アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]闇の関係者たちが分裂し、混乱していることを示すチャネリング情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 かなり笑える展開になって来ました。3月24日の記事のコメントで、マレーシア航空370便の乗客の行方に関するチャネリング情報が相互に矛盾しており、その矛盾をごまかすために、セント・ジャーメインなる者が“言葉の裏を探ると、矛盾は無いことが分かるでしょう”という苦しい言い訳をしていました。
 この件に関して、終に今回アシュターと名乗る者が、“他のメッセージを受け取った人”の情報に対して、“それは私からのものではありません”と言い出しました。さあこうなると、どれが本物のアシュターで、どの情報が正しいのかという事になるのは、明らかです。
 私は始めから今回のこの情報も含め、闇の関係者からのこうした情報は一切信じるべきではないと言ってきています。この文章の波動を感じ取れば、彼らに魂(モナド)が無いことは明らかなので、偽情報である事がすぐにわかります。何度も言うように本物のアシュターはすでに処刑されて存在しません。この通信文を見てもわかるように、闇の関係者たちが分裂し、混乱しているのは明らかです。いずれこうした者たちはすべて滅びることになるでしょう。万一生き残れるとしたら、方法は1つしかありません。これまで行って来た悪事をチャネリング情報の偽りに関する事も含め、すべて洗いざらい白状し、人々に公開し、許しを請うことです。それが出来ないというのであれば、許されることは無いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
マシュー君のメッセージ 2014年4月2日
転載元より抜粋)
http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/message-matthew-april-2-2014
Message from Matthew -- April 2, 2014
luisavasconcellos2012luisavasconcellos2012_@_gmail.com(_@_を半角にしてください)'s picture
Submitted by luisavasconcell... on Wed, 04/02/2014 - 08:40

このステーションに搭乗している全てのソウルからの愛のご挨拶を申し上げます。こ ちらはマシューです。この前のメッセージのように、私はまず自分についてこのメッセージのことをお話します。飛行機が行方不明になってかなり時間が経過し てからこのメッセージを伝えた理由の説明によって、私は私だけがアシュターにそれについて話しをするように頼んだ印象を与えたかもしれませんが、そうでは なく、この要請はここにいる全てのソウルから出されたもので、真実という高い振動のみが発せられ、テレパシーで伝えられました。

心配をしている 家族たちが愛する者たちが生存していて他の人達よりもはるかに優れたある形であなた方のものと類似の世界で健康に過ごしていることを私たちは如何に知らせ たいと思っていることか。これらの悲嘆にくれている人々の誰かを知っているとしたら、暮らしを楽しく、快適なものにしているあらゆる事についてアシュター が言ったことを知らせてほしいと思います。それでもこれらの人達がいなくなったことに就いての悲しみを終わらせはしないでしょうが、氷のような水の中で死 んでいったのではないか、乗員や乗客のうちの誰かがハイジャックしたのではないか、のような推測を終わらせられるでしょう。

事実に関しては、惑星外のソースからの何人かの読者が母 宛に送ってきた彼のものであるとするメッセージを含むある情報は、アシュターからのものとは顕著に異なります。これらの読者の疑問は、”どのアシュターを 信じればよいのか?”というもので、母はアシュターに答えを求めました。以下は、アシュターが母に語った事です。

”スージー、誰 かが非難しているように、二つのバージョンを比較するのはあなたの責任ではありません。私がお知らせし、あなたが起きたことについて受け取った情報は、こ の飛行機に乗っていた人達を迎え、その世界で必要なあらゆる事を用意するために行われた救助の最初の時の事実です。私は他のメッセージを受け取った人を軽 蔑するつもりはありませんが、それは私からのものではありません。スージーはこう信じていると思っていますが、偽の主張をしている別のソースはそれが私か らのものだと言い張っています。今は真実を明らかにし、私が言ったことが本当であることを示す時です。”

