Mr.Xの電話 〜 心の中を見てやろう

 医療の現場から、あるいはご自身の介護の経験から、はたまた、意外や同級生あべぴょんのエピソードまで、興味深いお話を繰り出される、ぴょんぴょん先生。なんと今回は、誰も知らない胸の内を明かして下さいました。
 暖かく見守る大きな存在と、一途な少女との対話にも見える、朝のひととき。その先に見えたものは、、、?
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Mr.Xの電話 

pixabay[CC0]


 電話大ッキライの私が、携帯の着信に気づいたのは雨の朝であった。誰からだろうと思ってみると、登録されていない人からだ。留守電が入っていたので、何気なく聞くとMr.Xだった。

「体のことでご相談があるので、お電話ください」と蚊のなくような声で録音されていた。
それを聞いた瞬間、わたしの体は硬直して金縛りのようになった。

昨日おとといと風邪気味で、寝られるだけ寝て、今朝はやっと爽快な朝を迎えたというのに、この電話のせいで不快感100%にされてしまったのだ。

この人はもと患者さんだけど、別に教えたくて携帯の番号を教えたわけでもない。しかも親しいわけでもないのに、ときどき忘れた頃に相談の電話がある。それも体のことだ。
前回は1年以上前だったが、一応相談にのった。ただし、「お金も払わずに、タダで相談してくるのは困る」と突っ込んだのにもう忘れたのか、よほどの鈍感なのか。
まあ小心の人ではあるが、自分の小心のせいで他人の平和な朝をぶち壊すとは。

ネコと遊びながら、ムシャクシャを振り払おうとしたがそれは無理だ。
それなら、自分の心の中を見てやろう。



怒り、罪悪感、恐怖


何がある?

う〜ん・・まずは怒りだ。
あいつのせいで、静かな朝が台無しになったという怒り。
ムラムラしている。あいつの鈍感さに怒りを感じている。

その次は?

う〜んと・・罪悪感かな?
返事の電話はしないと決めたけど、
相手を傷つけるのではないかという罪悪感。
けっこう、わたしも人に気を遣っているんだわ。

それだけ?

うん、それだけだと思う。
怒りと罪悪感に気づいただけで、ずいぶん心が軽くなってるよ。
でもまだ、なにかわだかまっている。 何だろう?

それはもしかして、恐怖じゃないのかい?

そうそう、それよ、恐怖! 
平和な時間が一瞬で台無しにされた恐怖。
そして、無視したために相手がどう思うかの恐怖。
Mr.Xそのものにも恐怖を感じでいるわ。
男性だし、うちのありかも知ってるし。コワイ。


感情を増幅させる


怒り、罪悪感、恐怖。これで、打ち止めかな?

だいぶ、すっきりしたね。このあとどうする?

心理学では、こういうのをイメージで飛ばすっていうのをさせるよね。

「怒りの黒い塊をイメージしてください。
黒い塊はどんどん大きくなって、
これ以上大きくなれないくらいにふくらんでいきます。
はい、それを宇宙のかなたに放り投げてください。
どんどん遠ざかって、爆発して消えてしまいました。
おしまい」ってやつかな?

そうそう、それで、心が軽くなるよ。

でも、私はそういうのはあまりやりたくない。
どっちかというと、ホメオパシー的なのがいいかな?

ホメオパシー的?

うん、限界まで増強させることによって、逆に消滅させるやつ。

それやろう。

怒り、怒り、怒り、怒りって、
どんどん今ある怒りを強く感じてみる。
あいつめ、あいつめ、あいつめって怒りが大きくなってるよ。
せっかくの休みの日を台無しにして、あいつめ、
なんて鈍感野郎だ!!! って、思ったら・・・
あらら・・あいつはどうでもよくなっちゃったよ。


本当の怒りは自分


それで、怒りは消えた?

怒り、怒り、怒り、怒りって、
なんかまだあるよ。なんなのこれ?
ええっ? もしかして、自分に怒ってるの? 
ええっ? そっちが本命?って、どういうこと?

心のコントロールができなかった、自分に対して怒ってるんだね。
もっと、心のコントロールのできる人になりたいって、日頃思ってるからね。

そお。怒りみたいにネガティブな感情が生じたことが、
悔しかったんだ。それが自分への怒り
かあ。


幼い頃のトラウマ


となると、罪悪感というのは? 自分に対してなの?

自分の心は安定していると思っていたのに、
怒りで動揺していることへの罪悪感。


つまり、きみは心が揺れることが罪悪だと思ってるんだね。
いつからそう思うようになったの?

親戚のおばさんが、わたしが小さかった頃、
驚いたことがあるって言ってた。
2才くらいのとき、わたしは激しく泣いていたんだって。
それが父の姿を見たとたん、いっしょうけんめい涙を拭いて、
父の前ではまるで、泣いていなかったようにふるまったと。

そうか、父は怖かったからね。泣いていると、もっと怒って、
もっと泣かせるのがうまかったからね。
そうやって、裏表ができる子になったんだよね。

そうなの。だから、心が揺れることはいけないことと思ってた。
思春期に読んだ精神世界の本からもそう学んだ。
感情のコントロール、イコール修行だということ。
聖者になると感情はゆれないと思っていたけど、
実際はそうじゃなかったみたいね。

心が安定しているって、ロボットみたいに心が動かないってことじゃないと思うよ。
どんなに揺れても、すぐにもとの静かな水面にもどることじゃないかな。


そうだよね。水面が揺れることは不快なこと。
でもそれを無視して、別のもので揺らしてごまかしても、
いつまでも元のネガティブな波動は残っている。
つまり解決したことにならないよね。

Max Pixel[CC0]


恐怖の電話


だから今、こうして自分の心をみつめているんだろう?

うん、そうだね。
さて残るはあと一つ。恐怖っていうのは何だろう。
ここまでくると、もうMr.Xに対するものじゃないってわかる。
恐怖って、とっても奥が深いよ。何か過去に、
信頼されている人にひどい目にあったことがあるような。


そう言えばわたしがまだ、「ひつじの皮をかぶった7種」だった
学生時代にこういうことがあった。
ノイローゼ気味の友人がいて、よく相談に乗ってたんだ。
そうしたら、毎晩電話がかかるようになって、
それでもいやと言えなくて何時間もつき合っていた。


でもだんだん、電話がなるだけでビビるくらいにつらくなって。
それでもいやと言えなくて、ついに電話線をはずした。
そしたら翌日その子から、
「どうしたの?電話局に問い合わせたわよ」と言われた。
なのにまだ、いやと言えなかったんだよね。
以来、電話恐怖症になった。結局、自分のまいた種だったけど。

そうか! いや、と言えない自分が怖いんだ。
そのために巻き込まれてひどい目にあったから。つまり、自分が怖いんだ。
いやと言えない自分がまた、自分を不幸にするのではないのか、
自分を守り切れないのではないのか、という自分不信からくる恐怖なんだよね。

結局、自分を信じられてないんだね。
これまでたくさん自分を裏切って、つらい目にあったから。
これからはもう、そんなことはしないよ。自分に正直になるよ。
そして自分を怖がってきた自分を、安心させてあげたい。


そうだね。自分に正直になって、Mr.Xには返事をしない。
それが彼にとって自分で考えるきっかけになるといいね。


うん。おかげで金縛りも解けて、すっきり爽快になったよ。
ありがとう。

 こうして、静かな雨の休日がリセットされた。


Pixabay[CC0]


ぴょんぴょん

Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.