アーカイブ: ウクライナ情勢

メディアに騙されてウクライナを応援する多くの日本人 / 現在ウクライナ避難民を積極的に支援している日本財団会長の笹川陽平氏 〜 父親の笹川良一氏は「世界で一番金持ちのファシスト」であり、ムッソリーニの崇拝者

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の男性の証言は強烈です。“初日にうちの師団の75%が負傷か戦死した。…次のリーダーが来たけど、彼は軍事裁判を怖がっているようだった。自殺行為のような作戦に人々を送り出したんだ。例えば俺が命令された作戦は、ロシア軍の砲撃の的になる場所に居ろってやつだった。そうすればウクライナ軍はロシア軍の位置がわかるから。ウクライナ軍は人の命を軽く考えている。敵の砲撃のターゲットになれなんて。これは本当だ。俺は投降することで自分の命を守った。もし投降せず死んでも、俺の亡骸は家族の元に帰れないから。家族は悲しむと思うけど、うちの政府は何とも思わない。死んだら英雄だと言われたよ。英雄って…。なんの英雄なんだ…? 英雄ってのは平和に暮らして子供をちゃんと育てる男の事だ。意味のない戦争で死ぬのは英雄じゃない。ウクライナ人に言います。行くな。徴兵されても行くな。俺みたいに騙されて森に投げ出されて、適当に生き残れと言われる。本当に後悔している。戦いに参加した事を。選択肢があるのなら、ちゃんと考えて。この戦争が君の命に値するのか。みんな、戦地に送られない方法を全力で考えてくれ。逃げろ。武器を置け。拒否しろ。投降しろ。”と言っています。
 「英雄ってのは平和に暮らして子供をちゃんと育てる男の事だ。」という彼の言葉は、私の想いと完全に一致しています。ウクライナ軍にも、まともな人間がいたということですが、まともであったからこそ、投降することで自分の命を守ることができたのでしょう。
 彼の最後の言葉は、私たち日本人に対しても言われていると思った方が良い。日本人の多くが、メディアに騙されてウクライナを応援するわけは、なんとなく分かります。“ロシアは侵略者であり、ウクライナは強国ロシアに対し、国民が一丸となって抵抗しロシアを追い返している。ウクライナにネオナチがいるというのは「陰謀論」で、アゾフ大隊はウクライナの英雄だ”と、本当に信じているのでしょう。
 “「経済に影響出ても対ロシア制裁をすべき」への支持率では、おそらく世界で日本が一番高いのでは…”というツイートがありますが、そうかもしれません。日本人とウクライナ人は、よく似ているのかも知れません。
 日本財団会長の笹川陽平氏は、産経新聞「正論」の「露侵攻契機に難民政策見直しを」と題する4月25日付のコラムの中で、“政府は夏の参院選後の臨時国会に出入国管理・難民認定法の改正案を提出し、「準難民」の新たな法的保護の枠組みの創設を目指す方針と聞く。…日本財団もそうした流れを後押ししたいと考える。既に在日ウクライナ人スタッフも加えてウクライナ避難民支援室(仮称)をスタートさせ、避難民の日本への渡航費や生活、教育、就業などを幅広く支援する予定だ。当面、約1000人、50億円規模の支援を想定しているが、ウクライナ情勢の進行を見ながら柔軟に対応したいと考えている。”と記しています。
 父親の笹川良一氏は、日本船舶振興会(のちの日本財団)会長で、ウィキペディアによれば、“1974年(昭和49年)、アメリカのタイム誌のインタビューでは「私は世界で一番金持ちのファシストである」と答えている。…イタリアの指導者であるベニート・ムッソリーニの崇拝者であり、ムッソリーニ率いるファシスト党の制服を似せて私兵に黒シャツを着せていた” と書かれています。
 また、興味深い記述として、笹川良一氏は1945年(昭和20年)の12月11日に巣鴨プリズンに入獄したが、“逮捕理由は「超国家主義的、暴力的結社及び愛国的秘密結社の主要人物」(CIS、民間諜報局作成のファイルによる)としてであった”ということです。
 そうした人物の息子が、現在ウクライナ避難民を積極的に支援し、多くの日本人はそれを支持しているのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【字幕】ロシア国防省公開動画 捕虜証言 ウクライナ軍の作戦がひどい事、ウクライナの英雄感 ウクライナに徴兵された人々へのメッセージ
配信元)
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