[竹下雅敏氏]アガルタ人とそのハイブリッドの頭蓋骨、チャネリング情報への警告

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に面白い記事で、よくまとまっていると思います。さて記事の中に興味深い3枚の写真があります。脳の容積が3000cc以上の⑱がアガルタ人の頭蓋骨です。アガルタ人と私たち人間との間に生まれたのが、⑯のホモカペンシス(コーンヘッド)です。アガルタ人とホモカペンシスとのハイブリッドの頭蓋骨が⑰の写真です。ですから、⑯⑰⑱の順に脳の容積が大きくなっています。
 文中、ネガティブの筆頭として、アヌンナキが出て来ますが彼らを地球外の存在とするならば、これは「光の銀河連邦」だと言ってよいでしょう。グレイについて書かれていますが、以前説明したように、グレイは宇宙人ではなく、彼らと羊などのハイブリッドです。「光の銀河連邦」の連中が、グレイを通してアメリカ政府をコントロールし、本当の支配者である「光の銀河連邦」は、まるでアメリカ政府を操るグレイたちと戦う光の戦士であるかのごとく装って来たのです。例えて言うと、グレイはアルカイダで、「光の銀河連邦」はCIAという感じです。
 この連中以外に、ポジティブな宇宙存在についても触れられています。彼らが(真の)「銀河連邦」です。チャネリング情報を見ていると、ポジティブとネガティブの区別がついておらず、ほとんどが「光の銀河連邦」からのチャネリング情報で、その中にサルーサなどの本当の「銀河連邦」からの情報が少し交じっているという感じです。
 波動の区別がつかないので、「光の銀河連邦」と名乗る闇からの情報を大量に流布させてしまっており、結果的に地球にネガティブな影響を与えることに協力してしまっています。彼らは霊的な事が何もわかっていないので、善意からこのような愚かな事をするのですが、カルマは確実に負債となって、のしかかって来ます。
 神々から許可も受けていないのに、神事を行うような者が結構居るのですが、霊的にはかなり重い罪だという事は理解しておいた方がよいでしょう。例えば、これまで警告していたように、神々の許可無しに「アワの歌」を歌うというような事をすれば、最後には気が狂ってしまいます。名前を偽ってチャネリング情報を送るのは罪になりますが、闇からのチャネリングを受け、それを公開する事もカルマの負債となります。何度警告しても真に受けない人たちが多いのは、困ったものです。気が狂ってから、私の言っていた事が正しいとわかっても遅いのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「現代人は進化の階段の先頭にいるわけではないという、豊富なたいへん面白い証拠」の例として、ロバート・コノリーが中南米の古代文明の調査旅行で撮影した、頭蓋骨の写真があります(CD-ROM写真集「The Search For Ancient Wisdom」1995年)。

これらの頭蓋骨の外観は、一見して現代人と大きく違っていますが、共通する最大の特徴は、脳を収納する頭蓋の容積です。
それぞれ、[⑯]2,200~2,500cc、[⑰]2,600~3,200cc、[⑱]3,000cc以上で、記録に残る現代人の最大のもの(1,980cc)を大きく上回っています。脳の容積は、進化の基本的な尺度です。

これらはいずれも成熟した大人の頭蓋骨です。もし奇形で生まれたものなら、成人まで成長することができないのです。
これらの頭蓋骨は、「豊富」に発見されていますが、説明がつかないというだけの理由で「定石どおりに」、正統学界から無視されてきたものです。

⑯中南米で発見された頭蓋骨1


⑰同2


⑱同3

そして、「何千年にわたって、多様な種類の知的生命体たちが、あなた方と継続的に地球を分かち合ってきたという秘密を、ごく一部の人々だけが、内々に関知してきた」ことについては、相手方がネガティブの存在かポジティブな存在かについて、分けてて考えるべきでしょう。

ネガティブの筆頭は、何といってもアヌンナキとの関係でしょう。アヌンナキから直接の「薫陶」を受けた指導者たち(つまり「秘密結社」を構成する人類の中のエリートたち)は、アヌたちが地球の存在でないことは、当然知っていたでしょう。そして、彼らの品性に触れるにつけ、「神」ではないことについても。また一般民衆は、自分たちが異星人にコントロールされているとは露知らず、「神」に守られていると思い込まされてきたことでしょう。

