アーカイブ: コーリー・グッド

ヤスヒ・スワルーの言う「上位の連邦」は、第6、7密度の「上の密度の宇宙連合」と同じものであり、「球体連合」と「銀河連合」を合わせた組織が「連邦」~「連邦」は頭から腐っていたために、上層部から順に滅ぼされて行った

竹下雅敏氏からの情報です。
 「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーは、「5D 連邦より上の連邦」という言葉を使っています。この「上位の連邦」は、“5D連邦を監督し、制限し、監視し、彼らの行動や行動の不作為に責任を持たせる”と言っています。
 “続きはこちらから”の情報は、コーリー・グッド氏からのものですが、「第 4、5 密度の宇宙人は、レプティリアンもいれば、トール・ノルディックス、グレー、インセクトイド(昆虫型のヒューマノイド)など他にも多種います」と言っていますが、上の密度の宇宙連合もあり、これは第6、7密度の非常に進化した宇宙人達だということです。 
 コーリー・グッド氏が接触したSphere Being Alliance(球体連合)は、上の密度の宇宙連合に属し、“下の密度の存在達が宇宙の法に従っているか どうか監視しているグループもあります”と言っています。
 引用元の記事には、“スフィア・ビーイング・アライアンスは、「銀河の見張り人」的なグループの一部で…低次の密度の領域の世話をして、全てが宇宙の法に則って行われるようにしています。彼らは第6、7密度のとても進化した生命体です”というコーリー・グッド氏の言葉が張り付けられています。
 これらの記述から、ヤスヒ・スワルーの言う「上位の連邦」は、第6、7密度の「上の密度の宇宙連合」と同じものだと分かります。時事ブログの次元の概念では、第4密度(3.0次元)、第5密度(3.1次元)、第6密度(3.2次元)、第7密度(3.3次元)ということになると思います。2月22日の記事で示した「ハイアラーキーの各界層」の図を参照してください。
 また、これらのことからヤスヒ・スワルーの言う「連邦」は、「球体連合」と「銀河連合」を合わせた組織だという事もはっきりとしました。
 さて、ここからが問題なのですが、ヤスヒ・スワルーの言葉からは、地球にとって問題なのは「第 4、5 密度の連邦」であって、「上位の連邦」は、全てが宇宙の法に則って行われるように、“監督し、制限し、監視し、彼らの行動や行動の不作為に責任を持たせる”と考えているように思えるのですが、事実は著しくこのことに反しています。
 「連邦」は頭から腐っていたために、上層部から順に滅ぼされて行ったというのが本当です。こうした中で、「連邦」を改革しようとする者たちの集まりが「銀河国際連合」だったのであり、この組織の最高司令官がアメーロだったのです。アンドロメダ宇宙艦隊隊長「アメーロ」からの通信文が入ってきたのは、2018年4月17日でした。「コズミック・エージェンシー」のパート1の記事では、“2018年にタイゲタ自体が内政的な変革を遂げ、タイゲタの人々によってアレニム1世殿下が女王に任命された”と言う事でしたが、同じ年であることに注意してください。
 「銀河国際連合」は、アメーロが私に通信文を送った直後に造られたのですが、実はヤスヒ・スワルーやアレニム1世を中心とするタイゲタ人たちは「銀河国際連合」に属していたのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート3 ~連邦の意識改革~
引用元)
(前略)


(中略)
スワルー:5D連邦は私を恐れており、私の存在が彼らを悩ませています。この5D連邦より上の連邦は私を利用し、私を通して働きかけていますだから5D連邦は私を恐れるのです。
(中略)
ゴシア:では、スワルー、5D連邦は上位の連邦を恐れているのですか?なぜですか?

スワルー:それは、彼らを監督し、制限し、監視し、彼らの行動や行動の不作為に責任を持たせるからです。

ゴシア:どのような形で責任を取らせるのですか?説明責任を求められる会議があるのでしょうか?明らかに、上位の連邦は肉体を持っていなければなりませんね。

スワルー:上位の連邦は、私のような5Dの肉体を通してのみ働きかけます。上位では肉体は必要ありません。そして、上から押し付けられるのではなく、原因と結果を使って本人自身を通して、どこで失敗したのか、どこを改善しなければならないのかを示すことで、彼らに責任を取らせるようにします。自分の行動がもたらす結果を認識させるのです。だから彼ら(5D連邦)は自分自身を改善しなければならなくなるのです。

ロバート:そしてスワルー、あなたは今、彼らにその結果を認識させているわけですか?どうやって?

