21/03/15 フルフォード情報英語版:ハザール・マフィア幹部への攻撃が激化

 3月15日のフルフォード・レポートです。今回(も?)長いですが、気になったところだけ絞ってまとめてみました。一番、popoちゃん的におぉ〜と驚いたニュースは記事の後半、2021年3月11日、アメリカ太平洋艦隊司令官のジョン・C・アキリーノ提督からフルフォード氏らのところに電話があり、日本人へのメッセージを読み上げたということ。「10年前の今日、福島で起きたテロから日本の皆様を守ることができなかったことをお詫びしたいと思います。」でも音声録音も紙面も何も証拠がないのがちょっと残念。その福島テロに関わったとされるネタニヤフ首相は、大量殺人事件を含む戦争犯罪ですでに処刑済みとのこと。是非、主要メディアで放送してほしい。

フルフォード氏らは、ドイツの諜報機関から、ファシスト集団のリーダーが正確に誰で、どこにいるのかという詳細な報告を受けたそう。
西洋のファシスト支配網崩壊の兆候として、モンサント社の有罪判決、ボリビアの自称大統領ヘアニネ・アニェスの逮捕、ドイツの2人の政治家がフェイスマスクで不当に利益を得て辞任などあげています。

後半、ホワイトハウスはやはり空っぽのままということで、バイデン大統領の過去のショート動画が盛りだくさん。バイデン劇場、想像以上に長いですね。

popoちゃんは、最近また新たに「愛のマントラ」をたくさん印刷して、お部屋のあちこちに置いています。これ、ほんとに効きますね〜。😌特に手で触れるとハートが愛💖で満たされ癒され優しく🍀なれる気が。。。世界の動きが気になりますが、まず最初にセルフ・ケア!(自分の波動)を心がけている今日この頃のpopoちゃんです。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ハザール・マフィア幹部への攻撃が激化
投稿者:フルフォード

Attack on Khazarian Mafia Leadership Intensifies

ネタニヤフ首相で戦争犯罪で処刑


The hunt is now zeroing in on Khazarian mob leaders such as members of the Habsburg family and their henchmen like Klaus Schwab of the World Economic Fascists, Mossad, and other sources say. モサドなどの情報によると、ハプスブルグ家のメンバーのようなハザール・マフィアのリーダーらや世界経済ファシストのクラウス・シュワブのような子分らが狙われているという。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
クラウス・シュワブ

They also agree that crime minister Benjamin Netanyahu has been executed for war crimes, including the mass murder attack on Japan’s nuclear power station in Fukushima on March 11th, 2011. また、彼ら【モサドなどの情報】は、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が、2011年3月11日に日本の福島原子力発電所で起きた大量殺人事件を含む戦争犯罪で処刑されたことにも同意している。


十戒を渡した「神」はただの人間の集まりだった


To understand just how historic these developments are, we need to go back to when Moses received the “Ten Commandments from God.” It is the first four of these “Commandments” that are the problem. これがいかに歴史的な出来事であるかを理解するためには、モーゼが「神からの十戒」を受け取った時にさかのぼる必要がある。問題なのは、この「十戒」の最初の4つだ。

They are: I am the LORD thy God; Take no other gods before me; Make no graven images or likenesses and Do not take the LORD’s name in vain.  それは以下の通りだ:私はあなたの神、主である。私の前に他の神々を置いてはならず、彫像や肖像を作ってはならず、主の名を無駄にしてはならない。

This “God” is the one who demanded payments in gold, silver, aroma oil, sheepskins died red, etc. In reality, it is a group that hid its system of totalitarianism behind a concept of “God.” The reason they demand that no graven images or likenesses be made of them is that they did not want people to find out “God,” was just a bunch of humans. The wizards behind the curtain. In other words, secrecy is essential to their system of governance. この「神」とは、金、銀、アロマオイル、赤に染めた羊の皮などで支払いを要求した者だ。実際には、「神」という概念の裏に全体主義のシステムを隠していたグループだ。彫像や肖像を作ってはならないと要求する理由は、「神」がただの人間の集まりであることを知られたくなかったからだ。背後に隠れた魔法使いたち。つまり、彼らの統治システムには秘密主義が不可欠なのだ。


