アーカイブ: コーリー・グッド

“国連でUFOに関するスピーチが行われた”というフェイク動画が出回る! ~国連でのエルドアン大統領の演説の動画を、人物だけを巧妙に入れ替えたもの

竹下雅敏氏からの情報です。
 TOCANAがチョンボをやってしまったようです。記事の冒頭の写真はYouTubeから引用されているもので、その引用元の動画は、“国連でUFOに関するスピーチが行われた”というもの。記事によると、そのスピーチをしたのは、宇宙プラットフォーム構築企業のCEOのロシア人女性とのことです。
 ところが、コーリー・グッド氏は、この動画がフェイクであることをTwitterで指摘しています。
 “続きはこちらから”は、そのコーリー・グッド氏のツイートと問題のフェイク動画、その動画がフェイクであることをあばいた動画を貼り付けてあります。
 最後のリンク先は、フェイク動画の元になった国連でのエルドアン大統領の演説の動画です。これを見ると、エルドアン大統領の国連演説で、人物だけを巧妙に入れ替えたものだとわかります。ここまで上手に編集されると、フェイクであることを見抜くのは容易ではありません。
 引用元の記事の中で、世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が、この映像は「100%本物」というお墨付きを与えていることから、TOCANAが間違えたのは無理もないと言えます。
 最近では、人工知能が本物と見分けのつかない人物を創り出しています。なので、ますますこうした動画がフェイクであるかどうかを見抜くのが難しくなってきています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国連で「ピラミッド型UFOに関する議論」が行われたガチ映像流出! 登壇者も特定、UFOデータ分析も…!
引用元)

画像は「YouTube」より引用

 国連で“UFO”に関するスピーチが行われていたことが判明。映像が流失し、UFOコミュニティに衝撃が走っている。

 同映像をYouTubeに公開したUFO探究チャンネル「UFOmania-The truth is out there」によると、問題のスピーチが行われたのは2019年2月頃。スピーカーはロシア人女性アリヤ・プロコフイェワさんだ。彼女は宇宙プラットフォーム構築企業「GALAKTIKA」のCEOを務めている実業である※。
(中略)
※GALAKTIKAは公式ウェブサイトで「スペースコミュニティの住人」を募集している。
(中略)
「マリア・フェルナンダ・エスピノサ国際連合総会議長、紳士淑女の皆さまにお伝えすることがあります。12月午後4時7分、地球外生命体からコンタクトがありました。ピラミッド型の金属製の物体が米国ワシントンDCのペンタゴン上空に出現したのです。(中略)… この飛行物体から発信されたシグナルパターンは、カナダCHIME天文台の専門家がFRB 180814.J0422+73と名付けた繰り返し観測される電波バーストと一致しています」

 スピーチはこの後も続いたようだが、映像はここで途切れてしまっている。
(以下略)

