独逸の伯林で見た、聞いた、感じた難民問題、移民問題 ~第10楽章 国境なんていらない、311移民の物語

第1楽章から、第9楽章まで、
独逸の伯林からいろいろな国の
難民、移民の方たちを書いてきました。

しかし、2011年から、本当に移民すべきだったのは、
日本の東側の人たちではなかったのか・・。
7年間、私はそんな思いで過ごしてきました。
気がついた方、その場から動けなかった方・・・
私たちは、どう生きていけばよいのか・・
問われているのかもしれません・・。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

息子を守るために私はいる


第10楽章
国境はいらない、311移民の物語
2011年の3月11日 14時46分からはじまった命を守る物語

息子は、へその緒が巻きついたので
緊急帝王切開で生まれた。

名前をつけるとき、瞬間に思いました。
どんな時代になったとしても、
生き延びることができる人になってほしい。
どんなことがあっても、息子を守るために
私はいる
のではないかと。

まさか、そんな時代が10年後に本当にやってくるとは、
夢にも思っていませんでした
・・・。

U.S. Navy[Public Domain]


2011年 3月11日 14時46分。
日本が転換期を迎えた日
かもしれない。
静かなる戦争が始まったと考えても
良いのかもしれない。

あの地震はびっくりするものでした。
60階のビルが、
目撃した方によると、ぐねっとまがったと・・。

Author:Gtogk[CC BY-SA]


3月11日から、なんか、胸騒ぎのような
ざわざわする感覚がずっとありました。

テレビの津波の映像を見て、
感覚がおかしくなりそうでした。

お米を買わなければ、水を買わなければと
振り回されました。

外国人が成田空港に殺到している??
3月14日の夜、検索をして、初めて気がつきました。
すべてのことが、わかりはじめたのです。



これは大変だ! 子供を守らなければ・・・
私の快進撃がはじまりました。

私の頭の中では、動け!出国せよ!と
いつも警告が鳴り響いていました。

さあ、どうする? 何からはじめる?
本当なの? ある程度したら、おさまる?

真偽がわからない情報でもなんでも
検索して、すべての情報を取り入れました。
ツイッターがリアルタイムで一番有効的でした。
間違っていてもいい、多くの人のちょっとした
つぶやきが大事で、そこからいろいろなことが推測できる
から・・・。
鼻血でも、あざでも・・・なんでも情報がほしい。

どうやら、アルプスの東側は危ないらしい。
14歳以下の子供は、危険らしい。
女性も危険らしい。
40歳以上の男性ならなんとか。

ドイツ放射線防護協会の情報では、
東京で運動をしてはいけない・・と書いてあり
ました。
息子の野球など、すべてをやめさせました。

小学校では、マスクをさせて、
給食をやめて、お弁当を許可してもらい
ました。
息子には、外で遊ばないようにと指示しました。

Author:Kanko[CC BY]


一番の決定打は、ロシアの報道で、
日本の東側の子供たちが、日本にとどまるなら。
あと20年しか生きることができない・・
これです!


実際に息子の小学校の先生、30歳くらいの若い先生が
2011年の5月ごろに、くも膜下出血になったので、
おかしいと思いました。
この先生は、春に校庭の庭造りをしたそうです。


小学校では、5月に日光の修学旅行
6月に運動会がありましたが、


そんなものは参加できぬ・・・と
きっぱりと断りました。


Author:Cary Bass[CC BY-SA]


息子の小学校は、
311については、無頓着で、
生徒たちの命を考えない
んだ・・とわかったとき、
愕然として、信用できないし、
子供をあづけてはいけないとわかりました。


よし、我が家は、主人は、大丈夫だ。
私と息子は関東を離れようと決断しました。

主人にも聞きました。日本にいると、もしかして
あと、20年、30年の命かもしれないけれど、
それでもいいか??と
・・
すると、もう50歳なので、平均寿命だし、いいよ・・と。

それなら、もっと長生きできるように、
いろいろなものをオンラインで送る
から、
気をつければ大丈夫だからと・・。
主人は、マスクを欠かしたことはありません。
外食もほとんどしていない状態で
す。
1日1食を貫いています。

(もし、私の考えが早とちりで、間違っていたとしても、
笑えばいいよね
・・。子供に語学が残るからいいよね・・。
と主人と笑いました。
そして、これは、オーストラリアで出会った
お母さんたちともいつも言っていた内容です。)

さて、移住する場所をどうやって探す?
九州? 四国、岡山、広島、山口、島根、海外?

pixabay[CC0]