「神」の振りをしていた支配者ら


This is not to deny the existence of a divine spark or a Creator. It is just to assert that the Western monotheistic Gods (Allah, Yahweh, God, etc.) are camouflage for groups of human slavers. They have a secret leader known as “Pindar” who is their absolute ruler playing the role of “God.” I still remember these people telling me “there is no God, we are God,” when they first asked me to join them in their genocidal plans. これは、神の輝きや創造主の存在を否定するものではない。西洋の一神教の神々(アラー、ヤハウェ、神など)は、人間奴隷集団をごまかしていると主張しているだけだ。彼らには、「神」の役割を果たす絶対的な支配者である「ピンダー【イルミナティの総括指導者に対する称号】」という秘密のリーダーがいる。私は、彼らが初めて私に大量虐殺計画への参加を依頼してきたときに、「神はいない、我々が神だ」とこの人たちに言われたことを今でも覚えている。

Remember, the world religion comes from the Latin “re ligare” or to rebind into a single bundle or “fascii,” hence the word fascism. 世界の宗教は、ラテン語の“re ligare”、つまり一つの束に作り直すこと、または“fascii”から来ていることを思い出そう、だからファシズムという言葉があるのだ。
第一次大戦後に現れた全体主義的排外的政治理念,またその政治体制。自由主義を否定し一党独裁による専制主義国粋主義をとり,指導者に対する絶対の服従と反対者に対する過酷な弾圧,対外的には反共を掲げ侵略政策をとることを特色とした。イタリアのファシスト党に始まる。ファッショ。(アップル・コンピューターのDictionaryより)

The present-day leadership of these fascist totalitarians is trying desperately to stay in power now by using their fake pandemic to force people to take gene-altering vaccines that will cull the weak in a zombie apocalypse and further domesticate the survivors. 現在のファシスト全体主義者の指導者たちは、偽のパンデミックを利用して、ゾンビの黙示録で弱者を淘汰し、生き残った人々をさらに家畜化する遺伝子改変ワクチンを人々に強制摂取させることで、今の権力を維持しようと必死になっている。

As one of their top henchmen Henry Kissinger once said, the goal is to make it as impossible for the common people to oppose them as it is for a sheep to oppose a farmer. Unfortunately for them, these would-be masters of the human-animal farm never envisioned that their guard dogs, the military and intelligence agencies of the West, would turn against them. That is exactly what is now happening as we shall see below. 彼らの子分のトップ、ヘンリー・キッシンジャーがかつて言ったように、その目的【ゴール】は、羊が農夫に逆らえないのと同様に、一般の人々が彼らに逆らえないようにすることである。不幸なことに、人間と動物の農場の主人になるはずだった彼らは、その番犬である欧米の軍事・諜報機関が彼らに敵対することを想定していなかった。それが今、まさに以下に示すように起こっているのである。

マイケル・マッキベン氏らの告訴可能な真のレポート(オーディオ録音)


For example, last week we received a detailed report from German intelligence about exactly who and where the leaders of this fascist group are. In the one-hour audio recording at the link below, Michael McKibben of Leader Technologies and his group of researchers have done a DEEP dive into the history and the lineage of the World Economic Forum’s Klaus Schwab and his masters. This is real reporting full of actionable intelligence based on months of research going through paper archives etc. https://forbiddenknowledgetv.net/klaus-schwab-and-the-fourth-reich/ 例えば、先週、我々はドイツの諜報機関から、このファシスト集団のリーダーが正確に誰で、どこにいるのかという詳細な報告を受けた。下のリンクにある1時間のオーディオ録音では、リーダー・テクノロジーズ【株式会社】のマイケル・マッキベン氏と彼の研究者グループが、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブとその親分たちの歴史と系譜について深く掘り下げている。これは、何ヶ月にもわたって紙の資料などを調査した結果に基づいた、告訴可能な情報が満載の真のレポートである。
ℹ禁じられた知識TVサイト:マイケル・マッキベン氏のオーディオ録音(約1時間)


