[竹下雅敏氏]裏のイルミナティの第11位階の暗黒の母であった、シスコ・ウィーラーさんのインタビュー記事を紹介します。 〜アンチ・キリストとマイトレーヤ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
裏のイルミナティの第11位階の暗黒の母であった、シスコ・ウィーラーさんのインタビュー記事を紹介します。オバマやヒラリー・クリントンが裏のイルミナティの第6位階であることを考えると、ウィーラーさんが組織の中においていかに高い地位に居たかがよくわかります。この記事は今年の8月1日に掲載されたようで、私も初めてウィーラーさんのこのようなインタビューがあることを知りました。話の内容からおそらく1998年以前のものではないかと思いますが、記事の赤字の部分で現在私たちが直面している問題をすでにこの時に予告していたことがわかります。このインタビュー記事の全文は非常に重要なもので、いずれ要約して再度紹介するつもりですが、今回、その中の特にアンチ・キリストとマイトレーヤに関する部分に焦点を当てて、この部分を見てみたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013_08_01_archive.html

シスコ・ウィーラー インタビュー 

プロデューサー・聞き手 ウェイン・モリス
 
ウィーラーさんは、マインドコントロールの被害者で、イルミナティの家のひとつに生まれました。ユリシーズ・S・グラント(南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領)の子孫にあたります。現在はフリッツ・スプリングマイヤーさんと一緒に他のマインドコントロール被害者の方々の回復をお手伝いされています。

ウィーラー 
私の父も、イルミナティのグランドマスターでした。父はベトナム戦争中、軍を率いた叔父と共に、米国に麻薬を持ち込んで麻薬文化を作るために西海岸で働きました。その目的は、家族の仕組みを壊すことでした。
CIAとも関係がありました。それから33階位のフリーメーソンでした。

私の父はメンゲレに訓練されました。メンゲレのナンバー2でした。
カリフォルニアではチャイナ・レイク海軍基地と、サンフランシスコ北部のプレジディオ(米軍基地)、それからその隣にあるレターマン病院で。あと(サンフランシスコ湾の小島)アルカトラズにあった刑務所で、プログラミングが行われていました。それから、オレゴンのサーレムにある州立精神病院と、ここポートランドにある、ドレンベッカーという名の、メーソンの大病院です。

モリス 
イルミナティファミリーの一員として、あなたにはどういうことが計画されていたのでしょう?

ウィーラー 
システムの一番深い層にある唯一の目的は、「母」たちです。彼女たちが基礎です。台座である3人の「母」がいます。彼女たちの唯一の目的は、反キリストが王座に着く時に女王として支配統治することです。神に嫁がいるように、ルシファーにも嫁がいて、その嫁は「暗闇の母」たちです。

モリス 
この「反キリスト」になるのは誰でしょうか?「マイトレヤ卿」という名前を聞いたことがあります。この人物は候補者ですか?

ウィーラー 
彼は先駆者の一人、使徒です。神が地球に送った息子キリストには12人の使徒がいましたが、反キリストは1人の中に3 人みたいな感じになります。そして12人の先駆者もいます。マイトレヤが登場するのはここです。彼は先駆者です。洗礼者ヨハネはキリストの先駆者でした。

モリス 
世界的には、これはいわゆる「新世界秩序」にどうつながっているのですか?

ウィーラー 
新世界秩序はイルミナティ内部の組織です。世界を支配している13の主要な血族です。彼らは舞台をセットし、脚本通りにやります。

近い将来、世界の人々は目を覚まし、株式市場がクラッシュしたこと、世界の金融がクラッシュしたこと、食べ物が汚染されたこと、医学分野がイルミナティの医学勢力に支配されたことに気づくでしょう。

イルミナティは私たちの生活の全ての要素に浸透しているのです。
イルミナティとそのファミリーが手をつけていないものは何もありません。

モリス 
普通の人々がこれを止めるために、これに対して備えるために、できることは何でしょう?

ウィーラー 
すべての人が、自分の中に理解、洞察、自分への答えを持つべきです。

人々は自分に目を向け、自分の声に耳を傾ける必要があります。自分たちの周囲で何が起きているのかを見て、最悪の事態のために準備し始める必要があります。

イルミナティとは何者であり、何をしてきたのかを理解する必要があります。何かを理解するには洞察が必要です。 洞察なしには暗闇を歩くことになります。それを知らなければ、自分の家族やその子孫に対して再び行われることについても、まったく知らないままになります。

モリス 
イルミナティの信仰システムと、彼らのしてきたことについて、人々が理解すべきポイントは何でしょうか?