独裁者の道をひた走っているゼレンスキー、このおぞましいウクライナを熱烈に支持し続ける日本を含めた西側の主流メディア / 戦争を終わらせるためにプーチン大統領に会う意思があるゼレンスキー

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で、ウクライナのゼレンスキー大統領はオンライン形式で演説し、“石油の禁輸を含むロシアとの完全な貿易停止、金融システムからの排除など、最大限の制裁を行うとともに、経営者らに対しては、ロシアからの完全撤退を求めた”とのことです。
 「ダボス会議のスクリーンに登場したゼレンスキー大統領は、クラウス・シュワブによって紹介されると、世界の政財界の要人から絶え間ない拍手喝采を受けている。」ということですから、少なくとも情報戦に関しては、世界経済フォーラムが大きな影響を与えていることになるでしょう。
 主流メディアのフェイクニュースでは、ゼレンスキーは英雄でプーチンは悪魔なのですが、そのゼレンスキーは、“何らかの形でロシアを応援したら資産没収の法律に、ゼレンスキーが署名した”とのことです。すらいと氏のこちらのツイートによれば、「兵士の投降・逃亡を防ぐため射殺を許可する法案」がウクライナ議会に提出されたということです。
 独裁者の道をひた走っているゼレンスキーですが、日本を含めた西側の主流メディアは、このおぞましいウクライナを熱烈に支持し続けるのです。「ダボス会議」の連中は、ロシアのプーチンを倒すためにウクライナを利用しているわけですが、どんな嘘でも平気でつくサイコパスは使い勝手が良いのでしょう。シナリオはMI6が書いていると思われます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。ゼレンスキーは、“戦争を終わらせるためにロシアのウラジーミル・プーチン大統領に会う意思がある”と述べたようです。昨日の記事で、“アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏によって、ロシア軍の勢いが増しウクライナ軍は総崩れの様相です。”とコメントしたのですが、どうやら間違いないようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ゼレンスキー大統領 ダボス会議で最大限の経済制裁訴え
引用元)
(前略)
世界経済フォーラムの年次総会=ダボス会議で、ウクライナのゼレンスキー大統領は、最大限の経済制裁を行うよう呼びかけた。

各国の首脳や経済界のリーダーおよそ2,500人が参加する2022年のダボス会議の主要なテーマは、ウクライナへの軍事侵攻の問題で、ロシアの参加は認められていない。

ゼレンスキー大統領は、23日、オンライン形式で演説し、「現在起きている攻撃に対処するだけではなく、これを将来にわたり防がなければならない」と強調した。

そのうえで、石油の禁輸を含むロシアとの完全な貿易停止、金融システムからの排除など、最大限の制裁を行うとともに、経営者らに対しては、ロシアからの完全撤退を求めた。

ゼレンスキー大統領は、「ロシアが核や化学兵器を使用するのを待っていてはならない」として、早急な対応の必要性を呼びかけた。
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏によって、ロシア軍の勢いが増しウクライナ軍は総崩れの様相 ~ロシアからドンバスへ2,400トンもの支援物資が到着

