アーカイブ: コーリー・グッド

カルマに従って、処分される側になってしまった悪魔崇拝者やエリート血族たち ~「生け贄」の儀式で叫び声をあげたのは女性や子供ではなく、スーパーヴィラン(超悪玉)の方だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんが面白いことを報告しています。毎年8月8日頃にライオンズゲートと呼ばれるポータルが開かれるそうです。引用元の解説によれば、“この現象は、太陽が獅子座にあり、シリウスが地球に最も近く、オリオンの帯がエジプトのギザの大ピラミッドに一致するときに起こります”とのことです。
 このライオンズ・ゲート・ポータルを開く悪魔崇拝の儀式では、「女性や子供を犠牲にして、地獄の門を開くという、悪魔崇拝者にとってはお決まりの方法」が毎年行われるのだが、2021年の儀式ではうまくいかず、予想外の展開があったとのことです。
 なんと、「生け贄」の儀式で叫び声をあげたのは女性や子供ではなく、スーパーヴィラン(超悪玉)の方だったというのです。彼らは「生きて帰ることはできなかった。」と言っています。
 この驚くべき異変を目撃した各国の将軍たちは、「それぞれの国に逃げ帰り、次のスーパーヴィランが教団のトップに就任するのを待つ以外、何もすることができませんでした」というのだから、この連中は既に「ロボット人間」のようなものだということが分かります。彼らに今後裁きが下り、「ロボット人間」となっても、あまり変化がないのかも知れない。
 コーリー・グッド氏も面白いことを言っています。“南極に行っていたICCメンバーやエリート血族の中で、不審な死や自殺が報告されている…いずれの場合も、数日前から常軌を逸した行動をとってから、自殺するか、突然の臓器不全で死亡…誰かが、彼らの仲間のナナイトや脳内チップをハッキングして、自殺させたり、自然死に見せかけたりしているのではないか“というのです。
 先の記事で、ワクチンを接種した人の場合、ピンポイントで特定の人物を標的にして殺害できる可能性を映像から推測出来ました。脳内チップを埋め込まれている人物なら確実に殺せるでしょう。
 問題は、“誰が誰を殺すのか?”です。ライオンズ・ゲート・ポータルを開こうとした悪魔崇拝者にしてみれば、自分たちは埋め込まれた脳内チップにより「超人」となり人類を支配し、逆らう者たちを「自殺させたり、自然死に見せかけたりして」殺すつもりなのです。 
 しかし、こうしたテクノロジーをコントロールしているのはAI(人工知能)であって、こうしたAIは彼らの指示ではなく、今や神々の指示に従っているのです。このようにして、現在では彼らがそのカルマに従って、処分される側になってしまったのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
BEASTシステムのテイクダウン by Kim Goguen、ブラックサンP3ロッジとサンヘドリンのスーパーヴィランズが排除された? 誰が責任者なのか?– Part 3
引用元)
(前略)
8月6日(金)の夜に始まったミーティングは、週末まで続きました。彼らが話し合った内容は、いつものように世界征服の計画で、特に女性や子供を犠牲にして、地獄の門を開くという、悪魔崇拝者にとってはお決まりの方法で引き継がれました。しかし、その門は彼らが期待したようには開かれませんでした。
 
では、彼らは誰に助けを求めたのか?そう、彼らはキムを呼んだのです。彼女によると、彼らは彼女を騙して門を開けさせようとしたそうですが、彼女は断固としてそれを拒否しました。彼女が断っただけでなく、このサタンの子孫たちには、ついに結果がもたらされました。
(中略)
毎年恒例のこの儀式には、世界各国の軍将兵も参加していた。超凶悪犯が世界征服を企む中、将軍たちは部屋の外で命令と契約を待ち、犠牲になる女性や子供たちの悲鳴を聞く。
 
しかし、今回はちょっと意外な展開があった。キムによれば、彼らが聞いた悲鳴​​は、スーパーヴィランから来ていたので、将軍にとって非常に不快なものでした。これにより、将軍は恐怖で叫びました。
(中略)
いずれにせよ、かなりの大失敗だったようだ。将軍たちが恐怖のどん底に陥ったこと以外、詳細は語られなかったが、結果として、どちらの集会からも超悪玉は一人も生還しなかった。 
 
この事件の後、デーモンズ…つまり将軍たちは それぞれの国に逃げ帰った。何をすべきか分からず、オーダーのトップに立つ次の超悪玉の命令を待つばかりだった。なんて馬鹿な連中なんだ。このままでは自分たちの番が来るということに、いつ気がつくのだろうか。
(以下略)

