[竹下雅敏氏]米人気歌手プリンスは殺された? プリンスの性癖と音楽業界の闇 〜人間の本質は妻や恋人に見せる顔で決まる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 米人気歌手プリンスが死亡したというニュースは、もちろん知っていましたが、時事ブログでは取り上げませんでした。なぜなら、私が何かコメントをすると根拠の無い誹謗中傷と受け止められかねないからです。しかし、今回このニュースが出て来ました。
 欧米社会、特に米国では、世界的な人気歌手ともなると、まず100パーセントに近い割合でイルミナティだと言えます。彼の写真を見ると信じられない位穢れた腐敗臭がするので、その性癖が相当におぞましいものであると容易に想像出来ます。今回、そうしたおぞましさの一端が、彼の元恋人の証言から浮かび上がって来たということです。
 こういうニュースを見る度に思うのは、どんなに有名になり、富を得て、美しい恋人を所有したとしても、幸福とはまったく無縁だということです。人間の本質というのは、世間の人々に見せる顔ではなく、最も近しい妻や恋人という肉体関係を持つ相手に見せる顔で決まるものです。それが檻、クサリ、ムチという変態だったわけで、いかに心が屈折しているか、病んでいるかがよくわかります。
 要するに、彼は正常な人間関係を結ぶことが出来ない病人で、癒しが必要だということなのです。恋人ですら動物扱いしか出来ないのです。このような者が、救世主としてある特定の分野において王子(プリンス)として君臨する世界が、愛や調和とは無縁の世界であるというのは、誰でもわかるのではないでしょうか。
 そうした人物ほど信者を集めたがり、組織の中で独裁者として振る舞うのです。最悪のケース、悪魔崇拝による儀式殺人に至るでしょう。
 さて、今回彼が死亡した件ですが、この元恋人の証言からも推測出来るように、彼は殺されたと考えています。おそらく日々強まる地球上の光に耐えかねて救済を求めていた彼は、仲間から裏切り者と見なされたのだと思います。元恋人の証言から、音楽業界の闇が浄められることを望んでいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
急逝プリンスの性癖を元カノ暴露「24時間、奴隷だった」
引用元)2016年4月28日 日刊ゲンダイDIGITAL版
「秘密の地下部屋は檻、クサリ、ムチといったテーマに分かれていました」

 4月21日に急逝した米人気歌手プリンス(57=本名プリンス・ロジャーズ・ネルソン)の性癖が尋常ではなかった。英デーリー・スター紙は25日、元恋人シャーリーン・フレンドさんの証言として、プリンスの性癖の特異性を伝えた。

 フレンドさんが18歳だった1989年、プリンスに処女を捧げた後「24時間、ずっと性の奴隷でした。地下のテーマごとに分かれた部屋では連日、性行為が繰り返されました」と告白。

プリンスはセックスパーティーを開くのも好きでした。さらに自分がメシア(救世主)だと信じてもいました

 プリンスの臓器の一部はいま死因特定のために検視に回されている。

 ポップ界のプリンスは夜の世界でもプリンスだった?

Comments are closed.