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアからドンバスへ2,400トンもの支援物資が到着、“これは、ロシア連邦から到着した人道支援物資を積んだ鉄道車両です。この人道的援助はロシアの人々によって、地域によって、ロシア鉄道によって、人民戦線によって、普通の思いやりのある人々によって集められました。食料品、介護用品、水、建設資材、その他もろもろです。ルガンスク人民共和国には、1,500トンを超える人道的援助が到着しました。また、ドネツク人民共和国にも同様の物が貨物列車で送られました。本日到着した貨物は、解放された地域の人々への援助に使用されます。建築資材は被害を受けた建物、施設、構造物、民家の再建に使用されます。”とのことです。
 アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏によって、ロシア軍の勢いが増しウクライナ軍は総崩れの様相です。タマホイさんのこちらのツイートによれば、ルガンスク人民共和国のアンドレイ・マロチコ中佐は、「現在、自国の領土90%を支配している」と言っているようです。
 アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏は、ウクライナのゼレンスキー大統領によれば、「アゾフスタルからの避難作戦は続いています。我が国の軍人と情報将校が主導しています。」ということだったわけで、ピーター・ヒッチェンズ氏は「なぜこれが降伏ではなく、避難と呼ばれるのか説明できる人はいますか?」と題する記事の中で、“マリウポリ守備隊は、ロシア領内に「避難」させられたと言われている。…そして先週、マリウポリ製鉄所のウクライナ人守備隊(その多くは、公式ユニフォームにSSの紋章を誇らしげにつけているアゾフ大隊のネオナチ)が降伏したとき、それは頂点に達したのである。この出来事に関するイギリスのメディア報道は、ネオナチに言及せず、「降伏」という言葉も使わないように必死であった。…写真には、武装を解かれ、ロシア兵の身体検査を受けている姿が写っていた。しかし、私たちはこの紛争に対する一方的な見方にとらわれすぎていて、彼らが降伏したことさえ認めることができなかった。このような明白な現実を受け入れないのは、狂気の沙汰としか言いようがない。”と言っています。
 近い将来、対ロシア制裁のブーメラン効果で物価の上昇、食糧危機が起きるのではないかと予測されているのですが物価上昇、食糧危機をロシアのせいにして、「欲しがりません、勝つまでワン」と吠えるアメリカの犬の態度を、日本がいつまで続けられるかは未知数です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 

————————————————————————
ウクライナ情勢の報道が急に減った理由 5月22日(日)
引用元)
(前略)
以下の不都合な事実もあり、日本国民が気づかれると拙いという事情があります。

①トルコが北欧二国のNATO申請に反対  二国がテロリストを匿っていることもばらす 
②マウリポリ陥落  ゼレンスキー支援が数か月無かったことがバレる  米軍、加軍の軍事顧問も捕虜に

アゾフ大隊は、ドネツク州マウリポリに本部を置く。マウリポリ陥落は大打撃。

③欧米からの兵器がロシアミサイルでパー 
④ウクラナイナ軍、東部でロシア軍に四方を囲まれる

ウクライナ軍は、②で捕虜になるなど3万ほど消耗しており、④の部隊が終わると兵力はかなり減ってしまうことになります。ゼレンスキーが騒いでも、兵士は居ない、兵器は無いということ。

停戦が先でしょ。 

» 続きはこちらから

ロシア国防省「ウクライナ東部の要衝マリウポリのアゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降」と発表 〜 大部分はネオナチの「アゾフ連隊」のメンバー