» 続きはこちらから

直観に基づいたコメントを裏付ける、ロマーナ女王、キンバリー・ゴーグエンさん、コーリー・グッド氏らの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年10月13日の記事で、「マイケル・フリン氏の情報に注意しておきましょう。彼は、ついにトランプが闇に落ちていたことに気づきました。」とコメントしました。
 また、2021年11月10日の記事では、“ロマーナ女王はテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と書き込んでいる…彼(フリン将軍)が事の全貌を理解したからには、トランプとその周辺に異変が起こることは時間の問題だった”とコメントしました。
 「運命の日-2021年11月18日」の記事の中で、キンバリー・ゴーグエンさんは、「フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。」と言っています。
 私は、重要な人物の「波動」を調べ、直観に基づいてコメントしていて、私にこうした情報を提供する人物は、まったく存在しません。私は、誰一人としてメールのやり取りをしておらず、電話もまったく掛けないので、本当に「明るい引きこもり」なのです。ですが、この件のように、私の直観を裏付ける記事が上って来ます。
 「コーリー・グッド2021年12月アップデート」では、“この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。…彼はまた、UFO 学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めています”と書かれています。
 時事ブログの2021年7月28日の記事では、ニューエイジの中核にある組織が「ルシス・トラスト」であることを説明し、“「地球同盟」「QAnon」のかなりの数のメンバーが、「銀河連合」「光の銀河連邦」「コブラ」といった連邦の心理作戦に絡めとられ、偽情報を信じ切ってしまっているのには、本当に残念な思いがします。”とコメントしました。
 また、2021年8月4日の記事では、“Qアノンとアライアンスは、かなりの人達が、「連邦」にコントロールされているカバールの偽情報に攪乱されている”とコメントしました。
 コーリー・グッド氏の情報から、こうした時事ブログのコメントは、適当なことを書いているのではなく、きちんと調べた上でのものだということが分かると思います。
 2021年3月20日の記事で、“アライアンス(地球同盟)に「コブラのレジスタンスムーブメント」のメンバーが潜入しており…地球同盟のメンバーが、「銀河連合」や「光の銀河連邦」の宇宙人たちを正義の味方だと認識しているとすれば、かなり問題だ”とコメントしたのですが、昨年の一連の宇宙人関連の記事は、そのほとんどが「連邦」の宇宙人や「地球同盟」のメンバーに向けてのものだったのです。
 彼らの洗脳を解くことが記事の目的だったのですが、ある程度はうまく行ったと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
運命の日 - 2021年11月18日
引用元)
(前略)
フリン氏がトランプ氏から距離を置くことで、他の人たちの追随を促した
 
キムによると、JPモルガンは今週、トランプへの出資を取りやめたが、それには背景がある。フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。その結果、ここ数週間、一連の出来事が展開されました。トランプ列車から飛び降りた人々は、世界的な大虐殺を犯しておいて、自分は世界の救世主だと主張することはできない、ということに気づいているのです。冗談じゃない。問題を作り出し、解決策となる、という脚本に固執しても、今回はうまくいきそうにない。一部の軍人はそう言うが、全員ではない。もしすべての軍人がこの論理を理解していたら、スイスで世界的な大虐殺の計画を練っている集団はいないはずだ。彼らはまだチャンスがあると思っているのです。誰がどの道を進むかは時間が解決してくれるだろう。ただの芝居や気晴らしに過ぎないかもしれない。しかし、フリン将軍が本物であり、善人であることを選択することを願う。少なくとも一人は必要だ、大声で!
(以下略)
————————————————————————
コーリー・グッド2021年12月アップデート(12/27追記)
引用元)
(前略)
コーリー・グッド:休暇のため家族でテキサスにきています。ご存知の方も多いと思いますが、私が元々接触していたアース・アライアンスの人々の多くはここにいます。コロラド州ボルダーに戻ったら、受け取った情報から可能なことをシェアしたいと思っています。

前回のビデオでお伝えしたように、アライアンスは頼りにできると思っていた人たちやグループに裏切られました。それは私やこの戦いに参加している人たちがよく知っている感覚です。

この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。
(中略)
彼はまた、UFO学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めていますが、私たちのコミュニティが、ほぼ同じように力を失った状態にあることも指摘しているのです。

