アーカイブ: 中国の闇/反腐敗運動

中国では国家レベルで行われていた法輪功学習者に対する「臓器狩り」〜 Qグループの追求によって存続が危うくなる中国共産党!

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国では、法輪功学習者に対する「臓器狩り」が行われているという噂が絶えません。私は、これは事実だと考えています。江沢民が、ヒラリー・クリントンの民主党に繋がっていたことから、国家レベルで行われていたと考えています。別の記事の情報を合わせると、この問題はウクライナとも繋がっており、バイデン元副大統領も関係があるようです。
 Qグループの追求によって、これらの問題が表に出てくれば、中国共産党の存続はあり得ません。冒頭の動画をご覧になると、こうした問題がこれから広く知られるようになると思います。
 動画の冒頭にレオン・リー監督が出てきますが、体から綺麗な光が出ていて、一目で信頼できる人物だとわかります。また、動画の中にレオン・リー監督が“ 2人の勇気あるカナダ人”と呼ぶ、マテス氏とキルガー氏と思われる人物が出てきます。この2人の波動を見ると、両氏とも魂が残っていることがわかります。要するに、彼らは嘘をつくような人たちではないということなのです。
 “続きはこちらから”は、「ブラックマーケット裏事情」です。人体のパーツがどれくらいの値段で売り買いされているかがわかります。血液は、結構高値で売り買いされているのですね。日赤は、ボロ儲けというわけですね。確か、総裁は皇后陛下に代わったみたいですね。
 武器、麻薬、人身売買などの異常に儲かる闇取引は、歴史的に王家の専売特許です。こうした闇を追求していくと、世界中の王家のほとんどが、イルミナティの中核メンバーであることに行き着くと思います。このことが明らかになると、王家の存続が果たして可能なのかどうかは、疑問に思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アジアンドキュメンタリーズ配信「人狩り 中国の違法臓器売買」予告編
配信元)
————————————————————————
中国の臓器売買|現代のホロコースト
引用元)
(前略)

解放軍総後勤部 元衛生部部長 白書忠の証言によれば、「江沢民主席は、移植手術のための腎臓を売ることにかなりの力を入れ、指示しました。江沢民が命令を下してから、我々はすべて法輪功修煉者に対してかなりのことをしました。腎臓移植をしたのは軍だけではありません」とのことです。― http://www.upholdjustice.org/node/260

1999年7月以来、7000万人とも目される、法輪功学習者が弾圧され、一部の学習者は収容所に送られました。拷問や虐待の末に殺害された、夥しい数の法輪功学習者の臓器が、中国での臓器売買に附された蓋然性は高いと見ていいでしょう。なぜなら、近年の中国に於ける、臓器移植の増加と見事に符合するからです。

(中略)

中国国際移植ネットワーク支援センター (現在はアーカイブ化されている)の記事によると、 「私どもの部門では、肝臓 摘出において、温阻血時間を短縮し、臓器の拒絶率を下げ、移植臓器の機能回復を円滑にするために、腹部臓器の迅速な併合切開技術を採用しています」 との記述が見られます。”併合切開手術”の意味するもの、それは、生きたまま臓器を取り出し、オンデマンドで、臓器移植を行っているという事実です。

(以下略)