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシア国防省は、ウクライナ東部の要衝マリウポリのアゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降したと発表しました。「負傷した軍人はノボアゾフスクの病院に53人、ドネツク人民共和国の一部であるイエレノフカに211人の兵士が収容されている」とのことです。“彼らの大部分はネオナチの「アゾフ連隊」のメンバーで、巨大なアゾフスタル複合施設の地下に閉じ込められているのは約2200人だ”ということです。
 NHKも「ウクライナ マリウポリの製鉄所 “265人が投降” ロシア国防省」と題して、“ウクライナ軍の参謀本部は日本時間の17日朝、製鉄所にとどまっていた部隊の戦闘任務を終了したと明らかにしました。…ウクライナのマリャル国防次官は…ウクライナ軍が拘束したロシア軍の捕虜との交換が行われる可能性も示唆しました。”と報道しています。
 面白いのは、ウクライナ軍の声明では「軍最高司令部は、アゾフスタルにいる部隊の司令官に対し、隊員の命を救うよう命令を出した」とRTに書かれているのに、駐日ロシア連邦大使館のテレグラムでは「製鉄所に閉じ込められているウクライナ軍と合意に達した」となっていること。
 記事の冒頭の意味が分かりにくいのですが、Google機械翻訳では、「ウクライナ軍参謀本部は火曜日の夜、ソーシャルメディアネットワークを通じて、マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に閉じ込められた軍人が降伏を命じられたことを確認した。」です。
 “ウクライナ軍参謀本部は、アゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降したことを、ソーシャルメディアネットワークを通じて確認した(?)”のですか? ウクライナ軍参謀本部が投降を命じたのでなければ、誰が命じたのでしょうか。
 私が意味を取り違えているのかな? “続きはこちらから”のPickUpさんのツイートには、“投降する者は各自ロシア軍と交渉し、脱出逃亡を図るネオナチは順次射殺されてる”との説明がありますが、これなら先の駐日ロシア連邦大使館のテレグラムの内容と合致します。
 mkoさんのツイートには、「米国海軍大将エリック・オルソンがアゾフスタリで捕獲された!」とあります。事実なら爆弾レベルですね。投降を命じたのは米軍ですか?
追記)
popoちゃんから、Google機械翻訳部分の正確な訳は、
「ウクライナ軍参謀本部は火曜日の夜、マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に閉じ込められた軍人が降伏を命じられたことをソーシャルメディアネットワークを通して正式に発表した。」
だと教えていただきました。 (2022/05/18)
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ウクライナ、アゾフスタル戦士に降伏を命令
転載元)
部隊は「与えられた戦闘任務を完了した」とキエフが主張

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
アゾフスタル ©AP

ウクライナ軍参謀本部は、火曜日の夜、マリウポルのアゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人が降伏するよう命じられたことをソーシャルネットワークで確認した。

「マリウポリ駐屯地は、与えられた戦闘任務を完了した。軍最高司令部は、アゾフスタルにいる部隊の司令官に対し、隊員の命を救うよう命令を出した」とウクライナ軍の声明は説明している。キエフによると、アゾフスタルに駐留している間、自軍兵士はロシア軍の他の戦域での活動を阻止したという。

両国は、ドンバスの運命をめぐる8年間のにらみ合いの後、モスクワが隣国を攻撃した2月以来、本格的な紛争に巻き込まれている。

キエフは、アゾフのネオナチと正規軍のメンバーが、「(近隣の)ザポロジエを迅速に攻略するための(ロシアとされる)計画の実施を阻止し、ドネツク州とザポロジエ州の行政境界へのアクセスを許さなかった」と主張している。

ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーは、彼らの帰還に向けた作業には「繊細さと時間」が必要であると述べた。

「ウクライナ軍、情報機関、交渉グループ、赤十字国際委員会、国連の活動のおかげで、我々は仲間の命を救うことができるという希望を持っています。強調したいのは、ウクライナにはウクライナの英雄が生きていることが必要だということだ。これは我々の原則だ。適切な人なら誰でも、この言葉を理解してくれると思います。我が軍を帰還させるために、作業は続いており、この作業には繊細さと時間が必要です」と述べています。

彼らの大部分はネオナチの「アゾフ連隊」のメンバーだ。このグループの軍服にはナチスの記章が描かれ、メンバーは鉤十字などのシンボルのタトゥーを入れて写真に収められている。その初代司令官アンドレイ・ビレツキーは、「世界の白色人種を率いて、セム人主導のUntermenschen(劣等人種)に対する最後の十字軍を行う」ことがウクライナの使命だと考えていると語っている。

月曜日に降伏の第一段階が完了した。264人の兵士がアゾフスタルを離れた。現在、負傷した軍人はノボアゾフスクの病院に53人、ドネツク人民共和国の一部であるイエレノフカに211人の兵士が収容されている。