そして、近年のネガティブな知的生命体との「交流」では、「ロズウェル事件」に端を発する、グレイとアメリカ政府(の一部)の関係ほど過去60年の歴史に大きい影響を与えたものはないでしょう。前出の宇宙飛行士ブライアン・オレイリーの告白に出てくる、「NASAとUFOやETとのコンタクト」は、グレイのことを指しているとみられます。事の性格から、NASAが「交流」を担当する「適任者」として「受け皿」になったのです。そのことが、NASAの技術だけでなく、その体質に大きな影響を与えたことは間違いないでしょう。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]地球上に存在する私たち人類と地底人のアガルタ人、その全貌とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 カレン・ヒューズさんによると、地球上には頭の小さな者と大きな者の2種類の人種が居るとのことで、彼女にもう少し詳しく語ってもらう必要があったわけですが、この記事である程度のことがわかりました。カレン・ヒューズさんは少し理解が正確でないと思われる所があるので、訂正も含めて少し説明しようと思います。
 地球上に存在する2種類の人間とは、私たち人類と地底人のアガルタ人です。この動画に出てくるホモカペンシス(コーンヘッド)は、私たち人類とアガルタ人のハイブリッドなのです。以前は1000人程度居ましたが、現在ホモカペンシスは11名のみ生き残っています。生き残った彼らは、全員神々と共に働いています。現在ナサニエル陣営に適切なアドバイスをして、新しい金融システムを構築するのに、その数学的能力を発揮しているのは彼らです。せれなさんのヴィジョンでも、イクナートンが地球の変革のために努力してくれている様子が描かれています。滅ぼされた者たちは別として、善良な彼らが背後で活躍してくれているということなのです。
 邪悪なイエズス会の背後に居たのが、「光の銀河連邦」です。光の銀河連邦の地球の組織が神智学の言うハイアラーキーとなりますが、ハイアラーキーは上下2つの組織に分かれており、上部組織が太陽ハイアラーキー、下部組織が地球ハイアラーキーとなります。彼らは欲界の存在で、解脱していない以上人間として転生に入らなければなりません。地球ハイアラーキーのメンバーは私たち人間として転生に入りますが、太陽ハイアラーキーのメンバーが転生に入ったのが、地底人のアガルタ人なのです。進化段階が高くとも、地球内部に閉じ込められている存在であるということからわかるように、基本的には魔と言える存在で、神々ではありません。彼らが地球の支配者であったということは確かですが、これまで説明しているように、2007年以降の天界の改革によって、彼らのほぼすべてが滅ぼされてしまいました。地球ハイアラーキーの上層部であったマイトレーヤやイエス覚者などは、さらに上位の存在であるアガルタ人へと生まれ変わる事を熱望していたのです。それを成し遂げるためには、一旦地上に降臨して人類の中で公に暮らすという彼らの目標があったのです。従って“マイトレーヤと覚者方の降臨”という彼らの目的は人類のためではなく、自分達自身の目標を実現するためのものだったのです。アガルタの中心であり、支配者たちが住む処がシャンバラで、アガルタの首都と考えればよいと思います。理想郷と伝説上は言われていますが、実際には魔の巣窟に過ぎなかったわけです。
 これらの事はすべて過去の物となりました。ですから今、こうしてその全貌がお話しできるわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
カレン・ヒューズさん:地球上にいるヒューマノイドについての続報
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/03/shocking-former-world-banker-says-second-species-controls-earth-2928632.html
(概要)
3月29日付け:

(概要)

アーケナーテンの写真をご覧ください。彼も娘たちも全員が大きなヘッドドレスを被ることで自分達の大きな頭蓋骨を隠しています。これらの人々は人間ではありません。ヒューマノイドです。支配ネットワークの背後にいるグループの1つがこのヒューマノイドです。

彼らは非常に賢いが、クリエイティブではありません。数学的能力が非常に高い生命体です。氷河期には、彼らは今よりも遥かに強力な軍隊を持っていました。彼らの頭蓋骨が世界中の博物館に展示されています。彼らの頭は後ろに長いため、コーンヘッド(トウモロコシ頭)というあだ名があります。

彼らには複数の種族があると言われています。彼らは人間の女性と性関係を持ち、ハイブリッドの子供を作る場合もありますが、そのような子供たちは生殖能力があまりありません。

これは、私(カレン)がポルトガルにいる知人(男性)からの情報ですが、彼がとある銀行の会議に出席した時、頭が異様に大きく青い目をした男性が会議室にいたそうです。

我々は、秘密結社が支配する世界に生きており、それは、我々が知るべき情報を知らされない秘密の世界なのです。バチカン、特にイエズス会が世界を支配しているのですが、その背後にいるのがこのヒューマノイド(ホモカペンシス)なのです。 彼らはソロモン時代から、地球の金を盗もうとしていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、我々は通貨戦争の真っただ中にいます。もしFRBが今後も米ドル札を刷り続けるなら世界の国々は米ドルを拒否することになるでしょう。

地球にいるのは我々人間だけでないという証拠は数限りなくあります。これまでにも人間以外の生命体が地球にやってきているのです。

世界の国々は其々、一枚岩ではありません。腐敗に戦っている勢力もいれば、国民を裏切る反体制の勢力もいます。世界の支配ネットワークの背後にいるグループがイエズス会です。しかし彼らの背後には、複数の種族がおり人間を支配しています。彼らは人間ではありません(中略)。



