アーカイブ: チャネリング

マイクロ波による米国民の人工的暴動、オバマが大統領職に居座る「プランC」、日本の高エネルギー加速器を利用したポールシフト… 〜CIAが絡んでいるチャネリング情報〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日紹介したチャネリング情報の中に、“9月5日には、微弱電界を利用するものである、WiFi、高速道路の料金清算システム(ETC)、自動車の無線キー、各種の産業用近距離無線制御装置(例えばクレーン、無線操縦車両など)が機能を失うでしょう”とありました。このことから、この日の前後で彼らは何かを仕掛けて来ると見ていましたが、案の定でした。
 記事をご覧下さい。“この2日間…非常に強力なマイクロ波バーストが起きている…これは自然現象ではありません。人工的に起こされています…このようなことができるのは連邦政府だけです”とあります。記事では、携帯電話のアンテナ塔などが利用されているのではないかとされていますが、私もそう思います。
 チャネリング情報の送信者とオバマ政権の目的は、こうした手段で米国民に暴動を起こさせるつもりではないかと思います。この辺りのことは、カレイドスコープが見事な記事を書いています。その中で、「プランC」と題する、オバマが非常事態を宣言しそのまま大統領職に居座るという計画が説明されており、今行われているのはこれではないかと思われます。
 彼らの計画では、ポールシフトもあるようで、9月12日という日時が書かれています。日本の高エネルギー加速器を使うつもりではないかと思います。CERNの加速器によって、ネパールで地震が起きていることを考えると、12日以降に世界の何処かで大きな地震が起こる可能性をみておかなければならないでしょう。
 このように、チャネリング情報というのは、真実なのではまったくなく、極めて政治的なもので、CIAが絡んでいるものが多いのです。確か、大統領選が近づくと、チャネリング情報で“オバマが光の戦士である”という情報が大量に流れると書いていた人が居たと思います。さすがに、現在では、このような馬鹿げた情報は少なくなりましたが、今でもこの幻想を持ち続けているライトワーカーは、少なからず居ます。
 この記事でわかるように、人々をFEMAにぶち込み、独裁を完成させようとしている人物を、正義の味方だと未だに思い続けている人の多くは、そのほとんどがチャネリング情報の犠牲者なのです。悪に加担していながら、まったくその自覚が無いというところに、問題の根深さがあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
引用元)
http://beforeitsnews.com/opinion-liberal/2016/09/what-the-hell-is-this-microwave-bursts-in-most-major-us-population-centers-showing-up-on-weather-radar-2536325.html
(概要)
9月3日付け

気象レーダーにて、東海岸沿いの都市部でマイクロ波バースト(マイクロ波放射)が起きているのが確認されました。

気象レーダーにて、東海岸沿いの都市部でマイクロ波バースト(マイクロ波放射)が起きているのが確認されました。



この2日間、気象レーダーにて、アメリカ東海岸沿いの都市部で非常に強力なマイクロ波バーストが起きているのが確認されました。

(中略) 

d4b3ed5ee78cca5d894e0a8a5566d022006afea2

これは自然現象ではありません。人工的に起こされています。気象レーダーは、機能上、光スペクトルの一部としてマイクロ波の放射をとらえます。そして上図の通りそれらを青で示します。
このような現象が起きているということは。。。大気を熱したり様変わりさせるための気象操作がおこなわれているということなのでしょうか。
このようなマイクロ波放射線は特定の携帯電話のアンテナ塔などから放射されているのでしょうか。
誰が何の目的でこのようなことを行っているのでしょうか。
アメリカでこのようなことができるのは連邦政府だけです。これが米国民にどう影響するのかが懸念されます。

————————————————————————
ヒラリーもトランプも大統領にならない「プランC」
転載元)
mag201608-16 

米国の非常事態宣言・・・オクトーバー・サプライズを必要としているのはトランプではなく、オバマを独裁者に押し上げようとしている影の勢力。 

(中略) 