欧王室は、エルサレムから人類を支配することが「神」から与えられた宿命だと信じている


The key takeaway from all the information presented is that the royal families of Europe, including Queen Elizabeth, the Habsburgs, and the Spanish Royals, etc. believe they are descendants of Jesus Christ. They believe it is their “God” given destiny to rule humanity from Jerusalem. これらの情報から得られた重要なポイントは、エリザベス女王、ハプスブルグ家、スペイン王室などのヨーロッパの王室は、自分たちがイエス・キリストの子孫であると信じているということだ。彼らは、エルサレムから人類を支配することが「神」から与えられた宿命だと信じているのだ。

The chief instrument of their rule is the Bank for International Settlements, BIS, and control of the creation and distribution of “currency,” as well as control of most transnational corporations. This group puts together big long-term plans such as a “War on Terror” or a “COVID-19 Pandemic” to herd the sheeple with. They then distribute “currency” created out of thin air to their henchmen to bribe politicians, media figures, etc. to impose their plans and carry out insider trading based on these plans. The insider trading of airline stocks prior to 9.11 is a good example. 彼らの支配の主な手段は、国際決済銀行(BIS)であり、「通貨」の創造と流通のコントロール、ほとんどの多国籍企業の支配である。このグループは、「対テロ戦争」や「COVID-19パンデミック」などの大規模な長期計画を立てて、シープル【羊のように従順な人々】を誘導する。そして、彼らはその計画を実行させるために、無から作り出した「通貨」を子分に配り政治家やマスコミに賄賂を贈らせ、その計画に基づいてインサイダー取引を行うのだ。911前の航空会社株のインサイダー取引は良い例だ。

In recent years these tyrants have been fighting amongst themselves over who would get the job of Messiah in their planned fascistic New World Order. The British royals were pushing for Prince William to play the role. The Italian P3 fascists are promoting an individual by the name of… 近年、これらの暴君たちは、彼らが計画しているファシズム的な新世界秩序のメシアの座を誰が得るかについて、自分たちの間で争っている。英国王室はウィリアム王子にその役割を担わせようとしていた。イタリアのP3ファシストは、ある人物を推進している......

Marco Di Mauro, who is apparently a charismatic Italian with stigmata. There were other would-be world dictators including the executed top Nazi George Bush Sr., and a descendant of David Rockefeller going by the moniker Supreme Rockefeller. The Muslims were also looking for someone to play the role of Mahdi or Messiah to usher in the New Age. マルコ・ディ・マウロ(Marco Di Mauro)だ、【彼は】聖痕を持つカリスマ的なイタリア人だそうだ。他にも、ナチスのトップとして処刑されたジョージ・ブッシュ・シニアや、デビッド・ロックフェラーの子孫でスプリーム・ロックフェラーと呼ばれる人物など、世界の独裁者になりそうな人物がいた。また、イスラム教では、新時代の到来を告げるマフディーまたは救世主の役割を果たす人物を探していた。

What all of these people failed to realize is that the rest of the world is waking up and is not going to go along with their plans and let themselves be enslaved. これらの人々が気づかなかったのは、世界の他の国々が目を覚まし、彼らの計画に従ったり奴隷になったりすることはないということだ。


コロナウィルスと5Gの関連性


The collapse of their Covid-19 plandemic is a very good example of how their ability to herd humanity is falling apart. This plan was rushed into implementation prematurely in late 2019 after they realized the Asian nations were no longer going to finance them. 彼らのCovid-19プランデミック【計画されたパンデミック】の崩壊は、彼らの人類の群れを作る能力がいかに崩壊しているかを示す非常に良い例だ。この計画は、アジア諸国がもはや融資してくれないことを悟った後、2019年後半に早々と実施に移された。