» 続きはこちらから

[コーリー・グッド氏の最新情報]地球内部に住んでいるという古代地球離脱文明の女祭祀アリーの発言に強い偽善性!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏の最新情報です。アリー(カーリー)は、地球内部に住んでいるという古代地球離脱文明の女祭祀です。彼女はグループの中で非常に高い地位にあるようです。
 コーリー・グッド氏の夢の中で、彼女は“アセンションとソーラーイベント”を話題にし、“体内から金属を排出すること…の重要性”を語っていたとのことです。
 そして、今の重要な時期の“最大の敵は私たち自身のカルマである”とし、新たなカルマを生まないように気をつけるべきだと言っています。
 こうした彼女の発言に、古代地球離脱文明の人々の偽善性を強く感じます。コーリー・グッド氏は、初期のコズミック・ディスクロージャーにおいて、古代地球離脱文明の人々が、イルミナティ(カバール)と協力関係にあったことを暴露しています。彼らが見下していたカバールが科学力をつけ、レプティリアン・ドラコニアンと同盟を組み、自分たちを滅ぼそうとしていることに気づき、あわてて古代地球離脱文明の7つのグループが緊急会合を開いたという話でした。もっともその会合が実を結ぶことはなく、いくつかのグループに分かれたということでした。
 コーリー・グッド氏によると、古代地球離脱文明の人々は純潔種で、宇宙人によって遺伝子操作された地表の私たち人類は混血種で汚らわしく、戦争、天変地異などで滅びるのがふさわしいと認識していたようです。
 “続きはこちらから”の“悪魔崇拝のNWOエリート”の思想をご覧ください。古代地球離脱文明の人々は、こうした悪魔崇拝のNWOエリートたちと共同して、彼らが虫けら以下とみなす私たち人類の駆除に協力し、地球環境の破壊を手伝っていたのです。ケムトレイルなどはその最たるものでしょう。
 ケムトレイル散布に関して、女祭祀アリーに大きな責任があるのは、私の直感からもはっきりとしています。その上で、体内から金属を排出することの重要性を説くのです。これが偽善でなくて何でしょう。
 本人はどういうつもりかわかりませんが、最大の敵は私たち自身のカルマ”だと言っています。映像配信の教育プログラムでは、カルマの測り方を教えています。この方法でアリーのカルマを測ってみると良いでしょう。ひどい状態であるのがすぐにわかります。特にプラズマ体以上のカルマはものすごくひどいです。
 ただ、現在のアリーは既に魂(ジーヴァ)が滅びており、プラズマ体も存在しないので、今では「狭義の肉体」しか残っていません。なので、狭義の肉体のカルマは別として、プラズマ体以上の身体のカルマを測るのは、ひょっとしたら特殊な能力が要るかも知れません。
 彼女の言うソーラーイベントが来れば、身体が発火して滅びてしまうのは、彼女自身だということになりそうです。幸いなことに、ソーラーイベント(ソーラーフラッシュ)とか、ポールシフトなどのこの連中の悪巧みは成立しません。
 彼らは、コーリー・グッド氏を通じて、ソーラーイベントを人々の潜在意識に定着させ、現実にそれを引き起こすことを目論んでいるのですが、時事ブログでお伝えしているように、魂(ジーヴァ)を無くした者は、共同創造集団意識を使うことができません。
 彼女に関しては、言わなければならないことが沢山ありますが、今回は文字数の関係で、このくらいにしておきます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド 2019年2月11日 情報更新
(前略)
私はアンシャールの長老「エル・リル(El Lil)」とアリー(アンシャールの女司祭)に直接会っただけでなく、アリーとは夢の中での不思議な会合でも会っています。それは薄明かりの洞窟で行われる会合で、アリーは直接私には語りかけず、洞窟内にいる他の人々に何か教えたり、備えさせたりしているようです。


私は(夢の中で)周囲を見回して、あちらこちらにいる他の人々の特徴を見ることができたのですが、彼らはみなアリーの話を聞くためにそこに来ているのだと気付きました。彼女はアセンションとソーラーイベントについて話していました。その話題の一つが、ほとんどの人間が体内にアルミニウムやその他の合金を多量に取り入れてしまっているため、ソーラーイベントが起きた時に、多くの人々の肉体が極度に激しい電磁気エネルギーを伝導し、自然発火してしまうものでした。体内から金属を排出すること、精神のバランスだけでなく肉体のバランスを保つ(健康に気をつける)ことの重要性が語られていました。
(中略)
彼らはこのエネルギーの変遷期において、私たちの最大の敵は私たち自身のカルマであると言っています。カルマとトラウマを癒やすことが極度に重要であるとともに、新たなカルマを生まないように特に気をつけることが必要です。
(中略)
もし私たちが今のエネルギーを良い方に活用できれば、素晴らしい未来を具現化できるでしょう。実際の所、闇の側も光の側もこのエネルギーによってあまりに精神的に消耗しているために、このエネルギーの高まりを有利に利用できずにいるほどなのです。(中略)… 私たちのほとんどはそれを利用するにはまだあまりにもかけ離れて調子外れな状態にあると聞いています。
(以下略)

» 続きはこちらから

救世主のようなふりをして、様々な偽情報を提供して来たブルー・エイビアンズ、古代地球離脱文明などの邪悪な者たち 〜 知らず知らずのうちに悪事に加担させられているコーリー・グッド氏!

