アーカイブ: 大量逮捕

FISA文書の公表に前後して“外国情報監視法関連の機密文書の全面開示を計画している”トランプ大統領!〜アメリカ国内だけで“9万人が起訴される”

竹下雅敏氏からの情報です。
 FISA文書の公開に前後して、トランプ大統領は“外国情報監視法関連の機密文書の全面開示を計画している”とのことです。状況から見て、今回の機密文書の全面開示は、まず間違いなく行われると思われます。公開されると、刑務所行きになると思われる人物が一杯居ます。トランプ大統領自身が、そうした人たちのリストを上げています。
 実は、トランプ大統領がロシア疑惑に関して一番頭に来ているのは、イギリスだと思われます。これまでのソルカ・ファール情報をご覧になると、そのことがよくわかるでしょう。
 世界各地でイスラム過激派によるとされるテロ活動が頻発していますが、彼らにすれば、再び9.11並みの大事件が起こらなければ、ゲームオーバーになってしまいます。
 アメリカ国内では、“9万人が起訴される”とのことです。これはアメリカ国内だけの数字なので、彼らが焦っているのも無理はないと言えます。
 最後のやのっちさんのツイートにある写真を、ぜひクリックしてご覧ください。“生まれ変わりか?”というくらい似ています。どうやら、この世界は“人間でないもの”が支配しているらしい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
6週間以内にトランプ大統領が外国情報監視法(FISA)関連機密情報を全面開示する模様!
引用元)
元記事はこちら
https://www.thegatewaypundit.com/2019/04/report-president-trump-preparing-to-declassify-carter-page-fisa-docs-in-coming-weeks/

(中略)

 調査報道記者のジェームズ・ローゼン氏によると、トランプ大統領が、司法省監察官マイケル・ホロウィッツが司法省やFBIによる外国情報監視法(FISA)の侵害行為に関する報告書を公表する時期に前後して、外国情報監視法関連の機密文書の全面開示を計画しているとのことです。

 ホロウィッツ監察官の報告書は6週間以内に公表される見込みです。(中略)... 実は、トランプ大統領は昨年9月にジェームズ・コミ―元FBI長官、アンドリュー・マッケイブ元FBI副長官、ピーター・ストラーゾック、リサ・ペイジの両元FBI職員、ブルース・オー司法省職員が関わった外国情報監視法関係の機密文書を全面公開すると発表しましたが、司法省高官のロシア疑惑捜査に悪影響を与えるとの助言を受け、公開を差し控えてきました。

 しかし、ミュラーの捜査が終わった今、その懸念もなくなったので、今回は晴れて公開に踏み切るしたことにした模様です。

 ですから、今回は間違いなく公開されます。


(以下略)
————————————————————————
アメリカで9万人が起訴される?
引用元)
(前略)

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3677177.html
(概要)
4月17日付け

アメリカ国内で9万人が起訴されます。その情報がもうじき公開されます。この9万人の中には連邦議員も多く含まれています。起訴状の容疑は、法や憲法の乱用、諜報法の侵害、小児性愛犯罪、児童の性的虐待目的の人身売買、殺人、ロシアにウラン鉱山を密売した罪、9.11テロ事件の隠ぺい工作、大量虐殺、ハイジャック、武器密輸、麻薬密輸、人身売買、臓器摘出、恐喝、その他です。

(以下略)

