地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第3回 その1

 7月17日に開かれた第374回の金魚さんレポート特別版です。ルイーザさんが、レッド・ドラゴン大使とホワイトドラゴン・ソサエティのベンジャミン・フルフォード氏の対談第三弾を開いてくださいました。赤龍と白龍に加え、第1回に登場したスティーヴ氏が共同司会として参加しています。
 ルイーザさんはアメリカ、フルフォード氏は日本。恐らくですが、レッド・ドラゴン大使は中国か香港で、スティーヴ氏がオーストラリアからの参加です。と思って聞いていたら、途中で大使が現在ヨーロッパにいることが判明。北欧でしょうか。
 これまでの翻訳版に関しては、第一弾がこちらから、第二弾がこちらから幾つかに分けてお届けしております。今回は2分割しています。

 主な話題は世界規模での金融リセット、GCRについて。それがなかなか開始されないのは何故か。誰が阻んでいるのか。
 個人的には、もう固定相場制に切り替わっているという点と、アルゼンチンの失敗例が興味深かったです。
 そしてアメリカの破産。決定事項らしいので、トランプさんが上手いこと進めてくださるといいのですが。

 フルフォード氏は青で、大使はピンクで、ルイーザさんは緑で、スティーヴ氏は茶色で色分けします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第3回 その1


アメリカ株式会社政府の破産





【※先日ムニューシン米財務長官が、政府の現金がもうすぐ底をつくと発表した件に関して、ルイーザさんが話を振ります。
(7月11日、長官は「9月初め頃には金がなくなる、だから下院議会は夏季休暇に入る前に政府の債務上限を引き上げるべきだ」とペローシ議長に要請したそうです。)】

フルフォード氏:私は長いこと、彼ら【アメリカ】は【ワシントン】D.C.の政権を破産させないといけないと言ってきました。これはアメリカ合衆共和国とは関係のないことです。
【※こう断らないと、「ディープ・ステートが乗っ取ったアメリカ株式会社政府と、本当の合衆共和国は別物だ、本来のアメリカ人は自由であって借金はない」という考え方をする人たちから、クレームがくるので。】

アメリカ政府は、1月にも35日間ほど金がありませんでした。米軍にはその間も支払われていたのです。現在も米軍は、クウェートや日本やサウジアラビア其の他の場所から、自軍を維持するために資金を獲得していっています。

なので腐敗した上に機能不全に陥った米国の政治体制を破産させることは、アメリカ人にとって1776年以来、最高の出来事だと思います。そして今回こそ、確実に実行してくれると期待したい。

これはアメリカの終わりという意味ではありません。ワシントンD.C.にいる腐敗した道化役者どもを排除するということです。【中略】...もっと正直で有能で、あれほどまでに腐敗しておらず、本当のことを話す集団に取って代わるのです。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

大使:私も同じ意見です。終わり部分に差し掛かっていると思います。このゲームは、そこへ向かって展開されているのですよ。トランプが破産させるという。【大統領に】選ばれる前にトランプ本人が言ったように、破産に関して彼ほど最適な人間はいませんからね。このことが念頭になければ、そんな発言はしなかった筈です。

金融リセットの開始は誰が決める?


【※ルイーザさんが大使が表舞台に出てくるようになった2014年に、「世界規模の金融リセット」について語っていた点を指摘。

人々はこれを待ち望んでいる訣で、例えばフルフォード氏が最近言及していたマイケル・コットレルなどは、今や人前でこのリセットの手順について語っています。

しかもコットレルは、リセットを開始するとされている金(きん)条約の、ようは委託者だか署名人だと名乗り、大使が2014年に話していたジュビリー(借金帳消し)なんかもすると。でもアメリカでは言うほど早く始まらないので、どうなっているのか、彼は本物の署名人なのか。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

大使:私は、彼が諜報機関のアセットだと思っています。騒ぎ立てているだけで……話している内容の一部は正確ではありませんし、確か名前はロバート・バーンだったかが、アメリカの金(きん)預金【※聞き取り不能】を握っています。


フルフォード氏:マイケル・コットレルについてお教えしましょう。彼によって毒を刺され、そのせいで死に至る癌になったとクリストファー・ストーリーが非難し、殺される前のことです。

【コットレルは】スティーヴ・マックロアという工作員を私の元に寄越して、コカインを吸引させようとしました。それからコットレルは皆に、私がコカイン中毒だと触れ回ったのです。彼は要注意人物です。工作員で、ソ連邦を破産させる作戦に関与していました。