Most importantly, their original attempt to cause mass deaths with 5G electro-magnetic attacks and then blame it on a “coronavirus,” has been neutralized. 最も重要なことは、5Gの電磁波攻撃で大量の死者を出し、それを「コロナウイルス」のせいにしようとした彼らの最初の試みは無力化されたことだ。

As a reminder, take a look at this detailed presentation showing how the initial “outbreak,” of the “coronavirus,” dovetailed almost exactly with the start of 5G networks around the world. https://www.5gexposed.com/wp-content/uploads/2020/04/Study-of-correlation-coronavirus-5G-Bartomeu-Payeras-i-Cifre.pdf 念のため「コロナウイルス」の最初の「発生」が、世界中で5Gネットワークが開始された時期とほぼ一致していることを示す、詳細なプレゼンテーションを見てみよう。

What happened was that the 5G networks were almost immediately shut down which is why the mortality rate for this so-called virus is now the same as the general population’s mortality rate was before the “pandemic.” 何が起こったかというと、5Gネットワークはほぼすぐに停止されたため、今やこのウイルスと呼ばれるものの死亡率は、「パンデミック」以前の一般人の死亡率と同じになっている。


医療関係者による内部告発


There are also more and more whistleblowers coming out of the woodwork. For example last week a doctor working at a KKR hospital in Japan called to say that all so-called “Covid-19” cases in Japan were located at KKR hospitals and that all the patients he saw were victims of an electromagnetic attack, not a virus. また、内部告発者もどんどん出てきている。例えば、先週、日本のKKRの病院で働いている医師から電話があり、日本で発生したいわゆる「Covid-19」のすべての患者はKKRの病院にいて、彼が診た患者はすべてウイルスではなく電磁波攻撃の犠牲者だったと言ってきた。

Below you can read a report from a Canadian whistleblower ER doctor describing the medical crimes of the Justin Castro regime. https://www.henrymakow.com/2021/03/trozzi-we-are-being-deceived-and-manipulated.html 以下では、カナダの内部告発者であるER【救急救命室】の医師が、ジャスティン・カストロ政権の医療犯罪について記述したレポートを読むことができる。


mRNAワクチンの推進者や5Gの推進者は逮捕予定


Action is being taken. For example, a gentleman by the name of Alexander Federowicz posted a comment on our site that read in part “from 1989 to 2005 the USAF, USMC, U.S. Army, and U.S. Navy all deployed 5G frequency systems. Aiming them at any public area or intentionally irradiating any military or civilian person with these weapons would have resulted in a general court-martial and a life sentence at Fort Leavenworth Military Prison. In some cases, capital punishment would have been administered.” 行動は起こされている。例えば、Alexander Federowicz【アレキサンダー・フェデロビッチ】という方が当サイトに投稿したコメントには、「1989年から2005年にかけて、米空軍、米海兵隊、米陸軍、米海軍はすべて5G周波数システムを配備した。これらの兵器を公共の場所に向けたり、軍人や民間人に意図的に照射したりすると高等軍法会議にかけられ、フォート・レブンワース軍事刑務所で終身刑になることがあった。場合によっては、死刑が執行されることもあった。」

MI6 took note of this comment and forwarded it to their counterparts in the Pentagon and other world military agencies. The call has now been put out to hunt down and arrest all mRNA vaccine pushers, 5G promoters, etc. as war criminals. MI6 【《英》軍事情報活動第6部(秘密情報部)】は、このコメントをメモして、ペンタゴンをはじめとする世界の軍事機関の同業者に転送した。今や、mRNAワクチンの推進者や5Gの推進者などをすべて戦犯として追い詰め、逮捕するよう呼びかけている。


フランスの諜報機関からのメッセージ


French intelligence responded with a message that read in part: フランスの諜報機関は、そのメッセージの一部を伝えた