しかし、学校の先生も、お母さんたちも、
近所の人たちも、
いつもと変わりない感じで
何も気にしない様子でした。
ただ、私だけが、ひとりで騒いでいるような感じでした。
近所のお医者さん、薬剤師・・にも聞いてみても、
大丈夫だということでした。

みんなが普通にしている中で、私ひとりで
どんどんと進めていました。


私はおかしいのかな??と思ったりもしましたが、
子供のために進まなければいけない・・・
誰がなんと言おうとも、貫かなければいけないという思いが
心の中で優先し
ていましたので、なりふり構わずに進めました。
とめることはできませんでした。一大事だと思ったからです。

ツイッターをみると、
東京電力の子供さんは、京都や岡山に逃げている
・・
事務次官や官僚のトップオブザトップしか、
真実を知らないのでは・・という情報も見ました。


そんなとき、母子疎開ネットワークという
サイトがあることを知り
ました。
手当たり次第、連絡をしてみました。

そんなことをしているうちに、
良い道が拓けるという確信もありました。

息子の好きな野球チームがある、
アメリカのシアトルでホームステイの
受け入れがあった
のです!
(あとでわかったのですが、9000キロはなれていますが、
日本からの風向きがアメリカの西海岸に直撃して、
実は、あまりよい避難先ではありませんでしたが・・・)


もうここにいくしかない!
それに、楽しそう
だぞ・・・。


世界中にいる311移民


当時は、日本のことを心配して、
世界中で受け入れをしてくれる家庭がたくさんありました。


また、日本人にはほとんど知らされていないのですが、
ドイツにも6か月の日本人のための避難ビザがあったそうなのです。

私もあとで知りました。

海外に出てしまうと、そこからは、
いろいろな道が広がっていくものなのです。

シアトルでオーストラリアについて
調べ
ましたし、
ドイツで3か月の受け入れも確保しました。

ビザランをして観光ビザで入ってから
それから正式にビザを取得することもできます。


オーストラリアでは、ガーディアンビザを
取得でき
ますので、親も子供の学校に合わせて
滞在できるようになりました。


ところが、大変なのは、オーストラリアの
学校の学費
なのです!また、生活費も高い!

このまま、息子をオーストラリアの大学に
入学させると、オーストラリアの大学3年卒業で
1年400万くらいで、1200万で
す。
それまでに、ハイスクールが5年・・・

オーストラリアに長期滞在はできないと判断しました。
3年が限度でした。

どの国へ行ったら良いのでしょうか・・・
学費無料の欧州は得策です。
ドイツだったら、経済的にも安定しているし、
国のマーケットも広いし、大学のレベルも高いし・・
よいのではないでしょうか・・。
ほかにも、オランダ、ルーマニアなども
移住できる
そうです。

pixabay[CC0]


世界中にはたくさんの日本人の311移民が
いらっしゃいます。
欧州のオランダ、ルーマニア、
をはじめ、
フランス、スウェーデン、エストニアなどにも・・

東南アジアのマレーシア、フィリピン、バリ等などにも・・
南米のパラグアイなどにも・・
豪州、ニュージーランドでは、子供だけ単身留学を
させている方も多い
ですね・・。
あとは、カナダあたりも多いですね・・。

2011年当時に小学校6年生だった子供たちは、
大学入学を迎えています。


オーストラリアの小学校からオーストラリアの大学の
医学部へ進んだ福島の子供さんも
いらっしゃいます。

世界中で、発表はしないものの、
自分なりに動いて、311移民を実現させた方が
たくさん
いらっしゃいます。
日本の人口の1%くらい
とも言われています。

この7年間、芸能人や有名人が病気になったりしている
情報など、全体的に観察してみても、
やはり、危ないのは確か
である・・・
と思わざるを得ません・・・。

以上が私がしてきた子供の命を守る物語です。
我が家は、311移民です。
シリアの難民の方たちと同じだと思っています。

実は同じような過酷な運命を背負っている
西のシリアと東の日本
・・・
国境がなかったら、もっと自由に動けるはず。
民族大移動できるはず。

pixabay[CC0] 1 & 2


世界の難民、移民問題を
自分とは関係ない感じで考えるのではなく、

私たち、日本の東側の人こそ、移民問題が
大事なのでは・・・と思ってしまう
のです。

家族の絆 〜夫婦(33):天界(ギタンジャリ)〜の中で
竹下先生がおっしゃっている

全ての欲望を破壊すること・・
本心と言葉がズレてはいけない・・


移民問題を実践するためにも
この言葉は大切
になってきます。


Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。


Comments are closed.