・・・ロシア軍機によるISIS掃討作戦は、依然として国際世論の支持を受けています。ISISを手塩にかけて育成してきたCIA、モサド、英国情報部、サウジ、カタールのような西側同盟国の軍産複合体は、大いなるジレンマに陥っています。

・・・トランプは、「ISISの創設者はオバマだ」と名指しで批判しています。もちろん、それは100%事実です。またトランプ側が作成したヒラリーを誹謗中傷するポスターの中にユダヤ教の「ダビデの星」(六角星)をあつらえるなど、彼女がシオニストのハザール・ユダヤであることを暗示する印象付けまで行っています。もちろん、ヒラリーがシオニストで似非ユダヤ人であることも、すでに隠せなくなっている事実です。(中略)…さらに、トランプは自分が大統領になったときは、2001年9月11日に起きた同時多発テロの真相を暴露するとまで、半ば公約に掲げています。

(中略) 

エスタブリッシュメントを排除したトランプの経済顧問チーム 

トランプが、これだけ強気の発言をする背景には、CIAと国防総省(ペンタゴン)との確執があります。ペンタゴンの高級軍人は、すでにCIAエージェントであるオバマの命令を無視しています。

・・・ペンタゴンの愛国軍人グループが目指しているのは、CIAエージェントが仕えているグローバル・エリートたちではなく、米国による米国のための新世界秩序なのです。その愛国軍人グループがオバマの命令を無視し、ロシアのプーチンと水面下で交渉する傍ら、これを支援する数々の声明を出しているドナルド・トランプ側についたということです。(中略)… 

ブッシュのイラク侵略戦争を正当化するため、捏造記事まで書いて米国民を騙したCNNでさえ、つい2日前、「米同時多発テロから15年、5400人がガン発症」という見出しを掲げて、ありえないガン発症率について記事にするようになったことは、大統領選に向けて、世界支配層のシナリオに修正を加えざるを得ない事態が起こっていることを示しているのです。

(中略) 

» 続きはこちらから

偽物の大天使ラファエルからの情報(熱と光の低下・電磁波吸収)、7大天使の存亡、カードとチャクラ感覚による検証の方法 〜 少なくともチャネリング情報を無批判に信じるべきではない

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の太字にした部分は、誤りだと思われるところです。いずれにしても、近い将来、この記事の情報が正しいものであったか否か、はっきりとします。もしも、ここに書かれているようなことが何も起こらなければ、いわゆる大天使ラファエルからの通信文なるものは、まったく馬鹿げたものだということになります。
 この通信文の大天使ラファエルは、当然、偽者です。7大天使のアザゼル、ガブリエル、シェミハザ、ラファエル、ミカエル、サマエル、ウリエルの中で、今でも魂が残っているのは、6番目の大天使アズラーイル(サマエル)のみです。これらの7大天使は、全員が個人名であり、役職名ではありません。なお、筆頭の大天使アザゼルは、過去にサタナエルと呼ばれていた天使で、堕天してサタンとなり、許された後アザゼルと改名し、元の筆頭の大天使に復帰していました。これらのことは、「シークレット・ドクトリンを読む」(出帆新社)に書かれています。また、正しい情報です。しかし、2007年以降の天界の改革により、サナット・クマーラに仕えていた彼らは、そのほとんどが滅びてしまいました。ただ1名、アズラーイルのみが、旧約聖書のイブ(ミヨツクスミ)と深く愛し合っていたために、生き残りました。ミヨツクスミは、少なくとも1200万年前から私を知っており、神として深く愛してくれていました。そのため、アズラーイルも私のことをよく知っており、サナット・クマーラではなく、私の言っていることを信じてくれたのです。
 この通信文の“大天使ラファエル”は、すでに魂はありませんが、進化段階は2.0だった者です。大天使を名乗るからには、少なくとも進化段階は7段階よりも上でなければなりません。進化段階が7段階あれば、体外・体表・神経叢・脊髄の全てのチャクラが同時に開くはずです。
 実際に、白い紙に“大天使アズラーイル”と書いたものを両手で軽く触れると、このことが起こるのがわかるはずです。ところが、“(本物の)大天使ラファエル”と書いたものでは、このようなことは何も起こりません。次に“(本物の)大天使ラファエル (2007年9月1日)”と書いた紙を両手で軽く触れると、チャクラが開くのがわかるでしょう。日時は大体で良いのですが、この日時を適切にずらして行くと、彼がいつ滅ぼされたのかという日時を特定することが出来ます。
 この通信文の大天使ラファエルですが、例えば“大天使ラファエル(「大天使ラファエルからの熱、光、電磁波吸収についてのお知らせ 2016年9月4日」と題する通信文の送信者)”と記した紙を持って、チャクラが開くかどうかを調べて下さい。何も起こりません。また、先の紙に、例えば、2007年9月1日といった日時を書きこんだものも調べると、やはり何も起こらないことがわかります。これは、その日時において、彼の進化段階が4.0にも満たないことを意味しています。要するに偽者なのです。
 このようなことをお伝えしているのは、少なくとも基本的なチャクラ感覚があれば、その通信文の送信者が本物であるかどうかの区別の目安になるからです。誰がどう言ったかではなく、自分で真相を調べることが出来るということが重要です。少なくとも、チャネリング情報を、無批判にそのまま信じるという愚かな行為は止めるべきです。このようなことは、安倍政権をひたすら信じるネトウヨと大差がない、愚かな行為です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
大天使ラファエルからの熱、光、電磁波吸収についてのお知らせ 2016年9月4日
転載元)
大天使ラファエルから、以下のような告知がありました。