スワルー:彼らを通して、彼らであることを通じてです。私だけでなく、他の密度にいる彼らの同等の存在、つまり彼らのハイヤーセルフを通じて、一定の感情を彼らに引き起こします。彼らに感情があればですが。または、自分が間違ったことをしたことを修復する必要性を感じさせたりします。
そして時には、彼らの上位に位置する連邦のステップ(階層)が彼らの行動に同意していないことを宣言するというような、直接的な接触もあります。5D連邦は、感情を持たない非ライラ人種族を、非常に感情的な新種である人類の指導者に据えるという重大な過ちを犯しています。
(中略)
しかし、これは人々をロボット化しようとする逆進的なAIの働きと影響でもあります。
(以下略)

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏「誰もが識別力を持って、物事を好転させるために自分にどんな貢献ができるか考える必要があります」 / 5月24日午前0時に、クーデターに関与していたために処刑され、魂(ジーヴァ)が消滅した者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日に引き続きコーリー・グッド氏のインタビュー動画から、大事なメッセージの部分を引用します。 
 インターネット上で、様々な情報が流れていますが、ほとんどがニセ情報だと思われるので、時事ブログでは一切取り上げていません。コーリー・グッド氏も、“誰かが絞首刑になったとか、そういった話は一切聞いていません”と言っています。
 “現在は…情報の空白期間になっている…アライアンスは挫折に苦しみました。それが事実です”とあるように、アライアンスは1月20日にトランプ大統領が再選されると信じていたのだと思います。ところが不思議なことに、当のトランプ大統領が、戒厳令を敷くでもなく、バイデンに勝利を譲ったかに見える行動を取ったのです。一部の愛国者たちが、トランプ大統領を裏切り者と断じて非難したのも無理はありません。
 コーリー・グッド氏は、“誰もが識別力を持って、物事を好転させるために自分にどんな貢献ができるか考える必要があります。そして殻から出て、実行するのです。…なぜなら私たちが私たちの救済者なのですから”と言っています。
 私たちは、“識別力を持って”新型コロナウイルスに対処しなければなりません。“物事を好転させるために”、正しい情報を多くの人々に伝える必要があります。いかなる環境にあっても、「心の平安」を保つことは、それぞれの人が出来る最大級の貢献です。
 その「道しるべ」として、ヤマ・ニヤマがあり、ガヤトリー・マントラ愛のマントラが与えられているのです。
 さて、ここからが本題です。昨日の記事で、私の妻たちが、“誰がクーデターに関与していたのかを調べていた”と記しました。実はこれは、クーデター関与者に対する最後の警告だったのです。記事の中で、わざわざ、“コーリー・グッド氏は「ゴンザレスとマヤ人のグループ」に繋がっているのが分かります。このグループは、現在、聖フランチェスコを最高司令官とする神軍に属しています”と記したのですが、彼らは私のメッセージを正しく受け止めることが出来ませんでした。
 5月24日午前0時に、クーデターに関与していたために処刑され、魂(ジーヴァ)が消滅した者たちの一部を記します。
 後桜町天皇(第1システム天津神第5レベルの最高神)
 ヴァリアント・ソー(カガヤキワタルミコト)
 ジル(トリタカクマウミヤノヒメミコ)(第1システム国津神第1レベルの最高神)
 伊福吉部 徳足比売(第1システム国津神第3レベルの最高神)
 ヘレン・ビアトリクス・ポッター(第1システム国津神第4レベルの最高神)
 レイ チェル・カーソン(第1システム国津神第5レベルの最高神)
 聖フランチェスコ(第1システム国津神第5レベルのキリスト)
まだまだ沢山いますが、このくらいで止めておきます。天界の大掃除は、掃いても掃いてもダニが出てくるという状況でしたが、ようやく終わりが見えてきました。
 地上も似たようなものだと考えてください。トランプ大統領を救世主だと思う人は、考えを改めた方が良い。なぜなら私たちが私たちの救済者なのですから。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド&マイケル・サラ「最新情報」
引用元)
(前略)

