[竹下雅敏氏]闇の側からの誤った情報と神を認めない愚か者たちを滅ぼす光 

竹下雅敏氏からの情報です。
 闇の側からの誤った情報です。この緊急メッセージを読むと、彼ら闇の者たちと仲間のライトワーカーが相当追い詰められ、焦っていることがよくわかります。彼らはここに示された日時の中で不用意な動きをすると、自分たちが滅ぼされることになるということを知ったのでしょう。このような形で地上の要員に注意を喚起する通信を送ったわけです。この情報自体が正確ではなく、わざと間違った情報を与えられているのですが、組織が崩壊する可能性の高い危機感の中で、こうした通信文が流れることで、銀河同盟の中に潜り込んでいるスパイが誰なのかが発覚します。忍たま乱太郎を御存知の方は、忍たま乱太郎レベルの忍術の類です。
 事実はどうかと言うと、2月1日午前0時~1時 2日午前1時~2時、3日午前2時~3時にそれぞれ順に、エリザベス・テイラー、エステル、ユリア・リヴィッラの光が降り注がれたのです。1月1日の正午の光を受け取った地球人は、体表のルートでクンダリニーがサハスラーラ・チャクラへと到達し、サハスラーラ・チャクラが覚醒に至ったのですが、その覚醒の割合は7パーセントでした。この3日間の光を順次受け取ることで、サハスラーラ・チャクラの覚醒の度合いが35パーセント、70パーセント、100パーセントとなり、現在に至っています。 
 このような意識の拡大を多くの人々は始めて体験するので、身体的には違和感、あるいは緊張感として感じられるかも知れませんが、しばらくするとこの高揚した至福感に慣れてくるでしょう。
 問題はこの光を受け取れなかった者たちで、この緊急メッセージを発信した者とその仲間、そして彼らとつながっているライトワーカーなどがその代表と言えます。この光は神を認めない愚か者たちを滅ぼす光でもあったので、これらの者たちは今や完全に滅ぼされてしまいました。具体的には、この者を含め大天使ミカエルやら大天使メタトロンなどの名前を偽って通信を送ってくるこれらの悪しき闇の者どもは、現在激しい苦しみの中に落ち込んでいます。彼らは反応精神病を発症しており、病状は急激に悪化するので、1か月もたたないうちに、彼らを知る者は誰でも、そして自分自身も重い精神病にかかっていることを自覚するようになるでしょう。社会生活が不適応になるのに、半年も時間はかからないでしょう。光を装って悪を成す、こうした悪人どものなれの果ては、実に哀れなものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
地上要員への次の三日間(日本時間1月31、2月1日、2日)のための緊急メッセージ 2014年1月30日
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.