アーカイブ: コーリー・グッド

[Sphere-Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー:ウブンツ 〜ユートピアのレベルで現実的ではないウブンツ貢献主義 / 最高賃金の設定と金融システムの改革〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 私は、現状におけるベーシックインカムには否定的です。財源の議論が最大の理由ですが、加えて、地球人の意識が働くという事に関して、未だに成熟していないと感じるからです。そうした思いを強く意識させたのが、実はこの記事なのです。
 この記事は一度取り上げています。今回は引用部分を少し多くしました。私は、対談の中でウブンツ貢献主義を説明しているマイケル・テリンガー氏の言っていることは、とても良く分かります。しかし、彼がやろうとしていることは、現在の地球人の意識では、ユートピアのレベルで現実的ではないと思います。
 対談では、ディビッド・ウィルコック氏が、ウブンツ貢献主義に関して当然疑問に思うことを質問しています。しかし残念ながら、それらのどの質問に対しても、テリンガー氏はきちんとした回答をしていません。
 ジョン・レノンの名曲ヒマジン(イマジンだったか?)の世界は、地球上に悪人が誰もいなければ成り立つ世界です。テリンガー氏の答えを見ていて、同様のものを感じました。
 1つ例を挙げると、ウィルコック氏が“ナイフを持ってうろつく男がいて女性をレイプしたりしたら、どうなるんですか? ”と質問しています。これに対してテリンガー氏は、“自分たちでコミュニティーを治めるのです”としか言っていません。問題の本質は、コミュニティーの部外者の凶悪な犯罪にどう対処するのかということです。村に警察組織はあるのか? もしも、週に2、3時間働くだけで必要なものがすべて与えられる社会なら、誰が好き好んで危険な警察官としての任務を遂行しようと思うでしょうか。
 後半では、南アフリカの地方自治選挙でウブンツの政党が当選すれば、テリンガー氏はこのウブンツシステムを直ちに導入し、現行の金融システムを崩壊させ、私たち全員を解放すると言っています。私が思うのは、何の諜報組織も軍隊も持たない1自治体が、現行の支配システムと異なる方式で成功を収めれば、直ちにスパイ分子が潜入し、リーダー達をことごとく暗殺するだろうと思います。そして、その自治体を闇側が完全に乗っ取ってしまいます。自分が組織の上に立ち人々を支配しようという人間は、地球ではいくらでもいます。
 リビアはあっという間に破壊されてしまいました。闇の勢力にとって、1自治体を破壊することなど造作もありません。こうした破壊工作に対して、どのような抵抗手段を持とうとしているのでしょう。その村で治安を守る人々は、他の一般市民と同様に、単なるボランティアで良いのでしょうか。1日に1、2時間パトロールするだけの自警団のレベルで、果たして治安が維持出来るのでしょうか。私には、こうした部分で本質的な議論がなされていないと感じます。要するに、ユートピアの世界なのです。
 現状において最も現実的で社会を変革する手段があるとすれば、それは最高賃金を定めることだと思います。次に、根本的な意味での金融システムの改革を行う必要があるでしょう。こうした事を通じて、人々の働くという意識を変化させていく必要があると思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー:ウブンツとブルー・エイビアンズのメッセージ パート2 シーズン3、エピソード9
転載元)
cd_s3e9_Ubuntu_Blue-Avians_Message_pt2_cvr 

DW: (中略)…今回は特別版でマイケル・テリンガー(Michael Tellinger)にも来ていただいています。彼は秘密プログラム同盟が指名している人物です。というのも、彼が提唱するウブンツ貢献主義システムは地球上に調和をもたらすまったく新たな方法の青写真となるとのこと、我々が必要とする商品やサービスは愛と共同創造に基づいて提供されるというシステムであり、破壊的な競争とは無縁なのです。(中略)… 
ですが人は信じている。もし競争のある資本主義システムがなければ、お金の必要性、お金を稼いだり獲得しないと飢えてしまうというシステムがなければ人間の身勝手さ・強欲はとどまるところを知らないだろうと。この資本主義が唯一の手段で、これがなければ人間は他人を食いものにし、システムに貢献などしないだろうと。この信念にあなたはどう対処します?

MT: これもですね、その発言は資本主義の発想なんです。お金がなくなれば、その仕組みの中にはもう居ない。(中略)…共同制作と協力による構造の中、競争のないところで作業を進めていく(中略)…民主主義も問題の要因です。(中略)…資本主義、民主主義、競争、貨幣制度(中略)…これを排除しないうちは、条件を公平にしてすべての人の恩恵を実現させるような、協力し合う共同体を 創ることはできません。(中略)… 

DW: マイケル、ちょっと待って。相手はスマホをいじっている人達ですよ。こちらの目さえ見ない。何もしたくない人達。じっと座って待ってる人達ですよ。現実的とは思えないんですが。

CG: 移行の期間は必要です。それに-- 人を洗脳する、の反対は何ですか?

