[みんな楽しくHappy♡がいい♪]三田茂医師「関東の子どもたちの異常について」

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで時事ブログでは、原発周辺に住んでいる村の特に女性に対する差別に関しては、あまり取り上げて来ませんでした。ですが、やはり奇形の子供が生まれることを恐れることから、原発近辺に住んでいる女性は、結婚が破談になるというケースがあるようです。
 今はまだ高額ですが、将来数万円で遺伝子を調べることが出来るようになる時代が来ると思いますが、そうなると、密かに相手の髪の毛などを収集して遺伝子の異常があるかないかを調べ、異常が無いことが結婚の前提になるというような恐るべき社会になるのでしょうか。
 記事にある山村留学というのは良い方法かも知れません。継続的な検査・調査を望みますが、結果が出てからでは遅すぎるので、文中にあるように“本当にみんな分からない…ですから僕は「逃げるしかない」”ということになると思うのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。