アーカイブ: ウクライナ情勢

[ROCKWAY EXPRESS]ウクライナ問題:闇の勢力が我々を破滅へと導く

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の内容は基本的にこの通りだと思います。文末にプーチン大統領自身もイルミナティかも知れないとありますが、これはその通りです。ただ彼の場合表のイルミナティなので、これまでNWO(新世界秩序)を目論んで来た連中と敵対するグループであるわけです。なぜそれが表と裏を合わせて一体化して見られるのかと言えば、結局裏が表をコントロールして来たからなのです。ちょうど裏に相当するCIAと表に相当するアルカイダが分けられない一体のものと考えられるのと同じです。
 ただこの記事の中にはこれまで私が説明してきたようなイルミナティ内部の分裂と抗争、そしてジェイコブ・ロスチャイルドを筆頭としてイルミナティから完全に離脱した巨大な勢力が存在することが認識されていません。ですから未来はこの記事のように悲観的なものではなく、極めて明るいものなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ウクライナ問題:闇の勢力が我々を破滅へと導く
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏他]ロシアとEU、アメリカの間では『外国勢がウクライナへの内政干渉を始めた場合、それが如何なる状況であろうが、その国に対して貿易封鎖を行う』との内容の条約が国連承認の下で既に結ばれている / カタールが孤立化へ

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 中東がウクライナ情勢に絡んで混乱すると、石油・天然ガスを中東に頼っている日本も他人事ではなくなって来ます。ただこの分野で大混乱が起きると、その分フリーエネルギーへの傾斜が早まる可能性があり、それはそれで良いのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

—————————————2点目———————————
カタールが孤立化へ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]【クリミア発】 日本の選挙にも国際監視団を 〜欧米のダブルスタンダード〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 欧米はウクライナ憲法を持ちだして、クリミアの住民投票は無効だと言っているようですが、ウクライナ憲法がまだ有効であるならば、ウクライナの大統領は今だヤヌコビッチ氏であるはずです。クーデターによってウクライナ憲法が破棄されているのであれば、クリミアの人たちが自決権に基づいて独立を宣言することは、何ら問題が無いはずです。欧米はいつもこうしたダブルスタンダードで、自分たちの都合の良い事ばかりを言います。彼らにとって法や論理は意味をなしません。人々を縛り、騙すための道具なのです。彼ら自身はこれらをいつも無視しています。“まむしの末ども”のやり方です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【クリミア発】 日本の選挙にも国際監視団を
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ポール・クレイグ・ロバーツ氏]米政府は、ウクライナのクーデターを組織的に遂行、同時に、ベネズエラでも暴動を起こした犯罪集団。 〜ベネズエラでのクーデターは、うまく行かない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事をご覧の通り“米政府は完璧な犯罪集団”だということがよくわかります。ただベネズエラでのクーデターは、うまく行かないと思います。
 先日ウクライナ上空に現れた米軍所属のUFOが、すでにナサニエル陣営と同盟関係にあり、ブッシュ・ナチ陣営の指示には従わないことを指摘し、それが主要な指導者に伝えられるだろうとコメントしましたが、この通りになったようです。体制に決着がついたことで自分の命の危険を感じたケリーとメルケルは、ヴァチカンのフランシスコ法王に庇護を求め、現在彼らはフランシスコ陣営に入りました。したがって今後彼らが行うことは、ウクライナやベネズエラにおけるクーデターの首謀者たちを犯罪者として処罰することです。欧米諸国はロシアを外したG7を開催してロシアに制裁を課し、最終的に戦争に持ち込む方針でしたが、以上のことから、このシナリオは完全に崩れました。今FRBやECBの背後に居る銀行家の連中は、どうやって自分たちを守るかを真剣に考えなければならず、命乞いをせざるを得ない状況に追い込まれました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元より抜粋)
http://the-tap.blogspot.jp/2014/03/venezuela-is-also-being-overthrown.html
(概要)
3月14日付け:
ポール・クレイグ・ロバーツ氏によれば:
米政府は、ウクライナのクーデターを組織的に遂行しましたが、同時に(これは殆ど報道されていませんが)、ベネズエラでも暴動を起こしたのです。核兵器を所持するロシアとの対立の方がベネズエラとの対立よりも危険ですが、このように、ウクライナのクーデターとベネズエラでも暴動を同時に起こした米政府は完璧な犯罪集団だということが証明されました。

南米では、常に、少数派のスペイン系エリートたち(特権階級)がカネと権力を握り、人口の大部分を占める先住民を支配してきました。これまで、先住民の政治家は存在しませんでした。

しかし、ベネズエラは、チャベスによってこのパターンが壊されました。先住民のチャベスが大統領になったのです。彼は先住民を代表して、(スペイン系政治家のように賄賂で国を略奪するのではなく)先住民のための政治を行いました。チャベス大統領のやり方は、他の南米諸国の手本となり、エクアドルやボリビアでも先住民の大統領が誕生しました。

しかしチャベス大統領は米政府に嫌われ、米メディアを介して邪悪な大統領に仕立てあげられました。チャベス大統領がガンで亡くなった時、米政府は祝杯をあげたのです。

ボリビアのエボ・モラレス大統領は、内部告発者のエドワード・スノーデンをボリビアに亡命させようとしました。しかし、米政府はアメリカのパペットのEU諸国に対し、スノーデンを乗せたモラレス大統領の飛行機が、ロシアからボリビアに向かう際、ヨーロッパ上空を飛行する許可を与えないようにと、命令したのです。

