地球ニュース:アメリカ 〜いよいよ「嵐」が到来! アメリカ国内では霊導による大量逮捕が進行中?

 世界の動向を政治面からだけでなく、宇宙極秘計画(SSP)などの面からも解説してくださるジョーダン・セイザー氏のユーチューブ番組は毎回チェックしているのですが、11月2日の動画あたりからQという謎の人物が掲示板に投稿した内容が取り上げられるようになりました。日を追うごとに割かれる分数が増えて、「記事にせなあかんかな~? でも超面倒な内容だから嫌だな~」と。尻込みしていたら、とうとうお尻を叩かれましたので、記事にします(泣)。
 原文、暗号文みたいな所が多いんですもん。皆さま頑張って附いて来てください。それとこれはあくまで私が掻き集めた情報による勝手な解釈です。間違っているかもしれませんし、裏に二重、三重の意味があったりするかもしれませんし、大量の投稿から厳選しておりますので肝心の部分を見落としている可能性もあります(と、まず最初に逃げをうっておきます)。

 のっけからちょっと話は逸れますが、セイザー氏がQ関連で推奨していたツイッターアカウントを眺めていて発掘。俳優ジム・キャリーの別れた恋人の自殺話(2015年9月)、あれってどうやらイルミナティによる報復殺人だったとQ事件とは別に呟いていました
 2014年11月に出演した生番組で、イルミナティのことを暴露し過ぎたために怒りを買い、主要メディアを動員して、あたかもキャリーが犯人のような印象操作をされていたようです……ホンマにゴッドファーザーの世界や(※Qは何度も「ゴッドファーザーIII」というフレーズを投稿しているので)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:アメリカ

Qなる謎の人物


現在、トランプ大統領とその家族は海外で安全を確保しつつ、アメリカ国内で大量逮捕を進めていると言われています。大統領が以前「嵐の前の静けさ」と軍人たちを前に言っていましたが、いよいよ「嵐」が到来したのでしょうか。その進行状況を発信しているのでは、という匿名の投稿が連日続いており、一部のネット住民の注目を集めています。

場所は匿名で興味深い情報が放り込まれることの多い(らしい)画像掲示板「4チャン」です。今回取り上げる人物ではないと思いますが、例えばこちらの記事まとめによると、11月4日の2時と6時台の二つのおそらく別人による投稿があったそうです。2時の方は「明日のテキサスのニュースを見よ。何か大きなことが起こる……」。6時の方は作者の指示通りに各文の一文字目を繋げると、「FBI is going to cause a false flag (FBIが偽旗を起こそうとしている)」というメッセージになります。そして翌日の日曜日に何が起こったでしょうか。テキサス州の教会が襲われました(都合良く犯人が死んで、いつも通りにFBIが介入)。

今回取り上げる人物の投稿開始日は、ハロウィンの10月31日(火)夜8時きっかり(29日頃からちょいちょい投稿はしていますが正式には)。見た目はこんな感じです:


「?」で終わる質問形式が多いです。

この匿名の人物は、自分のことを「Qクリアランスを有する愛国者」と呼んだり、末尾に「Q」と署名したりしているので、我々もQと呼びましょう。男性か女性か、一人なのか複数なのかは不明です。またIDがめまぐるしく変わるので、成りすましがゼロかどうかも不明。

ただ何かの作戦名なのか、この人物は頻繁に「Alice & Wonderland(アリスと不思議の国)」と書いています。ルイス・キャロルが執筆したのは『Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)』。そして11月4日に「Q=Alice(アリスは自分のこと)」と書いています。

「これもモッキングバード作戦の範疇に入るのだろうか?」
(※50年代から始まったとされるCIAによるメディア統制の極秘作戦)

そして11月8日にこの人物が開設した上記のツイッターアカウント名は「白兎を追い駆けろ」(中を見ようとすると毎回必ず「このアカウントは一時的に制限されています」とツイッター社によってブロックされますが、構わず「プロフィールを表示する」ボタンを押してください)。英語で「go down the rabbit hole(兎穴に降りて行く)」と言えば、アリスの物語のイメージから、「混乱の中に(自ら)飛び込む」という譬喩でもあります。