» 続きはこちらから

中国政府がウイグル人を組織的に弾圧していることが明らかに!その指示は習近平氏 ~権力欲から離れることができなかった習近平氏

竹下雅敏氏からの情報です。
 藤原直哉氏の大変興味深い見解です。「嗚呼、悲しいではないか!」さんが要約してくれていますが、中国政府の機密文書が公開され、中国政府がウイグル人を組織的に弾圧していることが明らかになった。しかもこの弾圧は習近平氏の指示で行われているとのことです。これはかなり大きな情報で、事実だと思います。
 「香港デモ」を見ても、習近平氏は民の声に耳を傾けるような人物でないことがはっきりとしました。私は、「香港デモ」に関して、香港市民の声を無視する中国側でも、香港市民を利用して「カラー革命」を成し遂げようとする欧米側のどちらの立場にも立ちません。両方が間違っていると思うからです。
 私の立場は単純明快で、今行われている犯罪を明らかにして、正しく裁けば良いと思っています。何よりも、事実を明らかにすることが最優先の課題でしょう。人々が真実を知ること。そうすれば、正義の裁きは後に続きます。そのことが、国民の声に耳を傾けることにつながります。
 権力者に多いのですが、彼らは様々な策謀をめぐらして、自分が理想とする世界を実現するために、公にできないようなことを裏でこそこそやっています。彼らの考えでは、「計画」が大事で、「国民」はどうでも良いのです。
 極端な話、日本の支配層なら「大東亜共栄圏復活」を夢想している可能性が高いです。そのためには、首都直下大地震、南海トラフ大地震を自ら引き起こして、この計画を実現しようとする者もいるのではないかと想像します。人が何人死のうが気にも留めず、「大計画」の実現のためには、少々の犠牲はやむを得ないと考えるのです。典型的な「悪」です。
 はっきり言って、世界の指導者と言われるような人物には、このタイプが多すぎます。こうした連中は、未来に居場所がないと思って結構です。藤原直哉氏の言葉を聞いていると、中国共産党の指導部も、このタイプなのだろうと思ってしまいます。
 時間のない方は、音声の9分30秒~12分20秒の所をご覧ください。中国共産党とヒラリー・クリントンの民主党が、いかに深く繋がっているかがよくわかります。なので、彼らはトランプ大統領とQグループにとっての敵となるわけです。
 腐敗の撲滅に尽力していた習近平氏は、権力欲から離れることができなかったと思います。腐敗の撲滅の後に、臓器売買に代表される中国共産党の悪事を表に出して、共産党を解体し、中国を民主化し、国民の偉大な代表になるのかと一時期待していたのですが、残念ながら、途中でこけてしまいました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
藤原直哉「中国の実態があらわに」
転載元)
藤原直哉「中国の実態があらわに」
 
音声再生

 
「中国の実態が露わに」
 
・トランプ大統領「中国の習近平が香港に100万人の軍隊を投入しようとしていた。自分が止めた。止めなければ香港は14分で壊滅させられただろう」
・中国は何事も武力で解決しようとする市政が顕著であることを世界に示した。
・中国のスパイの裏切りが顕著。
・オーストラリアの中国スパイが寝返った。
「新疆ウィグルの弾圧は本当である」と暴露。
・新疆ウィグルの責任は習近平が逃げるのを防止するためだと言っている。
・世界のいくつかの新聞社に出たように、中国政府の機密文書を公開
中国政府がウィグル人を組織的に弾圧していることが明らかになった。
この弾圧は習金平がやっている
・米議会「香港人権民主主義法案」が全会一致で可決
 ⇒米は徹底的にやろうとしている
・米政権は香港問題があるので通商合意はできないかもしれない
中国は本音を言うと捕まるので中国人は言えない
・香港問題は学生側の圧勝
・香港人は経済だけではなく政治も言えるようになった
・中国では「党や国と違うことは言えない」相当おびえて暮らしている
・中国語と言う壁の中で閉じ篭ってきた
・中国の経済問題が悪化すると火がついてくる
・中国は13億の人民をどうやって食わせるかが重大な問題
共産党はどうやってやってきたか
 ⇒中国から金を吸い取っていたのがクリントン一派
トランプが怒っているのは、中国と民主党が米国を破壊しに来ている
・裏に米民主党がいて、矛盾を先送りしてやってきた
 だから不景気がなかったが、この付けが溜まっている
・イギリス、アメリカ、ユダヤ人は世界の運営を常に考えている。根本的に発想が違う。
あらゆる中国の矛盾が表に出てくる
・共産党に莫大な投資をやってきた(民主党が金をつぎ込んだ)
・これをトランプが止めた⇒金はない
世界中不景気なので、中国の復活も難しい
・国民が不満を爆発させる
・当面、食つなぐことが必要である
・民がどうやって生きてゆくかを政治が作らなければならない
・強烈な不景気と金融危機が中国を襲う
 