MT: 人を解放する。

CG: 人のマインドを解放するんですよね。(中略)…きっかけとなるイベントは必要です、(中略)…世界レベルの経済崩壊です。人々はとても動揺するでしょう。そして、これまでずっと犯罪者に大がかりな仕組みの中で騙されてきたのだと気付くのです。人は民主主義という形のもと、こういう人達に票を入れましたが、私達はずっと支配されていたんです。もう、ひどい詐欺ですよ。眠れる大衆がこれに気づいたら、それがきっかけとなってもっと知りたい、と思うでしょう。こうなった時に、大量文書のダンプを起こすのです。もっとたくさんの情報が公開されます。そうなると人は新たな概念を受け入れようとするとは思いませんか? (中略)… 

MT: (中略)…この惑星に住んでいるほとんどの人達は、何かがおかしいとわかっています。(中略)…あなたは人生に満足していますか? (中略)…答えは100%、NOです。(中略)… 

DW: そうでしょう。

MT: (中略)…明らかに何かが劇的におかしい。それで(中略)…いまは新しいシステムを提示してゆく時です。(中略)… 

DW: ヒッピー的で、心地良さそうな決まり文句が多いですね。実践的な話は聞こえてきませんが。いまのところ、理論ばかりですね。

MT: (中略)…私は、小さな町や小さな村に普及させるのがよいと思っています。(中略)…そして新しい考え方、新しい行動のし方、自分を豊かにするための新しい方法を自らが手本となって見せるのです。どうやるか? 小さな町に多額のお金を持ち込めばできます。もう一つ重要なのは、私達はお金から解放されるためにお金を使わねばならない、ということ。(中略)… 
世間の人達は言ってます、あっ テリンガー、それはイカサマだ。(中略)… 
私達は、自分達のための新しい現実を創り出しています。(中略)…ウブンツ貢献主義そのもののベースは、小さなコミュニティ内でその町の利益となるあらゆるコミュニティ・プロジェクトを確立させることです。(中略)…すべての人が、週に2~3時間このプロジェクトの作業にあたるのです。(中略)…私達が作るのは自立コミュニティではありません。(中略)…周りのすべての人が利用できるものばかりを創ってゆきます。それを売るか、もしくは無料で提供するのです。

DW: 宇宙プログラムには、どんな原料の品、もの、食物でも欲しいものを作り出す技術があります。これをもし宇宙プログラムがリリースしたら(中略)…この技術をどのように取り込んでいけるでしょう? (中略)… 

MT: とても良い質問です。(中略)…そうなった時こそ、一人一人の人間らしさが活かされる時です。煮込み料理を作るのに、そのレプリケーターを使いたい気持ちもありながら、私は実際のところ料理するのがとても楽しいんです。木製の棚を作るのも楽しい。(中略)…私達はそれぞれに特別な、個性的な才能をもって生まれてきています。(中略)…だから、ズボンが欲しければレプリケーターを使ってもよい。けれど、あなたが皆と一緒に(中略)…新しい素敵な服を作ったらもっと楽しいのではないでしょうか。(中略)… 
 私達はまったく新しいことを実際に発信する政党を立ち上げました。(中略)…連邦準備制度をシャットダウンさせ、暫定的に人々のためにお金を発行する人民銀行(People's Bank)を立ち上げるつもりです。非課税、無利子です。税金もインフレもありません。(中略)…私達に必要なコミュニティ・プロジェクトや公共事業などを整えれば、大都市部の人々をその牢屋のような生活から解放することができます。(中略)…
 

DW: ものごとはすでにそのように向かっているとは思いませんか? 自分でYouTube動画を作っている人達がどれだけいることか。それでお金が入ってくることはまずない、それをわかってやっている。(中略)…皆、なぜそういうことをしているか? それは、自分は社会に役立つ存在と見られたいからです。(中略)… 

MT: もちろんです。デイヴィッド、あなたが言っていることは本当に重要なことです。(中略)…毎朝起きた時から、(中略)…必要なものはすべて供給されるとわかっています。(中略)…食糧もテクノロジーも布地も、何もかも溢れるほどあります。(中略)…すべきことと言えば、ただ週に数時間だけコミュニティ・プロジェクトのために働くこと。あとの時間はあなたのものです。(中略)…そうすればあなたの才能を発揮すればよい。画家であろうと彫刻家であろうと、音楽家、馬のブリーダー、エンジニア、科学者、なんでもいいんです。あなたが何をするかは関係ありません。(中略)… 

CG: 素晴らしいですね。

MT: 朝目覚めると、もうニッコリと笑顔になります。起きてスーツやネクタイを身につけなくていい、雨や寒い日や強風の中を電車やバス、自転車に乗ってひどい仕事場に行かなくてもいいんですから。(中略)…すべて無料で手に入ります(中略)… 

