独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第102楽章 ドイツの3基の原発が廃止・L E D電球も怖い!

 あけましておめでとうございます。いつも読んでいただきまして、大変嬉しく思っています。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。今年も、早く良い方向に向かうことを願いつつ、記事を書いてまいります。
 2022年になった瞬間から、今でも、竹下先生が時事ブログに書かれていた光がたくさん舞い降りてくることを意識してみています。12日正午まで楽しみます・・。
 12月31日にはドイツの原発3基が廃炉となりました。311がきっかけでドイツまでやってきた移住者にとっては、非常に嬉しいことです。今年の大晦日には、最後の3基が廃炉となり、ドイツの原発はすべて廃止となります。
 また、個人的には年末に電球が切れましたので、買いに行ったところ、スーパー、ドラッグストア、大型DIYセンターなど、どこにも白熱電球が売っていませんでした。すべてLED電球のみ。(なぜか電気屋さんは2Gで入店できない!)大型DIYセンターでは、LEDがガンガン光っていて、頭が痛くなりそう、目がチカチカしそうでした。1年前には、わずかですが、ドラッグストアで白熱電球が売っていましたので、まだ大丈夫だと思っていたのですが、全滅となり、従来の白熱電球はオンラインでしか購入できなくなりました。

 白熱電球を求めて昨年が終了して、元日から良い光を受けとる形で・・2022年の新しい年を迎えました。
(ユリシス)
————————————————————————

ドイツの原発3基が停止


ドイツでは12月31日原発が3基停止しました。核兵器解体には約15年かかるそうで、時間がかかりますね。1985年に稼働したニーダーザクセン州のグローンデ発電所は、世界で最も強力な原子力発電所の1つと言われていました。

参考記事
ドイツの原発地域と子供の白血病との関係
https://rief-jp.org/ct10/30101
http://cnic.jp/619
このたび廃炉となったニーダーザクセン州のグローンデ原発の位置
https://goo.gl/maps/9rq2KZHpjT9CDvsR8

年末にさらに3基の原発が稼働停止へ
ドイツの脱原発は最終局面。シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のブロックドルフ、ニーダーザクセン州のグローンデ、バイエルン州のグンドレミンゲンCの原子力発電所は、金曜日の夕方に送電網を停止。1年後には、最後の3基の原子力発電所も停止する予定。

原発反対派は、ブロクドルフ原発とグローデ原発に光を投影して、2つの原発の停止を成功として祝った。反原発団体は、ブロックドルフでの行動について「チェルノブイリや福島のようなメルトダウン、最悪の事態が起こらなかったことに安堵している」と言及。ドイツ政府は、福島第一原発の事故を受け、2011年に脱原発。
(DeepL翻訳・まとめ)


ワクチン接種に反対する人々


今回のベルリンの年末のカウントダウンのイベントは中止になり、爆弾のような花火も禁止になったようですが、いたるところで昼間から爆弾花火もバンバン聞こえて、例年よりは、花火の音も少ないのですが、反抗的なベルリンの人々、バンバンやっていました。とても面白いなと思いました。

また、ドイツでは医療従事者は3月までにワクチン接種をしなければいけないのですが、「それなら医療の仕事をやめる!」という方も意外にも多く、仕事を変えるそうです。また、もしワクチン接種義務化になったら、罰金を支払って、その後、裁判で返金してもらうように戦う!という強気な人もいるそうです。

ほらほら、いらっしゃいました・・。ベルリンフィルにも・・
下記の記事は、ベルリンフィルの首席フルート募集の記事。首席フルート奏者が未接種のため退団するそうです。素晴らしい決断だと思いますよ・・ベルリンフィルもこんな看板を掲げていますので、がっかり。・・ドイツ銀行がスポンサーですからね・・

ワクチン接種が文化を守る!