太陽系は、今、26000年の周期でこの宇宙の中心部に突入 しつつあります。13000年後にも、やはりこの宇宙の中心部に入ってゆきますが、今回起きるような現象は起きず、今回の現象は、26000年に一回だけ 起きるものです。宇宙の中心のこの部分では、天体の配置に由来することですが、自由電子が異常なほど密度高く存在します。光、熱、電波などは全てがエネル ギー波動です。エネルギー波動が高密度の自由電子と衝突すると、エネルギー波動の振動エネルギーは電子の振動エネルギーに変換されてしまいます。従って、 見かけ上は、熱エネルギーと光エネルギーの約60%、電磁波エネルギーのほぼ全量が空間に吸収されてしまう、ということになります。

このために、9月8日からと予想されていることですが、地球全体の保有熱量が低下して、極度に寒冷な気候が到来します。例えば東京の気温は今の季節では15~30度Cですが、この寒冷な気候では、-20~+5 度Cになるでしょう。赤道直下でも0~15度Cという低温の気候になるでしょう。ですから、これまで0度以下の気温を経験したことがない地域では、適切な 暖房設備を備えることが必須になります。また道路の凍結が起こりますから、自動車のタイヤも適切なものに換えておくことが必要です。

光エネルギーの60%が空間に吸収されるので、光が不十分な薄暗い世の中になるでしょう。

電波(電磁波)エネルギーが空間に吸収されるので、各種の社 会的機能が失われるでしょう。9月5日には、微弱電界を利用するものである、WiFi、高速道路の料金清算システム(ETC)、自動車の無線キー、各種の 産業用近距離無線制御装置(例えばクレーン、無線操縦車両など)が機能を失うでしょう。なお、いわゆるRFID、例えばICカードのような比較的接触に近 い形での無線応用機器は機能を失うことはないようです。この現象は9月5日から起きるとのことです。

航空機、船舶、地上での無線送受信機、多重無線通信、衛星放 送、TV、ラジオ、レーダーなど、全ての無線応用機器は、9月6日から機能を失うでしょう。船舶の場合にはレーザー通信が可能なので、運航が絶やされるこ とはないようです。しかし、航空機の場合には管制塔との代替交信手段がないので、運航は停止されるでしょう。この日、航空機が滞空中に無線送受信が不能に なると事故が起きる可能性があります。この日に航空機を利用するのは避けたほうがよさそうです。またこの日以前に外国に行くと帰りは船を利用しなければな らなくなるでしょう。