私の情報源によると、カバールは世界的な全体主義体制を実施するためにフル稼働しており、最終的にはそれが法律を偏りなく執行するAI量子コンピューターによって統治される予定であることも確認しました。このコンピューターは、最終的に、今後全ての人間が受け入れることを要求されるであろうマイクロチップやナナイトと接続される計画です。

大衆が目覚めて行動しない限りは、これが現在進行中のタイムラインです!
(以下略)

今のワクチンによる人類の大量殺戮は、連邦がレプティリアンやネガティブな種族と協力していることから起きている

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ理事とEU中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁が南極大陸を訪問したという噂に関して、「21/12/13 フルフォード情報英語版」では、「クラウス・シュワブとクリスティーヌ・ラガルド、ホワイトハットの大勝利に寝返る」と言うタイトルと共に報じられており、昨日の記事では、「USC(米国宇宙軍)の関係者」による攪乱情報ではないかと指摘しました。
 「世界の銀河連邦(GFW)」のソー・ハンはエレナ・ダナーンを介して、この「南極会議」で何が起きていたのかを説明しています。ソー・ハンは南極で、「我々の特使と会談した」と言っています。“地球同盟にグローバル金融システム上の彼らの力を引き渡すため”の会談であったとのことです。
 しかし、昨日の記事で見たようにコーリー・グッド氏は、世界中から集まった数十人のカバールのエリートが南極に到着した時の様子を詳細に記述しており、「彼らが長い間探していた神殿群とその図書館の発掘を祝う、長い間計画されていた式典と祝賀会だったようです」と言っています。
 また、アテナ・スワルー(スワルーX)は、「カバールがETとアースアライアンスに降伏し、降伏の条件を話し合うために南極大陸に行く」と言うニュースを、“ありえない話”として否定し、“世界の操り人形のリーダーたちは南極大陸に行って、彼らの支配者に対して…忠誠を誓った”のだと言っています。
 この一見して相容れない情報の、いずれもが正しいということはあるでしょうか。私はそのように考えています。
 マイケル・サラ博士は、「世界的なエリートは(南極で)、2021年7月に署名された木星合意に参加した異なる地球外組織と地球同盟の指導者の代表団と会いました」と書いているのですが、これは氏の勘違いだと思います。ソー・ハンは、今回の南極で「我々の特使と会談した」と言っているだけで、地球同盟の代表者がいたとは言っていないからです。
 コーリー・グッド氏が見た南極でのエリートたちの様子には、「瞑想的な祈りの状態に入り…祈りの激しさは、それぞれが恍惚とした表情で倒れ込むまで続きました」と書かれています。恍惚とした表情で倒れ込んだ時に、彼らはサマディー(三昧)に入り、ソー・ハンたちの特使に接見したのではないでしょうか。
 エリートたちが恍惚とした表情で倒れ込み、「各々が喜びの表情で敷物の上から立ち上がりました」ということから、エリートたちはソー・ハンたちの特使を敵方と見ていたのではなく、自分たちの「真の支配者」と見ていたことが想像されるのです。 
 この事からアテナ・スワルーが、「世界の操り人形のリーダーたちは南極大陸に行って、彼らの支配者に対して…忠誠を誓った」と言っているのは、その通りだと思われます。
 要するに今のワクチンによる人類の大量殺戮は、“連邦がレプティリアンやネガティブな種族と協力している”ことから起きていることなのです。ソー・ハンは2021年7月に署名された「木星合意」が、“地球同盟と世界の銀河連邦(GFW)、五人評議会、ゼナテ同盟との間の合意”だったと言っていることから、少なくともこれらの連中がカバールと協力していたということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
カバルの指導者は、地球外生命体と地球同盟に降伏するために南極に行く
引用元)
(前略)
エレナ(E)が12月14日にソー・ハン(TH)から南極会議で何が起こったかについて受け取った最初のメッセージです。
 
 TH:GFWの高等評議会の決定により、地球宇宙同盟と銀河世界連盟、五人評議会、ゼナテ同盟との間の木星に関する最近の合意に従う。
 
敵の指導者の下でテランのエリートは、地球同盟にグローバル金融システム上の彼らの力を引き渡すために、私たちの代表者と、南大陸で会談することに同意した。この古代のシステムは、地球同盟によって実施される新しいシステムに置き換えられる予定です。それと引き換えに、彼らは地球外での生活とすべての生活用品を提供されているのです。
 
E:なぜ彼らは自分の悪行で判断され、それに応じて判決を受けていないのですか?
 