» 続きはこちらから

スフィア・ビーイングとの交渉の場にいたキッシンジャー 現在はプーチン大統領と協調して動いている可能性有り 〜世界情勢を見極める決定的な意味を持つ情報〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャーのシーズン2、エピソード16はすでに2016年1月27日の記事で紹介しています。その時のコメントも参考にしてください。今回、世界情勢の変化を見る上で、もう一度この記事を取り上げることにしました。
 記事によると、カバールは強力な兵器を開発して、スフィア・ビーイングの球体を攻撃しようとしたようです。2014年12月5日に攻撃を実行したところ、跳ね返され、この攻撃に関与していた多くの生命体が命を無くしたとあります。この直後、スフィア・ビーイングによって、太陽系全体を包囲するアウター・バリアが張られ、カバールは太陽系から脱出出来なくなってしまいます。
スフィア・ビーイングとの圧倒的な力の差を感じたカバールのトップは、コーリー・グッド氏やSSP同盟のゴンザレス中佐を間に立てて、スフィア・ビーイングと交渉しようとしたようです。コーリー・グッド氏が出たミーティングでは、“ドラコを無事太陽系から出してくれたら…仲間を明け渡す”と申し出たようです。その場にいた300人委員会は、“この裏切りを目の当たりにしていました”。この後、カバールは大混乱に陥り、分裂や内輪もめが多発したとあります。
 カバールからSSP同盟に寝返った者も多く、状況を訪ねるためにゴンザレス中佐は、ドラコ同盟連邦とのミーティングを行ったわけですが、その会合で300人委員会の委員長を見て、“あっけにとられる程驚いた”ようです。なんとそこに居たのはキッシンジャーだったのです。
 2015年7月20日のコブラ情報によると、ヘンリー・キッシンジャーは、“人間の体に転生したドラコニアン”だという事なので、この記事の内容と整合していることがわかります。このときの会合でキッシンジャーは、“人間のフォロワーは誰1人起訴されることはない、全員慈悲的措置を受けるだろう、そしてETグループとドラコは意のままに太陽系を退出する許可が与えられる”という交渉条件を出したようです。これが受け入れられなければ、地球上で大破壊を生じさせると脅迫し続けたとあります。
 この会合がいつ行われたのか、正確な日時はわかりませんが、2015年の前半ではないかと思われます。その後の交渉で、何らかの取引が行われたと考えて良いでしょう。2016年2月10日、ヘンリー・キッシンジャーはロシアを訪問してプーチン大統領と会談をしました。すると22日には、シリアでの停戦合意が成立しました。現在のトランプ政権誕生の背後にキッシンジャーが居るのは、ほとんど間違いがありません。トランプ政権の閣僚人事も、キッシンジャーの影響が強く見られます。
 現在のキッシンジャーの動きが、この時の会合を含む交渉の結果であるとすれば、キッシンジャーは300人委員会と共に、現在はプーチン大統領と協調して動いている可能性があります。世界情勢を見極める際、この記事のような情報は見落とされがちなのですが、実のところ、決定的な意味を持つのはこの手の情報なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー:AI戦争の新たなフロンティア シーズン2、エピソード16
転載元)
  (前略) 

CG: (中略)…私のいない間にゴンザレス中尉が二回、大事なミーティングに出席することになりました。うち一回は(中略)…ドラコ同盟評議会(Draco Alliance Federation)です。ホワイト・ドラコ・ロイヤル(White Draco Royal)と呼ばれているレプティリアン存在との出会いは本当に恐ろしいものでした。背丈は4.3メートルほどで退化した尻尾と羽があり、きわめてパワフルです。(中略)… 

DW: このドラコは2014年12月5日以前はミーティングに応じようとはしませんでしたよね? (中略)…2014年12月5日に何が起きたのですか? (中略)… 

CG: 太陽系全体を包囲するアウター・バリアというものがスフィア・ビーイングによって設置されたんです。(中略)…これがあるため、どんな存在も出入りできません。(中略)…秘密地球政府とシンジケート、軍隊、ET達はかなり強力な兵器を開発してスフィア(球体)に向けて設置していました。(中略)… 

DW: ええ、いま流しましょう。これは2014年12月5日、国際宇宙ステーションを映したものです。レーザービームのような赤い点がもうじき見えます。これは赤い球体で、直径で月の 1/4 か 1/5ほどの大きさで、その上を赤いビームが走っていきます。これは何ですか?

CG: そこにスフィア・アライアンスによる、サイズが異なる3つの球体があるんです。一つは月くらいの大きさ、別のは海王星の大きさ、もう一つは木星の大きさです。これは月サイズのもので地球のかなり近くにありました。

DW: 通常は望遠鏡では見えないですね。(中略)…クローキングされていた。(隠されていた)

CG: (中略)…ですがET達の助けを得て、その場所を特定したんですね。それで(中略)…強力な兵器を宇宙に、球体に向かって発射しました。(中略)…目撃した人によると、球体が赤く光り、赤いビームは戻ってきて(中略)…攻撃に関与していた人やそれ以外の生命体は命を失いました。

DW: これはどこだったか知っていますか?

CG: (中略)…おそらくオーストラリアだと聞いています。

DW: オーストラリアの真ん中にあるパイン・ギャップ(Pine Gap)は大きな施設ですね。ここの可能性は?

CG: (中略)…そこからほど近い兵器実験施設の一つのようです。

DW: カバルはかなり士気喪失したでしょうね。(中略)… 

CG: ええ、カバルのかなり高位の人達がこの兵器実験に居合わせてましたし、地球外生命体もいました。(中略)… 

DW: (中略)…このET達はアウター・バリアが張られてからどうして太陽系からそんなに脱出したがっているのでしょう? (中略)… 

CG: ここで何千年もの間行ってきたネガティブな行為の責任を負うことになるでしょうね。(中略)…そのためにゴンザレスや私が代理人として名指しされ、こういうミーティングに行くことになったんです。

DW: なるほど。

CG: ゴンザレスの話に戻りますが、ここで一週間ビデオ収録を済ませてすぐに帰るとゴンザレスから連絡がありました。そして言われたんですが、たいへんだったよ、と。ドラコ同盟連邦(Draco Alliance Federation)とのミーティングに連れて行かれた。それにスーパー・フェデレーションとの会議にも出たよ、と言っていました。 (中略)…「コミティー200」(Committee of 200 )と呼ばれる秘密地球シンジケート、カバルが相手でしたがホワイト・ロイヤル・ドラコは指揮をとっていて自らを議長と名乗っていたそうです。