新たな金融システムを任せていいような人物では決してありません。奴は高位のカマ野郎であって、問題を起こしたり暗殺したりするのは得意ですが、【金融システムほどの】重要なものを任せられる紳士ではなく、その権限もありません。無駄な足掻きをしているだけです。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※これに大使も同意。ルイーザが「そこからレオ・ワンタも絡んでくる訣ですね」と繋ぐ。】


フルフォード氏:レオ・ワンタはずっとマシな男です。とはいえ、彼もソ連を破産させる手助けをしたのであって、地球を救う人物かと言われると、分かりません。鉄道だのを建設するといった彼のアイデアはいいと思いますが……

これ【金融リセットは密かに任命された者が行うべきことではないのです。理想論としては、世界中の誰もが見守る中、開かれた場で行うべきなのです。

現実論としては、伝統的に王族が決定してきたことだったのではないかと思いますし、【今回も】そうなると思います。より適切な人間がいませんので。


スティーヴ氏:でも条約に対する彼の署名者としての立場は認めるのですか。


フルフォード氏:私が確認しているのは、彼【ワンタ】がソ連を破産させた作戦に関与していたことと、その結果としてある時点で、とてつもない額の資金が彼の名義になったということのみです。彼について言えるのはそれだけです。


スティーヴ氏:つまり金(きん)条約という、新たな取り決めの本物の署名人かどうかは分からないと。


フルフォード氏:縦え何人かが【本当に】集まって、そういった条約を決めたのだとしても、実際に力ある存在がそれに歩調を合わせてるという様子は見受けられません。中国も然り、ロンドンのシティの金融界隈も然り、ローマも然り。

実際に【彼ら自称“署名者”に物事を】動かす力があるとは見受けられません。


ルイーザさん:大使、彼がリセットを遅延させているのでしょうか。何がアメリカでのリセットを遅延させているのでしょうか。


大使:彼ではないと思います。つまるところ、【リセットが】可能となる前に、【アメリカには】幾つかの最終調整が必要なのです。

ロスチャイルドやキリスト教シオニストの手先となった人々が、何もかもを押し留めているのでしょう。というのも、今や我々はBRICS銀行やアジアインフラ【投資】銀行で、IMFや世界銀行の中央銀行制度の代替システムとなるものを立ち上げました。

しかも今こうして話している間にも、ファミリー側の何人かが世界中のプロジェクトに資金を解放しようとしていますからね。彼らがそれを実行に移すとき、直面するのは――【※音声途切れる】。


555の意味するところ


フルフォード氏:将来設計機関の計画については、何か耳にしていますか? 私が提案しているような機関です。


大使:それは555(ファイブ・ファイブ・ファイブ)と呼ばれています。貴方とお会いするときに――近々実現するといいのですが――新たなシステムの印刷したものをお渡しします。そこを【見れば】、貴方の話している集まりは【新たな】骨組みの一部となっています。

スティーヴ氏:大使にとって、555とはどういう意味ですか。

大使:様々なことを意味しています。これはファミリーが有しているコードで、梅の花、ブッダ。つまり、花開く【=繁栄する?】ということ。そしてブッダはスピリチュアルな意識レベルの最高位、つまりは我々がなろうとしているものですね。

それから聖書を読めば、666の章にはどれも555の章が対抗しています。つまり666を超えるものが555なのです。

ということで、使命がくだされている時期には555が出されます。物事が変わろうとしている際、勢力図が変わろうとしている際に、その都度。

法王が選ばれた時にはバチカンに雷が落ちましたが、朝の5時55分のことでした。インドネシアの大統領も555でした【※この前の大統領選挙の得票率が55%だったことでは】。マレーシアでの政権交代とか。現在は親口座【※多分、ファミリーの諸々の口座の大本】が再編成されようとしています。

つまり我々はそこ【=リセット?】に向かっており、ベンジャミンなどのような人は恐らく人類を助ける作業部会に招かれる予定でしょうし【※聞き取り不能】、

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

スティーヴ氏:ベンジャミンは555というのを知っていますか。


フルフォード氏:ええ、様々な状況で出てきます。ようはコードというか、悪魔主義の「カバール」とスティーヴ氏が補完】に対抗する集団のある種の要約というか。【555には】色んな意味があります。でも、良い数字です。