ロシアの情報筋によると、巨大なアゾフスタル複合施設の地下に閉じ込められているのは約2200人だという。敷地面積は11平方キロメートルで、地下部分は核攻撃にも耐えられるように設計されている。

ウクライナのアンナ・マルヤル国防副大臣とウクライナ軍参謀本部によると、降伏した人々は、キエフが捕虜としたロシアの捕虜と交換されることになっている。しかし、交換の条件はまだ決定されていない。

モスクワはまだ交換について公言していない。一方、ウクライナ側は「降伏」という表現の使用を避けようとしている。

最後のウクライナ兵がアゾフスタルを去った後、マリウポルの戦いは事実上終わり、ロシアは戦略的に重要な都市を完全に掌握することになるのだ。

この記事はSNSでシェアできます。
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

元ウクライナ外交官 オルガ・スハレフスカヤ氏の「ウクライナの政治的暴力の100年」 ~ウクライナの民族主義者が赤ん坊や妊婦にさえも残酷な仕打ちを行ったという衝撃的な内容

竹下雅敏氏からの情報です。
 元ウクライナ外交官、オルガ・スハレフスカヤ氏の「ウクライナの政治的暴力の100年」です。ものすごい内容です。
 “1914年秋にオーストリア・ハンガリーに設置されたヨーロッパで最初の強制収容所は、帝国の自国民を収容するためのものであった。…最も残酷な拷問と殺人を行ったのは、ウクライナの民族主義者たちだった。…ポーランドの「ウクライナ民族主義者の犯罪の犠牲者の記憶の会(SUOZUN)」が収集した資料には、ウクライナの民族主義者が赤ん坊や妊婦にさえも残酷な仕打ちを行ったという衝撃的な内容が含まれている。”と書かれています。
 どうすればこれほどの残虐行為ができるのか。しかし、こうした残虐行為が、ウクライナの民族主義者に今も受け継がれているという事実を知らなければ、ロシアの「特別軍事作戦」の意味を理解できないでしょう。
 「オデッサの虐殺」は、“2014年5月2日、ウクライナ南部の港湾都市オデッサで、政権支持派と親ロシア派が衝突しているさなか、労働組合ハウスで火災がおき、焼死者32人を含む46人が死亡したと言われる事件”ですが、こちらのツイート動画「1分半でわかるオデッサの悲劇」を見ると、“ネオナチ暴徒に追い立てられて建物に逃げ込む人々。建物内まで追ってきて上階に追い詰める。建物に放火し窓から逃げようとする人達を銃で撃つ。死体を喜ばしげに観察し数える暴徒”の様子が分かります。
 この「ウクライナの民族主義者」を操っているのがCIAであることは、5月12日の記事で紹介した一連のツイートから良く分かります。また、3月18日の記事の動画では、“つい最近、機密解除されたCIAの公式文書では、1946年以来、米国情報機関とウクライナの民族主義者の強い結び付きがあり…第二次世界大戦後、バンデラとウクライナのナチス指導者たちは、ヨーロッパに逃れ、CIAが彼らをかくまった”と言っていました。
 「ウクライナの民族主義者」と「イスラム国(ISIS)」に、それほどの違いはないと思いますが、“ISISの創設者はバラク・オバマとヒラリー・クリントンで、ISISに武器を与え訓練していたのがアメリカ”でした。
 アメリカは、このように世界中にテロを輸出しているテロ支援国家で、CIAの残酷さに比べれば、ウクライナの民族主義者などは、まだまだという気がします。そのCIAに好きなようにされながら、“何処までもアメリカについてゆく”というおめでたい国もあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ウクライナにおける1世紀にわたる政治的暴力が、今日の残虐行為とどのように結びついているのか
転載元)
ウクライナの民族主義的残虐行為の歴史は、西側ではほとんど議論されず、知られていない重要な要因である
(中略)
足を撃たれた兵士が痛みに悲鳴を上げる。失血とショックで死んでいく者もいる。周囲には医療を施す者がいない。対戦車砲に磔にされ、金属製の「ハリネズミ」につながれ、生きたまま焼かれるロシア兵...。
 