独占インタビュー:首席フルートがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を退団
https://slippedisc.com/2021/12/exclusive-principal-flute-quits-the-berlin-philharmonic/

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、首席フルートの欠員を公募。
マチュー・デュフールが「個人的な理由で本人の希望により」楽団を去るとのこと。

48歳のデュフールは、1999年にダニエル・バレンボイムによってシカゴ交響楽団の首席フルートに任命。LAフィルでグスターボ・ドゥダメルと短期間共演した後、シカゴに戻り、2015年にベルリンのオーディションを勝ち抜き、アンドレアス・ブラウの後継者としてエマニュエル・パウと首席奏者の仕事を分担していた。首席奏者がキャリア半ばでベルリン・フィルを去るのは極めて異例。同僚によると、デュフールの「個人的な理由」には、オーケストラの予防措置に対する不満が含まれているという。後任のオーディションは5月の最終週に予定されている。
(DeepL翻訳・修正)

トルコのイスタンブールでは、信号が赤でも車がバンバン通るらしく、規則を守らない、時間を守らないトルコ人と言われるそうですが、ベルリンの人々も同様になかなか反抗的らしく、電車が駅に止まっている間にペンキで電車の色を変えてしまう有名な若者たちもいるようです・・。

(こちらの動画は息子に教えてもらいましたが、数分間で電車が様変わり、お客さんも電車の変わりようにびっくりしています。さすが、ベルリンでは、よくある普通の高校生、ペットボトルにウオッカが入っているそうですし、(水のように見えるから・・)また、試験が終わるとビールを飲み始める普通の高校生たちですので・・。ちょっと日本と感覚が違います・・。)



上記の動画は、取り上げる動画として適切かどうか迷いましたが、ベルリンの治安の悪い地区ですが、様子がわかりますし、反抗心を持つ例として取り上げてみました。器物損壊罪である!道徳倫理的にどうなの?という意見もいただきましたが、落書き文化はベルリンの特徴の1つでもあるので、私自身感覚が麻痺してきています。落書きがないとつまらないと言っている方もいるくらいです。ワクチン接種を推進している政治家、医者、メディア、メーメーさんたちの方が反抗的な若者よりも悪いのです・・という思いを持ち、取り上げてみました。(鷹揚に許可して楽しんでいるベルリンもどうなの??アートだからいいの??とも思いますが、1U Pさんたち、世界中旅して描いているようで・・)

こんな感じで、ドイツでは、反抗心を持つ人は、意外にも多く潜んでいて、実際の未接種者は統計よりも多いのでは・・とも思ったのです。

竹下先生が盛んに時事ブログに挙げられていたロバート・マローン博士のツイッターアカウントが禁止されてしまい、重要な内容がSpotifyのポッドキャストで流れたそうです。Spotifyとは、スウェーデン発の音楽配信サービス。若い人たちは、こちらで音楽を聴いています。バブル時代にSpotifyがあったらよかったのに・・と思う、羨ましいサービスです。(クラシック音楽、サラ・ブライトマンの曲もあります・・)

mRNA技術の発明者ロバート・マローン博士がツイッター禁止後初のインタビューで語った内容は、衝撃的。
https://weltwoche.ch/daily/der-zensur-ein-schnippchen-schlagen-was-der-erfinder-der-mrna-technologie-robert-malone-im-ersten-interview-nach-seiner-twitter-sperre-sagt-ist-atemberaubend/


年末、ワクチン開発者で免疫学者ロバート・マローン博士のツイッターが禁止。マローン博士は、自分が共同開発したmRNAの技術について批判的なコメントを出していた。最近は、子どもたちの接種に対して警告。

50万人のフォロワーを持つアカウントの停止に対して多くの人が激しい抗議。ユーザーから#freerobertmaloneの呼びかけがありました。その後、マローン博士はポッドキャストの有名人ジョー・ローガンと3時間インタビュー。Spotifyのポッドキャスト「The Joe Rogan Experience」は毎月2億人のリスナー、YouTubeでは数億人の視聴者がいます。

マローン博士の語る内容は、血の気を引くようなものです。マローン博士はローガンとともに、大手製薬会社とWHOのもつれ、病院ができるだけ多くのコロナ患者を獲得するための金銭的インセンティブ、データの操作、メディアの検閲について話しました。

