地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その1

 レッドドラゴン大使が2年ぶりにネットに浮上してきました~! な、長かった……もうどんだけ無駄な検索に費やしたことか、涙なしには語れませぬ。
 登場した先はゴールドフィッシュ・リポートという、私が常日頃「金魚さんレポート」とお呼びしているルイーザ女史のサイトです。彼女からは随分前から翻訳許可を快く頂いていたのですが、毎週のリポート動画が1時間越えでして、大概はジョーダン・セイザー氏などと重なっているので、これまで時事ブログできちんと取り上げておりませんでした。そちらもようやく単独記事としてご紹介出来るので非常に嬉しいです。
 ベンジャミン・フルフォード氏も出演して、豪華な白龍・赤龍のドラゴン会談となっております。台詞は一応「」内に入れたものもありますが、やはり今回も一時間越えでしてorz、「えーと、あの、ああそういえば」的なものははしょっていますし、繰り返しとか話が飛んだり途中で切れた部分をカットしたりと逐語訳ではない部分もありますのでご了承ください。
 フルフォード氏は青で、大使はピンクで、ルイーザさんは緑で、スティーブ氏は茶色で色分けします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使再び その1

レッド・ドラゴン大使の出演解禁


第281回の金魚さんレポート特別版、10月10日に収録されました:


ルイーザさん:「これは特別ドラゴン・インタビューで我々が長いことやりたいと思っていた企画でした。それがとうとう実現しました!」と、まずは東京にいる共同司会スティーブ氏を紹介した後に、なんとなんとレッド・ドラゴン大使を紹介します。同番組には「ほぼ二年ぶりの復帰」です! というか、他のサイトでも何度探しても一切お見掛けしませんでしたし、御無事で何よりでございます。

大使:「二年経ってやっと私はマスターから話す許可を戴きました。ということでこれが二年前以来、初のインタビューです」


それでも昔と変わらず顔出しNG。

その後に白龍会の広報ベンジャミン・フルフォード氏が登場します。こちらは昔も今も金魚さんレポートに時たま出演されております。金魚さんとこではコブラ(※音声変換器使って顔出しNG)と一緒の出演が多いですかね。

他のユーチューブ番組でも英語で単独インタビューを何度か受けていらしたのを先週・先々週とチェックしたばかりなので、個人的には「HPの週刊レポートの方が詳しい情報出るかなー」といった印象だったのですが、ルイーザさんが白龍会・赤龍会とのそれぞれの関わりを一から説明して欲しい、としょっぱなから面白そうな方向に振ってくださいました。ナイスです。


ホワイト・ドラゴン結成の経緯



フルフォード氏:「私が大手メディアからこちらへ転向したのは、日本の財務大臣竹中平蔵に対して、日本の上場企業全ての支配権を何故彼はロスチャイルドやロックフェラーのような財閥へ渡してしまったのかと詰め寄った時です。すると財務大臣は仕事をやると言ってきました。その代わり第三次世界大戦を起こしたり、人口の9割を病や飢饉や戦争で殺害する計画に参加することに同意せよと。

また赤と青というアジアの秘密結社も接触してきました。大義のために動いていると伺ったので面会すると、彼らのボスから私と志を同じくする西洋の人々を見つけるよう頼まれました。そこで私はこのような狂った計画を阻止したいという人々を、ロシアFSBやCIAやMI6、日本軍警察、北朝鮮、其の他から集ったのです。これがホワイト・ドラゴン・ソサエティーの誕生でした。

中国にも漢字で白龍(báilóng、バイロン)という結社があります。彼らの方がより古い団体ですが、我々が英語でホワイト・ドラゴンと名乗ることを許してくれました。」


……あ、やばい。私ってば週刊レポートで毎回フルフォード氏のところを「白龍会」と訳してきましたが、別組織でしたか。字数的にも、カタカナ削減という点でも、漢字の方が楽だったのですがすみません。これからはカタカナにします。

「赤と青」というのは、過去のフルフォード氏の週刊レポートから赤龍会と青龍会という意味ではないかと思います、多分:
https://everydayconcerned.net/2016/04/18/benjamin-fulford-red-and-green-asian-secret-societies-under-new-leadership-promise-to-make-the-earth-tremble/
コブラが昔、両者の成り立ちを説明していました:
http://2012portal.blogspot.com/2015/02/the-red-and-blue.html

フルフォード氏:「それは聖書を最初に英語へ翻訳したホワイト・ホース(白い馬)という人々にも遡ることが出来て、この人々の大半は殺害されてしまったのですが……」との言及もありましたが、すぐに「それはともかく」と切り上げてしまったので、よく分りません。

ホワイト・ドラゴンに参加した集団の中にホワイト・ホース由来の人々がいるのですかね。あるいは中国の白龍会が元を辿れば、ということなんでしょうか。It(それ)ではどちらの組織を指しているのか不明です。多分、ホワイト・ドラゴンの面々の話だと思うのですが。

フルフォード氏:「とにかく、ホワイト・ドラゴンは西洋人の諸集団とアジア人の諸集団が合わさったもので、私がハザールマフィアと呼んでいる連中の『アルマゲドンを人工的に起こそう』というおぞましい計画を受けて出来たものです。

またその後で私はドラゴン・ファミリーのシンガポールでの儀式に招かれました。そちらはアジアの諸王族(の集まり)で、漢王朝以降の全ての王朝では秘密結社があり、例えばシンガポールの李家、中国でも常にナンバー2的な人物が李姓ですが、彼らは唐王朝です。蒋介石や孫文に嫁いだ宋姉妹は宋王朝です」



