地球の周波数上昇によりシューマン共振の一次周波数が7.83Hzから8.5Hzへと上昇 〜シューマン共振の上昇と意識の統合〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 シューマン共振についての面白い記事が、In Deepさんから出ています。基本的に変化しないと思われていたシューマン共振の一次周波数が、7.83Hzから8.5Hzへと上昇していると言うのです。
 2つの周波数は、動画で聴き比べることができます。7.83Hzは肉体のスワディスターナ・チャクラに対応するのに対し、8.5Hzはサハスラーラ・チャクラに対応することがわかると思います。地球の周波数が、物理的次元でも上昇したことが確認できるわけです。
 この周波数の上昇は事実で、日本時間の2016年1月1日午前0時に、7.83Hzから8.5Hzへと上昇したようです。どうしてこんなにぴったりとした日時で、しかも日本時間なのかと思われるでしょうが、宇宙的レベルでの霊的中心は、古来からずっと日本なのです。これからも変わらないと思います。
 シューマン共振が上昇したことで、今後どのような変化が起こるかですが、これは、チャネリング系で多く語られていることとは違ったものになります。人間の狭義の肉体は、表層と深層の2層に分かれると説明しましたが、詳しくは表層、中層と、深層の3つに分かれます。このうち、表層と中層が1つとして動くことが多く、大まかには2層に分かれていると考えて差し支えありません。シューマン共振の上昇は、これらの今は分裂している狭義の肉体の意識を統合させます。
 以前のコメントで、この2層の意識が3年ぐらいかけて統合するだろうとしましたが、まさにこれが起こるわけです。すでに、深層の意識では精神が破綻している者が結構居るので、それが統合されると、表面的にも統合失調症として診断されるような人々が増えると思われます。
 要するに、狭義の肉体の意識が統合されると、嘘がつけなくなるということなのです。表面で言っていることと深層の意識(本音)の区別がなくなってしまうからです。こうした意識の変化に伴って、社会全体は、正直であることを美徳とし、嘘をつくことを非難するようになっていくと思います。
 霊的なレベルでは、意図的に嘘の情報を流して社会を混乱させると裁かれます。下のコブラ情報がその典型です。コブラの名を偽って情報を出す人物が次々と処刑されているのですが、彼らはいつまでこのようなことをするつもりでしょう。RM(レジスタンス・ムーブメント)の連中は、よほど心根が善良な者以外は、将来的にまともな精神状態でいられる者は居ないだろうと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ずっと一定の周波数だった母なる地球の音(シューマン共振)がなぜか突然変化し、そして、あまりにもカタストロフが進んでもいたけれど、今日もまた時間が足りなく…
転載元)

NASA


先日、「地球から発せられている母なる音が変化している」ことを知りました。
これは、シューマン共振とかシューマン周波数とか言われているものなのですが、「ものすごく正確で一定」のものだったのですね。
Wikipedia の説明では以下のようになります。


シューマン共振
シューマン共振あるいはシューマン共鳴は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在する。

常に共振し続けているので常時観測できる。

シューマン共振のエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれている。

ここに「一次」とある 7.83Hz は、ずっと 7.83Hz だったんですね。

こちらの動画にあるのがそうです。


ひとつの説としてですが、上の YouTube の解説には、

> ストレス耐性、ヒーリング、成長ホルモン分泌促進などがある

とあります。

ところが、最近、ロシアの観測所が、この周波数が「 8.5 Hz 」になっていることを発見したのです。

(以下略) 


————————————————————————
30 minute Binaural Beat Session - Alpha 8.5Hz
配信元)


————————————————————————
ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)
転載元)
8月26日インタビュー

〇シューマン共鳴について 

コブラ:――シューマン共鳴についてはたくさんのことが言われています。シューマン共鳴は一つの周波数ではありません。一連の周波数で、電離層での共鳴周波数を特徴としています。それは変化しません。ただ、電離層を励起する鍵となるピーク周波数があるのです。これは1950年にシューマン博士によって理論的に出された説で、測定されたのはもっと後になってからです。人々が理解しているようなあり方で、直接、意識と繋がっているわけではありません。

しかし、主な周波数のうちの一つが人間の心臓の周波数と共鳴します。それは本当です。これにはまた、何らかの宇宙的な意味があります。他にも銀河の共鳴周波数があるからです。あるレベルで、シューマン共鳴周波数は、銀河の周波数とシンクロしています。


————————————————————————
ディスクロージャー・プロセス
引用元)
2017年5月17日付

(中略) 

オルタナティブ・コミュニティーも、シューマン共振周波数が上がらないことをやっと悟り始めています。

(中略) 

 シューマン共振はシューマン教授の名を冠したものです。彼はドイツ初期の秘密の宇宙プログラムに関わっており、後にペイパークリップ作戦で米国に渡りました。シューマン共振の周波数はとても安定しており、主に電離層空間の物理的大きさによって決まります。

 シューマン共振の振幅は変化します。
電離層のプラズマが励起されると振幅が大きくなります。電離層のプラズマは、太陽活動、雷雨、スカラープラズマ兵器やHAARPの使用により、また最近では光の勢力がプラズマ異常を浄化するときにも励起されます。


 
 さらに光が増して理解が進むにつれ、科学上の、そしてオルタナティブ・コミュニティーで信じられている誤った考えがゆっくりとほどけ始めるでしょう。

(以下略) 

Comments are closed.