» 続きはこちらから

CNNのインタビューで、“ロシア疑惑のスパイ行為はオバマ前大統領の指示”だということを、ジェイムズ・クラッパー元国家情報長官が認める

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事は、下から順にご覧ください。ロシア疑惑に関する捜査終了で、トランプ大統領に関する疑惑は晴れました。このことに関して、トランプ大統領は、FOXニュースのインタビューで、FISA文書を公開すると断言しました。これが公開されると、実際に外国勢力と共謀していたのは、トランプ大統領ではなくて、オバマやヒラリーの方であることがわかってしまいます。
 いつでも出せるトランプのジョーカーのようなFISA文書ですが、これまでこれを出さなかったのは、“司法妨害と見なされる可能性を恐れて”いたためだということです。
 インタビューの中で、“もし共和党が民主党の大統領を同じようなやり方で捜査していたら重い罰が待っていただろう”とトランプ大統領は言っています。これは暗に、この陰謀にオバマ前大統領が関わっていたことを指摘するものです。
 こうした攻守が完全に逆転した状況で、ジェイムズ・クラッパー元国家情報長官はCNNのインタビューで、“ロシア疑惑のスパイ行為はオバマ前大統領の指示”だということを認めてしまいました。
 先のトランプ大統領のFOXニュースのインタビューでの発言もあって、オバマ前大統領を切ることにしたのだと思います。
 “復讐劇”はいつから始まるのかはわかりませんが、そう遠くない未来であることは間違いないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプさん、着々進攻中
樹林さんのHPよりエッセンスを頂いて、纏めました。(フルフォードよりはるかに正確かつ楽しい)

 
 
月曜日、前国家情報長官ジェームス・クラッパーはCNNのアンダーソン・クウパーに出演し、日曜日の公表されたムラー報告書について議論した。
(中略)
クラッパーは2016年大統領戦中の敵対者のスパイ行動に対してバラク・オバマを非難した。

まず、ジェイムズ・クラッパー元国家情報長官がCNNのインタビューで、いともアッサリと、トランプのロシア疑惑のスパイ行為はオバマ前大統領に指示されて行ったものであり、そもそも大統領の指示がなければそのような行為は行う必要はなかったと語りました

オバマを切って、ヒラリーを救おうと言うのでしょうか?
(中略)
スティーブ・バノン氏は
「これは南北戦争以前からのアメリカの歴史の中で最も重要な時代となるでしょう」とスティーブ・バノンは今後数ヶ月を予測します。 トランプ大統領は「連鎖から脱却しようとしている…それは復讐劇となるだろう」と彼は@RichardEngelに話しました。 「人々は、しっかりシートベルトを締めつつ、見守ったらいい」と語りました。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
 
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

いよいよ始まった、アメリカでの大量逮捕! ~「人気女優ら50人、裏口入学関与で訴追」は始まりに過ぎない~

竹下雅敏氏からの情報です。
 いよいよ始まりました。Qは、“3週間以内に事が起こると宣言”していました。ネット情報を見る限り、15日前後には何か起こるのではないかという感じでした。Q情報からは、実名が公表されて起訴される人たちがかなり出てくるのではないかと予想をされていましたが、冒頭の記事によると、“人気女優ら50人、裏口入学関与で訴追”とあります。おそらく、これは始まりに過ぎないと思われます。
 Qのツイートを見る限り、オバマ元大統領は、標的の1人のようです。オバマ、ヒラリーが逮捕されなければ、人々は納得しないでしょう。
 冒頭の記事で訴追された人気女優の写真があるので、少し遊んでみましょう。あなたが男性なら自分の男性器を意識した状態で、女性なら自分に男性器があると想像した状態で、ツイートのオバマ大統領の写真を見てください。次に、どちらかの女優の写真を見てください。違いが感じ取れるでしょうか。
 女優を見た時には、あたかも男性器が消失したような感覚がわかるでしょうか。これがわかる人は、その人が男性か女性かを判定できることになります。
 次に、同じように男性器を感じるか想像して、心の中で、オバマ大統領を思い浮かべてください。あるいは、心の中で「オバマ大統領」と声に出してみてください。同様にどちらかの女優の名前を使って同じことを行ってみてください。違いを感じることができるでしょうか。
 写真の場合でも、言葉を使った場合でも、同じ結果が得られるのです。さて、同じようにして、心の中で「ミシェル・オバマ」と唱えてみてください。何が起こるでしょう。どうやら彼女は、彼女ではないようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人気女優ら50人、裏口入学関与で訴追 米
引用元)

【AFP=時事】米検察当局は12日、子どもを名門大学に裏口入学させるための総額数千万ドル(数十億円)の詐欺行為に関与した疑いで、米ドラマ「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」のフェリシティ・ハフマン(Felicity Huffman)さん(56)と「フルハウス( FULL HOUSE)」のロリ・ロックリン(Lori Loughlin)さん(54)の人気女優2人を含む50人を訴追したと発表した。
 