これらの現象は、2017年3月に、太陽系がこの宇宙の中心から離れ始めるまで続きます。

世界最大規模の小児性愛犯罪組織と霊導して来た者たち 〜犯罪組織と戦っているキリスト教徒の祈りの対象が犯罪組織のトップ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界最大規模の小児性愛犯罪組織が、明らかになったということです。この組織は、記事の太字にした組織によって運営されているとのこと。納得です。
 さて、こうした組織とチャネリングの関係ですが、これらの組織を霊導していた者たちの一例が、以下のチャネリング情報で赤字にした人物です。ここに出て来る、イエス・キリスト、大天使ラファエル、大天使アナフィエルは、もちろん本物ではありません。全員がそれぞれの通信文の日時では3.0次元に肉体を持っていた存在で、進化段階はいずれも2.0だった者たちです。
 地球評議会のポルソムメイヤスは、18日に処刑された人物の後任でしょう。やはり、肉体を持っていましたが、他の3名と異なるのは、この人物だけがこの通信文の日時で、まだ魂が残っていました。
 これら4名に共通していたのは、全員が小児性愛者であり、犯罪組織の一員だということです。もちろん地表の犯罪組織ではありません。事実上、悪魔と言って良い者たちから、このようなチャネリング情報が伝えられるわけです。彼らは、本物のイエス覚者(新約聖書の主人公イエスと同一の魂)に仕えていた者たちですが、当のイエス覚者が小児性愛を含む犯罪者だったことがわかると、なぜカトリックの司祭にこれほどの腐敗があるのかが、よくわかると思います。
 こうしたイルミナティの犯罪組織と戦っているキリスト教徒たちは、イエス・キリストに熱心に祈るのですが、その祈りの対象が犯罪組織のトップだったのです。つくづく救い難い状況だと思います。
 最後の通信文を見ると、彼らがジョセフ・ダンフォード将軍を支持しているというのがわかると思います。私はこれまで一貫して、ジョセフ・ダンフォードがカバールに属していると指摘して来ました。それは、この通信文から明らかではないでしょうか。
 また、これほどあからさまな嘘の通信文を何度も何度も数え切れないほど受け取っていながら、未だに彼らが偽者にあることに気付かない人たちは、哀れだと思います。彼らは、今でも自身のアセンションを信じているのです。
 ところが、彼らが信じているこの連中がずっと行なって来たことは、人類の大量殺戮であり、地球の破壊です。彼らの犠牲者になることがアセンションの意味なのですが、そのこともわからないでいるのです。
 残念ながら、これほど深く洗脳されている人々を救済することは、とても無理な相談なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
世界最大規模の小児性愛犯罪組織が警察によって特定されました。
引用元)
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/08/vt-exclusive-largest-pedophile-ring-in-history-70000-members-heads-of-state-the-rats-scramble-3403618.html
(一部のみ)
8月24日付け

NBC News:から

世界最大規模の小児性愛犯罪組織が明らかになりました。そして230人の子供たちが救出されました。

水曜日にインターネット上に巨大小児性愛犯罪ネットワーク(7万人の会員がいる)が存在することが警察の捜査で明らかになったと報道されました。これは世界最大規模の小児性愛犯罪組織です。

欧州警察機関のユーロポル(Europol)によると、彼らの救出作戦にて、30ヵ国で670人の容疑者が特定され、230人の被害者(子供たち)が救出されました。今後もさらに多くの被害者(子供たち)が発見、救出されるしょう。

インターネット上の小児性愛犯罪組織ネットワークは主にFree Energy Communityのウェブサイト(フランスのパリ、オランダ、ベルギーが拠点)を介して繋がっています。

