世界中のワクチン接種者をモニターする技術は既に存在する! ~接種者と未接種者の2つの階級を作り、未接種者が普通に暮らせない環境を作ることで、全員にワクチン接種を行おうとしている

竹下雅敏氏からの情報です。
 Matatabiさんのツイート動画は、10月16日の記事17日の記事で紹介したカレン・キングストンさんの情報です。ぜひフル動画をご覧ください。
 16日のコメントでは、「独占:世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認される」という記事を紹介し、この記事の中で、“このファイザーの特許申請は2021年8月31日に承認され、携帯電話の電波塔や衛星からの2.4GHz(5G)以上のパルスマイクロ波の量子リンクによって…ワクチン接種を受けた人間の遠隔連絡先を追跡する目的で…登場した特許”だという事を記しました。
 「パルスマイクロ波の量子リンク」で追跡するというのが、どういうことなのかは分かりませんが、現在知られているテクノロジーではないのかも知れません。ただ事実として、「世界中のワクチン接種者をモニターする技術」が既に存在することは確実なのです。問題は、この特許が今回のワクチン接種で使われたのかどうかです。
 ザウルス氏の実験を含め様々な状況証拠からは、使われたと考えるのが自然だと思います。また、人類にマイクロチップをいれて、AIによる完全支配を実現したいと考えている支配層が、このチャンスを逃すはずがありません。
 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の発言を見れば、接種者と未接種者の2つの階級を作り、未接種者が普通に暮らせない環境を作ることで、全員にワクチン接種を行おうとしているのが分かります。
 “続きはこちらから”のアーロン・ルッソ監督のインタビュー映像は、ぜひご覧ください。ニック・ロックフェラーはアーロン・ルッソに、「君は僕等の仲間になるんだから心配するな。君の(体内に埋め込むマイクロ)チップがちゃんと、“俺の体に触るな”って言うから(6分24秒)」と話し、「最終目的は人々にチップを埋め込んで、社会全体を支配することだ(8分15秒)」と言ったということです。
 こうした命がけの証言ですら、「陰謀論」と見做して真に受けない愚か者が多いので、今の状況が生まれているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メディアが報じないジャシンダ・アーダーンの裏の顔
配信元)
————————————————————————
配信元)





————————————————————————
ーNEWS- アーロン・ルッソ インタビュー映像
配信元)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
「こどもワクチンプラットホーム」で講演した
引用元)
(前略)
アメリカでは5歳から11歳への接種が決まったという。
なんでもアメリカの真似をする日本もそうなるのかな。
(中略)
僕は一介の町医者として、患者さんに寄り添うとともに、
ブログのコメント欄で様々な情報を日々、勉強中である。

そして、信じがたい世界が広がっていることを、知ってしまった。
ここに書けないことばかり知ることになり、複雑な気持ちになる。

信じられないほどの言論統制。まさに先の戦争の時と同じ。
言論の自由という憲法違反のなか、膨らみ続ける同調圧力。

この異様さに気が付かない医師たちの呑気さが、信じがたい。
(以下略)

Comments are closed.