“The death penalty has been pronounced against all those promoting worldwide genocide and fraudulent vaccine-based genetic engineering. The heads of Pfizer and Astra Z are being hunted by Special Forces. The same is true of international bankers using fraudulent high-frequency trading programs powered by supercomputers.” 「世界的な大虐殺と不正なワクチンによる遺伝子操作を推進する、すべての人々に死刑が宣告されました。ファイザーとアストラZ【アストラゼネカ】の社長は特殊部隊に追われています。スーパーコンピュータを使った不正な高頻度取引プログラムを使っている国際銀行家たちも同様です。
コンピューターと独自のアルゴリズムを持つプログラムを用いて毎秒何百回にも及ぶトレードを自動的に行うこと。【略】HFTアルクより)

The message pointed the finger of blame at the Vatican and the French BRI police unit. They also pointed out that “Bidet” was not the president and did not have the support of the Pentagon. そのメッセージは、バチカンとフランスのBRI【国家警察部隊捜査介入部隊】に責任の矛先を向けていた。また、「バイデン」は大統領ではなく、ペンタゴンの支持も受けていないと指摘している。
原文ではBidet(ビデ)となっていますが、ネイティヴ・スピーカーによると、Bidenの打ち間違いか、あるいはバイデンのコードネームではなかろうかとのことです。ご参考までに。】

The day after we got this message this news came out: このメッセージを受け取った翌日に、このニュースが流れた。

“A fire at a French cloud services firm has disrupted millions of websites, knocking out government agencies’ portals, banks, shops, news websites and taking out a chunk of the FR webspace, according to internet monitors.” https://news.trust.org/item/20210310183756-alpef 「インターネットモニターによると、フランスのクラウドサービス会社で発生した火災により、何百万ものウェブサイトが混乱し、政府機関のポータル、銀行、ショップ、ニュースサイトなどが停止し、FR【フランス】のウェブスペースのかなりの部分が失われた。」

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
フランスのクラウドサービス会社の火災


各国で悪者が負けている証拠


Another sign the bad guys are losing is that Monsanto has been found guilty of chemical poisoning. This is a foretaste of what is going to happen to the vaccine companies. https://www.blacklistednews.com/article/79425/monsanto-found-guilty-of-chemical-poisoning-in-landmark.html また、モンサント社が化学物質による汚染で有罪となったことも、悪者が負けている証拠だ。これは、ワクチン会社に何が起こるかを予見させるものだ。

Also last week far-right Bolivian politician Jeanine Añez was arrested on March 13th on charges of terrorism and sedition for her role in the 2019 military coup that was aimed at stealing Bolivia’s lithium supplies for the Khazarian Mafia. また先週、ボリビアの極右政治家ヘアニネ・アニェスが、ハザール・マフィアのためにボリビアのリチウム供給を盗むことを目的とした2019年の軍事クーデターに関与したとして、テロ行為と扇動罪の容疑で13日に逮捕された。

Two German politicians meanwhile have been forced to resign for profiteering on face masks. 一方、ドイツの2人の政治家は、フェイスマスクで不当に利益を得たとして辞任を余儀なくされた。

There are countless other similar reports coming out at a blistering pace, showing the fascist control grid in the West is collapsing. 他にも数え切れないほどの同様のレポートが目まぐるしく発表されており、西洋のファシスト支配網が崩壊しつつあることを示している。


米連邦準備制度理事会(FRB)の関係者から連絡


Perhaps that is why we were contacted last week by officials from the Federal Reserve Board offering us triple-digit returns in the form of Fiat dollars if we could get them access to some “dragon family money.” Of course, they were told to buzz off. おそらく、そのため【ファシスト支配網の崩壊のため】か、先週、米連邦準備制度理事会(FRB)の関係者から我々に連絡があり、もし我々が彼らに「ドラゴン家のお金」にアクセスできるようにすれば、【仮想通貨ではなく】フィアット通貨の米ドルで3桁のリターンが得られると言われた。もちろん、彼らは「出て行け」と言われた。
日本円や米ドル、ユーロなど、中央銀行が発行した通貨。Hedge Guideより)