竹下雅敏氏からの情報です。
 時期は選んで発言しているのですが、私は重要だと思うことは、適切だと思うタイミングで公表するタイプなので、夢を見ていたい人には結構嫌われているだろうと思っています。今回もそうなる可能性が高いとは思いますが、私が感じていることを素直に書きたいと思います。
 ディビッド・ウィルコック氏が推薦する「一なるものの法則」を私は読んでいないので、この文書についてのコメントはできません。しかし、冒頭の記事にある年表が、その「一なるものの法則」に書かれているのだとすれば、この文書は私にとって、ほとんど価値のないものだと言えます。
 コーリー・グッド氏によると、かつて、火星と木星の間に存在した惑星「マルドューク」が、約50万年前に破壊され小惑星帯となり、「マルドューク」の衛星だった月が放り出され、地球の重力に捕まったと考えているようです。そのことは、2つ目の記事で、ディビッド・ウィルコック氏が「それは50万年前の話でしたね」と言っていることからもわかります。
 ところが、冒頭の記事では、マルドュークの破壊が70万5千年前になっています。これは誤差としては許容できないレベルです。
 また、ムー文明、アトランティス文明の時期が書かれていますが、神智学とは相容れない年代です。
 神智学では、約1,850万年前にサナット・クマーラが金星から地球へと降臨し、レムリア時代が続きます。約1,200万年前から10万年前までがアトランティス時代で、約1万5千年前にアトランティスの最後の島が沈んだと考えています。ところが、冒頭の年表はまったく違います。
 困惑するのは、アトランティスの沈没が9,600年前になっていること。下の記事で、コーリー・グッド氏は、天変地異を約1万2,800年前と言っており、ここでも数字が合いません。
 また、ギザのピラミッドの建設が6,000年前というのはとても信じられません。同時に作られたと考えられているスフィンクスには、雨による浸食の跡があり、エジプトが砂漠化する前の少なくとも8,000年以上前に作られたと地質学者は考えているからです。
 こうしてみると、「一なるものの法則」の略年表は、そのほとんどが偽情報だと思われます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。中西征子さんがエジプトの3大ピラミッドの下に埋まっている巨大クリスタルに直接通信を取って、3大ピラミッドの正確な建設年代、そしてレムリア時代、アトランティス時代の年代を聞き出しています。私が見るところ、これらの数字はきわめて正確だと思います。
 また、火星と木星の間にあったとされる「マルドューク」という星ですが、このような星は無かったことを、すでに中西征子さんの天界通信20でお伝えしています。また、2017年6月12日の記事でもこの件についてコメントしており、この中で、SSP(秘密の宇宙プログラム)の科学者の最新学説では、“月が地球の周りに配置されたのは6千万年前”だと言っているようです。
 これらのことを通してわかるのは、コーリー・グッド氏の情報は、基本的にブルー・エイビアンズか古代地球離脱文明、あるいはSSPの情報から来ているわけですが、あまり当てにならないということです。
 はっきり言って、私はコーリー・グッド氏が直接体験し見聞きした情報には信頼を置いていますが、このタイプの情報は全く信用していません。こうした偽情報をブルー・エイビアンズが意図的に提出するのは、彼らに思惑があるからです。
 コブラの2019年1月21日の「光の帰還活性化瞑想」で、コブラが語るに落ちたことからもわかりますが、彼らは、この瞑想で宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込み、その結果、ポールシフトが引き起こされ、巨大な津波で地表を一掃する計画だったのです。
 このような神々の意思に反する巨悪を実行に移したことで、この時の瞑想に加担した者たちは巨大なカルマを背負ったことになりますが、その主犯は、ブルー・エイビアンズ、銀河連合、光の銀河連邦、古代地球離脱文明、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)などの邪悪な者たちだったのです。
 この意味で、私はこれらの連中を悪と断定しています。ハイアラーキーに属していた者たちの3分の2は真実に目覚めて、今では神々と共に働いています。しかし、残りの3分の1の邪悪な者たちは、地球を破壊しようとする彼らの計画を、決して変えようとはしませんでした。
 こうした連中が、まるで自分たちが救世主のようなふりをして、コーリー・グッド氏に接触し、様々な偽情報を提供して来たわけです。私が一貫して、コーリー・グッド氏はきわめて誠実で善良な人でありながら、その騙されやすさから、知らず知らずのうちに悪事に加担していると言ってきたのは、このような意味においてです。
 残念ながら、コーリー・グッド氏はコブラの今回の瞑想にも協力していたため、大きなカルマを負い、現在波動は最悪になっています。彼を救済できるかどうかは何とも言えません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7万5千年前から始まった人類史の年表とポジティブとネガティブの「収穫」の違い
引用元)
(前略)

