独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第101楽章 ドイツ新政権とクリスマス・ギフト(毒)在庫処分大セール

 ドイツ新政権が12月からはじまりました。16年ぶりの政権交代でした。E Uでは夏まで選挙ラッシュが続きます。S P D(社会民主党)のショルツ首相が誕生し、赤色のS P D(社会民主党)、緑色のGrün(緑の党)、黄色のF P D(自由党)という初の3党連立政権となり、赤、緑、黄ということで、ドイツでは信号色(Ampel)政権と呼ばれています。価値観の多様化に伴い、多党化となり、保守党リベラルのメルケル政権から比べると、政治の軸が少し左にずれたことになります。聞くところによると、ショルツ首相の政策は安定化が大事で、穏やかな性格だそうです。注力していることは、環境問題。
 ところで、環境問題よりもワクチン義務化はどうなるのでしょうか?メルケル政権を受け継ぐとの報道もありますが、新健康大臣のカール・ラウターバッハは、ワクチンの在庫処分に躍起になっているようです。ドイツ語のギフト(Gift)は、毒という意味なのですが、ドイツではクリスマス・ギフト(毒)が盛んになっているようです。つまり、多くの方が、3回目のブースターワクチンを早く打ちたがっているようで・・。残念なことに、ドイツでは宣伝マーケティングが秀逸なため浸透、羊メーメーさんたちには誘導効果抜群なように感じられました。
 息子の友人がドイツ人どどど・・真ん中の考え方の人なのでとても参考になりますが、ドイツ人主流の考え方はこんな感じなのです。「3 回目のブースター接種で完璧!オミクロンからも守られる。今後も年数回のワクチン接種で私は自由だ・・」 あらまあ・・・
 接種についても、最初6ヶ月おきと言ってたのが、4ヶ月でもいい、3ヶ月でもいい・・となり、年末に向けて大セール真っ只中。
(ユリシス)
————————————————————————

ドイツ在住のメーメーさんたち


まずは、実際のドイツ在住のメーメーさんたちの会話を見てみましょう!

お医者さんは自分の気づきのなさを義務教育のせいにする・・


ワクチンで血栓ができる現実を直視したくない!


3回目ブースター後の症状。


ブースター完了後に寝込んでいるようで、さんかいめのあれwのイヌスケと同じ・・



現実を目の前で見ているのに・・。


やはり、日本もドイツも教育の間違いでしょうか・・。


メーメーさんたちは例えばこちらの情報に振り回されているのです・・ロイター情報・・こちらは本当??未接種者の感染者が医療現場を逼迫させているような印象を与えている。ロイター情報は無論傘下!みんなのために打つ・・とかメーメーさんたちは皆同様に言う・・


病院に行くとニュアンス的にこうなりがち・・


世界のワクチン接種率。


来年の1月には豪州メルボルンでテニスのオーストラリアオープンが開催されます。豪州も規制が厳しく、ワクチン接種者しか入国できない状態です。そんな中で男子シングルスのシード1位であるジョコビッチ選手が出場リストに載っているということで、10月の時点で未接種者のジョコビッチ選手に対する噂が出ている状態です。スポンサーとの関連もあるようですね。テニスのスター選手は、どうにかスポンサーが通過させるのでは??と思ってしまいます。

もし、ジョコビッチが未接種のまま出場してプレーすることが許されるなら、信用できませんね。
ノバク・ジョコビッチ選手が全豪オープンの出場選手リストに登場

ベルリンのブースター接種に群がるメーメーさんたちはこんな感じです。



我が家の息子は白いメーメーさんたちの中にどさくさに紛れ込んでいる白いワンワンさんですので、目立たないのですが、
ある小学校では
 「毎日、クラスの前に出て、接種の状況を述べ、接種を受けている者は賞賛、受けていない者は理由を説明」
このようなことを強制されている
と書いていた方もいました。