DW: (中略)…ホワイト・レプティリアンに初めて会った時は何を要求してきたのですか? (中略)… 

CG: 私が出たミーティングでは、(中略)…もしスフィア・ビーイング・アライアンスがホワイト・ロイヤルズ、ドラコを無事太陽系から出してくれたら、太陽系に閉じ込められている低位のレプティリアン兵士やETの仲間を明け渡すとのことでした。

DW: つまり、自分達のために働いてきた者すべて(中略)…を裏切ろうというんですね。(中略)… 

CG: そういう申し出でした。(中略)…コミティー200 はその場にいて、この裏切りを目の当たりにしていました。

DW: (中略)…それはコミティー300ですね。(中略)…メンバーのうち3分の1が離脱した可能性はありますね。
(中略)…それは憤慨したことでしょうね。

CG: ええ。このせいで、直後はカバル・グループやシンジケート・グループ内で分裂や内輪もめが多発したんです。(中略)…この時にカバル・グループから転身し、証言しようという人が大勢出てきました。(中略)…証拠を山ほど持って秘密宇宙プログラム同盟に寝返ったのです。もし世間から隠れられる保護区域を確保してもらい、家族ともども保護プログラムを受けられるなら、将来の聴問会で証言すると約束した。いろんな事が起きて大混乱です。それで状況を尋ねる必要があったのです。(中略)…それでゴンザレスは(中略)…コミティー200の委員長らと会ったんですが、あっけにとられる程驚いたそうです。名前は言いませんが、とても著名な政策立案者だったんです。色々な大統領にアドバイスをしたりニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)を支持したり、人口削減活動を応援したりでとても有名な、アクセントのきつい、垂れ目で白髪が巻き毛の年配の男性です。

DW: 十分それで伝わったと思いますが。

CG: ええ。この人物が現れて自己紹介した時は唖然とした、と言ってました。(中略)…閉鎖されたホテルだったのですが、その巨大なロビーに入ると(中略)…巨大規模のレプティリアン儀礼兵達がいました。(中略)…彼らの後ろにはカマキリ類やその他、昆虫類の存在がいて、(中略)…そのフォーメーションの中心にはあのホワイト・レプティリアン・ロイヤル・ドラコが立っていました。

DW: これが全ドラコの長、第一人者ですね。(中略)… 

CG: 彼は直ちにゴンザレスの思考を掴みました。それで後ろに倒れてしまった、とゴンザレスが言ってました。
(中略)…そして、スフィア・アライアンスのブルー・エイビアンズに私は騙された、あなた達は実はパワフルだ、あなた達の君主はどれだけパワフルなことか、と。(中略)…そして不明瞭な言葉で言いました。人間のフォロワーは誰一人起訴されることはない、全員慈悲的措置を受けるだろう、そしてETグループとドラコは意のままに太陽系を退出する許可が与えられる。もし去らなければ、地球上では戦争や紛争が起き大破壊を生じさせる。など、どこまでも話し続けたそうです。(中略)…ホワイト・ロイヤル・ドラコは尊大な脅迫をし続けたあと、ゴンザレスとのコンタクトを断ち切り、向こうを向きました。そして彼と彼の代表団は行進して出て行ったんです(中略)…ゴンザレスはひどい頭痛がして吐き気がしたそうです。(中略)… 

DW: どうもドラコは素晴らしい秘密を漏らしたようですね。とても大事な弱点。彼らには余剰次元に君主がいるということを。

CG: そうです。(中略)… 

(以下略) 

翻訳:Rieko

[Sphere-Being Alliance]スーパー・フェデレーション / 

22の遺伝子プログラム…他多数 〜銀河連合のトップに就任した女性 / 遺伝子実験・奴隷売買に対する公正な裁き〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏の情報の重要な部分をまとめてくれています。この中のスーパー・フェデレーションと言うのが、コブラの言う「銀河連合」のことです。時事ブログでは「(偽の)銀河連邦」と呼んできたものです。これが同じ組織であるのは、2016年7月13日付のコブラ/コーリー・ジョイントインタビュー2の、スーパー・フェデレーションという部分で、次のやり取りが司会者とコーリー・グッド氏の間にあることからわかります。その部分を抜き出してみます。

ロブ:コーリーへの質問です。「コーリーは(中略)…銀河連合については一切触れません。あなたはポジティブな銀河連合を信頼していますか?(中略)…
コーリー(中略)…スーパー・フェデレーションは連邦が集まってできています。これらの連邦は何百何千と言う太陽系が加わっています。ですからそのなかには質問者が言っているようなグループがいることも十分ありえます。(中略)…スーパー・フェデレーションには様々な存在が居るのです。