通貨制度


【※ルイーザさんがブレトン・ウッズ【体制】について、もうこれは時代遅れなのかと訊ねます。この前IMFの会議でそういった質問が挙がったそう。

つまりリセットを行うためには、為替レートを安定させる必要がどうやらあるらしく、その1つの方法は貿易を通してで、【各国】通貨のための公平な場を作り出すこと。この点、どうなっていくのか。固定相場とそれに対する変動相場など。】


フルフォード氏:現在は、【一定の変動】幅内での固定相場制になっています。彼らは発表なんてしませんが、2008年辺りからを見ていけば、全てが関連付けられています。金(きん)も既にその中に入っています。

チャートや数値を見れば明らかです。全てが幅の中で変動しているのです。【枠外に出るような】過激な動きはありません。例えばかつてドルに対して円が360円から79円になったような、プラザご――

スティーヴ氏:そしてSKRは実際に存在するんですよね? SKRはもうしばらく前からあるんですよね? バスケット通貨です。

【※「SKR」:世界規模の通貨リセット(GCR)で大金ゲットを夢みている、スピリチュアル界隈の用語。口座に預金があることの証明となる「保管受領書」の略。時事ブログでも昔一部を訳した「知識を持つ者」さんなんかが言ってた、換金の手順で出てきます。

ジンバブエドルなど現在安価な通貨がとてつもない交換レートに跳ね上がるGCRの後、スピリチュアル系の人々はすぐに大量の現金を引き出せるようになるのではなく、まずはSKRが渡されるそうな。

西洋人にしては色々と理解のあるスティーヴ氏、食い気味でフルフォード氏に被せてきています。やっぱり、スピリチュアル系なのでしょうか……。金魚さんレポート、昔はコブラも声を機械で変換しながら対談に参加してたことがありますしねぇ。】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

フルフォード氏:ええ、ある意味そちら【※フルフォード氏はバスケット通貨の方を指しています】は安定するようになったのですが、問題はアメリカ経済が独立通貨を持たない限りは競争力を持てないこと。そのために人々は【今】必死に戦っているんです。

トランプは人々に高価な物を買うよう、無理強いはできません。【経済というのは】そういう風に回っているんじゃありません。【アメリカの】人々がこの現実を嫌でも受け入れない限りは――【確かに】関税を課すというのは、これを達成する一つの方法ではありますが、遠回りな上に非常に効率が悪いですし、焼け石に水です。

【例を挙げると、】アルゼンチンが第二次世界大戦後にこれ【※関税措置】を試しました。そして何年か経つと、スイスに次いで世界第二位の最も富んだ国から、第三世界の国【=後進国】と化したのです。彼らは全て自国で作ろうとして、高額な関税を課しました。そこから生まれたのは、粗悪なアルゼンチン製品と、ハイパーインフレと、ありとあらゆる問題でした。

結局【関税措置は】、アメリカ実体経済の長期に及ぶ構造的な衰退を招くんです。焼け石に水です。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

大使:確かにアルゼンチンは奇妙でしたよね。我々が監査をしようとしたら、アルゼンチンの中央銀行が突如として火事になりましたから。誰かが放火したんです。これまでやっていたことを隠蔽するために。

【それと比較すると】我々は現在、順調に進められているかと。この秋には、素晴らしい発表が出来ると思っています。もうすぐ私は【現状の】説明を受けるためにアジアへ向かう予定です。ここヨーロッパですべき事が片付いてからですが。そしたらアジアへ戻って、望むらくは世界情勢について最新の情報を得たいと。


量子金融システム


スティーヴ氏:この【経済関連の】話題が上っているついでに、皆が噂している量子コンピューターによる金融システムについて二人の意見を。ブロックチェーン技術を用いて、金や銀やプラチナといったコモディティ(現物商品)に裏付けされるとか。


フルフォード氏:もう既に【それらしきものが】設置されているような気がします。現時点でも銀行のカードを持っていけば、世界中のどこだろうが地元の通貨を出せますよね。しかもハッキングも不可能な感じです。

ということで既に起こっているのですが、問題は政治的な側面です。例えばジュビリーを実行する政治的な決断が必要となります。より良い将来を作るための一大キャンペーンを決めるためにも、政治的な決断が必要です。

お金の方は、【金融界の人々がきちんと】整えてくれました。今直面しているのは、新たな政治機構を作れるかという問題です。地球に住んでいる全員が共有する物事の処遇。我々は海洋や、吸っているこの空気をシェアしていますよね。

