ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 前触れ1 ― 見通し

 当初、この「ユダヤ問題のポイント」にとりかかった際の構想では「できるか、どうかが分からない」ながらも、まず「近・現代編」でロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺あたりからのポイントを押さえ、次に古代編、中世編に進もうかと考えていたのです。
 当初の予定では全く思いもしなかった、遥かに長い連載に既になっていますが、これらの流れを準備として最終的には「日本編」まで行けたらいいな、と思っていたのです。
 といっても「お前はユダヤ問題について、古代や中世についてなどよく知っているのか?」と問われたら、現在でも「私はあくまでも素人で、特別な情報源があるわけでもないから、よくは知っていません」としか答えるほかありません。
 私は時事ブログの読者、東洋医学セミナーを含む竹下さんの映像配信の視聴者の一人に過ぎません。私の出している情報は基本的には「その気になれば」どなたでも手にすることのできる情報ばかりです。
 そのような私ですが、この世界を理解するには、断片的には知っていたり見え隠れしている「ユダヤ問題」を整理する必要があると思い、実際に文字として記述することでそれを表に出し、晒して見ていくこととしたのです。
 従ってこの「ユダヤ問題のポイント」記事の記述の目的は「自分自身の中の整理」です。これが主目的です。その上で結果としてどなたかのお役にててればいいな、というのが私のスタンスとなっています。
 さて、今回躊躇したのですが敢えて題名を「日本編」としました。もう少しで終了予定ですが、まだ続いている「外伝」シリーズは「近・現代編」の中に含むべきかは微妙でもあったのですが、秘密結社を中心とする動きがどのように「近・現代」に至ったか、大まかな流れを整理確認するためのものでした。
 これが終了しておらず、準備となる「古代編」「中世編」も手付かず状態で、実際のところ「よく理解ってもいない状態」の私が「日本編」の題を冠して記事を提出するのは、自身が「無理な先走り」だとも感じているのですが、反面どうも「そのタイミングに来ているな」とも感じたからです。
 今回から「前触れ」という形でも「日本編」を出すタイミングと感じたのは2つのツイッターで言及された事柄に遭遇したからです。1つは「Qmap japaneri」さんのツイッターで出されているAnnさんこと伴野優子さんの集団ストーカーの壮絶な被害の情報です。もうひとつは「本物黒酒」さんのツイッターで提出されている「英領日本」に関する一連の情報です。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 前触れ1 ― 見通し

日本にあるユダヤ問題 〜権力支配層に絡んでいるユダヤ問題


Eriさんの情報で、集団ストーカーの標的として長年攻撃を受けられ、現在も安否が心配されるAnnさんこと伴野優子さん、彼女はその出生が集団ストーカー攻撃の原因となっているとのことです。

伴野さんはどうも明治天皇となった大室寅之助の血縁者であって、天皇の金塊の継承者の一人であることが集団ストーカー攻撃の主因となっている模様です。この件については、7月9日等の竹下さんの伴野さん関連記事を読んでいただくのが正確だと思います。

この問題の背景になっているのが、無論、明治維新の際の明治天皇すり替え問題であり、田布施システムの問題です。そしてこの明治天皇すり替え問題と、それに付随する田布施システムの問題には、日本のユダヤ問題が必然的に絡みこんでいます。


こう言うと、中には日本にユダヤ問題が?と思われる方もおられるかも知れません。しかし、日本とユダヤは切り離せないほど深く絡み合っています。日ユ同祖論、日本人とユダヤ人の祖先は同じであると論が張られているぐらいです。

日本人の祖先とユダヤ人のそれとは異なりますが、ユダヤから来た様々なものはその文化を始め、今現実の日本人の普通の日常生活に溶け込んでいるのです。神社、祭り、酒の醸造、織物、相撲等々、日本固有伝統文化と思われているものがユダヤからのものであるのは驚くほど多いのです。


そして日本の文化となったユダヤ由来の風習や文化はもちろん問題ではないのですが、問題になるのはユダヤ勢力が日本の権力支配権また天皇の皇統について深く絡んでいることでしょう。そして、日本のユダヤ問題も最終的には世界支配の問題となるでしょう。

ユダヤが問題になるのは、ユダヤを名乗る彼らが、手法として成りすまし」、そして内部乗っ取り」を用いて権威・権力を獲得・確立し、詐術を持って世界人民を奴隷支配してきたことにあるのを見てきました。そして「近・現代編」の本編でユダヤ問題の究極点ならびにユダヤ問題が発生するすべての背景には「ハルマゲドン計画」とその発動があったことを概観しました。地上世界全体のユダヤ問題のこの構図は、やはり日本のユダヤ問題にそのまま当てはまっていくのです。

SMOM:マルタ騎士団(=聖ヨハネ騎士団)のこと

「ハルマゲドン計画」は「新エルサレム建設計画」でもあります。エルサレムとは「平安京」という意味です。平安京、いうまでもなく京都のことです。ユダヤから渡来してきた人々は、その地の北東にある琵琶湖などの地形を眺めて、河川の灌漑工事を含む大規模な土木工事を施して、京都の地に平安京を建設したのです。そしてどうもこの日本を中心とする新エルサレム建設計画、つまりハルマゲドン計画は本当に作動していたようです。


明治維新のコーディネーター 〜フルベッキはイエズス会士


日本のユダヤ問題は根が非常に深く、あらゆるところに絡みこんでとても複雑です。闇が非常に深いのです。近・現代編でもお断りしたように、ユダヤ問題で細かいところに拘泥すると陥穽に嵌まり込み、身動きできなくなる危険が大です。日本の場合もある程度長期的な視点から俯瞰する姿勢は必要でしょう。