This is why the Vatican is now bankrupt. https://apnews.com/article/vatican-low-on-reserves-seeking-donations-90586d6c79d75d229c207dcddcfe2d9b そのため【ファシスト支配網の崩壊のため】、バチカンは今、破産している。

The money they are producing is now only accepted inside the United States, which is why the M1 money supply which took 244 years to reach $4 trillion by early 2020, has now jumped to over $20 trillion. https://www.activistpost.com/2021/03/brace-yourselves-for-the-most-dramatic-shift-in-the-standard-of-living-in-all-of-u-s-history.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+ActivistPost+%28Activist+Post%29 彼らが生み出しているお金は、今では米国内でしか通用しない。そのため、244年かけて2020年初頭に4兆ドルに達したM1マネーサプライが、今では20兆ドル以上に跳ね上がっている。
流通している通貨の総量の測定値。SmartCapitalMindより)


NASAは大規模な横領を隠している


So where is all this “currency” going? One place is NASA (Not A Space Agency) where it appears to be hiding large-scale embezzlement. It recently produced a dramatic CG Mars landing. Now it is saying its expensive new space telescope “may be stolen by pirates.” https://www.theatlantic.com/science/archive/2021/03/nasa-james-webb-space-telescope-pirates/618268/ では、この「通貨」はどこに行くのだろうか? 一つはNASA【National Aeronautics and Space Administration(アメリカ航空宇宙局)の頭文字ではなく、Not A Space Agency(航空宇宙局ではない)の頭文字とフルフォード氏の皮肉】で、大規模な横領を隠しているようだ。NASAは最近、劇的な火星着陸のCGを制作した。現在、NASAはその高価な新しい宇宙望遠鏡が「海賊に盗まれたかもしれない」と言っている。
ℹザ・アトランティック:だれが宇宙望遠鏡を誘拐するだろうか?


連邦政府の会計システム全体が不正


The situation has reached the point where mainstream economists like Michigan State Economics Professor Mark. Skidmore says “The entire accounting system of the federal government is fraudulent.” https://usawatchdog.com/financial-system-fake-la-la-land-dr-mark-skidmore/ この状況は、ミシガン州立大学経済学部のマーク・スキッドモア教授のような主流の経済学者が、「連邦政府の会計システム全体が不正である」と言うほどになっている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
✒ツイート文意訳:MSU【ミシガン州立大学】の経済学者マーク・スキッドモアと彼のチームは正式に許可されていない21兆ドルの政府の支出を発見。


中東でハザール・マフィアが支配する石油資源が攻撃


Things are only going to get worse because Khazarian Mafia-controlled oil resources are being systematically attacked throughout the Middle East, notably in Saudi Arabia and Syria. https://www.debka.com/iran-piles-on-aggression-emboldened-by-us-saudi-israel-restraint/ 事態は悪化の一途をたどっている。というのも、ハザール・マフィアが支配する石油資源が、サウジアラビアやシリアを筆頭に、中東全域で組織的に攻撃されているからだ。

https://www.youtube.com/watch?v=ZoJ340LsspE&t=11s
動画はシャンティ・フーラが挿入

https://www.zerohedge.com/geopolitical/pro-iran-militia-publishes-video-new-attack-us-convoy-iraq

ネタニヤフはこの世にいない


The only Israeli ally in the Middle East, the UAE, had asked Netanyahu to come over and sign a protection arrangement known as the Abraham accords only to have the visit canceled for the fourth time. Various excuses were given for the cancellation but the real reason Netanyahu cannot go is that he is no longer on this Earth. 中東で唯一のイスラエルの同盟国であるUAE【アラブ首長国連邦】は、ネタニヤフに来てもらい、アブラハム協定と呼ばれる保護協定に署名してもらう予定だったが、4回目の訪問がキャンセルされた。様々な言い訳がなされたが、ネタニヤフが行けない本当の理由は、彼がもうこの世にいないからだ。

