[サルーサ情報]悪事が収束しない理由 〜闇の者たちに…責任を取らせる為の複雑なプラン〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの言葉の中に、“闇の者たちに…責任を取らせる為の複雑なプラン”という部分がありますが、確かにそのようです。このプランがどのようなものかは、私にもわからないのですが、現在、地球の闇の上層部の者たちの大部分はすでに存在しないのです。ウオーク・インという形で神々が彼らの肉体を所有しており、本人はすでにウオーク・アウトというよりはむしろ、処刑されて消えてしまっているのです。したがって、例えば個人的に誰かを調べると、ブッシュ・ナチ陣営の人間ではなく、現在は「銀河連邦」に属する者として判定されたりします。ですから、地球のコントロールはある意味で神々が何とでも出来ると言えそうなのですが、不思議なことに、これまで彼らが行って来た悪事が収束し始めるどころか、逆に一気に現れて来ている感じです。これはこうした悪事に加担する者たち、たとえばマスメディアの者たちを含め、一網打尽にするためではないかという気もします。
 それぞれの人の魂の輝きに応じた素晴らしい世界が用意されているとはいえ、ガザの人々のように、それは肉体の死を経過しなければならない者も多いと感じます。現在エボラ出血熱が猛威をふるっていますが、いずれ人類にとって脅威となる感染症が襲い掛かってくる可能性もあります。第3次世界大戦で人類が滅びるよりも、感染症によるパンデミックの方がずいぶんましだとは思いますが…。将来世界的規模での食糧危機に直面するのは、避けられないように思います。それがどのくらい深刻なものになるのかは、今のところはっきりしません。
いずれにしても、未来の地球環境というポジティブな面を見れば良いことばかりなので、一時的な混乱と苦難は、耐え忍ばなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2014年8月1日 
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.