アーカイブ: ウクライナ情勢

[櫻井ジャーナル]米国の国務次官補と駐ウクライナ大使によるウクライナ乗っ取りの謀が盗聴され、明らかになった

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事をご覧になってわかる通り、アメリカ政府というのは、文字通り民主主義の敵なのです。欧米の政治家が民主主義という言葉を使うのは、舛添が脱原発と言っているのと同じくらい、不愉快なものなのです。それが不愉快でないとしたら、単に真相を何も知らないということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国の国務次官補と駐ウクライナ大使によるウクライナ乗っ取りの謀が盗聴され、明らかになった
転載元)
アメリカのビクトリア・ヌランド国務次官補は、マイケル・マクフォール駐露米国大使ジョン・マケイン上院議員と同じように公然と反ロシア勢力を支援してきた。

アメリカをはじめとする「西側」は、中東や北アフリカでの体制乗っ取りプロジェクトでイスラム教スンニ派の武装勢力(アル・カイダ)を使ってきたが、東ヨーロッパではネオ・ナチを「突撃隊」として利用している。

このヌランドとジェオフリー・パイアット駐ウクライナ大使との会話内容がYouTubeにアップロードされ、話題になっている。何しろ、ウクライナの政権をどうするのかが話し合われているのだ。「EUなんかくそくらえ(F*ck the EU)」という下品な表現が問題なのではない。下品な人間が下品な表現を使うのは自然なことだ。問題は露骨な内政干渉。

ヌランドとパイアットが同意した内容は、「全ウクライナ連合『祖国』」の議会におけるリーダー、アーセニー・ヤツェニュクを次期副首相に据え、「UDAR(改革を目指すウクライナ民主連合)」のビタリ・クリチコは入閣させず、デモを内戦化させたネオ・ナチの「スボボダ(全ウクライナ連合『自由』)」のオレーフ・チャフニボークは信用しないというようなこと。ちなみに、ビクトル・ヤヌコビッチ大統領は先月、ヤツェニュクを新首相に、またクリチコを副首相にするという提案をしたが、拒否されている。

スボボダはネオ・ナチであり、反政府行動で棍棒、ナイフ、火焔瓶を手にするだけでなく、ブルドーザーを持ち出して警官隊と衝突した。こうした光景がインターネットを通じて全世界に広がっているため、とりあえず距離を置こうということかもしれない。

また、オランダのロバート・セリー元駐ウクライナ大使が国連特使としてキエフへ派遣されるとジェフリー・フェルトマン国連事務次長はヌランドに話したという。その決定をヌランドは歓迎、そして「EUなんかくそくらえ」という表現が出てくる。ウクライナの体制転覆に国連を利用するということ。ヌランドはEUのウクライナに対する対応が気に入らなかったようだ。

明らかにヌランド次官補やパイアット大使はウクライナを独立国として扱っていない。自分たちにとって都合の良い、つまり傀儡政権を樹立させようとしている。マイケル・マクフォール駐露米国大使も、このふたりの仲間だったが、先日、ソチ・オリンピック後に大使を辞めると発表している。

ウクライナへの内政介入の「謀議」を盗聴されたうえ、インターネット上で公開されたことでヌランドや仲間は怒り心頭だろうが、大声で文句は言えない。何しろ、各国政府の要人をアメリカが盗聴していたことが露見したばかりだ。ドイツは強く批判している。

ロシア側からすると「西側」の内政干渉はソ連時代からのもの。現在、「西側」が使っている戦術を最初に実行したのは投機家で大富豪のジョージ・ソロス。1979年にニューヨークで「オープン・ソサエティ基金」を設立している。その後、ハンガリー、ソ連、中国などでも同じような基金を作った。

ソ連消滅後、ボリス・エリツィン政権と手を組んで巨万の富を手にした人たちがいる。そのひとり、ボリス・ベレゾフスキーとソロスは共同でビジネスを展開したこともある。後にふたりは仲違いするが、2004年から05年にかけてウクライナで展開された「オレンジ革命」のパトロンは、このベレゾフスキーだった。

現在、ウクライナで体制転覆プロジェクトを実行しているヌランドやマケインはアメリカの親イスラエル派(ネオコン)。ベレゾフスキーも一時期はイスラエルの市民権を持っていた人物で、エリツィン体制が倒れた後、イスラエルへ逃れた彼の仲間も少なくない。

[日本や世界や宇宙の動向]ソチの時計台がイルミナティ・カードに描かれています! 

