18/7/2 ニール・キーナン更新情報:大手製薬会社の尻尾は掴んだ! ワクチン詐欺暴露の決定版 1/3

 昨日の記事に続いて、医療シリーズです。ただキーナン氏のチーム(誰が執筆したのか不明です)は初出と謳っているものの、ネット検索すると20年程前の情報として“マーク・ランドール”博士が登場するので、違うんじゃないかと。まぁ冒頭にキーナン・チームからの解説が加わっているので、訳します。恐らく取材されているのは、医療関係で有名なジョン・ラポポート記者だと思います。
 結構古い情報ですがワクチンの危険性について手頃なまとめとなっているので、御参考にして頂ければ幸いです。3回シリーズです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:大手製薬会社の尻尾は掴んだ! ワクチン詐欺暴露の決定版 1/3
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

阻まれた公開


これから諸君が読む内容は、ディープ・スワンプが決して誰にも見て欲しくないと思っているものである。
【※「ディープ・スワンプ」:欧米各国政府を牛耳るディープ・ステートと、トランプさんがどぶ掃除すると息巻いているスワンプ(沼地)をかけた造語みたいです。3つとも要するに「悪の巣窟」ですな。】

Exposéコリンズ英英辞書
exposéとは、とある状況や人物について、とりわけ衝撃的な事実が関与している場合に真実を暴いた映像や文章である。

ここで登場する“マーク・ランドール”なる人物(複数の大手製薬会社や政府のアメリカ国立衛生研究所のラボで長年働いていたワクチン研究者の偽名)は決意したのだ――何故なら彼はワクチン製造の中心地で働いていたのであり、自分自身もワクチンを作り出していたのであるからして――連邦政府がワクチン接種の義務付けを企むならば、声を上げるべき時は来たのだと;ワクチンが役立つどころか危険極まりないことを彼こそ証明出来るのだとくれば。

非常に重要な点なので、この特別かつ詳細な情報がこれまで公けにされたことは一度としてなかったことを明記しておく。このインタビューを公開しようとしたこれまで数々の試みは【毎回】転覆させられた――ハードコピーは焼却され、この情報を公開しようとの試みた人々は脅迫を受けた。

我々はこれをギリギリのところで得ることが出来た――今や益々出回っている広範囲の事柄について暴露した情報である。

更に言うと、この【政府のワクチン義務付け】計画はNOWのアジェンダ21ないしはアジェンダ30(人口統制)に大変合致している。

【※カバールのフロント組織、国連の人類9割削減計画「持続可能な開発のためのアジェンダ2030」】

我々の企業政府(【そして】下院や上院)が我々自身や我々の子供たちを殺害しては家族を心底破壊したがっているのだという点に思いを馳せるには――我々がそれを阻止するには何をすればよいのか、【この情報は】更なる気付きを与えてくれるに違いない。

ここに登場する【質問役の】調査報道記者は[名前は控えさせて頂く]である。当該インタビューの大半の記録が公けに暴露されるのを阻止すべく焼却され、ないしは削除されてしまったというのに、勇気あるアラン・スタングが数名の元へ持ち出してくれた点に我々は感謝せねばならないだろう。

我々を抹殺しようと奴らが試みるにあたり、あの狂った沼地の中で何が起こっているのか、これが我々全員の視野を更に広げてくれることを願う。

読後、諸君は信じられずに頭を振ることになる。そして「尻尾を掴んだぞ」と独り言ちる。我々が正にそうだ。果たして誰が【腰を上げて】動き出す?


さてここからが画期的なインタビューの始まりだ;その公表を阻もうとする度重なる工作にも関わらず。

お上に盾突けば嫌がらせが待っている


質問:あなたはかつてワクチンが優れた医薬品の代表格だと確信していたのですよね?
回答:はい、そうです。私は幾つかのワクチンを開発するのを手助けしました。どれがとは言いませんが。

質問:何故です?
回答:私のプライバシーを守りたいからです【※つまり特定されることを避けたい】。

質問:公けの場に出てくれば問題に直面しかねないとお考えですか?
回答:年金を失いかねないと思っています。

質問:何を根拠に?
回答:根拠なんて関係ありません。彼らは問題を引き起こす手段を色々と持っているのです、あなたが一たび仲間に入ってしまえば。
監視対象にされ、嫌がらせを受けた人間を一人か二人くらい知っています。