・中国の発展が止まった⇒中国に乗れない
(以下略)

汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)「カラパイア」より 〜 ヤマ・ニヤマはAI任せにできない

パータ様からの情報です。
 タイトルだけで笑ってしまいました。
中国政府によって汚職を一掃するために導入されたAIは、忖度してくれなかったのでしょう、あまりの汚職公務員の多さに「汚職捜査AIシステム」はあっさりお蔵入りになったそうです。
 学生の管理や債務者の通報アプリなど監視カメラや顔認証の最先端と言われる中国が、公務員の私生活に対して「ゼロ・トラスト」という汚職捜査人工知能システムを適用したところ「その威力は凄まじかった」ようです。
 わずか30ヶ所の県や市で導入したところ「網にかかった公務員は8721人」で、一部の地域はこのシステムを停止したらしい。
 いくらAIによって汚職が確認できても、実際に告発するのは人間の仕事。
6400万人と言われる中国の公務員を正しく判定できる別の公務員が必要となると、さらにその公務員の汚職を、、。
ヤマ・ニヤマをAI任せにすると、公務員にブーメランが返ってきた。
 AIを活かすも悪用するも、結局は人間次第なのですなあ。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)
引用元)
中国政府は、汚職を一掃するためにAI(人工知能)を導入した。だが、これによって判明したのは、政府によって雇われている者たちの多くが、汚職を働いているという事実だった

(中略)
 中国科学院と共産党が提携して開発された「ゼロ・トラスト(Zero Trust)」は、150を超える政府データベースと社会的関係マップを用いて、公務員の私生活を監視・評価する、汚職捜査人工知能システムである

 たとえば、多額の預金がある銀行口座、大きな買い物、政府と親族・知人との間で交わされた受注案件といったサインを基にして、横領・職権乱用・コネによる採用といった汚職の気配を読み取るのだ。

(中略)

 研究者の1人は、『新しい技術に馴染めなかったのだろう』と話しているそうだが、もしかしたらゼロ・トラストの追求の手は、上層部にも及んだのではないだろうか
(以下略)

江沢民の手中から軍の権力を取り上げ掌握した習近平氏、CIA腐敗勢力との戦い・臓器狩り問題について

竹下雅敏氏からの情報です。
 人民解放軍の建軍90周年で、習近平国家主席が閲兵を行ったようです。秋の党大会を控え、習主席が“軍の掌握ぶりを国内外に誇示する狙い”だということです。
 下の記事によると、国営新華社通信が、習主席を「最高統帥」と呼んだとのこと。これは習近平氏が“江沢民の手中から軍の権力を取り上げたことを意味する”とありますが、この通りだと思います。
 私の感覚では、軍の90%以上を掌握しているように思います。習近平政権は、国内で反腐敗運動を進め、法治国家を目指してきました。この戦いの中で、江沢民派は腐敗勢力の中枢です。江沢民派はCIAと一体だと考えた方が、わかりやすいと思います。トランプ政権以前に、中国では、国内におけるCIA腐敗勢力との命を賭けた戦いが始まっていたわけです。しかしその戦いも、“習近平陣営はすでに圧倒的な優勢に立ち、今秋に開かれる共産党第19回全国代表(19大)の主導権を手にした”のは、間違いありません。
 記事では、中国の国境紛争が再燃している理由として、“反習近平勢力の所業によるもの”だとしていますが、 CIAの活動を考えれば、これはこの通りではないかと思います。
 元々、チベット、新疆ウイグル自治区、ミャンマー、ベトナムなどの紛争を利用して、中国をいくつかの国に分割して支配するという計画が進行していました。安倍政権のTPPも、この文脈で理解しなければなりません。安倍政権は中国と戦争をするために、意図的にジャパン・ハンドラーによって作られたのだとすれば、これまでの流れがよくわかると思います。
 “続きはこちらから”以降は、中国共産党の中央が指揮しているといわれている「臓器狩り」についてです。これは欧米でのペドゲイトに匹敵する事件で、いずれこの問題が国際社会で取り上げられるようになると、中国共産党はまず持ちません。習近平氏もそのことがよくわかっており、中国をバラバラに解体して支配しようとする勢力と戦いつつ、CIAが関与するこのおぞましい「臓器狩り」ビジネスに対処するという、非常に難しい舵取りをしなければならないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
軍服姿の習主席「永遠に党に従え」 閲兵式で強調
配信元)