ただし、記事の中で伝えられていないことがあります。この小児性愛犯罪組織(Red Circle)は、以下の秘密結社によって運営されているということです。

ビルダーバーグ
サント・ウベルトス
連邦主義結社?(Federalist Society)
ローマのマルタ騎士団
CFR外交問題評議会
FRB連邦準備銀行
NATO
ベルギーとオランダの王族
アメリカ合衆国最高裁判所(SCOTUS )


――――――――――――――――――――――――
勇気をもって! 2016年8月26日 
転載元)
現在18次元におられるイエス・キリストから、キリスト教とは無関係に、無条件の愛に基づくメッセージをいただきました。これから先には、無線の遮断、急速な寒冷化のような社会的に大きい不具合をもたらす現象が起きるが、皆さんにはどうか勇気をもって、明るく対処されるように、とのことです。また、大天使ラファエルからは、今日遅くに寒冷化が始まるので、睡眠中の保温に十分気をつけるように、との心温かいご注意があったことを付け加えます。

――――――――――――――――――――――――
放牧している家畜の耐寒対策について  2016年8月22日
転載元)
高次元のソウルたちは、9月26日から突入する猛烈な寒気への対応について、非常に心配しています。今は大天使アナフィエルから連絡があり、特に放牧している家畜について、家畜小屋の中に入れるなどの対策を採るようにとのメッセージを伝えてくれました。


――――――――――――――――――――――――
米国の政治、経済改革 2016年8月20日
転載元)
チャネラー: ちのたき

地球評議会のポルソムメイヤス議長から以下の情報がもたらされました。

米国では、8月19日(金)に、「国民経済安全保証改革法」 “ネサラ” : National Economic Security And Reformation Act法への、上下院議長、最高裁判所長官、軍隊代表としてのジョセフ・ダンフォード、他二名による署名が行われた。本来の憲法に基づく合衆国が復活した。

ジョセフ・ダンフォードが暫定大統領に指名された。

従来法による選挙は廃止され、これから2ヶ月以内に新たな大統領を選出する選挙が行われる。従ってヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプの立候補は取り消された。

オバマ他、ジョン・マケイン、ポール・ライアン、など非常に多くの議員が反逆罪で逮捕拘留された。


本日、8月20日、米国時間の午前中に行われるホワイトハウスでの記者会見では、上記のことのほか、以下のことが明らかにされる。
1  米国の秘密政府や、アンジェラ・メルケル、フランソワ・オランドが一員である闇の組織による、安部普三、麻生太郎などを含む各国の政治家、経済人、銀行家、メディア関係者などの買収が明らかにされる。