そういった一定の物事は一丸となって対処せねばならないというのに、現時点では効率の良い枠組みというものがありません。今あるのは、何百人もが話し合いに参加するという非常に効率の悪いもので、いつまで経っても何も実行には移されません。複雑過ぎるせいです。


スティーヴ氏:つまり貴方の情報では、既に設置されていると。【現行のシステムと】並行のシステムで、政治的なレベルで合意に至れるかどうかの問題だと。
【※多分、彼は新金融システムの枠組みは完成したものの、政治的な合意がまだないから実行されていない、と解釈しています。】


フルフォード氏:私が言っているのは、システムは既に存在していて、【現に】日々の商取引、そして金融取引を扱っているということです。しっかりした、安全なシステムです。


スティーヴ氏:金融取引のシステムということはSWIFTですか?


フルフォード氏:SWIFTだけではありません。CIPSとか他のシステムもありますし、量子的なものが基盤になっているんじゃないかと思います。

繰り返しますが問題なのは、例えば人口の0.01%が富の70%をコントロールしているという点で。しかも善良な人間とは言い難いとなれば、地球にとって良くありません。

ということで、現時点では政治的な問題なのだと私は思う次第なのですが、大使の意見も伺わないと。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

大使:ブロックチェーン技術はファミリーも現在使っています。ただお話しの「量子システム」が、ブロックチェーン技術のことを指しているのかが、私はよく分かりません。

【現実には】量子力学云々形式では全くないので、【そういう名称の新たな金融システムは】ライトワーカー界隈の人々が、興味を惹く名前をでっち上げているだけではないかと。

ただブロックチェーン技術は確実に、カバールの資金の流れを回避する方法ですし、デジタル上の口座【の数値】を実際の現金に変えます。そしてカバールに邪魔されずに【口座の金を】動かせます。


【※ルイーザさんもスティーヴ氏同様、ガチではないですが若干スピリチュアル系のGCR待望論者なので、ここら辺はあまり理解できていない雰囲気です(セント・ジャーメインからメッセージを受け取っていると称する人が、未だに定期的に金魚さんリポートに登場しちゃいますし)。

「つまりカバールが、GCRの実施を阻んでいるってことですね」と、雑にまとめちゃいました。

アメリカでは金(きん)に裏打ちされたドルが本当に必要なのだ、トランプも言及し続けているし、つい先日フルフォード氏の古巣フォーブス誌でもトランプとこの【新】ドルについて取り上げているし、不換紙幣は止めさせないといけないし……と(連邦準備制度ではなく)財務省による新ドル札発行の噂について話を振ります。】


新たなアメリカドル紙幣


ツイートはシャンティ・フーラが挿入

フルフォード氏:それを裏打ちするという金(きん)について私が問題視しているのは、【個人的に】10年間アジアにあるという伝説の金塊の洞窟だのを追跡してきましたが、存在するという証にお目にかかったことがありません。(アメリカの金塊保管所)フォートノックスの本物の目録とやらも見たことがありません。

なのにバカげた量の金塊がどこかにあるとCIAとかの連中【※ここにキーナン氏が含まれているかも……フルフォード氏は本物のキーナン氏は殺されて、今はCIAの替え玉だと思っているので】は宣うから、じゃあこの新聞持ってって金塊の前で写真撮って来てよって言うんですが、出来たためしがない。

私は証拠を見せてもらえない限り、この金塊が実在するとはどうやっても信じられないのです。何度繰り返し語ろうが、それで実在するようになる訣ではありません。

それに古くは、金(きん)の支配者による格言がありましたよね、ゴールデン・ルールとはゴールドを持っている人間がルールを作るということだ、と。

私はコモディティのバスケット方式――金、銀、小麦、石油、銅などといった現実世界に存在する物――【による裏付け】とした方がよっぽど現実的だと思います。ただし金(きん)のみに限定しません。金はただの黄色い金属です。長い間、安全な資産であり続けたという歴史を持っていますが、それ単独では解決にはなりません。大半の専門家もこの点は同意すると思います。


【※ルイーザさんは、「じゃあ暗号通貨も同じことですよね、何の裏付けもないですがどう思いますか、特にリセットで全てがゼロにされた時には」、と大使の見解を求めます。】


大使:前に言った通り、それ【=仮想通貨】が大きな資金の動き、そして送金に使える限りは、悪くないと思いますよ。何故なら支払いをするのに、カバール【が構築した】仕組みを介さずに済むからです。