小学校教育は一番大事な時なのに、洗脳の時代になってしまっている悲しい現状でもあります。息子によると、もしワクチンの話題を振られたとしたら、まだですけどね・・と話題を逸らすようです。まだということは、1回目はしたのかも?・・とのニュアンスを持たせるようです。また、みんながブースターワクチンに群がれば群がるほど、未接種者の存在を忘れられているようで、面白いそうです。


ドイツ新政権のはじまり


12月8日 ショルツ首相の新政権がはじまりました。


大手メディアが新政権を映画に似せてパロディー化。
(小学生のようなたて笛の音が新政権の様子を表現しています・・)


ファイザーがSPD(社会民主党)のスポンサー。


前政権のCDU(キリスト教民主同盟)もファイザーがスポンサーだったのね。


あら、中小企業が基盤のFPD(自由民主党)もファイザースポンサー。


だから、ワクチン義務化にファイザーがスポンサーの政党は従わざるを得ない状況。
 AfD(ドイツのための選択肢)のみワクチン義務化反対 
 FDP(自由民主党)は保留


健康大臣に就任したカール・ラウターバッバさん(右で歯を剥き出している方)ですが、大丈夫でしょうか???どこの国も同じ、ズブズブ・・

新しい健康大臣は、KaDeWe(高級デパート)のレストランにて、ロビイストと一緒に金箔付きロブスターを満喫。2019年1月17日。医師会・法定健康保険医協会とともに、伝統的な新年のレセプションでのシュパーン健康大臣を囲んで。ゴルフが話題。

ラウターバッハさんは当時、高級食材を自慢にして、当時批判を浴びていたそうです。こちらの記事によると、

ロブスターゲート:社会民主党の役人がインターネットで高級料理を自慢する

S N Sで、社会民主党の健康専門家とされるラウターバッハ氏は、この物議を醸す投稿に対して多くの批判を受けました。"ロビイストと一緒に食事をするのが一番だ "と、あるユーザーは嘲笑。別のユーザーは、ラウターバッハに驚きを示しています。"介護分野の人間としては、このパラレルワールドに苛立ちを覚えるばかりです。"

彼の同志や草の根の有権者の中には、生きたまま調理された高価なロブスターを食べたことがない人もいるだろうが、ラウターバッハの給料を賄わなければならない。社会民主党の偉い人の高額なグルメな逃避行・・幻滅するだけである。
(DeepL翻訳・修正まとめ)

新しい健康大臣がラウターバッハさんについてのTwitterも大いに荒れています。日本と同じでヤマ・ニヤマの霊律に違反する政治家が登場ということですね。


あれ?削除されてしまいましたね・・以前は以下のように書いてありました・・

ラウターバッハさん、自分で言ったこと覚えていますか!?それとも、以前に言ったことはどうでもいいと言うのでしょうか?

ワクチン接種義務化は、インフルエンザと同様に意味がない。ワクチン効果が高ければ、自主的に行われる。だから、強制的なワクチンを接種義務化は必要ない。副作用が多かったり、効果がないのであれば、接種する必要はない。だから、ワクチン義務化は意味がないのです。」
2020年5月16日のTwitterでのラウターバッハ氏の発言より
(DeepL翻訳、修正)


上記の発言によると、新健康大臣カール・ラウターバッハは、国民の健康よりも政治的なことを優先しているわけですね。
 『つまり、真実というのは、非常に多くの場合、政治的な死につながってしまうんですよ。ご理解いただけますことを・・』(ラウターバッハの発言)

「ラウターバッハ!(笑)、トレードマークの蝶ネクタイはポケットですか?(笑)いつもと違い何か変ですよ・・(笑)」
(大手メディアのコメディーより)
尾行の船??からの呼びかけが笑えますね・・

さあ、いよいよワクチン接種の本番
https://www.bild.de/politik/inland/politik-inland/lauterbach-legt-mit-dem-corona-general-los-jetzt-kommt-die-impf-inventur-78496178.bild.html


