アーカイブ: コーリー・グッド

コーリー・グッド氏は「古代地球離脱文明の7グループとの会合」で、3.1次元の地球内部(地下)の体験をした ~コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」は3.0次元の存在

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャー、シーズン3、エピソード4「インナー・アースからの新事実」から、コーリー・グッド氏が地球の地下世界で、古代地球離脱文明の7グループとの会合に招かれた時の話です。
 これらの7グループの中で一番古いグループの者たちは、「スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文9」の中に出てきた「今から3000万年前に、宇宙から地球を支配するために地球に入植してきたアガルタ人」の末裔です。彼らは私たちの3.0次元ではなく、3.1次元の地球にやって来たのです。
 ですから、トンネルを掘って彼らのところに行くことは出来ません。コブラは「私の情報源で確認できないこと:アンシャール(Anshar)、コーリー・グッドの地球外での最近の体験」と言っているように、コーリー・グッド氏の「古代地球離脱文明の7グループとの会合」という最も重要な体験を、“私の情報源で確認できない“と言っています。コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」は3.0次元の存在なので、3.1次元の古代地球離脱文明の7グループの存在や、コーリー・グッド氏の体験を彼の情報源が確認できなかったのも当然です。
 私から見ると、コブラ情報は3.0次元の低層(4~7層)に関しては、比較的正しいと思えるものが有りますが、より高い次元に関しては、“ほぼ全てニセ情報”です。さきのリンク先のなかで、コブラは「コーリー・グッドとデビッド・ウィルコックがあまり協力的でないのは確かだが、それでも彼らは惑星開放へ多大な貢献をした」と言っています。
 彼らが協力的でないのは、コブラのレジスタンスムーブメントが繋がる「銀河連合」の宇宙人たちが、ろくでもない連中だという事を、コーリー・グッド氏は自らの体験を通して良く知っているからです。
 コズミック・ディスクロージャーでは、宇宙人たちとの奴隷売買で、“地球人をテクノロジーと交換している話”が何度も出て来ます。地球を解放しに来た宇宙人たちというのは、この程度の人間で、単に科学力が地球人より少し優っているというに過ぎません。現代の私たちと1000年前の地球人のどちらの心がきれいなのかは分かりません。
 神々が問題にしているのは、科学力ではなく心の美しさです。遠からず人類は目覚めますが、目覚めたからと言って心がきれいになるわけではありません。時事ブログでは、これまでに「悟り」を得た多くの人物が「天界の改革」で滅ぼされたことをお伝えしています。宇宙人からのメッセージを有難がるのは、新興宗教の教祖のお言葉を有難がる信者と同レベルだという事を理解しておく方が良いでしょう。
 さて、コーリー・グッド氏は「古代地球離脱文明の7グループとの会合」で、3.1次元の地球内部(地下)の体験をしたわけですが、これは当然ながら肉体(狭義)での体験ではありません。これはエーテル体での体験なのです。こうした体験は、特殊な能力が必要であり誰もが出来るわけではありませんが、進化のレベルから見ると、1.5段階もあれば十分なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
★コズミック・ディスクロージャー★ 2016年1月28日 シーズン3、エピソード4(前半)
引用元)
(前略)
CG:長方形のような形の、とても大きな部屋でした。そこに大きな扉があり、そこで皆で立ち止まり、待っていました。私達は大きなミーティングに行く準備をしていたのです。私達はその部屋で束の間待っていました。その時、私は辺りを見回し、光はどうなっているんだろうと思っていました。私達に挨拶をして着るものを持ってきてくれた女性が私の方を見て、とても変わったアクセントの英語で言いました。光は周波数で作りだしているのです、と。彼女に話しかけられてちょっとショックを受けました。

(中略)
そして岩に掘られた半円形になっている階段を下りてゆきました。他の場所と同じ、花崗岩です。一階下に着くと、もう一つ部屋がありました。その部屋の中にはあらゆるグループがミーティングのために集まっていました。そこはミーティングのためのホールだったんです。

DW:この部屋も天井が高いドーム型でとても大きな部屋なんですか?