1981年のチャネリング情報「ラー文書」によると、地球が第三密度に上昇したのは火星から大量移民が来た7万5千年前であり、火星から大量移民・・・といっても魂レベルの転生のことのようですが、そのことをキッカケに地球は第二密度、つまり動物や植物、鉱物が中心だった世界から、第三密度に移行し、「自我意識」を持つ人間による人類史が始まったとのことです。

(中略)

<Law of Oneに従った略年表>
70万5千年前-マルデュークの破壊

(中略)

7,5000年前-火星上に於ける生命体の死滅。地球が第三密度に上昇する。
火星から地球への人々の意識の移送が開始される。 
地球に於ける第三密度上第一経験サイクルの開始

(中略)

53,000年前-ムー文明の興隆

50,000年前-第一回目収穫作業が行われ、その後、第二経験サイクルが開始される

31,000年前-アトランティス文明の形成の開始

25,000年前-第二回目収穫作業後、第三経験サイクルの開始

(中略)

11,000年前-アトランティスに於いて一回目の戦争が発生する

11,000年前-ラー・グループがエジプトに接触、更に、他の第六密度複合体が南米方面に接触を行う

10,821年前(1981年当時から見て)-アトランティスに於いて二度目の戦争が発生。

9,600年前-アトランティスの沈没

(中略)

6,000年前-ギザのピラミッドの建設が行われる。他のピラミッドらの建設の為、この活動がその後1,500年続く

(以下略)
————————————————————————
南極: 開示のプロセス(改訂版)
シーズン 7, エピソード 8(2017年2月21日放送)
(前略)

Corey: 1939年、ドイツの南極遠征隊は古代文字の書かれた巨大岩版を見つけて、大量の写真を撮りました。その後、彼らは多くの秘密遠征を始めました。
(中略)... 彼らは洞窟内に古代文明の人工遺物を発見していました。それらを運び出し、軍隊を派遣して基地の建設を始めました。(中略)... 彼らは1950年代、1960年代から何十年間もあそこで発掘をしてきたのです。

(中略)

そして、2002年頃になって、彼らは民間の大学教授や考古学者を連れて行くようになりました。(中略)... そこで見つかったものを聞いて度肝を抜かれました。彼らは古代のテクノロジーを見つけたのです。彼は宇宙船を発見していました。

(中略)

遺伝子実験のための研究室らしき場所も見つかりました。プリ・アダマイトによって、無茶苦茶な遺伝子実験が行われていたようです。そして様々な種類の人間の遺体が見つかりました。背の低い人間、背の高い人間、尻尾のついた人間まで、様々です。それらともにオリジナルのプリ・アダマイトの遺体もありました。彼らは5万5千年~6万年前にこの場所に不時着しました。

David: プリ・アダマイトとは何ですか?

Corey: ETグループです。かつて火星とマルデクで暮らしていてました。そこで天変地異があって、このほとんどは彼らの戦争に起因するのですが、それから・・・

David: それは50万年前の話でしたね。

(中略)

Corey: ステイシス(冬眠)状態の生命体が複数いました。私が聞いた情報では、生き残ったオリジナルのプリ・アダマイトたち、つまり地球外から来た彼らが、約12800年前の天変地異が起きる前に、自分たちをステイシス状態に入れたそうです。

(以下略)

» 続きはこちらから

エメリー・スミス氏が語る、秘密の宇宙プログラムが持つ技術はきわめて高度で、これが公開されれば、私たちは地上にある様々な問題を、直ちに解決することができる!