「私たちが目撃しているのは、組織的なメディア戦争。今までに見たことのないレベル。私や複数の(ウイルス)発生の経験がある同僚は、これほどまでに組織的なプロパガンダを見たことがない」と語る。この会話は、これまでツイッターでマローン博士をフォローしていた人たちよりも多くの人に届くと思われます。ジョー・ローガンのポッドキャストは、世界で最も成功。言論の自由のために、これ以上の代弁者はいない。Twitterの思想統制者たちは迷走するでしょう。
(DeepL翻訳・修正)

こちらが上記に書かれていたSpotifyです。

https://open.spotify.com/episode/3SCsueX2bZdbEzRtKOCEyT

概要
ロバート・マローン博士は、1989年に出願された9件のオリジナルmRNAワクチン特許(mRNAワクチンのアイデアと原理の証明実験の両方を含む)およびRNAトランスフェクションの発明者。100件近い査読付き論文を発表、12,000回以上引用。2020年1月より、COVID-19の治療のための臨床研究デザイン、医薬品開発、コンピューターモデリング、再利用薬の作用機序に焦点を当てた大規模なチームを引率。子どもたちへのコロナワクチンの接種義務化に反対する全米300の団体「ユニティプロジェクト」のメディカルディレクターも務めています。また、16,000人以上の医師や科学者が参加する「グローバル・コビット・サミット」の代表を務め、パンデミック「コビット」の研究・治療について権力に真実を訴えることに尽力しています。
(DeepL翻訳・修正)

こちらは、コロナ以前にファイザーとアリババがつながっていたという内容です。

コロナ以前に:ファイザーはすでに中国の予防接種パスポートと社会的信用プラットフォームに協力
https://uncutnews.ch/vor-covid-pfizer-kooperierte-bereits-mit-chinesischer-plattform-fuer-impfpaesse-und-soziale-kreditwuerdigkeit/


コロナが発生する1年前、ファイザーは、中国共産党系のアリババが運営するプラットフォーム「アリペイ」と協力協定を締結している。

アリペイという会社は、北京で予防接種のパスポートを運営。パンデミック時に政権が使用する主要なプラットフォームの一つで、人々が家から出られるかどうか、特定の店に入れるかどうか、コロナに感染しているかどうかなどを判断。また、このプラットフォームは、人々の社会的信用度を判断するためにも利用。だから、ファイザーがコロナより1年早くアリペイと提携し、ワクチンへのアクセスを改善したのは非常に奇妙である。

ナタリーウィンタースは、大手製薬会社と中国共産党の奇妙なつながりについて語る。不思議に思うのは、"なぜファイザーは、COVID-19のパンデミック発生の1年前に、中国共産党の予防接種パスポートと社会信用スコアのプラットフォームに協力していたのか?"ということ。2018年6月:中国政府、「アリペイ」と肩を並べたことを誇りに思います。中国の子どもたちのより良い未来のために、病気への認識とワクチンへのアクセスを向上させる新しいデジタルソリューションを導入する。
(DeepL翻訳・修正)


私の医療体験談


さて、病院といえば・・と今回は私の体験談を書こうと思いました。20年以上前ですが・・

妊活をしていた1999年頃の話。東京の大学病院。卵管の検査で、左の卵管が詰まっていてチョコレート嚢胞だよと言われました。「腹腔鏡手術をすればすぐに妊娠できるから、すぐに予約して!」と私の目を見ないで産婦人科部長が言いました。私の目を一度も見なかったので、おかしい、これは嘘だとすぐにわかり、家に帰り、母親にも聞いてみて、母親も嘘だと思うと言ったので、すぐにこの病院を去り、個人病院へと変えました。同じようにまた妊活のための検査をするのですが、何も言わなかったので聞いてみました。「左の卵管、詰まっていますか?」「いいえ、詰まっていません」やっぱり・・。大学病院で腹腔鏡の手術の症例を増やすために、嘘を言っていたと思われます。あの時の腹腔鏡の手術のリストには、たくさんの予約の名前が書かれていたので、本当は違うのに手術をされた方も多かったはずなのです。


