[井口玲子氏]「マッカーサーの告白」なる文章について 〜捏造であることをはっきりと示す記事〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日、「マッカーサーの告白」という動画を紹介しました。内容がどうやら捏造らしいという事が動画の書き込みからもわかりましたが、今回の記事はこれが捏造であることをはっきりと示したものです。
 青字にした部分がマッカーサー証言の部分で、これを見ると“日本の戦争の目的は侵略ではなく自衛のためだった…東京裁判は誤りだった”という部分は見当たりません。マッカーサーの告白として動画では『 』でくくられた部分でこのような捏造が行われている事を考えると、この動画はかなり悪質だと言えるでしょう。
 私がこの動画の文章を問題にしているのは、これが八咫烏の関係者によるものだからなのです。これまで八咫烏関連の一連の記事を書いて来ましたが、そこに共通に見られるのは、彼らによる歴史の歪曲です。この連中は自分たちの政治的目的を達成するためならば、平気で人を騙すという特徴を持っているかのようです。それが秦氏を始めとするイスラエル・ユダヤの血に由来するものなのか、それとも自分たちは神に選ばれた人間だという奢りから来るものなのかは、はっきりとしません。
 いずれにせよ、こうした行為が恥ずべきことだという感覚を持っていないのだとすれば、かなり問題です。動画を削除し、謝罪の文章を入れない限り、関係者はいずれ、神々からの裁きを受けることになるだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「マッカーサーの告白」なる文章について。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。