ちなみに「Qクリアランス」とは何でしょう? 政府機関や軍隊では、どの程度の機密情報までアクセスが許されるのか、様々なランク分けがされています。 Qクリアランスは、アメリカ政府が付与することの出来る最高レベルの機密情報アクセス権限をエネルギー省で有しているということです(ざっくり言って、国防総省のトップシークレット・クリアランスと同等だそう)。エネルギー担当の省庁ですから勿論、電気・ガス・石油も管轄なのですが、その前身は原子力委員会、つまり核兵器に関する研究開発から管理廃棄までを担う、国家安全保障の要です。

但し11月2日10時台の投稿で「“Q”と言えばその人物がDOE【エネルギー省】で働いていることを意味するのか? 否。【では】そのような情報を投下している人間が全省庁に対する最高レベルのクリアランスを有しているということだろうか? そんなことが関係あるのか?」と本人が煙に巻いていますので、必ずしもDOEの職員だと断言出来ないようです。


また『新スタートレック』の Qという高次生命体をイメージしているのでは? とコメントする読者もいました。


サイバー攻撃


11月2日早朝には、トランプ大統領のツイッターアカウントが11分間停止しました。ツイッター社による弁明、「お客様センターのいち職員による嫌がらせが原因」は流石に無理があるのではないでしょうか。しかもその後、大統領のフォロワー数が一部では4000台まで急落していたそうです。

午後の時点でQは、「大統領のツイッター停止は事故ではない」と発表。同じ投稿の数行前の内容からすると、自分たちの行動が敵の反撃を加速させたようです。

またその次の投稿で、「三文字の機関が追跡ないしはアップ・チャンネル【※意味不明です。ツイッターで何かの情報をアップする回路でしょうか】を大統領のツイッターに仕込んだ。特殊なジオ【※ジオロケーション(地理位置情報)の略でしょうか】を介して標的を定め、大統領の居場所を送信させるためだ。我々はこれを予期していた(数時間前の投稿を見よ)」と言っています。

さらに誰かの質問に答えて投稿を続けます:「はっきりさせておこう。CIAがthe Command and Chief【※恐らくCommander in Chief(最高司令官、トランプのこと)の打ち間違いだと思われます】を攻撃したのだ。すぐさまNSAないしはMI【軍情報部】によって察知され、大統領に警告した」。つまり先の「三文字の機関」はCIAってことですね。

翌3日、セイザー氏が動画で指摘していたのですが、同じく2日朝にはウィキリークスがDDoS(分散型サービス妨害)攻撃を受けたそうです。こちらの記事を読むと、その直後に日本やアメリカでツイッターが繋がらなくなったという苦情が急増。ピーク時には14,000件まで被害が拡大したのだとか。そしてこちらは裏付け記事が見つからなかったのですが、4チャンも一時動いていなかったようです。


3日朝にはホワイトハウスが現実世界で封鎖されました。4日のQの投稿によると、「ミュラー【特別捜査官】にリポーターたちに目撃されることなくホワイトハウス内部に入り、出て来れるだけの十分な時間を提供するため」だったそうです。またトランプさんてば、来日する前に真珠湾やらあちこち彷徨ってはるな、と思ったら、Q曰く「一日早く出発した」のだそうです。


毎日増えていく極秘起訴


なんだか内部情報に詳しそうな人物じゃないですか。Qは10月31日の時点でポデスタ【兄弟どちらかは不明】が11月3日に、フーマ【・アベディンのこと】が6日に起訴される、とも宣言しています。正式な発表は未だにありませんが、これを受けてネットでは調査が開始されました。

するとこのところ、ワシントンDCでは刑事事件の極秘起訴が急増していることが発覚。5日には12件、8日には31件。後者のコメント欄で、「しかも同じ法廷にこれだけ短期間で色々起訴されるのは異例」との書き込みもありました。「極秘」とは、誰が誰を起訴しているのか等が伏せられたまま、捜査を進めるということです。

とりあえずミュラーが捜査しているロシア疑惑において、2012年という過去の案件に対する現在進行中の極秘起訴なのですが、ウクライナを宣伝していたポデスタ・グループというロビー団体【※トニー・ポデスタが創設】が起訴状の「B会社」だということは10月末にもうバレています。

Qは10月31日の投稿で「ソロスが標的」と書いていました。11月3日にはソロスのトップの投資ファンドマネージャー強姦・暴行・誘拐・人身売買の罪で被害者に訴えられることに。