多くの人にとって、ウクライナ軍や民族主義者の大隊に拷問され殺されたロシア軍人の生々しい映像は、本当に衝撃的だった。しかし、ウクライナの「民族の自由のための戦士たち」の「伝統」を知っている人たちは、この種のことに100年以上の歴史があるため、驚かなかったのである。
 
ヨーロッパ初の強制収容所
 
ヨーロッパで最初の強制収容所であるテレジンとターラーホフは、1914年秋にオーストリア・ハンガリーに設置されたが、戦争捕虜ではなく、帝国の自国民を収容するためのものであった。これは、当時「ヨーロッパの病人」であったウィーンが、隣国ロシアに同調する国民から東部国境地帯を守ろうとした方法である。第一次世界大戦が始まる直前、オーストリアとロシアの間に戦いが起こった。オーストリア・ハンガリー帝国最後の皇帝カレル1世は、1917年5月7日の勅令で、「逮捕されたロシア人はみな無実だが、有罪にならないように拘束された」と告白している。
 
オーストリア当局が主張するようにウクライナ人と名乗ることを望まず、「ルシン人」という名前を使い続けたガリシア出身の人々は、テレジンの守備隊要塞とシュタイヤーマークの首都グラーツ近くの谷の2カ所で逮捕、収容された。テレジンの囚人は、地元のチェコ人の支援を得て、要塞の地下室や地下牢に収容されたが、後にターラーホフと呼ばれる強制収容所は、有刺鉄線で囲まれた裸の原っぱに過ぎない。
 
現在、ガリシア地方の大部分は西ウクライナにあり、最大の都市はリヴィウである。リヴィウは、オーストリア人がレンベルグ、ソビエト人とポーランド人がリヴォフと呼んでいた。 
 
1915年9月に最初の囚人が連れてこられ、最初の兵舎が建てられ始めたのは翌年初頭である。それまでは、雨と寒さの中、野外に寝かされていたのである。アメリカの下院議員ジョセフ・マコーミックによると、捕虜はしばしば殴られ拷問を受けたという。(Terrorism in Bohemia; Medill McCormick Gets Details of Austrian Cruelty. 'New York Times', December 16, 1917)
 
非人道的な状況を生き抜いた人々の回想録(約2万人の囚人が収容所を通過)によると、1915年の前半だけで3800人が処刑され、1年半で3000人が恐ろしい環境と病気で死亡したという。ターラーホフの地獄に耐えた作家、詩人、文芸評論家、歴史家のヴァシリー・ヴァルヴィクは、収容所での残虐行為を次のように表現している。「人々を威嚇し、我々に対する彼らの力を証明するために、刑務所当局はターラーホフ広場の至る所にポールを打ち込み、残忍に殴られた殉教者たちはしばしば言葉にならない苦しみの中で吊るされた。」
 
ウクライナ人はどうなんだ? 実は、ターラーホフ収容所を警備するために、ウクライナの民族主義者が特別に採用されたのです。多くの証言によると、ガリシアのロシア人知識人のほぼ全員と何千人もの農民からなる逮捕者たちも、ウクライナ人によって収容所に護送されたという。
 
実際、「ターラーホフ年鑑」に記載された記述には、カルパチアのラヴォチノイエ村のウクライナ人シホヴィキが、ロシア人が一人もいない囚人たちを銃剣で刺そうとした様子が詳細に記されており、その中には、同じガリシア人ばかりであることが示されている。
 
強制収容所の看守が最も残酷な拷問と殺人を行ったのは、ウクライナの民族主義者たちだったのです。「結局のところ、ドイツ人が行った残虐行為は、自国民の犠牲と同じにはならないのです。魂のないドイツ人が、スラブ系のルシン人だけでなく、ウクライナ人を自称するルシン人の魂に、これほど深く鉄のブーツを入れることはできなかった」と、ヴァシリー・ヴァルヴィクは書いている。
 