————————————————————————
中国習国家主席、明日の建軍90周年で閲兵 自己の軍の掌握を誇示か
転載元)
中国では明日30日、人民解放軍の建軍90周年を記念し、内モンゴル自治区の「朱日和合同戦術訓練基地」が行われ、この中で習国家主席が閲兵を行う。共同通信が新華社の報道を引用して伝えた。

スプートニク日本

共同通信は習国家主席に閲兵について、指導部メンバーが大幅に入れ替わる5年に1度の党大会を秋に控え、習主席の軍の掌握ぶりを国内外に誇示する狙いを指摘している。人民解放軍は8月1日に建軍90周年を迎える。

先の報道によると、中国の戦闘機J−10は南シナ海上空を飛行していた米海軍の軍用機におよそ90メートルの近さまで急接近した。
————————————————————————
習近平主席に新たに「最高統帥」の称呼 その言葉が持つ意味とは
引用元)
(前略)
国営新華社通信は7月10日付の記事で、習近平中央軍事委員会主席に対して「党中央の核心、全党の核心、軍隊の最高統帥」などの称呼を並べた。中国メディアが同主席を「最高統帥」と呼んだのは初めてのことだ。
(中略)
江沢民派との闘争の中で習近平陣営がすでに圧倒的な優勢に立ち、今秋に開かれる共産党第19回全国代表(19大)の主導権を手にした、とのメッセージを発信しているとみられる。
(中略)
 国内で反腐敗運動が進められている最中、近頃、北朝鮮問題、国境でインド軍との衝突、南シナ海でベトナムとの紛争が再燃するなど、習近平政権は国内外の難題に突きつけられている。(中略)… 香港メディア・東方日報は11日の記事で、(中略)… 国境での不穏な動きは「内敵の働きかけを疑わざるを得ない」と、反習近平勢力の所業によるものだとほのめかした。
(中略)
 中国問題専門家の石濤氏は自身の評論番組で「この称呼は江沢民の手中から軍の権力を取り上げたことを意味する。(中略)… 」と分析した。
 現最高指導部には、江沢民派のメンバーが3人(劉雲山、張徳江、張高麗)いるが、今秋開催の19大で3人が退任する可能性が高い。江沢民派の最後の牽制を振り切り、習近平第二次政権が発足する。
(以下略)
» 続きはこちらから

[東京新聞 他]中国、元制服トップ収賄で起訴へ 13億円超受領か / 序列順名簿に江沢民氏の名前なし、「影響力を完全に失った」 / 習近平陣営、意味深メッセージを連発

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国では、江沢民一派を追い詰めています。中国は相当にロスチャイルド家やイエズス会の工作員に潜入されているので、習近平氏もかなり慎重に動いているように見えます。
 中国が腐敗を一掃するには長い道のりがあり、国内の混乱も大きいことから、その隙に付け入って、中国国内でダーイシュによるテロ工作が起こるものと考えられます。シリアを見ていると、対テロ戦争と称して招かれもしないのに、連合国が中国で戦闘行為を始めるということも考えられます。そこに日本の自衛隊が入っていれば、中国との全面戦争になりかねません。
 こうしたことは考えたくもありませんが、これまでの経過を見ていると十分にあり得るシナリオです。ただ、こうした陰謀が起こるには、中国国内に陰謀に協力する工作員が重要ポストに就いている必要があります。その意味で、出来るだけ早く、そうした欧米の工作員を習近平政権が徹底的に排除することを望みます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
中国、元制服トップ収賄で起訴へ 13億円超受領か
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
序列順名簿に江沢民氏の名前なし、「影響力を完全に失った」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7