質問:誰に嫌がらせをされたと?
回答:FBIですよ。


質問:本当ですか?
回答:間違いありません。FBIは他の口実を使いますけどね。IRS【=合衆国内国歳入庁、つまり税務署】もやってきますよ。

質問:表現の自由なんてあったもんじゃない。
回答:私は「内部の人間」でした。もし【具体】名を挙げて、研究者たちに対する特定の非難なぞすれば、厄介ごとの嵐に巻き込まれるでしょうね。

質問:そうまでして嫌がらせをするのは一体全体何が目的なんです?
回答:ワクチンは現代医学の最後の砦なんです。ワクチンは現代医学の“優秀さ”全体を究極的に正当化するものなのです。


病気撲滅の功績はどこに


質問:あなたは人々がワクチンを接種するかどうか選択出来るようにすべきだとお思いですか?
回答:政治的な観点からは、賛成です。科学的な観点から見ると、人々はきちんと選択出来るよう情報が必要です。選択肢があるのはいいと言うのは確かにそうかもしれません。ですがその場が嘘で固められているのであれば、どう選べというのです? それにもしFDA【=アメリカ食品医薬品局】が立派な人々によって運営されていれば、こういったワクチンは認可されないでしょうに。隅々まで【しっかり】調査された筈です。

質問:医学史の専門家の中には病が全般的に減少したのはワクチンのお蔭ではない、と述べる人もいます。
回答:知っています。私は長い間、彼らの研究を無視してきました。

質問:何故です?
回答:そうして見つけてしまう内容が怖かったのです。私はワクチン開発ビジネスに身を置いていたんです。その仕事を続けることに生活がかかっていたんです。

質問:そして?
回答:自分で調べるようになりました。

質問:どのような結論に行き着いたのですか?
回答:病気が減少したのは生活環境が改善したからでした。

質問:環境とはつまり?
回答:清潔な水。発達した下水システム。栄養。より新鮮な食品。貧困の縮小。
病原菌はどこにでもいるかもしれませんが、健康なときには、簡単に病に侵されたりしません。

質問:御自身で調査を終えられたときにどうお感じになりましたか。
回答:絶望です。私は嘘が積み重ねられた部門で働いていたのだと自覚しました。


どのワクチンも危険


質問:一部のワクチンは他のものよりも危険なのでしょうか?
回答:ええ。例えばDPT【=ジフテリア・百日咳・破傷風の三種混合】注射です。【それから】MMR【=麻疹・おたふく風邪・風疹の新三種混合】。ですが同一のワクチンでも、一部のロットは他のロットよりも危険だったりするんです。私から言わせれば、全てのワクチンは危険ですよ。



質問:それは何故です?
回答:複数の理由が挙げられます。【ワクチンというのは】人間の免疫システムを、免疫を損なう傾向の一連の過程へと巻き込むのです。実際には予防する筈の病気を引き起こせるのです。予防する筈の其の他諸々の病気を引き起こせるのです。

質問:何故我々はワクチンが病の根絶にとてつもない成功を収めていると証明しているかのような統計を見せられるんでしょうか?
回答:何故って? ワクチンが役立っているという幻想を与えるためですよ。もし麻疹のような目に見える症状を抑えつけるのであれば、誰もがそのワクチンは成功だと思い込むでしょう。しかし表面から見えない【内部】では、ワクチンが免疫システムそのものを害しているかもしれません。
そしてもしそれが其の他の病気――例えば髄膜炎とか――を引き起こしたとしても事実は隠蔽されます。何故ならワクチンがそんなことを出来るなんて誰も信じないからです。その繋がりは見逃されてしまいます。


書き替えられた歴史


質問:天然痘ワクチンは英国の天然痘を根絶やしにしたと言われています。
回答:ええ。ですが入手可能な統計を調べていけば、別の内容が浮かび上がってきます。

質問:というのは?
回答:ワクチン接種をしなかったのに天然痘に罹らなかった人々がいる都市が複数存在したのですよ。別の複数の場所では、ワクチン接種をしたというのに天然痘が流行したのです。しかもワクチンが導入される前から天然痘は既に減少傾向にありました。

質問:つまり私たちは虚偽の歴史を提供されてきたとおっしゃりたいのですか?
回答:ええ、私が言わんとしていたのは正にその通りです。ワクチンが常時安全で有効だと人々に納得させるべく捏造されてきた歴史なのです。


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※水色部分は引用部分です)。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。他の色は原文と同じです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また今回の記事は誤字脱字が散見しているのですが、その都度断りを入れずに訂正しております。

※画像・ツイートはシャンティ・フーラが挿入したものです。

Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.