 このやりとりから、スーパー・フェデレーションが銀河連合であり、必ずしも銀河連合はポジティブな集団とは限らないことがわかります。それは、スーパー・フェデレーションが「22の遺伝子プログラム」を、地球人に対して行っていることからもわかります。コーリー・グッド氏はこのようなDNA操作に対して、“なぜ…私たちを操作して文明の進歩を妨げるのでしょう?”と言っています。
 コズミック・ディスクロージャーのシーズン2.エピソード2の中で、ディビッド・ウィルコック氏は、“以前、スーパー・フェデレーションというのがいて、私たちのDNAに彼らの遺伝子を混ぜて調整し、22のプログラムを進行させていると言っていましたね”と尋ねています。これに対しコーリー・グッド氏が、“ええ、いくつもの植民地があります”と答えています。このやり取りからも、こうした違法な遺伝子操作を行って来たのは、スーパー・フェデレーション、すなわち銀河連合であることがはっきりとします。
 先ほどのコーリー・グッド氏の発言の中に、植民地という言葉が出てきたことに注意してください。1月10日に紹介した記事の中で、ウィリアム・トンプキンス氏は、“地球中に広がるこの洞窟内では奴隷制度がいま存在しているのです。…銀河宇宙ではあらゆるET達が同じことをやっている…彼らは善良な者達を選び、誘拐し、自分の惑星の施設に連れて行きます…残念ながら、我々は階層構造でいえばずいぶん下層にいるというわけです”と言っています。
 要するに、銀河連合に属する宇宙人の中に、地球人を奴隷にしている者たちが居るということなのです。このことは不思議でも何でもありません。地球でいえば、国連が人身売買や臓器売買に関わっていると言うのと似たような話で、それの宇宙版だということです。
 コーリー・グッド氏のこうした客観的な発言に対して、コブラは“ポジティブな銀河連合が存在する”と言っています。“彼らは自分を何度も助けてくれた”と言うのです。しかし、彼らは自分たちが利用出来る人物を助けるだけのことなので、コブラを何度も助けたということが、彼らがポジティブな存在であることを示すわけではありません。単に仲間だと言うだけのことです。
 1月11日の午前中に、ノルディック(北欧型ET)の司令官が処刑されたことをお知らせしましたが、実はこの男が銀河連合のトップだったのです。今日の午前中に、後任の女性がヴィジョンとして現れました。若いチャーミングな女性が銀河連合のトップになったようです。おそらく、この記事のコメントを彼女は読むと思われるので、ぜひガヤトリーマントラの除霊と浄化の祈り愛のマントラと共に、7つのダートゥの祈りを実践してもらいたいと思います。
 最後に、こうした遺伝子実験、そして奴隷売買は明らかに違法で、これに関わった者たちは厳格な裁きを受けなければなりません。私がこのことを書いた以上、こうした悪事に関わった者たちに逃げ場所はありません。捜査を妨害する者たちは、その妨害行為によって直ちに収監されます。全員が根こそぎに一網打尽になるでしょう。公正な裁きを受けるか、それとも悪足掻きをして永遠に宇宙から消滅するかのどちらかを、彼らは選ぶことになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー:一周年スペシャル シーズン5、エピソード9
転載元)
(前略) 
LOC -ルナー・オペレーション・コマンド(月のオペレーション司令部)

LUNAR OPERATION COMMAND
 
(中略)…  

Corey: (中略)…建物は岩の中にあり、地表に出ている部分はほとんどありません。(中略)…地中を下に深くゆけばゆくほど鐘の形のように広がっているらしく(中略)…地下に深くゆくにしたがって広がっています。

David: そんなにいろいろな宇宙船がLOCを出入りしているとしたら(中略)…見えるのでは?

Corey: (中略)…このエリアで宇宙船がちらちら動いたり大群で飛んでいるのを動画に撮ったり、目撃した人はかなりいます。(中略)… 

David: LOCが実際、建造されたのはいつですか?

Corey: 1930年代後半から40年代に先にナチス施設が建てられたのですが、そこにLOCが建造されました。(中略)…ある時期にアメリカが産業力を提供し、その時点から猛烈な勢いで増築を進めたんです。1950年代後半から本格的な建造を始めたということです。(中略)…南極大陸の地図を見たら、細かく分けられていろんな国のものになっているでしょう…


4_Antarctica 

(中略)…月の裏側も同じです。あらゆる領域がどこかの所有となっていて、あらゆるETグループが住んでいます。(中略)… 

David: LOCの中はどうなっているんですか? (中略)… 

Corey: (中略)…最上階でほぼすべてのことが行われます。その下の二階は医療フロア、それとその他の先進医療が行われるフロア。そこから下の階に行ったことはありません。(中略)…LOCに配属され働いている人達がいます。通過駅のようなものですね。太陽系の彼方からLOCを通過して別のエリアに行ったり、太陽系の外にある他のステーションや基地、配属された自分の船に行くのです。

スーパー・フェデレーション

SUPER FEDERATION
 

Corey: このフェデレーション・スーパー・カウンシル(評議会連盟)と呼んでいるのは(中略)…「コンフェデレーション」(同盟)、と呼ばれていましたね。(中略)…ありとあらゆる連合、同盟、評議会が一同に集まる、巨大版UNのようなものです。主要グループの数は40で、ほかにかなりの時間を共有しているグループが20います。この20グループは常にいるわけではありませんが。これらのグループは人間のような外見をしたヒューマン・タイプで、彼らの基地は主に月の裏側やガス惑星、とりわけ土星の衛星にあります。木星と土星の衛星あたりはたくさんの基地があるため(中略)…地球の秘密宇宙プログラムは一切、立ち入り禁止でした。地球の宇宙船は、これらの衛星から一定距離内に入ることを許されていませんでした。



22の遺伝子プログラム (中略)… 

Corey: 彼らの遺伝子を私達の遺伝子に交配させ、遺伝子操作するというプログラムです。(中略)…それぞれの22のプログラムは互いに競い合う形で情報を提示し合っていました。(中略)… 

David: 彼らのDNAを我々のDNAに接合する、とか?