バチカンを支配しているのは法王ではありません。黒い教程が世界を指揮っているわけではありません。秘密は実際に存在しています。秘密にされていたからといって真実ではないとは言えません。こらは真実なのです。

人間以外の生命体が地球上に暮らしています。彼らは氷河期に既に世界地図を描きました。現在も彼らの子孫が世界中にいます。彼らは我々と共に暮らしています。彼らは宇宙人ではありません。これまで地球は何回も海岸線が海に沈みました。これまでに海面が400mも上昇しました。

[竹下雅敏氏]「光の銀河連邦」とマレーシア航空機に関する矛盾したチャネリング情報

竹下雅敏氏からの情報(4点)です。
 これまで、神と共にある「銀河連邦」と魔とその仲間である「光の銀河連邦」があること、後者は前者から排除されていることを伝えました。また「光の銀河連邦」は神智学で、ハイアラーキーと呼ばれる一団であり、チャネリングではサナンダ、アシュター、マシュー、大天使ミカエル等の名で通信を送ってくることを伝えました。従ってまともなのは「銀河連邦」に属するサルーサぐらいしかいないので、ほとんどのチャネリング情報は相手にしないようにアドバイスしました。
 魔の一団である「光の銀河連邦」は、アセンション、フォトンベルト、ニビルなどを持ち出し、オバマが光の天使だという明らかな嘘をつきます。本物のオバマはすでに死亡しており、替え玉のオバマにもすでに魂(モナド)はなく、霊的には滅された存在です。オバマの写真を印刷して、両手でそれを持ってごらんなさい。体表のチャクラがすべて停止してしまうでしょう。体外のチャクラのみが一部残っています。すなわち神々によって処分され、チャクラを滅されているのです。この連中は嘘ばかりつくので、相手にしないようにと言ってきたのですが、今回取り上げた一連の記事で、それが明らかにわかります。
 まず、3月11日の通信でマレーシア航空370便の乗客が、全員無事であることをアシュターと名乗る者が伝えてきました。13日には同じくアシュターが、乗客は"内部地球に連れて"行かれた事、乗客の"多くは携帯電話を持っている。やがてはメッセージを送るようになる。"と言い、ゾラと名乗る者は、航空機は最後に"海中に落下した"と伝えます。
 ところが20日の通信では同じアシュターを名乗る者が、まったく別の事を言います。乗客は地球に似た"小さい惑星"に移り、"これらの人々を地球には戻せませんでした"と言い、しかも、行方不明となった乗客との"再会の可能性は低い"と言い、情報を得ることなどの"繋がりを得る事は困難でしょう"と言うのです。先には携帯がつながる場所にいるはずでしたが…。
 この明らかな矛盾に対して、22日にセント・ジャーメインを名乗る者が説明を加えます。航空機は"宇宙船の中に搭載されて輸送された"そうで、13日の説明では"マレーシア航空機を空中で保持"、その後乗客が宇宙船に移った後に"航空機保持を切り離された後に…海中に落下した"わけで一度も宇宙船に搭載されていないはずです。
 こうなるともう猪瀬直樹のようですね。そしてこの明らかな矛盾に対して、"言葉の裏を探ると、矛盾は無いことが分かるでしょう。"と言うのです。これで矛盾がないのなら、どんな嘘をついても大丈夫ですね。事実は実に簡単で、彼らは嘘ばかりつく魔の一味だという事です。これらの記事の中のアシュターは全員別人です。20日のものは人口知能から送られて来たものです。私がこれまで"マシューだのアシュターだのと名乗り、次々と別の者が情報を伝えてくる。本物はすべて、すでに処刑され存在しない"と言ってきたのですが、これでよくわかるでしょう。
 また22日の記事では、"私たちは乗客たちやホストたちの亡命を考えたりはしていません。…私たちは銀河の第三次大戦を始めたくはありません。"と言っており、間接的ではありますが、彼らが乗客を人質に取り、「銀河連邦」と宇宙での戦争になることを恐れていることがわかります。戦争にはなりません。この一件で、「光の銀河連邦」は神々によって滅されてしまったからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――1点目――――――――――――
セント・ジャーメイン・・・2014年3月22日 真実開示作戦/フライト370
転載元より抜粋)
あなた方全てに はこれまでにフライト370の行方不明のミステリーについてよく知らされてきた事でしょう。私は、私たちの銀河連合艦隊の最高司令官であるアシュターと共 に繰り返し強調しますが、乗客と乗務員は無事で、非常に美しく、安全な場所で暮らしています。