That is why Netanyahu is not appearing in public despite an ongoing general election campaign. Instead according to Mossad propaganda site Debka “Netanyahu is campaigning with a video cameraman who is tracking and recording live on Facebook his ongoing encounters in one corner of the country after another.” https://www.debka.com/with-israels-election-9-days-off-new-faces-but-no-dark-horses/ ネタニヤフ首相が総選挙中にもかかわらず、公の場に姿を見せないのはそのためだ。モサドのプロパガンダサイト「Debka」【デブカ】によると、「ネタニヤフはビデオカメラマンと一緒に選挙活動をしており、彼が国の隅々で現在進行形で遭遇していることを追跡し、Facebookでライブ録画している」とのことだ。

In other words, like Resident Joe Biden, he only exists now via mask-wearing deep fake doubles and as a CG digital ghost. 言い換えれば、【大統領ならぬ(原文ではResident)】ジョー・バイデンのように、彼は今、仮面をかぶったディープフェイクの影武者や、CGのデジタルゴーストとしてしか存在していないのだ。


CGバイデン、バレバレ


You can see the green screen effect as CGI-Joe responds to reporters and gets too close to the microphones. 記者の質問に答えたり、マイクに近づきすぎたりするCGIジョーには、【バーチャル背景を綺麗に合成するための】グリーンスクリーン効果が見られる。

動画はシャンティ・フーラが挿入

The microphone should be IN FOCUS and IN FRONT of Biden. Green screen superimposing effect is revealed by OUT OF FOCUS TV news crew shotgun microphone with furry wind cover BEHIND Joe’s hand and elbow with lighting that doesn’t match. Classic Deep State “deep fake” for the Fake News Hall of Shame. マイクは焦点が合っていて【ピンぼけせずに】、バイデンの前にあるべきだ。TVニュースクルーのふさふさのウィンドカバー【風がマイクに当たるのを防ぐカバー】が付いたショットガンマイク【大きなマイク】が、明るさの違うジョーの手と肘の後ろにありピンぼけしていることで、グリーンスクリーンの【背景を合成するための】重ね効果が【使われていることが】明らかになった。 フェイク・ニュース恥の殿堂、典型的なディープステートの「ディープフェイク」だ。



ホワイトハウスは空っぽのまま


Here, by the way, is the latest confirmation the White House remains empty even as CNN pretends the Biden administration actually exists and is holding a big event at the Rose Garden. https://www.bitchute.com/video/Ozr9bwTPnmbv/ ところで、バイデン政権が実際に存在し、ローズガーデンで大きなイベントを開催しているかのようにCNNが装っていても、ホワイトハウスが空っぽのままであることを確認する最新のニュースがある。

動画はシャンティ・フーラが挿入

It was actually at Tyler Perry Studios in Atlanta. 330 acres (130 ha) of the former Fort McPherson complex. 実際には【イベントは】アトランタのタイラー・ペリー・スタジオであった。330エーカー(130ha)の旧フォート・マクファーソンの複合施設だ。


Of course, care home resident Biden has yet to hold a press conference or meet face to face with another world leader. もちろん、介護施設に住むバイデンは、記者会見を開いたこともなければ、他の世界のリーダーと直接会ったこともない。

動画はシャンティ・フーラが挿入

Some of his past appearances went like this. 過去の出演作の中には、こんなものもあった。

動画はシャンティ・フーラが挿入
生中継のインタビューで寝ちゃったバイデン

CNBC recently panicked during a “live” White House event and went to color bars when Joe started asking directions from Nancy, who was uncharacteristically at a loss for words. CNBC【米大手テレビネットワークのニュース専門放送局】は先日、ホワイトハウスでの生中継のイベントで、ジョー【・バイデン】がナンシーに指示を尋ね始めたときに慌ててカラーバーにした、ナンシーはいつもと違って言葉に詰まっていた。

