ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝45 ― アメリカの南北分割、内戦へ

 1773年にフランクフルト秘密会合でマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが示した世界革命行動計画、改めてですがその25箇条の第22は次のとおりです。

「最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、プロレタリアートの大衆が残ればいい。ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武器増強が開始されなければならない。」

 ロスチャイルド初代の示す「ゴイムどうしの殺し合い」は、革命や戦争で次々と現実化してきました。そしてアメリカで最大規模でこれが具現化してしまったのが南北戦争でした。
 南北戦争はいわば南部と北部との産業構造のどうしようもない断絶がその背景にあったのですが、その断絶の裏にはロスチャイルドたち国際金融団や英国秘密スパイ団の存在があったのです。
 南部州の主要産業は黒人奴隷を使った農業プランテーションでの綿花栽培で、これを英国を始め欧州に輸出していたのです。この産業構造は当然ながら黒人奴隷貿易、綿織物貿易がその元にあったのは明らかでしょう。そしてこれらは東インド会社の主要事業だったのです。
 従って南部州と東インド会社が深い関わりがあったであろうことは見て取れるでしょう。そして国際金融団や英国秘密スパイ団と言っても、彼らは元をただせば東インド会社から出てきています。
 歴史は途絶えず繋がっているのです。東インド会社は悪魔崇拝の組織です。南北戦争の裏にはやはり悪魔崇拝があったのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝45 ― アメリカの南北分割、内戦へ

南北戦争の犠牲者 〜ディズレーリの幇間発言


1861年の北部諸州と南部諸州の状況
Author:Júlio Reis [CC BY-SA]

1861年に勃発し1865年にようやく終結した南北戦争は、アメリカ史上最大のアメリカ人犠牲者を出した戦争でした。文献によりその数は異なりますが、概ねは北軍と南軍を合わせて犠牲者は60万人強とされます。

ただし、民間人犠牲者と合わせて70万人を超えるとの説もあり、コールマン博士は犠牲者は80万(『ロスチャイルドの密謀』)としています。

アメリカ人戦死者は第一次世界大戦では約12万人、第二次世界大戦が約40万人、ベトナム戦争は6万人とされていますから、いかに南北戦争での死者が突出して多かったかです。

最大の犠牲者を出したこのアメリカの「同胞殺し」の戦争を、アメリカ人が自らの意思で能動的に始めたのか?といえば、違うでしょう。『闇の世界史』162-3頁に次の記述があります。

「1857年、ライオネル・ロスチャイルドの娘のレオノラと従兄弟であるパリ家のアルフォンスとの結婚式が行われた。(中略)...接待客の中には1868年ならびに1874年に英国首相となる有名な英国政治家ベンジャミン・ディズレーリも含まれていた。この記念すべき祝宴の際、祝辞でディズレーリは以下のように語ったと記録されている――

「ここに会しておられるのはヨーロッパ諸国の首都および地球上のあらゆる地域で知られた名門、ロスチャイルド一族の家長たちであります。お望みとあらば、私どもは合衆国を、一方をジェームズに、一方をライオネルに、二分して差し上げましょう。私の進言のままに、私の進言のすべてをナポレオンに実行させましょう。そしてビスマルクには狂喜させるような計画を提案し、かの男を我々の奴隷にしてしまいましょう。」」

Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]

ライオネル・ロスチャイルドはネイサン・ロスチャイルドの長男、ジェームズはロスチャイルド初代の5名の息子の末弟です。そして後の英国首相となるベンジャミン・ディズレーリは『ロスチャイルドの密謀』では「ロスチャイルド家の最功労「操り人形」ディズレーリ」との題で記述され、ライオネル・ロスチャイルドの「側仕え」とされているのです。

ベンジャミン・ディズレーリ
Wikimedia Commons [Public Domain]

この1857年の結婚式でのディズレーリのロスチャイルドへの祝辞、ロスチャイルドにアメリカを分割して差し出すとのこの太鼓持ちの発言の内容、しかし、これは事実としてアメリカの南北分裂と戦争という形でそのまま現実化しています。

このディズレーリの発言の時点で彼らの中では、アメリカを南北に分割した上で内戦に誘導してアメリカ国家を疲弊・弱小化させ分割統治する、以上のことは規定事項となっていたでしょう。事態は密かに確実に分割統治に向け進行していたのです。

ディズレーリの言葉に出てくるナポレオンとはナポレオン3世です。事実として彼はメキシコに侵攻し、実際に南北戦争に一枚噛んでいるのです。南北戦争のその裏にもロスチャイルドを中心とした銀行家の策謀がやはりあったのです。

ナポレオン3世(1865年)
Wikimedia Commons [Public Domain]


アメリカ独立の裏の狙い 〜南北分割統治は最初からの計画


アメリカ南北戦争を主導したのがロスチャイルド一族であったこと、これはディズレーリに名指しにされたビスマルクの発言でも明らかです。いくつも同じ情報はありますが、『ロスチャイルドの密謀』ではビスマルクの言葉として次を挙げています。