例えば500ユーロが5パレット【箱】あるとして、合計で5億前後。それに相当する額をビットコインに換えたら、【ヨーロッパの外でも】どこでも換金できるようになります。他の誰かに動かされることもなければ、阻止されることもありません。

それが現在起こっていることであって、ファミリーのオペレーターも資金を動かすのに使っています。私は暗号通貨というものは【※聞き取り不能】、ですがそうなるまでは使われるだろうと。

そして米財務省札の方は、連邦準備制度のスクリーンに長らく存在しているのですが、世の中に出されてはいません。しかも本当の価値から40%値引きされるとか。

通貨の裏付けとなる資産については、金(きん)だけではありません。金も銀も、プラチナも、古代の美術品も、石油も、天然資源一般もそうです。


ツイートはシャンティ・フーラが挿入

スティーヴ氏:ずっと前に大使はブラック・スクリーンやグリーン・スクリーン、帳簿外の銀行間送金などについて言及されていました。あれは未だに存在するのですか?


大使:勿論。今こうして話している間も使われています。既存の幾つかの口座を新しい親口座に移し替えるときとかなど。

ですがこういった資金は一定の割合の利息が毎年発生して、それが人道的なプロジェクトに回される【筈だったのです】が、カバールはこれを懐に入れているので、人々に渡っていません。


スティーヴ氏:ではグリーン・スクリーンの重要性は? どちらがフロント・スクリーンなのですか?


大使:フロント・スクリーンは別物です。グリーン・スクリーンは、実際には青いスクリーンなのですが、政府間同士のスクリーンです。どこかの国向けプロジェクトのために資金を動かすときのもので、中央銀行から動かします。グレイ・スクリーンは借金のみ。それから利息。そしてブラック・スクリーンは、担保口座群の親口座を扱っています。

基本的に奴らは【ブラック・スクリーンは】いじくらずに、大概の場合はグレイ・スクリーンかブルー【つまりグリーン】・スクリーンをいじくります。ですが、カバールにとって見返りがない限りはブロックしてくるので、【スクリーン上で】取引処理するのが難しいのです。なので中央銀行か、大きい力のある銀行に入らないといけなくなります。


悪いのはシオニスト


ツイートはシャンティ・フーラが挿入

フルフォード氏:確認したいのですが、つまりブロックしているのはシオニストとキリスト教シオニスト勢ということですか?


大使:はい。彼らが全ての背後にいます。我々にイランとの戦争に突入させようとしているのも彼らです。そのためには何でもしようとします。

ネガティブなのは、キリスト教シオニストは預言を実現させたがるし、通常のシオニストに使われたり【逆に】使ったりと、これが地球が抱えている最大の【※聞き取り不能】2グループです。

悲しいことにキリスト教シオニストはトランプの最大の支持基盤で、【トランプは】彼らを常に満足させておく必要があります。ファミリーは既にトランプの再選を支持しており、実際に再選されると思いますが、彼はこのキリスト教狂信者の支持基盤に何らかのものを与え続けねばならない訣で。


【※アメリカにいるルイーザさんは、キリスト教徒でトランプ支持なので、この指摘にちょっと感情的になり、「アメリカで戦争を望んでいる人間なんて一人もいないわ」と反論しちゃいます。】


フルフォード氏:いっそのことブルー・スクリーン的イベントを催します? 噂のブルー・ビーム計画もどきの。キリスト教シオニストを満足させるために、フェイクでこの世の終わりを演出して、ホログラムなんかも使って、人殺しなしの一大パーティーをするんですよ。それだけで満足してくれるかもしれませんが、彼らに対しては何らかの手は打たないといけないでしょうねぇ。

ルイーザさん:確かに(笑)。しかも彼らには、それを実行するだけの技術がありますものね。ウィキリークスが暴露した文書によると、【大統領選で】人々がトランプに投票しに外に出てくるのを阻止するために民主党が練っていた計画の一つは、あの技術を用いてエイリアン侵略を演出することでした。


【※その2に続きます。】


翻訳:Yutika

註:翻訳内の【 】は訳者の追記部分です。また見出しやツイッター画像、ユーチューブ動画も挿入しています。

ちなみに「訣」という漢字は「わけ」とも読みます。詳しくはこちらのコメント欄後半の解説をご参照ください。

ルイーザ女史からゴールドフィッシュ・レポートの翻訳掲載を快くお許し戴きましたこと、末筆ではございますが厚く御礼申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.