ウイルス学者ドロステン:みんなにすぐにブースト!!
健康大臣カール・ラウターバッハ(58歳、SPD)は、最初の仕事として、ワクチンの在庫を確保が急務。「年内に3,000万回の接種基盤ができた」とシュピーゲル誌に語る。3,000万人のうちどれぐらいが本当にワクチンを接種できるのかを確認するための棚卸しも実施。

3000万回のワクチン接種、これは、ショルツ首相(63歳、SPD)が年内に設定した目標。

公式発表によると、ドイツでは5,760万人(全人口の69.3%)が完全に接種済み。16.6百万人(20%)がブースターワクチンの接種。現在、23.0百万人(人口の27.7%)がワクチン未接種。

今後数週間でワクチン接種キャンペーンを大幅に強化。現在、連邦議会で審議されている「感染防御法」では、老人ホームや病院でも接種の義務化を予定。将来的には医師だけでなく、薬剤師、歯科医師、獣医師もワクチン接種可能にする。

ドイツ政府は、他のEU諸国が現在必要としていないバイオテック社の300万回分も受注。ドイツでは、ロベルト・コッホ研究所(RKI)の接種率モニタリングによると、12月8日までに1,560万回のブースター・ワクチンが接種、これは人口の18.7%に相当。RKIによると、追加接種のうち、約1,200万人がバイオンテック社、約300万人がモデナ社、約3,000人がジョンソン・エンド・ジョンソン社で実施。
(DeepL 翻訳修正・まとめ)

ドイツは2G規制になりましたので、スーパー、ドラッグストア、薬局、本屋さん、文房具店ぐらいしか入店できませんが、先日、本屋さんにゆっくりと立ち寄りまして、他に入るお店がないので、本屋に長く留まり、意外にも楽しかったです。今の世の中、あまりにも自由でどんなことでもできると思わされて、意外にも何もできていないのかも・・とも思いました。

Wikipedia[Public Domain]

クリスマスの雑貨屋さん、洋服店も入れませんので、本屋だけでじっくりと楽しむことができて、ドイツで売れている本などもチェックできました。日本と同様に、人々の間に不安が蔓延しているからなのか、良いことを考える方法!などのメンタル系の本が売れているようでした。

洋服などはオンラインでも購入できますので、お店の規制に関しては何も困りません。息子は図書館が2G規制なのはおかしい・・と抗議のレターを書くそうです。
ドイツの良いところは、ここはおかしいと抗議文を書くと受けいれられるところです・・)

私はネジレの体癖のようで、規制されるとチャレンジしたくなるのです。ですので、どこか入れないかな・・とカフェを探してみました。電車に乗るためにコロナテストをしていましたので、陰性証明で入れるカフェはあるかな? 駅構内の中なら大丈夫だと目星をつけて、一番端にある小さなおしゃれなカフェに陰性証明を見せたところ、すぐにO K。キャロットケーキとオーツミルク入りのココアをいただくことができました。意外にも穴場があるものです。


我が家は電車に乗るためにコロナテストをしているのですが、もし本当にコロナ感染の蔓延を防ぎたければ、接種者でも、未接種者でも毎日陰性証明の提示を義務付けることが正当であり、平等であると思うのです。しかしながら現状では、接種者は陰性証明が必要なく、未接種者は陰性証明が必要であるという矛盾があります。ワクチン接種者でも、感染しているかもしれないのに。

つまり、この政策は、ワクチンを推奨させようと必死になっていることを意味し、感染防止に注視しているわけではないのです。接種者でもその後感染しているのかどうかを正確に嘘なしで、統計を出してもらいたいものです。現状では、未接種者が感染を広めているように揶揄されています。ただただ、ワクチンの在庫を処分したいがために必死な政策であり、政治家はその使命を負わされているのです。クリスマスギフト(毒)在庫処分大セールが行われているのです。

今まで避けていたのですが、今こそドイツ人の考え方の源流でもあるドイツのナチス時代を学ばなければと映像配信を見ました。


竹下先生の時事ブログでもトゥーレ協会が出てきましたので、映像配信で学んだおかげでよく理解することができました。ナチス時代の優生思想が現在のドイツの2G規制の源流でしょうか・・。戦争を好んで計画していた X X X X X X 家は、2つのグループに分断することがお好きなようですね。ドイツは東西冷戦で身に染みて理解しているはずなのに、今の現状はこの様です。