動画はシャンティ・フーラが挿入


米太平洋艦隊司令官から日本にお詫び


Also, in a clear sign the good guys are winning, we received a phone call on March 11th, 2021 from U.S. Pacific Fleet commander Admiral John C. Aquilino where he read the following statement: また、善人が勝っている確かな証拠として、2021年3月11日、アメリカ太平洋艦隊司令官のジョン・C・アキリーノ提督から我々に電話があり、彼は次のような声明を読み上げた。

画像はシャンティ・フーラが挿入
Wikimedia Commons [Public Domain]
ジョン・C・アキリーノ最高司令官

“We would like to apologize to the Japanese people for our failure to protect them from the terrorist attack on Fukushima that took place ten years ago today. We promise to be more vigilant in the future to ensure that no such attack ever takes place again.” 「10年前の今日、福島で起きたテロから日本の皆様を守ることができなかったことをお詫びしたいと思います。二度とこのようなテロが起こらないよう、今後はより一層の注意を払っていくことをお約束します。」

We have also confirmed from both the CIA and the NSA that most of the leaders of this terror attack, including former Jesuit Secretary-General Peter Hans Kolvenbach and Prime Minister Benyamin Netanyahu, have been executed for their role in this attack. Other perpetrators such as Baron Thyssen, will be brought to justice. また、CIAとNSAの両方から、イエズス会の元事務総長ピーター・ハンス・コルベンバッハやベンヤミン・ネタニヤフ首相など、このテロ攻撃のリーダーのほとんどが、このテロ攻撃に関与したとして処刑されたことを確認している。また、ティッセン男爵のような他の犯人も法の裁きを受けるだろう。

画像はシャンティ・フーラが挿入
Wikimedia Commons [Public Domain]
ピーター・ハンス・コルベンバッハ


カナダ首相とドイツ首相は倒れるべきドミノ


A few more dominoes still need to fall, like Justin Castro in Canada and Angela Merkel in Germany, but it is only a matter of time. Merkel must resign as promised or suffer the consequences. カナダのジャスティン・カストロ氏やドイツのアンゲラ・メルケルのように、まだいくつかのドミノが倒れる必要があるが、それも時間の問題だ。メルケル首相は約束通り辞任しなければならないし、そうでなければ結果に苦しむことになる。

動画はシャンティ・フーラが挿入
全身が震えるメルケル首相


軍隊はIT大企業を占拠すべき


The military now needs to occupy the headquarters of Facebook, Google, Twitter, Microsoft, etc. ASAP and hunt down their executives in order to put an end to all the deep fake and CG we see on our ubiquitous screens. 今や、軍隊は早急にフェイスブック、グーグル、ツイッター、マイクロソフトなどの本社を占拠し、幹部を追い詰めて、至るところの画面で見られるディープ・フェイクやCGに終止符を打つ必要がある。


企業メディアの見直し


Finally, the corporate media needs to be totally overhauled. Over the years I have watched as my journalistic colleagues were murdered, fired, or retired until nothing but lackeys were left. These lackeys need to be fired or imprisoned. It is time to bring the truth back into our public discourse. 最後に、企業メディアを全面的に見直す必要がある。私は長年にわたり、ジャーナリストの同僚たちが殺害されたり、解雇されたり、退職したりして、【権力者や上役などのご機嫌を取る】追従者【ごますり野郎】しか残らないのを見てきた。これらの追従者【ごますり野郎】は、解雇されるか投獄される必要がある。今こそ、公の場に真実を取り戻す時なのだ。

Remember, the truth will set us free. 覚えておいてくれ、真実は私たちを自由にする。

機械翻訳:DeepL
翻訳チェック・修正:popoちゃん


註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイート画像、および動画も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートの機械翻訳をチェック・修正したものを、毎週シャンティ・フーラで掲載させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.