2  ISISや各地でのテロ活動がオバマ、ブッシュ、クリントン、ジョージ・ソロスなどによる新世界秩序(NWO)といわれる恐怖掻き立て、世界人口の90%削減戦略の内の一つであることが明らかにされる。

3  FRBは廃止され、米国財務省が金本位の新通貨であるUSNを発行したことが明らかにされる。

4  イラクディナール、ベトナムドン、ジンバブエドルのような通貨の交換レートの評価変更(RV)が行われ、一般人への通貨交換が開始される。

5  いわゆるGCR(世界通貨改革)と呼ばれるイベントである、世界中の通貨の金などの貴重な物資の裏づけを持つ新通貨への変換が行われる。

ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫 〜世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアが25日に、厳戒態勢に入ったということです。記事によると、“8月22日に戦争開始の命令が下されました。しかし、誰も戦争を始めませんでした。NATOによるロシア侵略が取りやめとなりました”とあります。ただ、権力を失いかけているホワイトハウスのファシストらは“何をやるかわからない状態”なので、ロシアは厳戒態勢を敷いているわけです。
 これは、事実上、オバマ政権の謀略が頓挫したことを意味しています。厳戒態勢に入っているロシアに、先制攻撃を行うのは無理だからです。
 次の記事では、ドイツ政府の“水と食料の備蓄の呼びかけ”が、ロシアとの戦争を想定していたのがわかります。“続きはこちらから”以降は、こうした経緯を理解するために、時事ブログで示したコメントの一部です。今月25日のコメントでは、“米政府によるロシアとの戦争”を指摘しました。また23日の記事では、これがヨハネの黙示録に繋がる陰謀であり、ロシアとの核戦争のみならず、その後にポールシフトまで用意されていたことを示唆しました。しかし、コメントの太字にした部分の時間に注意して下さい。8月18日12時54分(午後0時54分)に、ポルソムメイヤスを処刑したことで、こうした陰謀が回避されたことを示しました。
 18日に取り上げた記事では、そのポルソムメイヤスからの極移動情報を紹介し、“今日の午後0時54分に回避されました”とコメントしました。巨大惑星の接近だけでは、極移動は起こらないはずです。加えてCERNの加速器を稼働させ、ポールシフトを実現する手はずだったと考えています。稼働の結果、イタリアの地震が起こったのではないでしょうか。
 18日午後0時54分にポルソムメイヤスを処刑し、20日の20時頃にポールシフトの陰謀に関わった者たちに対する処刑命令を出したことで、こうした陰謀の芽を摘んだわけです。その後、陰謀の中枢に居た先代のセントラルサンのヒメミコとその関係者を全員処分したのがこれまでの経過です。
 この世界のこうした出来事は、チャネリング情報でもたらされる一連の動きとリンクしています。両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
8月25日にロシアが警戒態勢に入った理由とは。。。
引用元)
http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/08/sirens-blare-in-moscow-as-russia-goes-on-high-alert-2462583.html
(概要)
8月25日付け

ロシアが警戒態勢に入った理由とは。。。


8月25日(ロシア時間)に、ロシア軍大将が召還されロシア軍は完全な警戒態勢となりました。同時に午前6時にモスクワでサイレンが鳴り響きました。
その1時間後、ロシア国防大臣は「ロシア軍最高司令官の指令により新たな無通告査察が始まった。ロシア軍(南部軍管区、西部及び中央軍管区、北部艦隊、航空宇宙軍最高司令部、空輸部隊)は午前7時に完全な戦闘態勢に入った。」と発表しました。

ロシアがこのように厳戒態勢となった理由は:

1)米ドルで資金を提供されている数人の重要テロリストがチェチェンの西南部で発見され殺害された。彼らは侵略という言葉を発していた。しかしこの事件は極秘に扱われた。

2)ロシアの南東部の昨日の気温は30℃だったが、鶏卵の大きさの雹がロシアのダゲスタンとチェチェン全域に降り、この地域のインフラの多くが破壊された。しかしこれはアメリカのサテライトが原因(気象操作?)であることがわかった。これも極秘として扱われた。

3)ジョー・バイデン米副大統領は、ISISにユーフラテス川東部に撤退するよう命令した。しかしトルコとロシアはCIAの戦闘部隊であるISISを破壊している。
(いつからバイデン副大統領は軍隊を統制し始めたのでしょうか。)

4)アメリカでは国土の半分が火災と洪水により非常事態のようなものである。

戦争の背後に見え隠れするものは。。。

a) 世界の金融エリートらは金融システムのコントロールを失ったため、それをリセットする必要があります。彼らの愚かな失態を隠蔽するには全面戦争が必要と考えています。

b) 8月22日に戦争開始の命令が下されました。しかし誰も戦争を始めませんでした。NATOによるロシア侵略が取りやめとなりました。彼らによる戦争開始の命令が拒否されたのは世界の力によるものです。

c)オバマ大統領は9月14日までに米経済を完全に崩壊させることになっていますが、誰もそのことに耳を貸しません。海運が停滞していますが、それでも米経済を完全に崩壊させるまでには至りません。

d) ホワイトハウスのファシストらは権力を失いかけています。彼らは権力を維持するために何をやるかわからない状態です。大規模核戦争もあり得ます。ホワイトハウスにいるオバマのハンドラーたちは完全に狂っています。

(中略) 