(中略)
コーリー:インターネット上で人々が耳にしていることは、誇張された情報です。それは希望に満ちた情報ですが・・・私が本当にトップの人々から得ている情報と言えば、外国勢力による選挙介入の可能性を調査する諮問会を軍が立ち上げたとか、それが全てです。
(中略)
誰かが絞首刑になったとか、そういった話は一切聞いていません。今はアライアンスが悪人たちを根絶するための別の段階、もしくはプランBに入っているところです。
(中略)
いくつかの主要な施設や地下基地の掃討があったとは聞いています。そこには普通の海兵隊員までもが送り込まれていて、彼らはETがいる可能性があると聞かされていなかったために、施設でETを目撃して大変な精神的ショックを受けたそうです。そういった地下施設には区切られた小さなエリアがあって、その共有部分にETの特派員がいることもあるのです。そのような大きな手入れがあったことは事実ですが、その頻度はかなり減り始めました。軍の上層部でも多くの変化があり、エネルギーが変わってしまいました。
(中略)
現在は多くのことが起きています。私たちの多くにとって、情報の空白期間になっていることはわかっています。そして起きるべきことの多くが起きていないことに、大いにがっかりしていることでしょう。アライアンスは挫折に苦しみました。それが事実です。しかし、誰もが識別力を持って、物事を好転させるために自分にどんな貢献ができるか考える必要があります。そして殻から出て、実行するのです。ただのんびりと待ちながら、救済の物語を聞いているのではなく。なぜなら私たちが私たちの救済者なのですから。私たちがそのプロセスに貢献する必要があります。
(以下略)

タカキウチュウノヒカリノヒメミコの原因体、ミサキタカクノボルヒメミコの幽体がクーデターに関与していたことが発覚 / 「ゴンザレスとマヤ人のグループ」を通して、神々と繋がることになったコーリー・グッド氏

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の「緊急連絡」でお知らせした通り、宇宙のセントラルサン、天の川銀河のセントラルサンのヒメミコに任命されていた二柱の星神が、クーデターに関与していたことが分かり、魂(ジーヴァ)が消滅しました。二柱共に肉体(狭義)のみが残っています。
 クモタカクソビユルミコトからの謝罪文が入ったのは、3月1日なので、随分と時間が経っているのですが、今になってクーデターに関与していた者が裁かれたのは理由があります。
 私の妻のイオショカが原因体、ウツリマスアカキヒメが幽体、エネルエヱがエーテルダブル、ウイツヒメハルコがプラズマ体を担当し、誰がクーデターに関与していたのかを調べていたようなのです。
 その結果、タカキウチュウノヒカリノヒメミコの原因体、ミサキタカクノボルヒメミコの幽体がクーデターに関与していたことが発覚したのです。二柱の後任の神が、近いうちに選ばれることになると思います。
 さて、コーリー・グッド氏の「最新情報」です。この中に大変重要な情報がありました。秘密の宇宙プログラム(SSP)には、いくつかの部門があるという事なのですが、その中に「グローバル・ギャラクティック国際連盟」と呼ばれる「NATO的なグループ」のプログラムがあるとのことです。「グローバル・ギャラクティック国際連盟」についてのコーリー・グッド氏の詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。
 「グローバル・ギャラクティック国際連盟」は完全に太陽系外に居るが、“ある銀河連邦と連携を深めることによって…今ではポジティブなETの指導の下にある離脱文明になった”と言っています。
 この「銀河連邦」とは、コブラが繋がる銀河連合や、光の銀河連邦とは異なるもので、時事ブログで紹介した本物の銀河連邦です。
 2014年9月15日の記事で、本物のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦を紹介しました。今回、ようやく地球の一つの組織が「銀河連邦」に繋がりました。
 引用元の記事をご覧になると、コーリー・グッド氏は「ゴンザレスとマヤ人のグループ」に繋がっているのが分かります。このグループは、現在、聖フランチェスコを最高司令官とする神軍に属しています。
 これで、ようやくコーリー・グッド氏は、「ゴンザレスとマヤ人のグループ」を通して、神々と繋がることになりました。動画をご覧になると、コーリー・グッド氏の波動は、まだ氏の本来の波動ではありませんが、随分と戻してきているのが分かるでしょう。
 最後に一言付け加えておきます。先の本物のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦の3名の議長の中に、魂(ジーヴァ)が消滅したために解任された者が居ます。肉体(狭義)が残っているので、誰かを記すのは控えますが、波動からすぐにわかるはずです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド&マイケル・サラ「最新情報」
引用元)
(前略)
 