竹下雅敏氏からの情報です。
 この動画の発見は重要です。確かにこの時計台はイルミナティ・カードとそっくりです。これまでこのカードの時計台はロンドンのビッグベンか銀座の和光堂ではないかと言われていましたが、このソチの時計台はそっくりだと言えます。
 ただこの動画のおかげで、テロは事実上ほぼ出来なくなったと言えるでしょう。プーチン大統領が偽旗作戦でもしない限り、テロリスト側がソチの時計台テロを行うことはかなり難しくなったと思います。バンダル王子の発言もあって、ソチ五輪ではテロの警戒を怠らないようにしないといけませんが、プーチン大統領は威信にかけてこれを封じ込めようとしていると思います。プーチン大統領の意識がこちらに向かっているので、ウクライナの暴動が収まりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソチの時計台がイルミナティ・カードに描かれています!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/01/alert-sochi-clock-tower-matches-combined-disasters-illuminati-card-winter-olympics-in-danger-video-2458272.html
(概要)
1月24日付け:
False Flag Alert! Sochi Clock Tower Matches Combined Disasters Illuminati Card! 
 

(概要) 

冬のオリンピックが行われるソチに行こうとしている方たちに警告します。
イルミナティ・カードを見たことがある方なら、そこに描かれた絵が災害を予告しているということをご存じかと思います。その中に時計台が描かれているカードがありますが、ロンドン・オリンピック開催中にロンドンの時計台(ビッグベン)が狙われているのではないかと多くの人たちが心配していました。

(0:25辺り)今度は、ソチの時計台とイルミナティ・カードに描かれた時計台を比較しようと思います。

イルミナティ・カードに描かれた時計台とソチの時計台が良く似ているのが分かります。

(0:48辺り)では、ロンドンのビッグベンとソチの時計台を比較します。其々の時計台の上部の形状を比較します。ソチの時計台の上部の形状はカードの時計台の上部と全く同じです。ロンドンのビッグベンは似ていません。

ソチの時計台は、大勢の人々が行き交う鉄道の駅にあります。
オリンピック会場に行くには、鉄道を使ってこの駅で下車することになります。厳重に警備されたオリンピック会場の外でテロ攻撃を実行するには大勢の人々が行き交う駅ほど適した場所はありません。オリンピック開催中には多くの観光客がこの駅を使うことになります。

ただ、本当にソチが攻撃されるかどうかは分かりませんが、もし攻撃されるとすると、この場所は警戒すべき場所です。

[フルフォード氏]先週ダボスに集まった億万長者が戦争を始めようと再び決定した / 重大な金融イベントが詳細は不詳であるが差し迫っている

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の後半部分で、“先週ダボスに集まった億万長者が…戦争を始めようと再び決定した”とあり、これが今日2番目の記事で説明した、安倍発言の真意なのです。ただこれは記事にもあるように、さらに“数百人以上の逮捕者”が出るだけで戦争にはなりません。今回のフルフォード情報でも“重大な金融イベントが…差し迫っている”ということで、おそらく金融崩壊は避けられないものと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード週報(1/28)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[デリャーギン氏]ウクライナは核爆弾を使ってロシアを嵌める偽旗作戦を準備中か?

翻訳チームからの情報です。
 第三次世界大戦を諦めきれない連中が、またもや物騒な計画をたくらんでいる様子です。ホリデーシーズンはクリスマス以降も数日続きますから、その間、多少警戒が必要なのかもしれません。ですが、人々が意識すれば防げると信じています。
 この情報を紹介したミハイル・ゲナディエビッチ・デリャーギン氏は、ロシアでは有名なコメンテーターなようです。1968年生まれの政治経済の専門家です。討論すると理路整然として大変手ごわい相手だろうと思うのですが、妙に憎めないお顔なのが印象的でした(笑) 冒頭は本心だと感じましたが、その後はちょいちょい反語的な言い回しを入れ込んでは、関係各所を完膚なきまで皮肉ってみせる、おちゃめ?な方です。
 個人的には、主題と関係のない、ミラノのレストランの話に心を動かされました。一般市民でも世界に働きかける手段は、日常的に色々と存在しているのですね。
Yutika(翻訳者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ウクライナは核爆弾を使ってロシアを嵌める偽旗作戦を準備中か?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66