アメリカを2つの連邦に分割することは、ヨーロッパの大金融権力(ロスチャイルド家)によって、南北戦争よりずっと以前に決定された。そうした銀行家はアメリカを恐れた。アメリカ国民が結束したままであれば、当然ながら一国として経済的、金融的に独立独歩することになるだろうし、そうなれば、彼ら銀行家の世界支配が覆される、と。

ロスチャイルド一族のこうした声に影響され、彼ら銀行家はアメリカを、自信に満ちて自給自足体制を貫く活力ある共和国を二つの弱小民主国家にして負債を負わせれば、大儲けができると考えたのだ。」

ロスチャイルドのアメリカの分割統治、この計画は最初からです。アメリカ独立の革命戦争、これのコーディネーターがロスチャイルド初代アムシェルでした。彼は最初から新国家に自分が所有する中央銀行の設立と分割統治を考えていたのです。

この計画と協働していたのが英国秘密スパイ団です。このことが具体的に文献として発見されたのが、米国副大統領アーロン・バーの「大逆事件」です。

Wikimedia Commons [Public Domain]
Wikimedia Commons [Public Domain]

英国秘密スパイ団の一員であった副大統領バーは、1806年に同じ仲間であったが邪魔者になったのであろうアレグサンダー・ハミルトン(米国第一合衆国銀行設立の立役者。コールマン博士は彼がロスチャイルドの代理人であると同時に、『ビヨンド・コンスピラシー』で英国諜報員と指摘)を「始末」し、フィラデルフィアに逃れます。

そこでバーは英国諜報員チャールズ・ウィリアムソン大佐と協議するのですが、そこで英国国王に米新国家の分割を提案してそれに協力すると申し出ているのです。チャールズ・ウィリアムソン大佐がこのバーとの協議内容をロンドンに送った書簡は外伝41で見たとおりです。

大英帝国を牛耳る東インド会社の所有者たち、すなわち悪魔崇拝主義者たちの間では初めから新国家アメリカは分割統治することになっており、その準備は長い時間をかけて進められていたと見るべきなのです。その結果が南北の分裂だったのです。

それは南部と北部の互いが、相いれられない産業・経済形態の全くの相違と経済格差が構築されてしまっていたからなのです。一つの国としての産業・経済政策が矛盾と分裂を余儀なくされる状態になっていたのです。


「アメリカ連合国」の出現 〜対立せざるを得ない南部と北部


南部と北部の「断絶」について、ウィキペディアの「南北戦争」記事の「背景」等を参考にごく簡単にまとめると次のようになりそうです。

南部の主産業は黒人奴隷を使った農業プランテーションでの綿花栽培。綿花を欧州に輸出。英国中心の貿易圏に属すことが有益で自由貿易を主張
②一方、北部の主な産業は米英戦争の影響で工業製品流動的労働力を欲し奴隷制度に反対。工業製品は英国とはライバル関係にあり保護貿易を主張

そして実際には北部州の関税操作によって南部州は経済的苦境に陥っていた模様です。

綿花プランテーションで使役される奴隷家族(1850年頃、ジョージア州)
Wikimedia Commons [Public Domain]

こういった互いに対立せざるを得ない南部と北部の状況は、内戦を引き起こすため意図的に作られたと『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』74頁では次のように記します。

内戦を引き起こすために、国際銀行家は長い時間をかけ綿密な計画を立てた。まず、アメリカ独立戦争後に、イギリスの紡績産業とアメリカ南部の奴隷主の間に綿密な関係を徐々につくり、その後南北衝突を引き起こすことのできるネットワークにまで密かに関係を発展させていったのである。

当時のアメリカ南部では、いたるところでイギリスの金融家の代理人が現地の政治権力と結託し、連邦政府から離脱する陰謀をすすめ、ニュースや世論をでっち上げていった。彼らは奴隷制度をめぐる南北の利害の衝突を巧みに利用して、そもそもほとんど注目されていなかった奴隷制度問題を政治の俎上にのせ、対立を極大化させ、そして爆発させた。そして、最終的に南北が相いれることのできない重大問題にまで発展させたのである。」

1836年にジャクソン大統領によって中央銀行を閉め出されていたロスチャイルド一族は、準備をして虎視眈々とその時を窺っていたでしょう。そして事態は動きます。1860年です。『ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表』79頁は次のように記します。

「1860年12月20日にサウスカロライナ州が連邦を離脱する。その後わずか数週間でさらに6つの州が連邦に反発する謀略に加わり、ジェファーソン・デイヴィスを大統領とする離脱国家を形成し「アメリカ連合国」と称した。北部を挑発する目的で、ロスチャイルドの代理人たちと、彼らに洗脳された追随者たちは敵軍を襲い、砦や兵器庫、造幣局など、連邦の資産を奪取した。」

この状況下の翌年エイブラハム・リンカーンが大統領に就任します。

ジェファーソン・デイヴィス
Wikimedia Commons [Public Domain]
エイブラハム・リンカーン
Wikimedia Commons [Public Domain]


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.