(中略)
コーリー:「銀河連邦」について人々が話しているのを耳にしますが、いくつかの連邦・連合があります。一つだけではありません。そしてグローバル・ギャラクティック国際連盟はある銀河連邦と連携を深めることによって、私たち地球人から離れ、より自律的な存在になってきています。基本的には今ではポジティブなETの指導の下にある離脱文明になったと言えます。
(中略)
サラ博士:なるほど。グローバル・ギャラクティック国際連盟は主に太陽系外で活動し、仮想敵から人類を守るために、探査や新たなテクノロジーの発見に取り組んでいると説明されていたと思います。
(中略)
コーリー:彼らは完全に太陽系外にいます。このグループは、様々な国がGDPの数%を持ち寄ることにより、「人類種の存続」プログラムとして作られました。
(中略)
彼らは人類の持つ全ての科学的知識(最高の科学者達)を持ち、最高の遺伝学を持っています。コロニーにいる人々は全て、極めて健康です。彼らは様々な種類の遺伝子治療を受けており、あらゆる病気は体から除去されています。ゲノム編集も行われています。ある意味、彼らは私たちが望んでいるような先進的な生活を送っているのです。
(中略)
サラ博士:ふむふむ。では彼らは太陽系外で様々な銀河の文明グループと協力しながら、「人類種の保存」プログラムのためにコロニー建設をしていて、あなたのリポートによると、ソーラーフラッシュ・イベントをとても心配しているそうですね。
(以下略)

今回の偽物のサンジェルマンの正体は、地球同盟(アース・アライアンス)のAI(人工知能) ~地球同盟のメンバーのほとんどが、野心に基づいて行動しており、すでに魂(ジーヴァ)を失っている

竹下雅敏氏からの情報です。
 妻が、記事のイラストを見て、“いかがわしい~!!”と叫んでおりました。かき氷の合成着色料いっぱいのシロップを連想したようです。私は、蛍光色を発する光る寿司を思い出しました。二人ともまともな感覚だと考えています。
 サンジェルマン(セント・ジャーメイン)の本物は、とうの昔に滅びており存在しません。これまでの偽者のサンジェルマンは、「光の銀河連邦」の宇宙人でしたが、今回のサンジェルマンは、地球同盟(アース・アライアンス)のAI(人工知能)です。
 この件を見てもわかるように、地球同盟のメンバーは、ヤマ(禁戒)・ニヤマ(勧戒)を守るような連中ではありません。彼らのほとんどは、未来の地球に居場所はないでしょう。
 1月18日の記事で、地球同盟の構成メンバーとして、“トランプ大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、イラクのムスタファ・アル・カディミ首相、インドのナレンドラ・モディ首相、クリス・ミラー国防長官が率いる国防総省のホワイトハット…”といった情報が出ていました。ここに名前が出ている地球同盟のメンバーで、魂(ジーヴァ)が残っている人の数は、どのくらいかわかりますか?
 このことを考えただけで、地球同盟のメンバーのほとんどが、野心に基づいて行動しており、すでに魂(ジーヴァ)を失っているということが想像できるだろうと思います。
 コーリー・グッド氏は、地球同盟(アース・アライアンス)はもちろん、「銀河連合」「光の銀河連邦」を含むスーパー・フェデレーションの連中も、批判的に見ていたということを理解してください。彼らに、あまり幻想を抱かない方が良いと思います。カバールよりもましだとは言えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Saint Germain: Dark’s Control in the 3D Illusion
引用元)


I am your Saint Germain.  I am here at this time, just as each time we come together, to continue this expression. This expression of love, this expression of oneness. This expression of the Violet Flame that has been re-gifted back to the consciousness of man once again.

For long ago, we all held this Violet Flame within us.  And we knew of its existence.  We knew of its connection to the all, to the all one consciousness.  But we lost that.  We, the ‘collective we’ of man here on this planet to experience this third-dimensional illusion.  We knew that connectedness.  And we purposefully let it go so that the game could be enacted, the game that is still going today.
(以下略)

DeepLによる機械翻訳

私はあなたのサンジェルマンです。 私は、この表現を続けるために、いつも私たちが集まっている時と同じように、この時にここにいます。この愛の表現、ワンネスの表現。人間の意識に再び与えられたバイオレット・フレームの表現です。
 