竹下雅敏氏からの情報です。
 短い動画で一部重複がありますが、エメリー・スミス氏の貴重な証言です。ぜひご覧ください。エメリー・スミス氏は、秘密の宇宙プログラム(SSP)で軍医として数多くの解剖を行ってきた人物で、ディビッド・ウィルコック氏は、彼を正真正銘の天才だと言っていました。
 コーリー・グッド氏と同様に、エメリー・スミス氏の情報は正しいと思っています。氏によると、SSPが持つ技術はきわめて高度で、これが公開されれば、私たちは地上にある様々な問題を、直ちに解決することができるとのことです。
 “続きはこちらから”は、SSPの中核組織ともいえるICC(惑星間複合企業)とナチスとの繋がりについてです。ICCが、各国政府以上の権限を持ち、ここのスーパー重役会が、太陽系や太陽系外の基地やインフラ構築を決定していたとのことです。
 こうしたことから容易に想像できるように、圧倒的な科学力を手にした世界的企業のエリートたちは、その科学力を用いて、地球はもちろん、私たちの太陽系も完全に支配し、さらには、そうした支配を太陽系の外にまで求めていたことがわかります。こうしたことがナチス以来、およそ100年の間に起こっているのです。
 ということは、このような科学技術の進歩というのは、あまり大したことではないということがわかります。例えて言うと、旧石器時代の人間にスマホを与えても、おそらく彼らは上手にそれを操るでしょう。
 現状に嫌気がさしている大半の地球人は、コーリー・グッド氏やエメリー・スミス氏の語る、こうした技術が地表に降りてきて世界を一変させるのを夢見ていると思います。しかし、私たちの意識がそのままで、科学技術のみが降りてきても、世界を征服しようとしているエリートたちが夢想した社会と、あまり変わることはないのではないでしょうか。そのような社会は、最終的にAI(人工知能)が、人類を滅ぼしてしまうことになるような気がします。
 時事ブログでは何度も警告していますが、理由は何であれ、権力を追い求める者は生き残れないでしょう。科学力を追い求める動機は、支配欲だと思います。それよりも、自分の心を理解する方が、よっぽど大事ではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

電源を落とし、全てのバックアップシステムをシャットダウンさせることができるなどの球体連合の先進的な技術 / 球体連合、銀河連合、光の銀河連邦は神々の組織に吸収され、組織の再編が背後では進行していた