世界中で非常に多くの人達が活発に追跡をしているので、彼等 の正確な状況についてお話はしませんが、彼等に危険はないとだけお知らせします。乗客たちは歴史的な真実開示作戦の一部になることを非常に喜んでいます。

この飛行機が宇宙船の中に搭載されて輸送された時の自動応答送受信機のピーン、という音は実際に記録されています。

アシュターからの明らかに矛盾するメッセージを伝える チャネラーの問題についてお話をしたいと思います。いろいろな報告の間には違いがあるように見られますが、言葉の裏を探ると、矛盾は無いことが分かるで しょう。

例えば、マシューと呼ばれる者を通じての最近のメッセージでは非常に快適な遠くの”惑星”に連れて行かれた乗客たちのことが伝えられています。親 愛なる皆さん、どうかあなた方の目、耳、ハートを開いて読んで下さい。

私たちは乗客たちやホストたちの亡命を考えたりはしていません。自分たちの 利益のために乗客たちを捕らえようと追跡を試みるだけの進歩した技術を持つ者がこの惑星上にいます。私たちは銀河の第三次世界大戦を始めたくはありませ ん。このミッションの成功と関係者の安全を保証するのに必 要なあらゆることを実行します。

――――――――――――2点目――――――――――――
マシュー、アシュター・・・2014年3月20日 マレーシア航空の飛行機
転載元より抜粋)
スージー:アシュターさんハロー。マシューが言うには、あなたが行方不明の飛行機に付いての情報を持っているとの事です。

アシュター:そうです、スージー。私は知っています。行方不明になった飛行機の機上の全ての人達は空気が地球と同様で地形も似ていて、住民の外観があなた方のそれ とかなり似ている小さい惑星に移りました。
私たちはこれらの人々を地球には戻せませんでした。

この惑星上には、この飛行機を降ろし、発見されるまでこれらの人々の 生存を保証する安全な場所がありませんでした。世界の人達には人々が地球に似ている惑星の上で生存していることを知ってほしいと思いますが、このような声 明を誰が発するのでしょうか?誰がそれを信じるでしょうか?特に行方不明になった人達の家族や友人たちなどの親しい人達に今の時点ではあなた方の惑星より も遙かに良い世界で快適に、幸福に暮らしているということを知ってほしいと思います。

スージー(S):アシュターさん。彼等と彼等を愛する人達がこの生涯の間に再会する可能性はあるでしょうか?

アシュター(A):それは私にはわかりませんが、可能性は低いと思います。

S:メディア、又は読者がここにおいてその惑星上の普通の人々と連絡を取って彼等の家族のために情報を得ることが出来るでしょうか?

A: テレパシー通信は宇宙での普遍的な方法ですが、このような繋がりを得る事は困難でしょう。


――――――――――――3点目――――――――――――
Hollow Earth Netwrok によるラジオ放送の内容要約 2014年3月13日
転載元より抜粋)
銀河連合艦隊司令官アシュター 

マレーシア航空370の乗客は全員無事。銀河連合の宇宙船が救い出して、内部地球に連れて行った。乗客たちは、ふるさとに帰ってくると色々な話しをするだろう。乗客は、銀河の計画を知らされている。

彼等は人質になることを喜んで承諾した。NESARA法の実施が返還の条件。後二、三日待つこと。捜索しても何も見つからないだろう。多くは携帯電話を持っている。やがてはメッセージを送るようになる。

ゾラ(父なる神)
この航空機には、離陸前のメンテナンスに問題があった。 マレーシア海岸から離れた時に油圧系統に問題が生じ、フラップが動かず、高度を得られなくなった。その後フラップが一定の位置に固定され、急激に上昇し た。

従ってアシュターは宇宙船を派遣し、マレーシア航空機を空中で保持した。乗客は搭乗した航空機から別次元に移るか、そのままの航空機に乗っているかど うかの決断が必要になった。

従って多くはアシュターの宇宙船に移った。航空機保持を切り離された後にノーズダイブを起こし海中に落下した。宇宙船が救出し たので乗客は喜んでいる。

―――――――――――――4点目―――――――――――
アシュター・・2014年3月11日 シリウスのUFOが 世界平和を持ってやってくる
転載元より抜粋)
マレーシアで行 方不明になった民間航空機について聞いたことがあると思います。フライト370は東海岸の浅い水域上空で揺れ、突然高度35000フィートからゼロまで急 降下し、行方不明になりました。同時に、レーダーは他の、あらゆる航空機の速度の4~5倍の速度に加速した一機の”航空機”が、ある場所でホバリングし、 その後、かの航空機が行方不明になる数秒前に、突然レーダースクリーンから見えなくなったことを捉えました。