CG:大きさは中くらいでした。あまり大勢の人はいませんでした。どのグループもだいたい3人で、そこにゴンザレスと私がいて--

DW:なるほど。

CG:7グループいました。
(以下略)

» 続きはこちらから

ホツマツタヱに記されている通り、「神々」は実在する ~3.0次元の地球に転生している「神々」

竹下雅敏氏からの情報です。
 10月27日の「アーユルヴェーダの解説シリーズの19回目」で、3.0次元の「中層」「深層」は、ユングの「個人的無意識」「集合的無意識」に対応する領域であることをお伝えしました。
 「集合的無意識」は神話的元型が存在する層で、“ユングは、このような「原像」が、個人の夢や空想のなかで、イメージとして出現することを見出した”と言うことでした。
 ユングは、このような像は個人の体験に基づいて構成されたのではなく、“人類の極めて長い時間の経験の蓄積の結果構成されたもので、遺伝的に心に継承されると考え、これらの像を生み出す性向を「古態型(Arche-Typ,元型)」と名づけた”とのことです。
 ユングは、“元型が個人の夢や空想のなかで、イメージとして出現する”理由を、“人類の極めて長い時間の経験の蓄積の結果”だと考えたようです。
 このように考えるのはある意味で自然だと思いますが、私の経験から言うと「違う」と言えます。これだと神々と言うのは、過去の英雄たちの記憶でしかなく、人類共通の夢や空想の産物でしかありません。事実は全く異なります。
 話を分かり易くするために、コーリー・グッド氏の体験を借りて説明しましょう。氏が出会った「古代地球離脱文明」の地底人は、地球の内部に住むと考えられていますが、彼らは3.1次元の住人なので、穴を掘っても彼らの住処にはたどり着けません。
 コーリー・グッド氏は、彼らに招待されて3.1次元の地球の地下世界を見て帰って来たのですが、それは氏に特殊な霊能力が生まれながらに備わっており、そのために彼らに選ばれたからです。
 「古代地球離脱文明」の地底人が、もう少し普通の一般人に接触しようとする時はどうするでしょう。一般人の前にプラズマ体で現れても何も見えません。恐らく彼らは、一般人の夢の中に現れてメッセージを伝えようとするでしょう。
 この説明から分かるように、コーリー・グッド氏が接触した「古代地球離脱文明」の地底人は実在しており、ユングの言う「元型」ではありません。この説明と同様に、「古代地球離脱文明」の地底人だけでなく、「神々」も実在するのです。
 「古代地球離脱文明」の地底人は3.1次元の地球に肉体を持って転生した存在ですが、「神々」が3.0次元の地球に転生して来ることもあるのです。私がその一人ですが、ホツマツタヱに出て来る神々も同様です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「中央アジア神話と日本神話」について
2020年11月1日  竹下雅敏
「中央アジア神話と日本神話 マイケル・ヴィツェル 翻訳:松村一男」を読んで、気になるところを引用し、少し説明を加えて見たい。

以下では、ヴェーダ期インドと古代日本の神話で極めて類似する例をいくつか紹介する。また必要に応じてイランとインド・ヨーロッパの例も取り上げる。

1.最初の神々
 日本神話の最初の神々は不鮮明である。インド・ヨーロッパ神話には原人(ヴェーダのプルシャ、ゲルマンのユミル。なお、中国の盤古も参照)がいるが、日本神話にはいない。その代わり、最初の五代の神々(別天つ神)やカムロキ、カムロミなどの曖昧な存在がいる。
 
「ほつまつたゑ御織の十四(ソヨ) 世継ぎ告る祝詞の紋」の天地開闢(14-6)の所では、“ウツホ・風・火と  水・土の 五つ混わりて 人となる アメナカヌシの カミはこれ”と書かれている。

 この部分を含めた口語訳は、「このウツホ(空)、カゼ(風)、ホ(火)、ミヅ(水)、ハニ(土)の五元素が混じり合ってこの時初めて人体が生まれました。アメナカヌシ(天御中主)とはこの神のことです。アメナカヌシは八方の万国を巡ってヨロコを生み(万子生む、喜ぶの語源)方々に配り置いたので、その子孫がそれぞれの国の最初の先祖となりました。」とある。このように、「ホツマツタヱ」には最初の神々がハッキリと記されている。

 「スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文3」では、“進化のプロセスとして現れた人類は、約4000万年前だという事をお伝えしました。…それから約500万年経った頃、天界から神々の転生が始まりました。今から約3500万年前の事です”と書かれていたように、第1システム天津神第2レベルの最高神・天御中主神が地球に「人」として転生したのは、BC3,430万年のことで彼の個人名は大源神(オオミモトノオンカミ)である。