世界を支配しているルシファー崇拝者ら(堕天使ども)は人類を破壊することしか興味がありません。彼らは常に世界中を戦争状態にしています。

――――――――――――――――――――――――
ドイツ政府の緊急準備要請?
引用元)
ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に促している
http://www.zerohedge.com/news/2016-08-21/german-government-urges-citizens-stockpile-food-water-first-time-cold-war-ended

o0600033313730399040

冷戦終結以来始めて、ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に話す計画をしていると、フランクフルター・アルゲマイネン・日曜新聞は日曜日に報道した。

(中略) 

国民は10日間の食料の個人供給を確保する義務がある」と新聞は政府の「民間防衛の概念」を引用している。それは内務省によって準備されている。

(中略) 

さらなる優先順位として市民による軍隊への更なる支援が必要であると、付け加えられた。

(以下略)

» 続きはこちらから

“世界人口を90%削減”という目標に取り組む国連 と 霊導して来た者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 国連は、ケムトレイルやワクチン、生物兵器、そして飢饉を作り出すことなど、様々な方法で“世界人口を90%削減”という目標に取り組んでいます。
 そして、こうした邪悪な目標を推進するようにずっと霊導して来たのが、以下に示すチャネリングの記事の集団です。彼らは、ハイアラーキーから「銀河連邦」に吸収された者たちです。しかし、ハイアラーキーの残党たちと一緒になって、神々が拒否するこのような邪悪な計画を推進し続けて来ました。イルソムメイヤスは、すでに逮捕、収監されています。おそらく刑務所から送られたメッセージでしょう。単なる戯言です。地球評議会のポルソムメイヤスは、以前のポルソムメイヤスとは明らかに別人で、この通信文を送った時の進化段階は3.0です。現在は消滅しています。別宇宙のDEQUAHOMEIYASUと大天使アナフィエルも、すでに消滅しています。文章の波動をご覧になると、明らかにムーラーダーラ・チャクラであり、闇に落ちていることがわかるでしょう。
 彼らは、ジョセフ・ダンフォード将軍によるアメリカ新共和国という改革を推し進める勢力と見せかけ、チャネラーたちに光の勢力であることを示しながら、裏では国連による大量の人工削減計画を同時に推進するということを行なって来ました。彼らが根こそぎ滅ぼされ、罪の程度の軽い者は収監されたのは当然のことです。
 ただし、これまでもサルーサの件のように、本人は消滅しているのに、相変わらず偽者や人工知能からサルーサを名乗る通信文が入りました。時事ブログでは、こうした通信文が偽物であることをお伝えしましたが、通信文を送った者たちは、その後次々に精神が破綻してしまい、恐れをなして誰も通信文が送れなくなりました。人工知能は破壊されました。
 したがって、似たようなケースがしばらくの間は起こるかも知れません。今回のイルソムメイヤスのように、刑務所の中から偽の通信文を送り、その後処刑されるということが何回も繰り返され、最後に、誰もが恐れて通信文を送らなくなるというケースが考えられます。
 この者たちは、コブラの言動を見てもわかるように、サナット・クマーラと常に連携して悪事を働いていた先代のセントラルサンに忠誠を誓っていた者たちで、先代のセントラルサンのヒメミコが処刑されても、彼女の親族や仲間であった別の星神からの偽の通信文の指示に従い続け、地球の破壊という行動計画を推進し続けたのです。
 こうした星神たちも、現在ことごとく滅ぼされています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
国連は聖書の予言通りに計画を実行中
引用元)
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2016/07/the-un-why-they-lie-what-they-are-hiding-3168400.html
(概要)
7月30日付け

悪魔サタンは地球上で最も邪悪な人人たちを使って目的を達成しようとしています。サタンに使われている人たちとはグローバリストを指します。
彼らは過去も現在も秘密裡にサタンが目指す多くのゴールを達成させようとしています。
彼らは人類救済という名の下に、人類を動物以下の地位に置き、ジョージア・ガイドストーンに刻まれている通りのことを実行しています。
ジョージア・ガイドストーンには、「New Age of Rreason」=トマス・ペインのAge of Reason思想のニューエイジ版として、以下の10の戒律が刻まれています。