日本のユダヤ問題の全般、全体像としてキーワードとなるのが南北朝といった天皇の皇統血統の問題これが核となると思えます)。応神天皇と秦氏の大量移民、八咫烏、蘇我氏、乙巳の変、中臣(藤原)鎌足、藤原氏の繁栄と天皇家、欧州王家、東インド会社、イエズス会等々といったところでしょうか。

日本のユダヤ問題は連綿として続いてきているのですが、特にやはり明治維新は、日本のユダヤ問題が集約した形で現出したようにも思えます。明治維新には坂本龍馬や薩長の維新の志士たち日本側の重要人物、そしてそのバックにあったグラバーやマセソン商会などの外国勢力、これらの重要なキーとなる人物や組織が多数存在します。

ただその中で最重要人物を一人挙げるとするならば、外国勢力としてはグイド・フルベッキです。結論を先にいうとフルベッキが明治維新のデザイナーであり、外国勢力と日本勢力を結びつけた明治維新のコーディネーターになると明らかに見えるからです。

Wikimedia Commons [Public Domain]

ウィキペディア等の彼の記事を見ると、フルベッキはオランダ生まれ、アメリカ移住後にキリスト教宣教師として派遣来日、長崎そして東京に在住しそこで死去しています。フルベッキは改革派キリスト教宣教師として派遣されてきたのですが、彼が所属していたオランダ改革派教会のこの記事を見ると、この教会は要はオランダのカルヴァン派です。

そしてオランダ・カルヴァン派とは外伝8で見たように「王家の血流」で黒い貴族の一員であるオレンジ(オラニエ)家のウィリアム(ウィレム)1世のもと、スペインからのオランダ独立の実働部隊となっていたのです。そして「清教徒革命」など英国革命によって、オレンジ家ウィリアム3世が英国王となった背後にもカルヴァン派があったのです。

編集者註:カルヴァン派の貴族で亡命して軍事活動を始めた連中。ウィレム1世から特許を得て海賊行為やカトリック教会の襲撃を行った。
Wikimedia Commons [Public Domain]

カルヴァン派とは、黒い貴族が世界を侵略するため宗教を冠した実働部隊と見なせます。一方、黒い貴族の宗教侵略実働部隊は1540年に創設された「イエズス会」です。実質としてその担ってきた働きと背後の関係を見れば、カルヴァン派は「イエズス会」の別働隊と見なせます。

竹下さんもフルベッキをイエズス会と見ておられますが、日本への外国勢力の侵略の流れという視点から見てもフルベッキは名前はプロテスタント宣教師でも、イエズス会士と見るのが当然なのです。


ザビエル来訪の意味 〜世界植民地奴隷支配の先兵イエズス会


一般に日本にキリスト教が伝わったのは、フランシスコ・ザビエルが来訪した1549年とされています。事実は全く異なっていて、カソリックやプロテスタントではありませんが、キリスト教が日本に来たのはもっと古いです。そしてフランシスコ・ザビエルが伝えたのがキリスト教なのか?といえば私は「う〜ん」と唸ってしまいます。

ザビエルはイエズス会創設者の一人でイエズス会のナンバー2でした。そのイエズス会とは、カソリック教会の中にカソリックを内部破壊するのを目的に黒い貴族によって作られた組織です。そしてイエズス会は世界の植民地奴隷支配の先兵役でもありました。

イエズス会の宣教師が世界各地の現地にスパイとして赴きます。その後、海賊の軍隊がやってきて現地民を蹂躙し、植民地奴隷支配を行うパターンでした。軍隊派遣の海賊とは国際金融を行ってきた海賊であり、その一つはカナン族の黒い貴族です。もう一つはテンプル騎士団です。

外伝5で見たように黒い貴族の組織と海賊となったテンプル騎士団が合流し、1600年にエリザベス女王の勅許でイギリス東インド会社ができたのです。エリザベス1世に「私の海賊」と称されたフランシス・ドレイクはテンプル騎士団だったのです。改めて外伝15で紹介したこの「キリスト騎士団」の記事を確認ください。イエズス会トップのフランシスコ・ザビエルのバックには黒い貴族が、そしてテンプル騎士団の存在があったのです。


彼らが日本に友好関係構築やキリスト教布教のためにわざわざ遠路をかけて来訪するでしょうか? カバールによる日本侵略の攻撃はザビエル来訪時から既に明らかに開始されていたとみるべきなのです。そしてこの時から(彼らカバールの中でも派閥があるのですが)カバールの中で日本支配の担当と言おうか、日本をその縄張りとしたのがイエズス会だったと見て取れます。この流れで明治維新が起きているのです。

現にウィキペディアで「明治維新以前に日本に入国した欧米人の一覧」の記事を確認いただくと、ザビエル以降続々と多数イエズス会宣教師が来日しているのが分かります。豊臣秀吉や徳川家康の「バテレン禁止令」でその流れは断ち切れたのでは?と思われるかも知れません。確かにそれで密かに進行していたイエズス会による日本支配は回避できたのです。

それでも事態は進行していました。1587年に豊臣秀吉が「バテレン追放令」を出したのは、長崎地域がイエズス会の領地となり、彼らが日本人を奴隷にした奴隷貿易を行い、多数の婦女子が犠牲になっていたからです。しかし「バテレン禁止令」で流れは完全に止まったわけではないのです。“鎖国”といってもオランダとの貿易は続いていたのは誰でも認識していることです。

しかしオランダといってもそれは何を指すでしょうか? 明治維新とはイエズス会の日本支配が確立した革命との言い方もできるのです。



Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.