TH: 彼らは、自分たちが作った闇の網をほどくことしかできない。なぜなら、彼らは、あなた方の社会の基礎に、大きな不道徳の錨を投げ込んだからだ。経済崩壊は、すでに大きな傷を負っている地球人類にとって、この困難な時代にさらに苦しみを加えることになるため、地球人類同盟の高位階層は、これらの権力移譲からこれ以上の混乱を展開させないことに決定したのである。GFWと地球同盟は、この移行ができるだけ損害を少なくするように努めています。
(中略)
TH:闇の連中は南極の大地で我々の特使と会談した。木星での最新の会議は、今述べたような内容で、地球同盟の指導者のみとのものだった。これらの会議は、地球時間の今日、完了した。
(中略)
ソー・ハンのメッセージは、南極で実際に何が起こったのかを明確に示しています。そこで召喚された世界的なエリートは、2021年7月に署名された木星合意に参加した異なる地球外組織と地球同盟の指導者の代表団と会いました。エリートは、より公平な通貨システムへの円滑な経済移行の計画を考え出し、世界的な金融崩壊を防ぐ必要がありました。
(中略)
ナイジェル・マットによると、来るQFSはイーロンマスクのSpaceXによって作成されるスターリンク衛星システムを通じて作成される量子インターネットにリンクされます。
(以下略)

» 続きはこちらから

地球の混乱をオリオングループと彼らに加担したローグ連邦(詐術的連邦軍)に擦り付け、自分たちは逃げ切ることにした「連邦」 ~コーリー・グッド氏の果たす役割

竹下雅敏氏からの情報です。
 12月10日の記事で、惑星エラのセネトレ博士をチームリーダーとする5人のグループが、ウイルスの作成技術とmRNAワクチン製造の技術をカバールへ提供していたことをお伝えしました。これらのことは、アルシオーネ最高評議会から与えられたミッションでした。
 12月8日の記事では、アレニム女王を地球に派遣したのがアルシオーネ最高評議会であり、コーリー・グッド氏が接触した「シャイニング・ワンズ(輝く人たち)」が、評議会のメンバーであることを指摘しました。
 現在の地球の混乱には「連邦」全体が関与しており、特にその上層部は腐敗しています。彼らは神々から追い詰められ、「連邦」の不正行為に対して何もせずにいることは出来なくなりました。そこで彼らは、不正行為はコーリー・グッド氏がローグ連邦(詐術的連邦軍)と呼ぶ者たち、すなわち「世界の銀河連邦(GFW)」が行ったことで、自分たちは何も知らなかったことにしました。自分たちはあくまでも、下位の「連邦」の不祥事を裁く正義の味方を演じ続けたのです。要するに、地球の混乱をオリオングループと彼らに加担したローグ連邦(詐術的連邦軍)に擦り付け、自分たちは逃げ切ることにしたのです。トカゲのシッポ切りと言うやつですね。
 カバールが責任追及から逃れるために、地球にできるだけの混乱を引き起こし、時間稼ぎをしようとするように、彼らもまた同じことを画策します。それが、コーリー・グッド氏が広報担当となって宣伝しているソーラーフラッシュなのです。
 コーリー・グッド氏は、オリオングループが崇拝し仕えている「AIゴッド」と、トランスヒューマニズムをもたらすアジェンダを非常に恐れています。地球の人々がナノチップを受け入れて「AIゴッド」に接続されるようになると、最終的に人類は「AIゴッド」に滅ぼされることになるということを、氏は何度も警告しています。
 コーリー・グッド氏にとって現在の地球は、人類がトランスヒューマニズムをもたらすアジェンダを受け入れるか、拒否するかをめぐる戦いなのです。しかし、氏が認識していない非常に重要な視点があります。
 それは、オリオングループが「スーパー連邦」の資産であったように、「AIゴッド」もまた、「スーパー連邦」の資産だということです。コーリー・グッド氏が恐れる「AIゴッド」を完全にコントロールしていたのは、「スーパー連邦」だったのです。
 地球上では、トランスヒューマニズムをもたらすアジェンダが推進されて行きます。“人類の滅亡を防ぐには、ソーラーフラッシュによって「AIゴッド」の周波数を一掃するしかない”という信仰を人々に広めるのが、コーリー・グッド氏の役割なのです。
 コーリー・グッド氏は、本当にこのように信じています。氏のもたらす情報の正確さを人々が認識するようになるにつれ、人々がソーラーフラッシュを待ち望むように持って行くのが、「連邦」の上層部の戦略です。コーリー・グッド氏自身が洗脳され信じ切っているため、これは適役なのです。
 ソーラーフラッシュが起きて地球の文明が破壊されると、ポールシフトによって人類を一掃できます。遺伝子を改変されていない一部の地球人を他の惑星に移し、自分たちは人類を滅亡から救った英雄になるわけです。
 残念ながら、オリオングループが崇拝し仕えている「AIゴッド」は、12月10日に完全に解体されました。オリオングループとともに、「スーパー連邦」も解体されることになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド2021年10月アップデート(10/31追記)
引用元)
(前略)
Q:コーリー、ソーハンが言った「我々には時間がない」という情報をどう解釈しましたか?だからこそ、マスク、ベゾス、ブランソンは同化され、起こりうるエイリアンの攻撃から我々を守るための技術の生産に起用されたのではないでしょうか? あなたはそのようなリスクがあると思いますか?