ウィーラー 
イルミナティというのは悪魔崇拝者であり、何でもやるのだということをわかっている必要があります。 彼らは自分たちのことを神だとしています。自分たちは神々で、仕える相手はルシファーだけだと信じています。王子として、光の父として、ルシファーに仕えるという誓いを立てています。実施をこの目で見る、終末の成就を見る、反キリストが王座につくのを見る、という血の誓いを立てています。そんなことを何世紀も続けてきたのです。


【竹下氏による解説】

『聞き手が反キリストはマイトレーヤなのか?と聞いた時、ウィーラーさんの回答は、“彼は先駆者の一人、使徒です。…12人の先駆者もいます。…洗礼者ヨハネはキリストの先駆者でした”というものです。この答えの意味するところは、マイトレーヤと12人の先駆者たちは、洗礼者ヨハネと同様に、反キリストの出現に先だって殺されることになっていることを意味します。
 私がこれまで、天界のクーデター計画があり、サナト・クマーラとマイトレーヤ、そしてその使徒たちは殺され、無間地獄に封じ込められる予定だったと説明していますが、ウィーラーさんのこの答えは私のその説明を補強するものになっています。
 マイトレーヤの周りにいた12人の側近である覚者たちは、全員エノクをルシファーとして忠誠を誓っていた者たちです。エノクを含めて全員がレプティリアンなのですが、マイトレーヤもサナト・クマーラも彼らがレプティリアンであることを知らず、自分たちの仲間だと思っていました。サナト・クマーラとマイトレーヤ、そしてマイトレーヤに従う者たちは一致団結して、レプティリアンが支配する4つの面を持ったひとつのイルミナティと戦っているつもりだったのです。
 さて、ここでの問題はマイトレーヤと共に滅ぼされることになっていた12人の先駆者とは誰かということなのですが、彼らはマイトレーヤの側近の12人の覚者(レプティリアン)の弟子たちであって、様々な名を語りチャネリング情報として世界に混乱を与えてきた者たちです。
 例えばラコーシ大使(レプティリアン)の名を語りチャネリング情報を提供していたセント・ジャーメインなどです。セント・ジャーメインの名を語るチャネリング・ソースが、実際に過去生でサン・ジェルマン伯爵であったはずがありません。それは情報の波動を読むと直ちにわかることなのです。ベンジャミン・クレームもこうしたチャネリング情報はグラマー(幻惑)であり、自分がサン・ジェルマン伯爵だと信じている者の偽情報であると言っていますが、実は正確には本物の覚者から指令を受け、セント・ジャーメインの名で情報を送っていた彼らの弟子なのです。
 神智学の、特にベンジャミン・クレームの情報を信じている多くの人たちは、マイトレーヤと12人の側近たちがブラック・ロッジの連中や彼らの息のかかったこのようなグラマーに満ちたチャネリング・ソースたちと戦っているというように見ていたのです。実は上記の説明のように、こうしたチャネリング・ソースは覚者の弟子たちであって、天界のクーデター計画が実行に移されたとき、マイトレーヤと12人の先駆者として共に処分される計画だったのです。このとき地球上にいるキリスト教の信者たちあるいは黙示録を信じる者たちには、サナト・クマーラを竜、マイトレーヤを666(ミロク)、マイトレーヤのオーバーシャドウを受けていたオバマは偽預言者として滅ぼされることになっていたわけです。
 オバマは裏のイルミナティの人間なのですが、本物のイルミナティは選ばれた13血統の者たちに限られ、オバマの様な低位階の雑魚は目的を達成するための生贄に過ぎません。マイトレーヤと共に滅ぼされる12人の先駆者(チャネリング・ソース)も覚者(レプティリアン)の弟子の者たちなのですが、彼らにしても同様です。悪魔たちは目的のためならどんなことでもします。
 裏のイルミナティの視点からは世界を統一支配するのはルシファーと反キリストです。これはエノクとエノクに選ばれた地上に転生しているある人間(メロビング家の血筋の可能性が高い)ということになります。ウィーラーさんの言葉では“反キリストは1人の中に3人みたいな感じになります”ということなので、反キリストとして選ばれた者は多重人格者で、ヘルメス派、ニムロデ派、イエス派の覚者たちが共有する霊媒としての存在だと考えられます。この意味でも私がこれまで説明してきたように、裏のイルミナティは3つの派閥に分かれているということがわかると思います。
 マイトレーヤはキリストなのですが、クーデターによって彼らが滅ぼされた後にはサナト・クマーラをルシファー・サタン、マイトレーヤを反キリストとして説明するでしょう。そして、世界を支配するのは、真の光の神ルシファーとその化身のキリスト(先の多重人格者)ということになるのです。すなわちサナト・クマーラはルシファーの名を語っていた悪魔ルシファー・サタンであったということになるのだと思います。彼らが世に出そうとしていた反キリストの多重人格者は、世に出た後、真のキリストとして人々に認知されるように情報操作される予定であったと思います。ユダヤ教にとってキリストとは世界を支配する王のことだからです。
 以上説明したように、ルシファーやキリストといった言葉にはそれを使う者の立場によって様々に意味が変化するものなのです。これまでの私のコメントではさらにルシファーにはもう一つの意味があり、エノクとエノクを崇拝する覚者たち(全員レプティリアン)の上位に居る彼らにとっての真の悪魔の首領のことを意味します。この男は聖書の中で初めの殺人者カインとして知られています。
 しかし、こうした悪魔たちは全員が滅ぼされ、もはや存在しません。彼らの計画はすべて消えてしまいました。』

Comments are closed.