2.原初の牡牛
 『リグ・ヴェーダ』(3.38)にもイランの『アヴェスタ』にも原初牡牛が見られるが、日本にはない。

 また、京都の北野天満宮に見られるスサノヲと牡牛のつながりが関係するのかも不確実である。
 
「スサノヲと牡牛のつながり」というのは、八坂神社に祀られていた牛頭天王(ごずてんのう)のことを、素戔嗚尊(ソサノヲ)と同一視するという誤りから起こることである。

 「牛頭天王は起源不詳の習合神で祇園精舎を守護するとされ、日本では素戔嗚尊と同神とされていた」ということなのだが、“釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神”ということから分かるように、牛頭天王とは祇園精舎を建立し寄進した長者スダッタ(須達多)のことで、素戔嗚尊とは関係がない。

 この例から分かるように、日本では「神仏習合」の影響で、「神」でないものを「神」として祀るということが良く見られる。
 
» 続きはこちらから

内側の身体(例えば幽体、プラズマ体など)が存在するクローンの金正恩氏 / イルミナティは、北アメリカに住む殆ど全ての女子生徒の写真を集め…可愛い子だけを選びだし…クローン人間を作って…性的奴隷を作る

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の写真の金正恩氏は、クローンだと思います。クローンは肉体(狭義)のみなので、チャクラが存在しません。チャクラの「模像」もないのです。従って、「波動」の検出が出来ないのです。
 見分け方が分かって来ると、クローンかどうかはすぐに分かるようになります。チャクラが有るなら本人か、影武者のどちらかですが、なければクローンなのです。例えば、10月8日のpopoちゃんの記事「GENE DECODE : クローンの作り方3種類」に出て来るビル・ゲイツ夫妻はどちらもクローンです。冒頭のニクソン大統領の写真は、確かにクローンですね。驚きました。
 さて、このクローンの金正恩氏ですが、中身は本人のようです。通常、クローンは肉体(狭義)のみなのですが、この写真の金正恩氏は、内側の身体(例えば幽体、プラズマ体など)が存在しています。これは、クローンに金正恩氏の魂を入れたと思われるのです。サウジアラビアのムハンマド皇太子と同じですね。
 “続きはこちらから”をご覧ください。“イルミナティは、北アメリカに住む殆ど全ての女子生徒の写真を集め…可愛い子だけを選びだし…クローン人間を作って…性的奴隷を作る”と言っています。コーリー・グッド氏は、“有名スターだったりすると、その人に対して色々と狂った酷いことをしたい人がいて、そのスターのクローンに対してそれを行って、使い捨てにします”と言っています。
 クローンは、“身体をリモートコントロール”されているということなので、マイクロチップが埋め込まれているのでしょう。“クローンの身に起きた全てのトラウマが、もとの本人の意識にフィードバックされてきて、酷いPTSDになり始める”とのことです。 
 皆さん、“可愛い子でなくて良かった~”と思ってるかもしれませんね。この世界は、下手に才能があったり、可愛いかったりすると直ぐにイルミナティの餌食になります。平凡な人生が「幸せへの近道」なのに、多くの人は有名人になりたがるのです。
 事実を知れば、“自分は自分のままがいい”と分かるはず。「悟り」とは、こんな簡単なことに気付くことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金正恩氏、地方視察で反省の弁
「厳しい生活実態知らず」
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
北朝鮮東部咸鏡南道の剣徳地区を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(中央)
(朝鮮中央通信=共同)
 
北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、金正恩朝鮮労働党委員長が9月に台風被害に遭った東部の鉱山地区を視察したと報じた。日時は不明。金氏は地方の厳しい生活実態を十分把握できていなかったと反省の弁を述べ、今後、住宅建設を進めると表明した。

金氏は10日の党創建75年の軍事パレードでも、国民生活を向上できていないと陳謝する異例の演説を行った。経済難の中、国民重視の姿勢を強調する狙いとみられる。

視察したのは、軍部隊が復旧作業を進める東部咸鏡南道の剣徳地区。金氏は道中、山の斜面に建つ老朽化した家々を目にして「見て見ぬふりはできない」などと発言した。
————————————————————————
どこよりも正確な情報だけをお届け!金正恩はまだ生きている! クローン成功を目指す中国医療チーム
北朝鮮の金正恩は表に出て来ない状態が長く続いたので、死亡説が流れていますが、それはガセである事が判明しています。
(中略)
血管のコレステロールを除去する際に、脳にそれらが流れてしまった為に脳死はしていないが、脳波はまだ出ているそうです。
 