私は個人病院にて、若い女医さんがよい気づきをしてくださり、排卵障害乳汁分泌ホルモンが邪魔をしていることに気づいていただき、テルロンを1錠飲むだけで排卵が正常になったのです。

また、息子が4歳ごろだったかな。地元の小児科にて。この小児科は丁寧であると人気でしたが・・。痒み止め、アトピー系の軟膏をいただきましたので、私はインターネットで名前を検索して調べていました。すると、悪性腫瘍の副作用があると見ましたので、このことを医院長の女医さんにお伝えしたところ、「あなたは、インターネットの情報を信じるのですか?信用できないのなら、世田谷のS病院のXX先生に聞いてみてください!」(この時、息子は咳などもしていないのに、なぜか喘息アレルギーであると世田谷のS病院に紹介されました・・)幼稚園を見ていて気がつきましたが、こちらの小児科にかかると、たいしたことないのに入院になるお子さんが多かったです。これをきっかけにこの小児科を去りました。病院同士のつながりがあるのでしょうね。


脳天を突き刺すLED電球の光


病院や薬も怖いですが、LED電球も怖いですね。年末から年始にかけて、光のイベントなども世界中で多いと思いますが、すべてがLED電球になっています。よくあるのが、自転車のライトがLED電球ですので、正面から突きさすような光が目に飛び込んでくることがあります。


実際に我が家では、すべて自分で電球を購入できるのでいいのですが、以前の家では、廊下など備え付けのLED電球でしたので、なるべく使わないようにしていました。

もし、シャンデリアなどがLED電球でその下にいつも座っていたとしたら、脳にLED電球の光が刺さるのではないでしょうか・・。LEDの光は脳天を突き刺すと書いていた方を見たことがあります。


LED照明とがんを結びつける新たな研究
https://environmentjournal.online/articles/new-research-links-led-lighting-to-cancer/

LED街路灯や商業広告看板から発せられる「ブルーライト」は、乳がんや前立腺がんのリスク上昇につながることが明らかになりました。

バルセロナ国際保健研究所(ISGlobal)がエクセター大学を巻き込んで行った研究によると、夜間にLED照明を多く浴びる大都市に住む参加者は、前立腺がんのリスクが2倍、乳がんのリスクが1.5倍高いことが判明。これは、ブルーライトへの暴露が少ない集団と比較したものです。この研究は、スペイン11地域の20歳から85歳までの4,000人以上の医療および疫学データを含む。特にマドリッドとバルセロナを調査。

環境要因が乳がんや前立腺がんにどのように影響するかについては、ほとんど分かっていません。研究者らは、LED照明がサーカディアンリズムと呼ばれる身体の24時間サイクルを乱し、ひいてはホルモンに影響を与えるのではないかと考えています。乳がんと前立腺がんは、どちらもホルモンに関係。光のスペクトルは青に富んでおり、ドライバーの注意力を保つには有益かもしれませんが、多くの人はその光を不快に感じる。高レベルのブルーライトは、目の網膜に損傷を与えることが知られています。
(DeepL 翻訳・まとめ)

1月3日から息子の学校が始まりましたが、今年から2回接種者も未接種者も全員学校でコロナテストをするそうです。息子は意味ない・・とクスクス笑っていました。そして1月3日からイスラエルでは4回目のブースターが始まったそうで、メーメーさんたちもどんどん加速していきますね。ドイツのサッカーでは、接種している選手が最近続々とコロナ感染しているようで、やっぱりね・・という感じで、息子は、「サッカー選手はみんな胸を押さえてセクシー!」など、ギャグを飛ばしています。年末、年始、毎日のように救急車の音が聞こえますし、電車もどこかの駅で急病人が出たとかで遅れることも多くなってきているようです。

今年も時事ブログを毎日読んで、心穏やかに過ごしてまいりましょう。
ユリシス実家には、アージュナー・チャートが年末に到着したようで、波動の良い部屋になっていて、スカイプで見ていますが、羨ましいです・・。



Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。


Comments are closed.