Corey: そう、そうやって私達のDNAを操作しています。(中略)…彼らが私達にただ実験をしているだけではない。彼らもまた、グランド・エクスペリメント(壮大実験)の一部なんです。

David: (中略)…なぜそんなことを彼らは行っているんですか? (中略)… 

Corey: それは、私にはわかりません。(中略)…なぜ(中略)…私達を操作して文明の進歩を妨げるのでしょう?
(中略)…今の私達の遺伝子操作は少なくとも25万年前から行われています。(中略)… 

David: プログラムを行っているのはネガティブ指向のET? (中略)… 

Corey: それは見方次第です。(中略)…どのグループがネガティブと決めることはできません。彼らは皆、自分はポジティブなことをやっていると思っているんですから。

月の基地

MOON BASES
 

Corey: 知ると実に驚きますが、太陽系いたるところに巨大なインフラが存在しています。小惑星帯や月、衛星、惑星では原料を採るための採掘作業が行われていますし、技術生産のための工業複合施設もありますし、そういう施設で働く人達、太陽系中に存在する巨大な工業機器をサポートする人達の集団居住区もあります。(中略)…100どころではない。(中略)… 
信じ難い内容ですが、我々の月も人工体だと。(中略)… 

David: 私が話を聞いた人達はほぼ全員、そう言っていました。

Corey: (中略)…牽引電波技術のようなもので地球と共に軌道に閉じ込めている。彼らは地球の内心部にエネルギーフィールドがある事を発見し、そこに焦点を合わせて月を固定させました。(中略)…地球の密度と重力が時空に与える影響、自転によって生じるトーション・フィールド、時空の歪みだけでは、月ほどの密度をもったものを引きつけることはできないと科学者は言っています。地球の自転の影響で、月も自転するはずです。(中略)…どんな科学的モデルも説明がつきません(中略)…約50万年前に、月は人工の衛星になったんです。

火星基地

MARS BASES
 

Corey: ドイツは火星に到達し、初めの植民地を極地エリアから20度以内に設置しました。


5_Mars 

(中略)…初めのメイン基地ができたのは北半球で(中略)…そこから増築が進められました。(中略)…大人数の技術者や科学者を住まわせるためです。(中略)…火星やあらゆる衛星、小惑星帯で採掘が進められていて、そこで採れた原料を使っていました。その原料は火星の工業地域に運ばれました。(中略)… 

David: 火星で基地が初めて定着し存続したのはいつ頃ですか?

Corey: 1952年か54年頃、アメリカとの協定を進め始めた頃です。(中略)…居住エリアにはすべてアルファベットで区分けされています。軍の施設にそっくりです。設備の部品が壊れて、その修理のために一か所だけ私達で訪れたことがあります。(中略)…そこにいた人達は痩せ衰えて顔は青白く(中略)…ただ日々をやり過ごしているように見えました。

David: 古代文明のかっこいい廃墟の写真はありました?

Corey: ええ、廃墟や各地の航空写真、巨大火山の写真を見かけました。


6_Olympus_Mons_on_Mars 

(中略)…オリンパス山です。溶岩洞は地球の溶岩洞の10倍の大きさでした。(中略)…基地を建てるのに、これ以上はない場所なんです。(中略)…ドイツ人はここを欲しがっていました。(中略)…既に他のグループに占有されていました。たくさんのグループがいて、猛烈な勢いでこの場所を守っていたんです。(中略)…あるグループはレプティリアンタイプ、他に昆虫タイプもいました。

David: そうだろうなと思いました。ははは。(中略)…内部には巨大都市があるんですよね。(中略)… 

Corey: 生命体は何百万といますよ(中略)…そういう溶岩洞に住んでます。(中略)… 

ソーラー・ウォーデン

SOLAR WARDEN
 

Corey: まず一番古い組織、ソーラー・ウォーデンの事を話しましょう。彼らは1970年代後半から80年代、SDI – Strategic Defense Initiative(戦略防衛構想-スターウォーズ計画)の時期に活動を開始しました。(中略)… 

David: ソーラー・ウォーデンの元々の責務は何だったんですか?

Corey: 太陽系にくる侵入者を警備することでした。(中略)… 

David: (中略)…80年代のグループが太陽系に侵入してこようって相手を警備なんてできるかな?

Corey: 侵入者が大規模にやってきたら持ちこたえなかったでしょうね、ですが通過してきたグループのほとんどは1機からせいぜい5、6機くらいです。(中略)… 

David: ではこの太陽系に侵入してきたETグループの大半は小さなグループか、もしくはこっそりと1機で入ってくるということ?

Corey: (中略)…小さな略奪者グループが奇襲攻撃で入ってきて物を奪い、逃げてゆくという感じです。(中略)…
 

国際複合企業(ICC)

INTERNATIONAL CORPORATE CONGLOMERATE
 

Corey: ICCというグループがいます、惑星間複合企業(Interplanetary Corporate Conglomerate)の略で、最大規模のグループです。太陽系中にあるインフラはすべて、ICCの所有です。

David: どんな企業が入っているんですか?

Corey: 航空宇宙産業界のほぼすべての企業、それ以外にも多数…

David: ロッキード、ボーイング、マクドネル・ダグラス、ヒューズ・エアクラフト?