大昔、私たちは皆、このバイオレットフレームを自分の中に持っていました。 そして、その存在を知っていました。 その存在を知っていたし、全てとの繋がり、全て一つの意識との繋がりを知っていた。 しかし、私たちはそれを失った。 私たちは、この3次元の幻想を経験するために、この惑星にいる人間の「集合的な私たち」です。 私たちはそのつながりを知っていました。 そして私たちは、今日も続いているゲームが実行されるように、意図的にそれを手放したのです。
(以下略)
————————————————————————
4/8追記 マイケル・サラ&エレナ・ダナーン「ETコンタクトと銀河連邦」
引用元)
(前略)
「ホワイトハット」という言葉をパラディンが使い始めたように、「アライアンス」という言葉を最初に使い始めたのはコーリー・グッドでした。元々は「SSPアライアンス」という秘密宇宙プログラム内のホワイトハットや「スフィア・ビーイング・アライアンス」というET同盟と区別するために、地球上のホワイトハットの集まりを「アース・アライアンス」と呼んでいたと記憶しています。コーリーは「アース・アライアンス」は決して聖人ではないし、いくつもの派閥があり、ディスクロージャーに関してお互いに意見の相違もあるという現実を伝えてきました。その部分の情報が省略され、都合よくホーピアム配信者のコンテンツに利用されるようになってしまった現状にはやるせなさも感じます。コーリーが一時期「SSP」という言葉を商標登録しようとしていた理由もそれでしょう。彼らは都合よく情報を盗用し、情報元であるコーリーの名前には決して言及せず、ナラティブをハイジャックして、さも自分の情報であるかように装います。その際に彼らはそれが「もっとおいしい情報」になるように大げさに話を盛ったり、近日中に実現することが確定しているかのように宣伝します。人々は忘れっぽいので、予言が外れたり、数ヶ月前と話が変わっていてもあまり気にならないようです。もしくはホーピアム中毒になっているので、また次のホーピアムを与えられれば満足なのかもしれません。
(以下略)

ラー文書「一なるものの法則」の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール) ~ブルー・エイビアンズの存在界層

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラー文書「一なるものの法則」というチャネリング本があるようです。ウィキペディアによれば、1984年に米国のシファー出版から刊行された本で、“古代エジプト人に関連する「ラー」という名とのつながりについては、「そのつながりは、一致であると言えます」とも語っている”とあります。
 「私はラー」で始まるラー文書の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール)のようです。なので、「私はラー」というのは嘘ではないのですが、古代エジプトの太陽神ラーとは別の存在です。
 「球体連合」のメンバーで、コーリー・グッド氏が接触した人間の姿をしていない奇妙な宇宙人が、ロー・ティール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドです。昨日の記事の動画の28分33秒、31分10秒に、彼らのイメージが描かれています。
 彼らは、シリウスハイアラーキーのメンバーで、トップがエジプト神話の太陽神ラーだったのです。彼らの狭義の肉体の「身体」の存在次元は、3.2次元です。コーリー・グッド氏を利用して地球を破壊しようとしたために、シリウスハイアラーキーは滅ぼされました。肉体ごと破壊された者もいますが、ロボット人間となり自由意志を持たない者も多いです。地球の解放が終われば、ロボット人間の方も処分されるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
一なるものの法則とSSP~悪の勢力【コズミック・ディスクロージャSeason7,Episode3】
配信元)
10分15秒~13分1秒
Ra:あなたたちの次元では、意識の扉を開けることに導く情報源と力を求めて、訓練と法規を実践して連絡しようとする者がいます。

David:彼らが流血トラウマを生み出すようなことに手を染めるのは、これと関連しているのでしょうか。
Corey:大いに関連があると思います。なぜなら、彼らがそういう嘆かわしい生贄儀式を行うのには、十分な理由があるからです。…人目につかない深い山の中で、彼らは集まり、円陣を組んで、何かの儀式を行うのです。そして多くの場合、円陣の中心にレプティリアンが現れるのです。
David:確かに、ハバードとパーソンズの行った儀式によって、地球の保護フィールドが実際に損傷を受けたと前に言いましたね。その裂け目はどんな影響を与えたのでしょうか。裂け目が出来て何が起きましたか?
Corey:その裂け目が他次元の存在が私たちの次元への進出を許したのです。
David:つまり、本来なら入ってこられなかったのが、それがポータルとなって入ってこられるようになったのですね。
Corey:ええ。でも、それが閉じられなくなったのです。
————————————————————————
【ブルー・エイビアンズの存在界層】

PDF


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 25