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の冒頭で、2015年11月のオーストラリアのパインギャップ米軍基地の破壊が、球体に向けて放たれた粒子ビームがはね返されて起こったものであることが示されています。この驚異的な科学力を目の当たりにしたドラコの王族であるヘンリー・キッシンジャー博士は、カバールの敗北を悟り、“俺だけは助けてくれ”ということで、寝返ります。
 この後の2016年2月10日に、キッシンジャー博士は、ロシアを訪問。プーチン大統領と会談し、22日にはシリアで停戦合意が成立します。キッシンジャー博士の方向転換で、地球上の地政学的なバランスが決定的に変化しました。
 時事ブログでは、ロシア軍を霊導しているのは球体連合であるとコメントしましたが、記事では、彼らが先進的な技術を与えた結果、“電源を落とし、全てのバックアップシステムをシャットダウン”させることができると書かれています。まさに、黒海で米空母がロシア戦闘機に無力化され、タグボートで引っ張られた事件がありました。これは、ブルーエイビアンズによってもたらされた技術だったわけです。
 興味深いのは、文末に「銀河国際連合」という、初めて目にする名称が出てくることです。これは、“続きはこちらから”のコーリー・グッド氏とのやりとりの中に出てくる、「新スーパー連邦」のことだと思われます。
 スーパー連邦とは、コーリー・グッド氏がスーパー・フェデレーションと言っていたものだと思います。コーリー・グッド氏とコブラとの対談の中で、「スーパー・フェデレーション」と「銀河連合」と題する項目があるので、その部分をご覧ください。
 スーパー・フェデレーションとは、銀河連合や光の銀河連邦を含む組織のように見えます。この組織は、地球人に対し、長い間、22の遺伝子実験を行ってきたということで、コーリー・グッド氏にはあまり高く評価されていない組織です。
 記事では、前回のスーパー・フェデレーション(スーパー連邦)の会合で、“彼らにもはや人類の運命の支配権はないと通告され…彼らは相当うろたえた”と書かれています。要するに、かつての地球ハイアラーキーの下部組織に対する再編が行われているのです。
 記事では、今回の会議での様子が描かれています。そこには、 52の星々の代表が居て、彼らと地球代表が共同して、「新スーパー連邦」が形成されると言っています。この新スーパー連邦、すなわち「銀河国際連合」が、昨日の記事のコメントで、“現在、銀河連合と光の銀河連邦は第1システム国津神第五レベルの神々の支配下にあり…物理的な次元で完全に組み込まれるのは、2019年1月1日午前0時(日本時間)ではないか”と記した新しい組織のはずです。
 記事の中に、「銀河連邦」という言葉が出てきます。これは、コブラの言う銀河連合ではありません。この銀河連邦は、私がこれまでに言及してきた「銀河連邦」と同じものです。この本物の銀河連邦に関しては、こちらの記事をご覧ください。
 時事ブログでは、これまで何度もハイアラーキーは壊滅し、彼らの下部組織であった球体連合、銀河連合、光の銀河連邦は神々の組織に吸収されたとコメントしました。これらの組織の再編が背後では進行していたわけです。
 2019年1月1日から、銀河連合と光の銀河連邦を含む新たな組織「銀河国際連合」が発足し、記事で紹介されている52の星々の代表と地球代表とが共同して運営していくということのようです。
 「球体連合」と「銀河国際連合」は共に、「銀河連邦」の下部組織になります。「銀河国際連合」は、第一システム国津神第五レベルの神々の指示に従います。これらの神々の選出は、すでに終わっていることを、6月29日の記事でお伝えしています。
 これでようやく、天と地をつなぐ基本となる組織が再編されました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2018年12月14日マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ
(前略)
デイビッド・ウィルコックによる 2016.12.12のビデオより
 <ニューリビングエキスポ>
(中略)
スフィアビーング(球体人)は1980年代に最初に現れました。(中略)…  2015年11月にオーストラリアの米軍基地にあった新しい航空母艦「イージス」から、ドラコスーパービーム兵器が球体に向けて発射され、球体は明るい赤色に輝きましたが、その後に球体によって粒子ビームが方向転換させられ、航空母艦に戻された為、パインギャップ米軍基地の基地全体が爆破されました。
(中略)
ロシア軍は、レーダーで追跡することができない「アネックセイ」と呼ばれる高度なミサイルシステムを持っており(中略)…  デイビッド・ウィルコックは、これがあるからには、もう二度と戦争は起こらないとコメントしています。
(中略)
スフィアビーングは同盟の中のブルーエイビアンズ(青い鳥族)であり(中略)…  身長が8フィート(2m40cm)もあり、青い羽根で覆われた体を持ち(中略)…  会話はテレパシーで行われます。彼らは"一なるものの法則"(ラー文書)で特定されている、エジプト神ラーと同じグループに属し、源の兄弟姉妹であると名乗り、私達を助けるためにここに来たと言っています。
 
ブルーエイビアンズはソーラー・ウォーデン(太陽監査局:秘密のスペースプログラム)の人々と契約や条約を結び(中略)…  武器の使用を止めるために金属を膨張させる(中略)…  先進的な技術とパワーをソーラーウォーデンに与えました。(中略)…  ドローンに入れて使用することができ、船の上や周囲を飛行し、その電源を落とし、全てのバックアップシステムをシャットダウンさせる事ができます。
(中略)  
私たちは、すでに海水から塩を取り除き、清潔な水を貯水池に戻して、フリーエネルギーと周期表に載っているどんな要素も同時に作り出す技術を持っています。私達はまた、望むどんなものでも3D印刷する技術を持っています:例えば、食べたい食事など。
(中略)
地球上の主要な人種全てを代表して銀河国際連合は、太陽系外の惑星で会うでしょう。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19