また、映像配信では、人類遺伝学研究所がベルリンのダーレムにあったとか(高級住宅地ですよ・・)、ベルリン優生学会のティアガルテン4番地(中心の公園ね・・)などが出てきて、ベルリン在住にとっては、あそこね・・ととても面白かったです。ドイツには恐ろしい場所がまだまだあるのね・・ということで、チェックも大事でした。

ドイツは、実は古い体質で差別をする怖い国である面もあり、仕事やコミュニティーなどで排除されることを恐れて多くの学者が発言をしていないようです。まともな発言をする学者はいないのだろうかと思っていたところ、生物学者でまともな発言をする若い方がいらっしゃいました。

生物学者シュトレック氏、2G規制について「危険である」
https://report24.news/virologe-streeck-zu-2g-regelung-halte-es-fuer-gefaehrlich/


著名なウイルス学者であるヘンドリック・シュトレック氏は、ドイツのテレビ局RTLのインタビューで、2G規制を「危険なもの」と考えている理由を詳細に説明。しかし、接種の義務化やワクチンを受けていない人の社会的排除は進み続けています。

2Gルールによって接種を迫られる必要はないとの研究結果。シュトレック氏は、「一見すると良い規制のように思えるが、危険だと思う」と語るなど、理にかなった主張。ドイツやオーストリアでは、接種を受けていない人が社会生活から排除され、疎外されるケースが増加。2Gは標準となり、接種済みや回復した人だけが入場可能。陰性の検査を受けた人や健康な人は取り残され、差別され、排除されている。ワクチンを接種した人は、もはやパンデミックの一部ではない との考えが間違い。

ワクチンを接種した人々の間で、「もはやパンデミックの一部ではない」という意識が高まっていると言及。しかし、この考え方は間違いで、ワクチンを受けていない人へのスティグマを招くことになると説明。理想モデルはイングランド。接種済みの人としていない人の感染パターンを正確に把握できる。また、接種済みの人もしていない人も、無料で検査が必須。有料検査の導入は、強制接種への第一歩、全国的な2G規制の実施は、本来あってはならない強制接種の完成である。ブースターを否定。(中略)...ワクチンの重篤な副作用のリスクに再び身をさらすことは、いかなる場合でもお勧めできません。

ドイツの生物学者が言及していても、大手メディアの情報がほとんどであり、ドイツのハンブルグでのこの大変な情報がドイツで大騒ぎされていない・・

こちらはフランスの記事ですが、ドイツでは1つのメディアで書かれているのですが、もともと心臓が悪いというニュアンスで書かれているのです。


デンマークからの新しい研究です。
- COVIDVaccinationは "心筋炎または心筋炎リスクの有意な上昇と関連する"
- 2回目以降に高いリスク
- ファイザー・バイオテック社に比べ、モデルナ社のリスクは高い

多くの方が、まるでジュースの種類を楽しむかのように、ファイザー(ドイツではバイオテック社)、モデルナ、J&J、アストラゼネカを楽しんでいるのです。全部の種類を制覇して喜んでいる方も・・。新ワクチン、ノババックスも楽しみだそうですよ・・呆れてしまいますが、これがドイツの現状です。

たぶん、冒頭の日本のお医者さんのツイートで書かれていたように、お医者さんの受けられてきた教育を含めて、全世界的に教育の間違いでしょうね・・。歴史でさえ、学校では真実とは異なることを教えられていますしね・・。

こんな時代ですが、良き年末と新年をお迎えください。


最後に・・


25日は、シャンティフーラのオルゴールの音色で
調和純正律は素晴らしい・・。落ち着く・・
ヘンデルの諸人こぞりて・・可愛い・・
今までの平均律はなんだったのだろう??




Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。


Comments are closed.