この航空機の乗客と乗務員是認は無事で、ある秘密の場所 で楽にしている、とお話出来る事は非常に喜ばしい事です。

[竹下雅敏氏]アガルタ人の生き残りPI(ピ)との通信

竹下雅敏氏からの情報です。
 3月20日の記事で、アガルタ人のPI(ピ)のメッセージを紹介しました。この時のコメントにも記したように、ただ1人生き残った彼にどうしても聞いてみたい事があり、中西征子さんに通信を取ってもらうことにしました。質問は全部で9つあり、それに対する答えをファクスで送り返してもらいましたが、ここでは読みやすいように、私の質問と答えを交互に並べています。『 』の部分が私の質問です。
 このやり取りで私が説明している事が正しいということがわかると思います。なおこのメッセージが本物であるという事は、例えば紙に彼のメッセージの部分を印刷し、それを手に持ってみればわかります。あなたの体表のチャクラが全て同時に開くことがわかるでしょう。
 同様の事を、マシュー君だとか、サナンダ、アシュターなどのメッセージと言われるもので行ってご覧なさい。逆に体表のチャクラがすべて停止してしまいます。これは彼らのチャクラがすべて滅ぼされているか、または人工知能から送られてくるメッセージであることを示します。このようなメッセージは信用すべきではありません。こうした感覚がまったく摑めないようであれば、チャクラの実習など基本的なトレーニングをまず行う必要があります。
 通信文の私の質問のところを取り出して印刷し同様にすると、すべてのチャクラが開くことがわかるはずです。霊的な進化段階が5.0以上ある人は、必ずこうした現象が起こります。神智学的には進化段階が5.0以上の者をマスター(覚者)と言っているようなので、この現象が起こらない人はマスターでないということが直ちにわかります。チャネリング系の情報では次元上昇したマスターなどという戯言を言う人がたくさん居るのですが、今の様に調べれば直ちに嘘だとわかるのです。
 ただ私の場合は人間ではないので、5.0以上の進化段階があったとしても覚者とは言いません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子様

昨日の時事ブログの5本目の記事で、アガルタ人のPI(ピ)のメッセージを紹介しました。彼に通信を取って、以下の私の質問を聞いて下さい。公開を前提としての質問です。

竹下雅敏


『アガルタ人のPI(ピ)様
あなたに質問があります。ぜひとも答えて下さい。

アガルタは破壊されました。わずかな生き残りがいますが、彼らもいずれ消えるでしょう。ただ1人生き残ったあなたに聞きたいのです。

1.このアガルタの完全な崩壊と事実上のアガルタ人の消滅について、どう思うか?』

(答)
まことに公正な裁きであると思っております。
権力に目がくらみ、自ら墓穴を掘ったのであれば、それはカルマの法則に於いて当然の結果だと思っております。


『私は2007年の天界の改革以来、サナカ、サナンダ、サナト・クマーラ、マハー・アヴァター・ババジ、そしてハイアラーキーの代表であるマイトレーヤと共に協力して天界の改革を行ってきた。しかし、最終的にこの者らは権力に目がくらみ、法の裁くところに従って消滅していった。

2.この者たち、すなわちアガルタの支配者たちが神によって滅ぼされた事を、あなたは知っていたか?』

(答)
2.いいえ、知りませんでした。今はじめて知りました。


『アガルタ人は、あなた以外の者はすべて、“神と神々の存在”をみとめようとしなかった。彼らは自分たちが人間と異なり、モナドが動物システムへと転落した魔であったのだが、それを自覚していたように思われる。』

(答)
それは自覚していませんでした。


『アガルタ人であなたはただ1人、人間であった。』

(答)
それも知りませんでした。


『3.あなた以外のアガルタ人は、自分たちが魔であるという自覚があったのか?』

(答)
いいえ、ありませんでした。


『4.なぜ、あなた以外のアガルタ人は神の意志に反し、逆らいつづけ、地球はもちろん、天界の権力まで奪い取ろうとしたのか?』

(答)
きっと自分達が誉り高いアガルタ人種だという事を認めたかったからだと思います。
権力こそ誉りを支えるものだからです。それは妄想にすぎません。私はそう思います。

» 続きはこちらから