 訴追された人々には企業幹部、資産家、ワイン醸造業者やファッションデザイナーも含まれ、自身の子どもをエール大学(Yale University)、スタンフォード大学(Stanford University)、ジョージタウン大学(Georgetown University)、南カリフォルニア大学(USC)などの名門大学に入学させるため、入学試験での不正や贈収賄を行った疑いが掛けられている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

19/2/18 フルフォード情報英語版:破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中

 今回登場するアルバート伯ですが、リンク先のPDF文書には梅の五弁のスタンプが幾つか押されてあって、レッド・ドラゴンファミリーに関係しているらしき香港の梅花(メイファ)家を思い出しました。
 おまけにアルバート伯の「身元を偽造」って、具体的にどういうこと? と思ったのですが、ニール・キーナン氏とサウジの皇太子も例に挙がっていたので、ようは本人を殺して、クローンなどの成りすましを本人としてでっち上げた、と言いたいようです。どうやら今年に入ってもキーナン氏との溝は深いようで……世界平和のため、5つの龍が一致団結できますよう、どなたか橋渡しを切にお願い致します。
 今回は最後まで「フリをする」人々のオンパレードです。サウジのユダヤ王家や皇室の血筋、イスラエルの代理人しかり、ドイツの工作員しかり、嘘吐いたらカルマになりますよ~。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中
投稿者:フルフォード

相変わらず東洋ドラゴン・ファミリーの巨額債券を欧米が悪用


先週ワシントンD.C.の破産済みの米国政府は、偽の債券発行で破産していないフリをすることに成功したが、【この債券発行は】阻止される、とペンタゴンやアジアの秘密結社やヨーロッパの王族筋は言う。

2008年にハザールマフィア【が操る】ワシントンD.C.の傀儡政府は700トンの金塊を使って75万トン相当の金(きん)に裏打ちされた債券を偽造し、何もないところから23兆ドルを造り出し、破産を免れてみせたことは、CIAやペンタゴンやMI6其の他の情報源から裏付けが取れている。この金(かね)が現在、底をついたのだ。

彼らはズヴォンコ・ベルディック=アルバート“博士”という殺害された人物(実際にはアルバート伯)の身元を偽造し、今回は中国の通貨を使って、【2008年と】同じことをやってのけようと試みた。この偽造のコピーは以下で閲覧可能である。
Dr.A_Owen Lennon authority Bedford.pdf

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※PDFには二名の人物の顔写真が貼ってあり、内容をざっと見るとアルバート伯なる東洋人は、超・胡散臭そうな白人男性オーウェン・トーマスに全権委任したので、彼に口座の金(かね)を渡すように、と書いてあります。

で、それとは別件なのですが、上のツイッターにもある通り、「アルバート伯」ってキーナン氏と一緒の写真があるのですよね。「2013年7月香港にて」なので、やはり香港のレッド・ドラゴン筋の方なのでしょうか。】


インドネシアのCIA筋によると、ハザールマフィアはヨーロッパで元トップのCIA【※この書き方だとCIAの正規の工作員なのか、子飼いのアセットだったのか不明です】だったニール・キーナンも殺害した。彼の身元を偽造し、インドネシアの金塊を手に入れようとしたが失敗したらしい。


パキスタンを操ろうとしたサウジアラビア


同時に、ハザールマフィアは偽のサウジアラビア皇太子を200億ドルの賄賂と共に先週パキスタンへ送り込み、崩壊しつつある彼らの中東の石油支配に対する安全保障を買おうと試みた、とペンタゴン筋は言う。

しかしながらイスマーイール派(歴史上のハッシャーシーン【=暗殺教団】、あるいはアサシン【※英語の「暗殺者」の語源】)筋曰く、パキスタン勢はイスラム教徒のフリをした、この悪魔崇拝のハザールの傀儡に騙されたりはしなかった。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

