[竹下雅敏氏]プレアデス評議会(第2システムの9柱の神々)からの通信文 〜真の変化は内側から始まる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この通信文は本物です。以前プレアデス評議会議長の大天使アドリオンからの通信文を紹介しました。この時彼女を国津神第4レベルとコメントしましたが、正しくは国津神第3レベルの大天使であったので、ここに訂正しておきます。
 6月3日の記事のコメントで、“第1〜第3システムにわたる国津神第3・第4・第5レベルの組織で、神々の組織がプレアデス評議会”と説明しましたが、この時の解説で正しいのではないかと思います。すなわちプレアデス評議会は、第1システムの12柱の神々と、第2システムの9柱の神々と、第3システムの6柱の神々からなる組織だと思います。
 第1システムの議長が大天使アドリオンであり、今回第2システムの9柱を代表して通信が入って来たものと思います。この通信文を送って来たのは、エリダヌス座α星アケルナルの第5惑星に住む9次元存在の女神です。通信文を見ると、これまで私がチャネリング関係の情報に対して発言していたものと大きくは変わらない内容になっています。
 例えば“真の変化は内側から始まる”ということや、多くの人たちは、悪人が自分とは離れて別に存在しており、“銀行システムを操作している者たち、政治家を支配している者たち”を排除すれば世界は平和になると信じているようですが、通信文では、“この種のレトリックは支配、分離、征服のために組み立てられている”と言っており、地球上のほとんどの者がこうした“闇の行為に加わっていた”と指摘しています。
 私も同様のことを言ってきたわけで、“私たちが正に非難しているその闇の一部だという事に気付くことが解放の始まり”なのです。日常生活の些細なところで現れる人種や国家などに対する嫌悪感や反感、差別意識、より弱い立場の人間に巧妙に嘘を付き利用しようとする態度、こうした心の闇の部分に気付き自らを解放しない限りは、根本的な変革は起こらないと言って来たのです。すなわち、外の世界と心の内側の世界を分離せずありのままに見つめることが、真の革命を引き起こすということなのです。これは日常生活における継続的な努力が必要なのです。そうした意味でようやく、本当の神々から正しいメッセージが降りて来るようになりました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
9の評議会・・・2014年6月5日 真の変化は内側から始まる
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.