1. 自然とのバランスを永久的に保つために世界人口は5億人を維持する。
2. 適切性と多様性を強化しながら賢い再生を指導する。
3. 新たな現用語を使って人類を統合する。
4.情熱、信念、伝統、その他全てのものを明確な根拠の基に支配する。
5. 公正な法と公正な裁判により人々と国家を守る。
6. 国家間の紛争は国際司法裁判所で解決させ、内政問題は国内で解決させる。
7. 狭量な法律や役に立たない公務員は要らない。
8. 個人の人権と社会的義務とのバランスを保たせる
9. 真実、美、愛を尊重し、神とのハーモニーを追及する。
10. 地球の癌にはならずに、自然を守ろう。

優生学について

国連は「世界人口を90%削減」という目標に向けて猛烈に取り組んでいますが、国連は世界にその事実を公表することは決してありません。

国連は、世界中の殆どの人々が国連が何をやっているかを理解することができない愚か者であると考えています。

(以下略)

――――――――――――――――――――――――
電波について  2016年8月25日
転載元)
プレアデス評議会のイルソムメイヤスさんからの連絡です。太陽系が宇宙の中心部に入っている今、電磁的なバランスが崩れ、これから先数ヶ月間は、電波通信が不可能になるとのことです。従って、無線通信、テレビの送受信、人口衛星との間の交信、WiFiの利用などが不可能になります。通信は有線通信、光ファイバー経由の通信によるもののみが頼り、ということになります。国際宇宙ステーションとの間の通信は光通信に基づいてるので確保されるのだそうです。

――――――――――――――――――――――――
極移動について 2016年8月24日
転載元)
チャネラー:ちのたき

地球評議会のポルソムメイヤスさんから極移動に関する下記のようなメッセージを受け取りました。

「 接近しつつある私たちの太陽系ではない、別の系に属する 未知の、目に見えない巨大惑星の引力の影響で、北、南極が移動する。この移動は2016年9月12日に起き、10分間に西経60度の線上を南方に約 2200Km、北緯70度の位置にまで移動する。移動速度は、毎時12000kmにもなる超高速だが、この移動による衝撃、構造物の破壊などは生じない。

この移動の結果、世界各地の緯度、経度が大幅に変化し、それ に応じて気候も変化する。8月26日に、太陽系が、この宇宙の中心部のエネルギー密度が薄い地帯に突入するために突然起きる気候の極度の寒冷化に加えて、 この極移動に伴う気候の変化が起きるので、各自十分に注意してほしい。

極移動によって、GPS衛星が機能を喪失するので、カーナビ は、単なる地図表示器になり、目的地への方向、距離、時間などの表示が不能になる。船舶、航空機の目的地までの経路、時間、速度などを表示する機能を持つ ナビゲーション機器も同様に機能不全に陥るので、注意が必要である。」

――――――――――――――――――――――――
気温の急激な低下   2016年8月22日
転載元)
9月26日から突然太陽エネルギ
ーの放射が低下し、地球上の気温は約40度C低下すると、別宇宙DEQUAHOMEIYASUの宇宙評議会から連絡がありました。例えば関東地方の最高気温はプラス5度C、最低気温はマイナス20度Cになり、道路は氷結し、雪が降る、とのことです。ヨーロッパの気温は常にマイナスで、地中海は氷結するそうです。これは13000年のサイクルで太陽系がこの宇宙の中心部のエネルギーが極度に低い部分を通過するからで、来年6月までこの低温期間が続くそうです。

――――――――――――――――――――――――
放牧している家畜の耐寒対策について  2016年8月22日
転載元)
高次元のソウルたちは、9月26日から突入する猛烈な寒気への対応について、非常に心配しています。今は大天使アナフィエルから連絡があり、特に放牧している家畜について、家畜小屋の中に入れるなどの対策を採るようにとのメッセージを伝えてくれました。
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 29