モラレス大統領の飛行機は外交儀礼により強制着陸させられ捜査を受けました。その後、モラレス大統領はワシントンの犯罪者集団(米政府)から受けている様々な侮辱や冷遇に苦しんでいます。

また、エクアドルのラファエル・コレア大統領も、ジュリアン・アサンジをエクアドルに亡命させようとしたため、ワシントンの標的となりました。米政府のパペットの英政府は、米政府の命令に従い、アサンジを乗せた飛行機がイギリス上空を飛行できないようにしました。

その結果、アサンジは、ヨージェフ枢機卿が共産主義国家のハンガリーの英大使館で一生を送ったように、ロンドンのエクアドル大使館で人生を送る結果となりました。

» 続きはこちらから

[ポールクレイグ氏]ドイツ指導部の破綻、メルケル、ワシントンに身売り

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に見事な記事で、まさしくこの通りであると言えます。しかし幸いなことに、記事に書かれている様な第三次大戦は起こりません。
 13日の時事ブログのコメントにおいてすでに言及しましたが、3月13日の“銀河連合艦隊司令官アシュター”の情報の中で、“私たちはすでに多くの地下の武器貯蔵施設を破壊した”とあり、おそらくドイツの武器庫を破壊したと考えられます。これが今回取り上げた記事の中で、メルケルが脅しに屈した理由です。この記事でも示されているように、明らかに今回のウクライナ問題は、“危機を戦争へと押しやる為”のものです。
先のアシュターの情報の中で、“私たちは戦争をしない。私たちは平和を実現させるプログラムを持っている”と言っていることが、完全に偽りであるということがわかります。この記事のアシュターとゾラ(父なる神)と名乗るふざけた男とその仲間は、すでに14日の21時に死刑を執行され滅びています。
この記事が時事ブログ上に公開されて数時間後に、メルケル首相やプーチン大統領をはじめとする必要な人物に対し、ウクライナ上空に現れたUFOが米軍所属ではあるが、すでにナサニエル陣営と同盟関係にあり、オバマ政権やネオコンの指示には一切従わないことが伝えられるはずです。ウクライナでしばらく混乱は続くでしょうが、混乱が必要以上に大きくなることはありません。今述べたような神々の介入により、悪を成した者たちは根こそぎ裁かれることになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ドイツ指導部の破綻、メルケル、ワシントンに身売り
転載元より抜粋)
2014年3月13日
Paul Craig Roberts

従順だが愚かなNATO傀儡諸国によって支えられたアメリカ政府は、ウクライナの状況を一層戦争に近づけている

ドイツのメルケル首相は、ドイツと、ヨーロッパと、世界の平和を見捨ててしまった。ドイツはEUとNATOの強みなのだ。メルケルがロシア経済封鎖に“ノー”と言っていれば、アメリカ政府が醸成している危機は終わっていたろうが、危機が戦争になる手前で終える可能性は少なくなった。

だがメルケルは、ドイツ国家主権を署名して譲渡し、アメリカ帝国の州として、ドイツの運命を委ねてしまった。かくして、メルケルと軟弱ドイツ指導部は、世界を戦争に追い込んだのだ。既に第一次世界大戦と第二次世界大戦の原因と責められながら、今やドイツは第三次世界大戦の原因と責められることになる。

アメリカ政府がウクライナ・クーデターの管理に失敗したおかげで、ロシアから黒海という不凍港海軍基地を奪う為、何より欲しがっていたクリミアをアメリカは失った。更に、選挙で選ばれたウクライナ政権打倒を管理し損ねて、東ウクライナのロシアの諸都市を失いかねない脅威となっている。東ウクライナは、クリミア同様、1950年代に、フルシチョフがウクライナにつけた旧ロシア地域だ。

クリミアを取り戻すという、明らかに無益で゛無意味な取り組みで、アメリカ政府が、ロシアに、クリミアに介入して、クリミアがウクライナから分離独立するのを防ぐよう要求している、。もしロシア政府がアメリカ政府の命令に従うのを拒否すれば、アメリカ政府は、ロシアに対し“悪影響を及ぼす経済制裁”を実施すると宣言した。当初、EU諸国は、アメリカ政府に同調するのを嫌がっていたが、賄賂と脅しで、アメリカ政府はメルケルを征服し、ヨーロッパの傀儡連中を、命令に従おうとして順番に行列させている。

アメリカ政府は、経済制裁は、ロシアにとって、黒海海軍基地を喪失するより遥かに小さな脅威であることを理解している。東と南ウクライナの何百万人ものロシア人が、ワシントンがキエフ据えた、反ロシア派で、選挙で選ばれていない政権のなすがままの状態で、見捨てることなど、到底プーチンにはできないことも、アメリカ政府はわかっている。アメリカ政府は経済制裁の脅威が無意味であることを理解しながら、一体なぜそんなことをするのだろう?

危機を戦争へと押しやる為というのが答えだ。アメリカ政府のネオコン・ナチは、ロシアとの戦争を長らく煽動してきた。連中は、アメリカ世界覇権の制約である残り三カ国(ロシア、中国、イラン)の一国を除去したがっているのだ。これらの国々が別の通貨圏を形成して、米ドル使用を避ける前に、アメリカ政府は、BRICS (ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)を崩壊させたがっている。

» 続きはこちらから