Corey: ええ。その全社です。それにアメリカの企業だけではないです。航空宇宙産業のすべての企業と工学技術会社が、あらゆる秘密宇宙技術の構築を始めたんです。(中略)…ドイツ人達は(中略)…もう宇宙に足掛かりとなる基盤があり、そこから大きな計画を展開しようとしていました。大規模な計画です。ドイツ人グループはその宇宙航空会社に情報を持ちかけました。彼らはすでに小惑星帯まで行ったこと、そこ一帯が貴金属でできた小惑星ばかりで彼らはもう採掘活動を行っていると伝えたのです。するとアメリカの資産家たちは金儲けのチャンスに目がくらんだのです。(中略)…プラチナや金が採れる小惑星が宇宙に存在すると聞きつけてね。(中略)… 

David: ICCやドイツ人グループはロボットによる採掘など使っていたんですよね(中略)… 

Corey: ええ、彼らは(中略)…ずっと前からコンピューターシステムや量子コンピューターを使っていました。(中略)… 

» 続きはこちらから

[Sphere-Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー: クリフォード・ストーンの接近遭遇 〜 ネガティブな宇宙人がテクノロジーをおおっぴらに使わない理由

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャーのクリフォード・ストーン氏の証言の続きです。はじめの逸話は、軍部に捕らえられていたETを、ストーン氏が助けた話です。これを見ると、ストーン氏がグレイを外に連れだし、フェンスを切ってグレイが外に出た瞬間に宇宙船が上空に来て、ビーム状の光が地面を照らしてそれが消えた時には、このグレイは既に救助されていました。
 この話が作り話でないとすれば、人を瞬間的に別の場所に移したり、逮捕したり、あるいは殺したりすることが、こうしたテクノロジーを持つ宇宙人たちにとっては、さほど難しいことでは無いとわかります。
 ネガティブなグレイのような連中が、こうしたテクノロジーをおおっぴらに使わないのは、彼らも法に縛られている存在だからです。私が時事ブログのコメントで、時々“残党は処分されるだろう”と書く場合、法に基づいてこのような処置が行われることを意味しています。すなわち彼らは、一瞬で捕縛されたり、処刑されたり、あるいは精神破綻に至るのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー:クリフォード・ストーンの接近遭遇
転載元)
2016年8月18日
(前略)
1_Clifford_Stone

Clifford Stone: 次の大きな出来事は、軍部からヴァージニアのフォート・ベルボワーに再度同行してくれと依頼がきた時のことです。(中略)... そこに取り残されたET、「ビジター」が収容されていたからです。軍はその生命体を「ゲスト」として林エリアに滞在させていました。(中略)... 現場に着くと、彼(生命体)が座っており、辺り一帯は武装した衛兵が配置されていました。(中略)... 他の人には聞こえていませんでしたが(中略)...
私の仲間が迎えにくる。もし彼らがここに来ても、誰も傷つけるつもりはない。ただ、この建物の内部から私を外に抜き出すためにテクノロジーを使う。そのテクノロジーで、あなた達の大勢が死んだり怪我を負うことになる。(中略)...
「わかった、どうしたらいい?」(中略)...
私をここから外に出してほしい。
そこで私は友人にワイヤーカッターを持ってきてもらい、それをフェンスで囲われたエリアの外縁に置きました。その建物の周りにはフェンスが張ってあったのです。そして大佐に伝えました。
彼は何かを伝えようとしていますが、それには少しデモンストレーションをしなければいけない。軍部の人達がいる間はそれが出来ないと言っています。(中略)...
いつも私が大佐と呼んでいたその男性は渋々、人員を撤退させました。(中略)...

d10
(中略)... この小さな生命体は自らの命を諦めようともしているのがわかります。仲間が彼を迎えにくるがために、私達が傷ついたり死んだりするという事態を避けたがっているのです。(中略)... 彼について来るように言い、外に向かい始めました。(中略)... 外に出て、できるだけ素早くフェンスを切りました。彼が外に出ました。すると宇宙船が上空にきました。飛んでくると、明るく輝く光が地面を照らすように伸びていました。

d20
そしてその光が消えた時には、もう彼はいませんでした。救助されたのです。(中略)... その夜、私はもうじき死ぬのだと思ってその時を待っていたのを覚えています。(中略)... 裏切り者として背後から撃たれるんだ、と思っていました。大佐は私にとても腹を立てていました。(中略)... 「今後は何をしようとしているか我々に知らせなさい」と言われました。でも私は言いました、「『ゲスト』(お客様)と呼びながら、武装衛兵に監視させるのはおかしくありませんか?」
(中略)
* * * * * *
David Wilcock: (中略)... 皆さんはどう思うかわかりませんが、私は彼が嘘をついているとは思えません。(中略)... まるで映画のシーンのようなんですが(中略)... 彼らのテクノロジーで彼を基地内から抜き出すとなると、その基地にいる大勢の人が死んだり怪我をすることになると。(中略)...
Corey: ただ私が解せないのは、その生命体に光を当て、彼の分子構造を光の構造に変化させてその光を上に引き上げているのであれば、それがどうして大勢の人の死を招くことになるのか、です。(中略)... この建物がシールドされていたら、そこから外に出ないと救出そのものが不可能だった可能性もあります。
David: 軍の基地には、建物内部にテクノロジーが入るのを妨げるような制御フィールドがあるんですか、あなたはご存知ですか?
Corey: ええ、ですが通常はシェルターのようになっています。地上に建てられた建物を有刺鉄線で囲んでそんなシールドを張るというのは聞いたことがありません。私は知らないだけで、存在するかもしれません。
(中略)
» 続きはこちらから