中国医師団が北朝鮮に入り、クローンの作成とまだ生きている脳波をコンピューターからクローンの脳に流して金正恩クローンを目指しているそうです。
 
もし死亡の際は現物の死体は冷凍保管されるとの事。
(中略)
クローン化失敗の場合にも、金正恩には替え玉が三人いてそれに指示をしてコントロールする予定であると言う事です。

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏「Qグループは17名の軍人達で構成されている」 / 波動が落ちたコーリー・グッド氏に接触できないでいる、現在「神々」と共に働いている球体連合や古代地球離脱文明のメンバー

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏のインタビュー動画です。要点を翻訳してくれている記事がありましたので引用させていただきました。
 コーリー・グッド氏は、Qグループは17名の軍人達で構成されていると言っています。これは直観と合致する数字であり、Qと言う文字がアルファベットの17番目であることからも正しいと考えて良いでしょう。
 Qグループからアライアンス(地球同盟)に情報が行き、そのアライアンスからコーリー・グッド氏は情報をもらっていると言っています。このことは、氏の過去の発言から分かっていました。そのため、コーリー・グッド氏やデーヴィッド・ウィルコック氏等の発言内容に注目していたのですが、残念なことに、これまでに重要な情報は全くと言って良いほどで出て来ませんでした。
 コーリー・グッド氏は、“昨年は…偽情報が本当に多く飛び交ってしまいました。私も幾つか騙されてしまいました”と言っていますが、なぜ正確な情報が誰からも出て来ないのでしょう。
 これはあくまでも推測ですが、それはコーリー・グッド氏等の波動に問題があるためだと思われます。動画のホストを含めた3名をご覧ください。全員が波動的に良くない状態です。しかし、コーリー・グッド氏は、ホストの二人よりも波動がずっと悪いのが分かるでしょうか。ホストの二人よりもコーリー・グッド氏の方が、ずっと重い感じがすると言えば分かりますか?
 引用元でコーリー・グッド氏は、「最近3日間地底のアンシャー族のところに行ってました…多くはトラウマなどのヒーリングを受けた感じでした。次回は第4密度意識にステップ・アップ出来る様でありたいと思います」と言っており、氏は自身の状態が良くないことを自覚している様子が分かります。
 アンシャー族と言うのは、「古代地球離脱文明」の土星の輪のグループだと思いますが、氏のこの体験はニセモノだと思います。アンシャー族のふりをして、コーリー・グッド氏を騙していたのは「光の銀河連邦」の宇宙人のはずです。
 コーリー・グッド氏は本来なら、球体連合や古代地球離脱文明と接触していたはずですが、彼らは現在「神々」と共に働いています。また、古代地球離脱文明と「銀河連合」「光の銀河連邦」は敵対関係です。コーリー・グッド氏の波動が落ちたために、現在「神々」と共に働いている球体連合や古代地球離脱文明のメンバーは、氏に接触できないでいます。その隙を狙って、現在、氏に接触しているのが「光の銀河連邦」だということです。
 「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人で、目覚めたものは「銀河国際連合」に移り、「神々」と共に働いています。Qグループは「銀河国際連合」の霊導を受けています。このため、Qグループからアライアンス(地球同盟)へともたらされた情報が、コーリー・グッド氏等に漏れることがないようにしているのだと思われるのです。
 “騙されていることに早く気づき、波動を戻してもらえれば良いのだが…”と思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Earth Command, UFO Recoveries, Inner Earth, & Reptilian Battles, Physics of Time & Dimensions!
配信元)

※埋め込み動画は再生できないので、配信元のYouTubeでご覧ください。
————————————————————————
コーリー・グッド*10月1日の新情報*+Qの投稿
(前略)
ホスト:Qに関してどうですか? 17人のメンバーで構成されていると聞いてますが合ってますか?