またQはもう軍隊が出るしか方法はない、と度々表明しており、1日22時台には「空母4隻と護衛艦が何故太平洋にいるのか?」と投稿していました。ということで関連記事を探すと6日付けで、11ある米軍の原子力空母の内、2004年以来の7隻が同時に展開中と書いてあるじゃないですか(※この記事によると太平洋を実際に航海しているのは3隻)。

同日のセイザー氏の動画で知ったのですが、海軍始まって以来最悪の汚職接待事件も拡大しています。関連記事によると、海軍の将校たち(退役した者も含む)が440名以上調べられ、60名以上が捜査対象となり、大将2名を含む28名が起訴されました。軍内部の反対派が粛清されていっているのでしょうか。

ドナ・ブラジル等が今、「自分は関係ない!」と慌てて弁解しているのは、こういったことが背景にあるのかもしれません。


上からの霊導?


そういえば、来日後のトランプさんが「日本でたんまり商売させてもろたで~、米国ウハウハや~」的に自慢しやがった! と顰蹙を買ったこのツイート、御存知でしょうか。後半の文章は確かに「大量の軍事&エネルギー関連の注文が実現+++!」とも訳せます。


ただ7日のセイザー氏の動画解説を踏まえると、「大規模な軍事そして霊的な命令が展開中+++!」とも訳せなくもないのでは? と思いました。セイザー氏は「エネルギー」は霊界じゃなくて、「フリーエネルギー」のことではないか、と言っていましたけどね。

にしても「+++」とは奇妙です。配列的に「!」を打ち間違えたとも考えられません。これ、実はQも何度も使っている記号なのです。一部の人はこのトランプさんのツイートがアップされる7分前にQが二行だけの投稿をして、「+++【改行】Q 」と署名していることに注目しています。情報が錯綜していてどちらが前後しているのか(※アメリカには複数の標準時があるので)、確証が取れていませんが近接していることは確か。二人とも同じ人物と情報を交換しているのでしょうか。

また「+++」の意味は何でしょう。3つプラスが続いていますね。Qは11月2日の投稿の一つでこう書いています:
「全体像を把握している人間は両手で数えられる範囲だ。これらの内(10人以内)、3人だけが軍ではない。何故これが関係あるのか? ゲーム理論だ。命令(彼あるいは彼女に特有の使命)を受けて繋がっていたかもしれない電話交換手の他には、誰もこの情報は有していない。電話交換手は決して秘密を漏らさない。アリス&不思議の国。【※改行は省略しています】」

セイザー氏はQが途中から「白雪姫」というフレーズを何度も書くようになったことに着目しています。冒頭のコメントで紹介したツイッターアカウント(※ジム・キャリーの話)が、これは「7人の小人」のことではないか、と指摘していたそうです。……あれ、今調べたら、そのアカウントはそんな呟きは一切していません。これってプレアデスのスターシードだと主張するKabamurさん呟きな気がします。

まぁどなたでもいいんですが、「白雪の姫と7人の小人」つまり「プレアデス星団」だと(※そういう譬喩の仕方があるようです)。このプレアデス星団から3人、コンタクトしてきているのではないか、それが全体を把握している「+++」ではないか、と推測していました。世界規模の大量逮捕に霊導があるのは確実でしょう。それをQがどの程度自覚しているのかは不明です。


☆おまけ☆
Qはサウジや北朝鮮、小児性愛や悪魔崇拝のことまで広く言及しているのですが、紙面の関係上、本日はここまで。因みに「オバマは北朝鮮に今も隠れているかもね~」とのことです(※11月1日深夜の投稿)。北朝鮮を支配しているのは金(キム)ではない、とも(31日の投稿)。またQによると「嵐」の順番はどうやら「サウジ→米国→アジア→欧洲」のようです(4日の投稿)。

文・Yutika
註:訳文中の【 】内は訳者の解説部分です。

◆参考記事◆
http://i.4cdn.org/pol/1510108153658.png
https://truthearth.org/2017/11/04/massive-intel-drops-on-4chan-by-individuals-with-highest-level-q-clearance/
https://truthearth.org/2017/11/06/part-ii-massive-intel-drops-on-4chan-by-individuals-with-highest-level-q-clearance/
https://twitter.com/KibBitzLaw
https://twitter.com/jbro_1776
https://www.youtube.com/watch?v=f36lpOIaku4
https://www.youtube.com/watch?v=_b0KivK43MA
https://www.youtube.com/watch?v=Ky2cL4W5WZ8

Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.