[Sphere Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー:エンパスと地球外生命体 クリフォード・ストーン氏の暴露情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 ディスクロージャー・プロジェクトで名乗りを上げた、クリフォード・ストーン氏の暴露情報のようです。ストーン氏は直感エンパスで、宇宙人と言葉を使わないで意思疎通をはかれる稀有な人物のようです。米軍は幼い頃から彼に注目し、軍部に取り込もうとしていたようです。
 記事の中で、地球の上空500マイル(804km)の彼方から地球を見下ろしている写真があります。徐々にクローズアップしていくと、驚いたことに、ニューヨークのセントラルパークのベンチに座って新聞を読む男性が見えてきます。最後には何と、新聞の文字まで読めます。ストーン氏がこの画像を見たのが1969年だと言うのです。
 これを見て、私たちが見せられているいわゆるNASAの火星の映像と言うのは、私たちをバカにしたものだと思いました。彼らは火星の地表の詳細な画像を手にしているはずです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
コズミック・ディスクロージャー:エンパスと地球外生命体 クリフォード・ストーン シーズン5、エピソード13
転載元)
(前略) 

クリフォード・ストーンは軍で働いている間、軍曹より上のランクに昇進することはありませんでした。(中略)…少年期から軍の上層階級の目に留まっていました。(中略)…彼は地球外生命体とテレパシーで「インターフェイス」つまり話す能力を持っていたためです。

(中略) 

1_Clifford_Stone

Clifford Stone: 私が卒業した時…1968年6月初旬でしたが、徴兵委員会から通知が届きました。(中略)…私は局へ行き、筆記テストはすべて合格しました。(中略)… 
「君には健康上の問題があるのはわかっているね。」(中略)… 
「はい。この戦争を認めていない人は大勢います。行きたくない人も大勢います。私は国のために尽くしたいのです。もし私が行けたら、私の代わりに行く人が一人減るのです。」(中略)… 私はサウス・カロライナのフォート・ジャクソンに向かいました。(中略)…クラスに出たのは一日目、そして二日目の一部のみ。翌日(中略)…どこからか訪れてきた男性がいました。またワシントンD.C.エリアからということでした。そして私に話しかけてきたのです。(中略)… 「UFOについてどう思う?」と。(中略)…そして彼が持っていたいくつかの文書と記録を見ました。(中略)… 
「私はこういうものを見るべきではないと思います。私には機密情報アクセスの権限がありませんから。」
彼は言いました、「君に見せてもいいと言われたもの以外は、見せはしないよ。」
いまだからわかるのですが(中略)…軍の人達は私が幼少期から何らかの形で交流しているのを把握していました。相手は一種類のET種でしたが、(中略)…その生命体のうち一体だけは私の人生を通じてずっと私と共にいました。(中略)…UFOが関わってきた時の私の役目として、「インターフェイシング」という任務に就かされました。(中略)…彼らは誰とでも話すわけではありません。特別な相手を選んで話すのです。

(中略)…

私はフォート・マクレランに送られました。到着するとあるものを見せられたのですが、(中略)…それは映画で、「ここは宇宙のはるか500マイル(804km)以上彼方、人工衛星で撮られたものです」とありました。

10_Earth

(中略)…そして「これはニューヨーク、500マイル以上の彼方から人工衛星で撮られたものです」

12_NYC

(中略)…「これはベンチに座って新聞を読む男性、500マイル以上の彼方から人工衛星で撮られたものです」

14_man_reading_newspaper

「これはその新聞の見出し、500マイル以上の彼方から人工衛星で撮られたものです

15_NYT_newspaper

その新聞の日付は1968年のものでした。そしてこれを見たのは1969年の2月でした。

(中略) 

ともあれ我々はスクールを修了し、ある男性に会いました。ジャックという名前です。彼はSpec.5 で、アメリカ陸軍秘密保全庁に勤めていました。(中略)…NSAの本部に行きました。そこの彼のオフィスに行きました。(中略)…ジャックの友人らしき人が言いました。
(中略)…ペンタゴンは一度も行ったことがないんだって? 流(中略)…ペンタゴンの様子を見せてあげよう。
(中略)…彼は私を案内し、オフィスもいくつか見せてくれました。(中略)… 
(中略)…核爆弾で攻撃されても生き残れるようペンタゴンは強固に築かれているんだ」と言いました。そして彼は私を地下へ連れて行きました。(中略)…小さな銀色の車がありました。(中略)… 

25_silver_car 

(中略)…電磁で動く仕組みでした。(中略)…彼にペンタゴンはとても広大なのだと言われました。(中略)…ある場所に着きました。ドアがありました。車を降り、そのドアから中に入ると長い廊下になっていました。(中略)… 

その廊下を歩きながら(中略)…彼は壁をたたいて言いました。「硬い壁だと思うだろう?」(中略)…そして彼が私を押すと、私は壁をすり抜けたのです。(中略)…私はある部屋の中にいることに気づきました。(中略)…机に座っていたのは、いわゆる典型的なグレイでした。

27_close_up_of_Grey_at_table

(中略)…背は4 ½か5フィート(1.37~1.5メートル)ありました。(中略)…彼の両側には…黒ではないけれど濃い色のスーツに濃いサングラスをかけた男性がいました。(中略)…頭の中で電動のこぎりのような音が始まりました。私は跪き、うつぶせに倒れました。(中略)…目を覚ますと、ジャックのオフィスにいました。何も起きてはいないと告げられました。(中略)…この活動に関与している間は、これは国のため、大義のためだと最後まで心から思っていました。そしてある時から、そうは思わなくなりました。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11