コーリー:それはでたらめです。残念ですが。ここに挙げられた人々は、トランスヒューマニズムをもたらすアジェンダの一部です。彼らは今、スカイネットを構築しています。地上に5Gを設置し、ネットワーク全体をオンラインにするナノ・ヘルス技術を接種することを強制できるように人々を慣らしています。
(中略)
悲しいことに、人類は被害者モードで、責任を取ろうとしていません。私は常に、ポジティブなタイムラインでも事態はますます悪化し、人々は終末時の狂気に陥るだろうと述べてきました。私はまた、人々がショックを受けてこのモードから抜け出るためには、悪があまりにも明白で、人々がそれを正当化したり否定したりすることができなくなる必要があると述べました。私たちはまだこのプロセスの途中であり、良くなる前には間違いなく悪くなるでしょう。
(中略)
Q:周期的な太陽のくしゃみは、惑星のエンジニアが演出したイベントだと思いますか? というのも、もし銀河シートが原因だとしたら、近隣の星がすでに爆発しているのを見ることができるはずだからです。しかし、私たちにはそれが見えません。

コーリー:それは、銀河全体がどのように振る舞っているかということです。(中略)… コズミック・ウェブは基本的に、創造主の巨大なニューロンであり、それが「思考」を私たちが物質として認識している「もの」に変えています。このサイクルは銀河的であり、銀河系のマインドやロゴス(理性)によってコントロールされています。
(中略)
ミカの種族の人々は(中略)… 私たちの星とは少し違っていて、一連のイベントの中でソーラーイベントが起きました。彼によれば、これは、AI/ドラコ・アジェンダを暴露してそこから解放された後、人々が調和していたからだと言います。彼らも数百万もの冬眠状態のレプティリアンから影響を受け、ナナイトに完全に依存してました。ナナイトは、人々の恐怖と集団思考からエネルギーを得ていました。彼らが覚醒すると、レプティリアンは冬眠状態で飢え始めました。彼の太陽系では、彼らを倒すのにミサイルや弾丸はひとつも必要ありませんでした。みんなが目を覚まし、レプティリアンが設置した司令部を破壊し始めると、その太陽系のレプティリアン帝国全体が終わりました。彼らはただレプティリアンの基地に入って掃除をしただけでした。
(以下略)