保護を求めて皇太子がパキスタンへと赴いた理由だが、米軍がサウジアラビアから撤退する計画を進めており、アラビアの人々に再び本物のイスラム教徒を自分たちの指導者として選ばせようとしているせいで、サウジの王族とか呼ばれている者の多くに破滅が迫っているからだ、とペンタゴン筋は言う。

» 続きはこちらから

19/2/6 ソルカ・ファール情報:ラスベガス銃乱射事件に繋がるCIAのパイロットが空中で爆撃され、米軍特殊部隊がロサンゼルスに降下

 数日前にはヴァージニア州政府のトップ3人がスキャンダル発覚で、いきなり窮地に陥ったことをお伝えしました。今回も「トランプさん反撃! 民主党の牙城が次々取り崩されていっている」というニュースです。
 ロサンゼルスで「ごく通常の訓練」と当局が主張する、全くもって普通じゃない演習が何日もの間繰り広げられ、ネットでは一体何事かと騒然となっておりました。一説には、ついにカバールの大量逮捕が大々的に始まったのではないかと噂されています。メディアに公開された最後の方の訓練風景ではなく、秘匿された最初の方の動きは特にそう言われています。

 L.A.と言えばハリウッド有名セレブ、そしてクリントンのファンが跋扈する地です。ナンシー・ペローシの婆さんのお膝元で、常に違法移民と左派リベラルの祭り状態。“訓練”では爆発音も響いていたようなので(※市街地のど真ん中です。でも「通常」……じゃないっしょ!)、ブラックリストに載ってしまった方々はさぞ怯えていらっしゃることでしょう。
 そして今回は、映画で耳にする存在があちこち登場します。メキシコのカルテルに暗殺されたとかいうCIAお抱えのバリー・シールは、トム・クルーズが演じた映画の主人公。そして映画『ブラックホーク・ダウン』で知られるヘリコプターと精鋭ナイトストーカーズ。
 ああいうのって、民衆を洗脳するために当局全面バックアップで作るのでしょうから、実際はもっと色々裏があるんでしょうね。今回は何が起こっているのでしょう。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:ラスベガス銃乱射事件に繋がるCIAのパイロットが空中で爆撃され、米軍特殊部隊がロサンゼルスに降下
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

ヘリコプターが上空でいきなり吹っ飛び、住宅街に落下


本日クレムリンに出回っている「特に重要な」極秘情報として【指定され秘密保持のために】大部分が黒塗りされた【ロシア】対外情報庁(SVR)の新報告書は、アメリカの精鋭特殊部隊カリフォルニア州ロサンゼルスで著名人の逮捕作戦を開始したという【先日のロシア】国防省MoD)の分析を裏付けてきました。

【※ロシアには、アメリカと同様3段階の秘密指定レベルがあり、「特に重要」は最高ランクです。】

――この市街地戦闘作戦はアントニオ・パスティーニという名で通していたCIAの潜入パイロットが上空で爆撃されてから数時間以内に開始されたとのことです。

――この人物の本名はジョーダン・アイザックソンといい、SVRの情報分析官たちが以前に割り出したところによると、【2017年9月頃に】イスラエル【軍】から盗まれた兵器と弾薬ネバダ州へと空輸したCIAのパイロットの一人でした。

――【これら盗品は】最終的にはCIAの武器【密売】パイロットだったスティーヴン・パドックの手に渡ったのです

――【パドックとは】2017年10月1日に単独でアメリカ史上最悪の【集団】虐殺を行なったと報じられている人物で、ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・ホテル32階にあった自分のスイートルームから1,100発以上も発砲して58名を殺害し、851名に怪我を負わせたと言われています。

――歴史上、いかなる戦争でもたった一人の兵士がこれほどの死者数を挙げたことなど一度としてないのですから、鵜呑みにするには余りにも馬鹿げた射撃の腕前ではありませんか。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]


画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
2019年2月4日にカリフォルニア州ヨーバリンダ市の住宅へ、爆発した飛行機の破片が落下して4人が死亡したのですが……

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
……アントニオ・パスティーニという潜入名で動いていたCIAの武器【密輸】パイロットのジョーダン・アイザックソンも【この墜落で】死亡しています

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16