コーリー:彼らは最初3名の軍人(General=総監・大将などの地位)がトランプのところに行って、大統領選に出馬してくれと頼みに行ったのです。ほぼ脅迫的に出馬しないとこうなる・・という感じでした。それでトランプは承諾しました。この軍人達と他の軍人達合計17名でQは構成されています。Qは一つのグループであり、彼らからアライアンスに情報が行きます。そのアライアンスから私は情報をもらっています。Qのサイトでは大衆にも、ちょっとヒントになる様な事を公開していて、それを追っている人達が自分達で真実を調べる様に促しているわけです。同時にQのサイトでは、実際に作業をしている工作員達にも一般には理解の出来ない秘密のコードを使って連絡しています。
(中略)
時には全く意味のない暗号をアップして、敵がそれを解明しようとする事を見込んで、時間を無駄に使わせる事もさせています。日付だと思っている数字も他のコードだったりするのです。
(中略)
ある重要人物がブリッジ・コールというものをします。これは、その人がある人に電話をかけている間、例えば私とか他の人にも電話して、その通話内容を密かに聞かせるというものです。でも昨年はそういったブリッジ・コールも一切なくなり、儀情報が本当に多く飛び交ってしまいました。私も幾つか騙されてしまいました。ですから情報網の中も今クリアにしていく過程にあります。
(以下略)

ルッキンググラスで見える未来とは? ~全ての可能性としてあるタイムラインが将来基本的に同じ歴史を作り出す

竹下雅敏氏からの情報です。
 読者の方から情報提供された動画です。面白い内容なので、2倍速くらいで見ると良いでしょう。「ルッキンググラス」に関しては、Eriさんの優れた一連のツイートがあります。1~51までありますので、ツイッターでご覧ください。
 動画で、“2012年の終りから、私たちの選択が将来に影響をもたらす力が弱まってくる(1分2秒)…ある時点を超えると彼らは操作することが出来なくなるのです(4分27秒)”と言っています。8分30秒~54秒で、“人々の意識が進化することで…全ての結果は「真理を知る」というところに行きつくのです。そして今まで築かれてきた膨大な嘘に気づくのです”と言っています。
 動画の冒頭で、“私が知る限り問題はタイムラインが時間のある一点で合流することです”と言っています。3分42秒~で4分5秒で、“全ての可能性としてあるタイムラインが将来基本的に同じ歴史を作り出すのです”とのビル・ウッド氏の言葉に、“その歴史とは何ですか? それを発見しましたか?”と尋ねると、ビル・ウッド氏は、“分かりません。それが大きな秘密で、これらの情報を握る人はパニックになっているのです”と言っています。
 「ルッキンググラス」はコーリー・グッド氏も言及しています。氏はこの「大きな秘密」について、“秘密プログラムにいて、ルッキンググラスなどのテクノロジーを持っている人々が様々なタイムラインを作り出しているんです。彼らは「これはマズい」と分岐点に人を送り込んでタイムラインを修正させようとするんですが、それがさらにタイムラインを分岐させることになってしまったんです。そしてとうとうあるETグループに「もうやめなさい。空間と同じ様に時間には弾力があって、全て元の形に収束しようとするものなのです」と教えられたんです。それが起きるのがソーラーフラッシュとともに訪れる終末の時だというわけです。全てがそこに向かって一つに圧縮されているところなんです”と言っています。
 エリートがパニックになっている「大きな秘密」とはソーラーフラッシュで、これが起こると地球の文明が完全に破壊されるという訳です。そしてこの事を警告するために選ばれたのがコーリー・グッド氏で、わずかな人々が宇宙人のUFOに救い出される。また、選ばれたわずかな人たちは「古代地球離脱文明」の地底人に導かれ、インナーアースでこの試練の時を潜り抜けると言うわけです。
 多くのチャネリング信奉者は、“自分は救われる立場の人間だ”と信じているのです。“地球の文明の崩壊のみならず、地球そのものの破壊すら、心の底で待ち望む人たち”と言うのは、どれほど根性が悪いのか。それなのに、彼らは平気で「愛」を説くのです。究極のエゴイストだと思いますが、彼らは何とも思っていません。この事が「最後の審判」で裁かれているにもかかわらずです。
 人間や宇宙人には、どうすることも出来ないタイムラインを、神々は簡単に変えることが出来ます。彼らはいつになったら、本当の「神」に気づくのでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「ルッキンググラスでエリートたちが見た未来とは」
配信元)
〈再生速度の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「再生速度」をクリックし、希望する速度を選択(2倍速の場合「2」)
————————————————————————
配信元)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 24