あんま本筋と関係ないですが、個人的に好きな系統の話なので省略せずに詳しく訳しちゃいました。洪門、青幇といった裏社会は耳にしたことがありますが、その系列もあるのでしょうか。これだけで終わってしまいましたが、いつかもっと詳しく話して頂きたいです。

「また新しくお知らせできることで最大のものは、満州王朝つまり清王朝の人々――彼らは私に最初に接触してきた赤と青の組織が元来戦うべく結成したときの相手ですが――もラスト・エンペラー(最後の皇帝)の娘を通して私に接触してきて、債券を渡してくれました。満州つまり清王朝の金塊と引き換えに取引された一連の債券です。

連邦準備制度やロスチャイルド家はこの金塊がスイスのバーゼルの後ろの丘だか山だかにあって、G7に資金融資してきたと言っており、私もその額までは確かめてませんが、債券の方は利子も含めると40兆ドルの価値があります。

我々はその9割を使用して貧困を終わらせ環境破壊を阻止して宇宙へと拡張するキャンペーンに融資することが出来ることになりました。我々は書類に署名して、実際に債券を手にしており、私は日本銀行とCIAから本物であることの確認を取っています



巷で言われているような詐欺ではない、と締めくくっているのは、ニール・キーナン氏が代表するゴールデン・ドラゴンの金塊や債券話への軽い嫌味でしょうか(笑)。フルフォード氏はキーナン氏が殺されて偽者にすり替わったと思い込んでいらっしゃいますが、あそこも頑張っているので見守ってあげてくださいな。


レッド・ドラゴン大使就任の経緯


大使:「彼(フルフォード氏)がシンガポールで出会ったファミリーは私が代表しているのと同じところだと思います。彼らはゴールデン・ドラゴンと名乗っています」

あら。私はこれまでの検索結果から、キーナン氏のゴールデン・ドラゴンは台湾に逃げた国民党系で、レッド・ドラゴンは香港の梅花系だと思っていたのですが……新情報です。いやちょっと待て、大使ってば今「レッド」じゃなくて「ゴールデン」っておっしゃいましたよね、どゆこと!?

ちなみにキーナン氏はかなり前からレッド・ドラゴン大使情報はフェイクだと思い込んでいます。ほんまにもう皆、仲良くしよー!


大使は「王家の血筋です」的なことも、もごもご分りにくい滑舌で付け加えていました(※訳ではこそぎ落していますが、終始、非常に聞き取りにくい話し方で、抑揚があんまりなく、「あのそのえっと」余計な挿入句が多いわ、話し始めた文が完結しないわ、文法や単語のチョイス的にもすっきりしないわ……就寝時間過ぎてるんですかってくらいorz。

そして訛りや文法や単語のチョイスの端々からして、英語ネイティブじゃない感じがします。中国語の言い回しを英語にまんま直訳しているのが度々あるし……泣いていいですか私)。

大使:「私は米国で働いていた頃にファミリーに接触して頂きました。フルフォード氏も御存知のアルファ・オメガ・ステーションという組織の保安部門で私は高い地位についていました。その仕事を通じてファミリーと知り合うようになったのです。

数年前、ファミリーがカバールに戦いを仕掛け、返金と降伏を呼び掛けた際に、広報担当となりました。ですが私の名前も写真も使うなと言われました」


アルファ・オメガはフルフォード氏の週刊レポートによると、ロシア系ですかね:
https://truth11.com/2011/02/08/ben-fulford-weekly-geopolitical-news-and-analysis20110207-much-ado-about-china%E2%80%99s-hu-did-he-order-obama-to-resign-or-was-hu-blackmailed/

降伏するだけでなく「返金」しろというのは、西洋のカバール側が中国など東洋から奪った金銀財宝や資金を戻せという話だと思います(※詳しくはキーナン氏のとこで許可を頂き、私めが訳しました金塊史シリーズをご参照ください)。

そして大使は「掃討部隊により多くの人間が消されました」と言うのですが、犠牲が出たのはレッド・ドラゴンの方かカバールの方なのかはっきりしません(※ゴールデンな第三の可能性はややこしいので、もうこの際無視します)。「我々は終わるまで続けます」とも言っているので、レッド・ドラゴンの方が相手を追い落としていた感じがしますが(※「消す」take downなので暗殺なのか失脚だけなのかもはっきりせず)、うーん。

大使:「二年前に中国での会合で、マスターから今は私は沈黙して他の人間に仕事を任せるように言い渡されました。」

……マスター(御主人)って誰や。そいで、大使はマスターとレッド・ドラゴンと呼ばれるもう一人の人物、合計二人からフルフォード氏と今回の番組をするよう言われたそうです。中国で氏を彼らと引き合わせることも。

ここら辺も文章も完結していないし文法も変だしで、レッド・ドラゴンが制度的に複数いるのか一人なのか、不明です。もしかしてゴールデンの中にレッドがいるのか?! ……は、ややこしいので可能性としてひとまず葬ります。

フルフォード氏は、今では日本のパスポートを取得しているのでビザ必要ないし、たった二時間ほどのフライトだし、場所を指定してくれればいつでも中国に行けますよ、と快諾していました。


明日のその2に続きます。


翻訳&まとめツッコミ(※8種体癖なだけで愛情入ってます!):Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。また見出しやツイッター画像も挿入しています。

ルイーザ女史からゴールドフィッシュ・レポートの翻訳掲載を快くお許し戴きましたこと、末筆ではございますが厚く御礼申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.