ヴォリンの大虐殺から1954年まで
 
1943年2月末、多くのウクライナ人の現在の偶像、ステパン・バンデラが率いるウクライナ民族主義者組織(OUP)の「革命」部門は、ナチスを国から追い出す「前進する赤軍と戦う」ためにいわゆる「ウクライナ反乱軍」(UPA)の創設を決定した。しかし、同年3月から4月にかけて出現した最初の分遣隊は、クルスク付近でナチスの攻撃を待つソ連軍ではなく、1939年までワルシャワに属していた領土でポーランドの農民と戦うようになったのである。半年以上続いたこの事件は、「ヴォリンの大虐殺」と呼ばれた。UPAの分遣隊と、同名の地域の地元民で構成されたSSガリシア師団の部隊が、さまざまな推定によると4万人から20万人を殺害した。ポーランド議会と上院は犠牲者の数を約10万人とし、7月11日は「ウクライナ民族主義者によるポーランド市民の大量虐殺の犠牲者を追悼する国民記念日」と認定している。
 
Wikimedia_Commons[Public Domain]
身元確認と埋葬のために持ち込まれた虐殺のポーランド人犠牲者の死体(1943年3月26日)。© Wikipedia
 
ポーランドの「ウクライナ民族主義者の犯罪の犠牲者の記憶の会」(Stowarzyszenie Upamiętnienia Ofiar Zbrodni Ukraińskich Nacjonalistów:SUOZUN)は、ヴォリン虐殺を取り巻く事件の経過を再構築することに取り組んでいる。SUOZUNが収集した資料には、ウクライナの民族主義者が赤ん坊や妊婦にさえも残酷な仕打ちを行ったという衝撃的な内容が含まれている。ポーランド人研究者は、ウクライナ人民族主義者が行った135の拷問と殺人の方法を発見した。その中には、以下のようなものがあります。
 
・子供を杭で突き刺す
・喉を切り裂き、その穴から舌を引き抜く。
・大工用のこぎりで胴体を真っ二つに切断する。
・妊娠の進んだ女性の腹を切り裂き、胎児を取り出し、生きた猫と入れ替えて腹部を縫い合わせる。
 ・妊婦の腹を切り裂き、割れたガラスを流し込む。
 ・小さな子供をドアに釘付けにする。
 
ポーランドの歴史家によれば、こうした残虐行為に衝撃を受けたドイツの迫害者でさえ、ウクライナのソキルニキ(ウクライナ語で「斧」を意味するsokiraに由来)からポーランド人を保護するようになったということである。
 
このような拷問や処刑の工夫は、ナチスがウクライナから追放された後も続けられた。ただ、民族主義者の犠牲となったのは、ソビエト・ウクライナ市民、つまり戦後ウクライナ西部の復興のために共和国東部から送り込まれた農学者、技術者、医師、教師などの専門家たちであった。その大半はウクライナ人であったが、民族主義者たちは彼らだけでなく、ソ連に協力していた自分たちの村人まで殺してしまった。
 
これらの行為は、UPAのトップで、今や多くのウクライナ人にとっての偶像である元国防軍兵士のロマン・シュケヴィッチの指示に従って実行されたのである。「OUNは、ソビエト政権を承認した人々をすべて破壊するように行動すべきだ。脅すのではなく、物理的に破壊するのだ。残虐だと罵られるのを恐れてはいけない。4000万人のウクライナ人の半分を残せばいい。」と彼は書いた。(Tchaikovsky A., Nevidoma viina, K., 1994, p. 224)。ソ連邦KGBによると、1944年から1953年にかけて、ソ連側の回復不能な損失は30,676人であった。その中には、国家保安機関の職員697人、内務省の職員1864人、軍人3199人、破壊大隊の戦闘員2590人、当局の代表2732人、共産主義者251人、コムソモール労働者207人、集団農場の議長314人、集団農民・農民15355人、労働者676人、知識人の代表1931人、子供・老人・主婦860人などが含まれています。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 65