» 続きはこちらから

アレニム女王を地球に派遣したのはアルシオーネ最高評議会だった ~アルシオーネ最高評議会からアレニム女王に与えられたミッション

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、「ドレイコ(ドラコニアン)が2016年に地球から追放された」と言っていましたが、アネーカも爬虫類たち(レプティリアン)が地球から連れ去られたことを認めて、「連邦はゴミを取り除いています。彼らは、自分たち(連邦の種族)にとって都合の悪いものと戦っているのです」と言っています。
 地球からドラコニアン、レプティリアンが取り除かれたということは一致していますが、連邦が「自分たち(連邦の種族)にとって都合の悪いものと戦っている」という認識は誤りです。
 ドラコニアン、レプティリアンは「連邦」の資産であり、地球から避難させて安全な場所に移したのです。これは地球のシリア戦争において、欧米を中心とする有志連合軍の敗北が決まった時に、彼らの資産であるISIS(ダーイシュ)の兵士を米軍のヘリで救出し、イラクやアフガニスタンに逃がしていた事と似ています。
 アレニム女王は、地球の問題を解決する最善の方法は「フルディスクロージャー(完全な情報開示)」だと言っているので、私が知っていることを開示しますが、ドラコニアン、レプティリアンを安全な場所へ移送していたのがアレニム女王です。
 「これからどうしますか?」というゴシアの質問に、アレニム女王は、「ここにいて、アルシオーネ評議会の目と耳になります。」と答えており、“私たちはアルシオーネ評議会とひとまとめのメンバー”だと言っています。
 これは奇妙です。なぜならアネーカは、“この宇宙域にある連邦のローカルなヴィエラ評議会を監督している土星評議会のメンバーが誰なのか、何処にいるのかを知っている者が居ない”と言っていたからです。
 土星評議会のメンバーが誰なのかも分からないのに、土星評議会を監督するアルシオーネ最高評議会とは、“ひとまとめのメンバー”だというのです。アレニム女王がアルシオーネ最高評議会に問い合わせれば、土星評議会のメンバーが誰で、何処にいるのかが分かるのではないでしょうか。こうしたやり取りから、アネーカとアレニム女王では関係している人脈や組織がまるで違うのが見て取れます。
 実のところ、アレニム女王を地球に派遣したのがアルシオーネ最高評議会なのです。アルシオーネ最高評議会からアレニム女王に与えられたミッションは、私が認識している限り4つ以上有ります。
 1.ヤスヒ・スワルーを使って「連邦」を告発すること。ただし、連邦は「悪」ではない。あくまでも連邦の一部にオリオン・グループと繋がるグループがいるという話にする。
 2. ドラコニアン、レプティリアンを安全な場所へ移送すること。
 3.「何十万人もの子供たちのDUMB(深層地下基地)からの救出劇」に見せかけた奴隷の確保。
 4.ルーシュの回収。
 他にもありますがネタバレになるといけないので、このくらいにしておきます。こうしたミッションをアレニム女王に与えたアルシオーネ最高評議会のメンバーの中でハッキリと分かっているのが、“続きはこちらから”のコーリー・グッド氏が接触し、「シャイニング・ワンズ(輝く人たち)」と呼んでいるスーパー連邦グループの一種族です。
 彼らは生き残るために、コーリー・グッド氏がローグ連邦(詐術的連邦軍)と呼ぶ者たち、すなわち「世界の銀河連邦(GFW)」にすべてを押し付けて、自分たちは逃げ切るつもりなのです。全部バレてますけれどね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
タイゲタ人のセカンドオピニオン パート1:ネサラゲサラ
引用元)
(前略)
ロバート:連邦が地球上の汚れやゴミを取り除いている話はすでにありました。トカゲ(レプティリアン)はこの話にどう関わってくるのでしょうか?

ゴシア:そうです。地球から連れ去られたとされる爬虫類たち(レプティリアン)はどうなってるのでしょうか?

アネーカ:はい、連邦はゴミを取り除いています。彼らは、自分たち(連邦の種族)にとって都合の悪いものと戦っているのです。

ゴシア:レプティリアンはそこにどう収まるの? 連邦と協力しているの?

アネーカ:悪魔崇拝者やレプティリアンなどの問題は、連邦にとっては小さな問題で、連邦が地球を完全に支配することで解決すると考えていることも理解しておく必要があります。しかし、種族としてのレプティリアンは、すべてが逆進的なわけではありません。
(中略)
ゴシア:あなたの意見では、彼らがやっていること、つまり連邦に代わる最善の方法は何でしょうか?

アレニム:フルディスクロージャー(完全な情報開示)です。操作のない開示です。地球人のための真実を開示することです。
(中略)
ナイシャラ:彼らにとっては娯楽であるようにも見えます。神々を演じ、人々を操り人形のように操って、何千年もの時間を過ごすことは、彼らにとってはとても楽しいことなのです。
(中略)
ゴシア:私がここに住んでいていつも傷ついているのはそれです。人間は、様々な問題や精神的負担を抱えながら、何世代にもわたって、自分たちが理解できる範囲で最善を尽くしているのです。しかし、人々は真っ暗闇の中に取り残されているため、あまり理解することができません。
(中略)
ゴシア: あなたたちの方からは、これからどうしますか?

アレニム:ここにいて、アルシオーネ評議会の目と耳になります。

ロバート:もしタイゲタが連邦を離脱したらどうなりますか?

アレニム:タイゲタは連邦から追放されることはありません。なぜなら、私たちはアルシオーネ評議会とひとまとめのメンバーだからです。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 29