しているからまだいいかもしれないけど、飛んでいる鳥や虫は?小さな生き物は?


no-img2
みぃ

電柱の電気さんに「電磁波を出さないようにしてください」ってお願いしたら、「出来るだけ努力します」だって。


no-img2
まぁ

!!・・・・・。その手があった・・・。


no-img2
むぅ

・・・・・!!そうですよね。私たちの思いが世界を作るんでしたよね。
5Gが白紙撤廃され、鳥や虫や子供たちや皆んなが元気に生活出来ますように!!
多くの日本国民が目覚め山本太郎さんが総理大臣になりますように!!


no-img2
まぁ

4〜5年前から毎年訪れているサクラソウの群生地に行ってきたよ。
年々数が減っているけど、今年は特に少なかったな。
10年以上前は一面サクラソウが咲いていたらしいけどね。


サクラソウ


no-img2
むぅ

この場所にしか咲いていない遺伝子のサクラソウだそうですね。


サクラソウ周辺の森


no-img2
まぁ

最初に来た時には、妖精さんのすんでいる場所だと思ったよ。
人が入るようになると、自然の霊妙さが壊れるのは、現代人の存在が自然の存在と違いすぎるからだと思うよ。生活全般が自然破壊的というか、人間自身も体を壊すようなものを食べたり、お金に執着して破壊的な想念を抱えていたり。


no-img2
むぅ

人間中心の横暴な振る舞いをやめて、ありのままの自然に寄り添って、生き物の命をいたわるようになりたいですね。


ナルコユリ

ボタン



挿絵:あい∞ん、出典表記のない写真:まみむ

Writer

まみむ

まぁは、普通のことを普通に話しているだけなのですが、普通かどうかは基準が人それぞれですね。この頃、特に関心があるのは、これからの地球の自然と人間の関わり方。
みぃは、時々神様のお話や植物たちのお話をしてくれます。とにかくこれから良くなっていくことを信じて、ガヤトリー・マントラを日々唱えています。
むぅは、以前から知っていたのですが、最近やっと会いました。あまりおしゃべりではないけど、とってもピュアな感じ。神の存在に対する認識がこの頃できてきて、自分の良心にしたがって生きることの大切さを感じています。



Comments are closed.